LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay、支払い・ポイント利用状況をグラフ化 一元管理が可能に

スマホ決済サービスのLINE Payが4月6日(月)より、新たに「利用レポート」機能の提供を開始しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

AIが支払い内容をカテゴリーごとに自動振り分け

LINE Payではこれまで、支払い内容やポイント履歴などを項目ごとに確認できるようになっていましたが、利用状況を一元管理したいというユーザーの声に応え、新たに「利用レポート」機能の提供を開始しました。

「利用レポート」機能では日々の収支をカレンダーで確認できるほか、グラフで食費や日用品といったカテゴリーごとの利用状況が確認可能。いつ・何に・いくら使ったのか、一目で把握できます。
また、LINE Payの利用金額やLINEポイントの獲得状況も、グラフとして表示されるようになっています。

決済の内訳はAIが自動で適切なカテゴリーを振り分け、利用レポートに反映。
利用レポートを利用するほど、機械学習によって自分の支出品目に合わせたカテゴリーに振り分けられるようになるとのことです。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」実施中

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。