LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay、京都市税の支払いが可能に LINE Payクレカ登録で最大3%還元

スマホ決済サービスのLINE Payが6月12日(金)、「LINE Pay 請求書支払い」において京都市の税金納付に対応しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

市内の公共料金、税金がLINE Pay決済に対応

京都市の個人市・府民税(普通徴収)、固定資産税・都市計画税(土地・家屋、償却資産)、軽自動車税(種別割)の請求書が、「LINE Pay 請求書支払い」で支払えるようになりました。

京都市では京都府税、関西電力、大阪ガス、京都市上下水道局の請求書がすでに「LINE Pay 請求書支払い」に対応しています。
今回の市税対応により、京都市のすべての公共料金(電気・ガス・水道)と税(府・市)が実質的に「LINE Pay 請求書支払い」で支払い可能になります。

なお、「LINE Pay 請求書支払い」では「Visa LINE Payクレジットカード」を登録した「チャージ&ペイ」による支払いや、銀行口座振替などでチャージした残高からの支払いに対応しています。

また、「チャージ&ペイ」を利用することで、税金の支払いでも「LINEポイントクラブ」の「マイランク」に応じて、LINEポイント最大3%分の還元が受けられます。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

併せてオススメ

LINEモバイル「夏のWプレゼントキャンペーン 最大10,000円相当プレゼント」実施中

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。キャッシュレス決済愛好家で楽天カードを主に利用。キャンペーンを駆使して5年間で約10万ポイントを獲得しました。

- Kaori の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。