スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは?特徴、使い方、仕組みを解説!

近年キャッシュレス化が進み、スマホ決済が導入される店舗が増えるようになりました。
その中でも特に気軽に始められると人気なのが「LINE Pay(ラインペイ)」です。
簡単に決済できるのはもちろん、割り勘や友人間の送金ができるなど大変便利なサービスになっています。

今回は高い信頼を得ている、LINE Payについて、使い方やチャージの方法、使えるお店、ポイント還元率、など徹底解説します。また、お得なキャンペーン情報や店舗向けの導入方法についても紹介していますので、ぜひ最後までご覧ください。

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

目次

スマホ決済サービス「LINE Pay(ラインペイ)」とは

LINE Pay(ラインペイ)とはLINEが提供する決済サービスです。
加盟店での買い物の支払いや、LINEを通じてユーザー間での送金・割り勘が簡単にできます。

クレジットカードのような後払い方式ではなく、事前にチャージする前払い式で、チャージは銀行口座でのオートチャージやコンビニで簡単にできるようになっています。
入会金や年会費は無料で、LINEユーザーであれば誰でも利用が可能。わずか数分で登録が完了します。

LINE Pay最大のメリットは、日本人に最も身近なコミュニケーションツール「LINE」を使ったサービスという点です。新しいアプリをわざわざダウンロードする必要がなく、手軽にスマホ決済を始めることができます。
LINE Payには、バーコード・QRコード読み取りでの支払い、またはプリペイド式のLINE Payカードでの支払いの2種類があります。
このカード払いは他のスマホ決済にはあまりないサービスと言えるでしょう。LINE Payカードを設定することでJCBカードと同じように利用できるのでおすすめです。

LINE Pay(ラインペイ)の使い方

LINE Pay(ラインペイ)をダウンロード

「LINE Pay(ラインペイ)」の登録は、LINEアプリから行います。
iOSとAndroid、どちらにも対応。LINEをインストールしていれば誰でもすぐに利用できます。

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)のアカウント登録

  1. ホーム画面の「ウォレット」マークをタップ
  2. 上部に出てくる「LINE Payをはじめる」を選択
  3. 規約に同意するだけで登録完了
  4. 「設定」>「パスワード」から6桁のパスワードを設定するとより安心して利用できます

※出典元:LINE Pay公式サイト

LINE Pay(ラインペイ)に銀行口座を登録

  1. ウォレットの「+」ボタンをタップ
  2. 銀行口座を選択
  3. 各銀行のWebサイトに飛ぶので、口座番号や暗証番号を入力

登録内容を各銀行ごとに確認したい方はこちら

LINE Pay(ラインペイ)にクレジットカードを登録

LINE Pay(ラインペイ)は基本的にチャージ式ですが、クレジットカードと連携することもできます。
LINE Payのクレジットカード機能が使えるのは「LINE STORE(ラインストア)」や「LINE Taxi(ラインタクシー)」などのLINEサービス関連サイトのみなので、現時点では残念ながらコンビニや飲食店などの実店舗では使えません。
しかし、クレジットカード登録をしておけば、LINE Pay残高がなくてもクレジットカードとしてオンライン決済ができるので便利です。

  1. 下部にある「クレジットカード登録」をタップ
  2. 「+」マークをタップ
  3. カード情報を入力して「登録」をタップ

LINE Pay(ラインペイ)にチャージする方法

LINE Payはチャージ方法もさまざまで便利です。

  • 銀行口座からチャージ
  • セブン銀行ATMからチャージ
  • コンビニでチャージ
  • QRコード/バーコードを使って現金でチャージ
  • LINEポイントでチャージ
  • LINE Pay カードでレジチャージ
  • オートチャージ

銀行口座からチャージ

  1. 右上の「+」をタップ
  2. 「銀行口座」を選択
  3. 利用する銀行口座を確認し、チャージしたい分の金額を入力したら「チャージ」をタップ
  4. パスワードの入力が求められるので、自身で設定したパスワードを入力してチャージ完了

※出典元:LINE Pay公式サイト

コンビニでチャージ

ファミリーマートのFamiポート端末でもLINE Payチャージができます。

  1. LINEのトップ画面右上のアイコン「ウォレット」をタップ
  2. 右上の「+」をタップ
  3. 「コンビニ」を選択
  4. 利用規約を確認して「確認」をタップ
  5. チャージしたい金額を入力して「チャージ」をタップ
  6. 画面に「受付番号」と「予約番号(申込番号)」が表示される
  7. Famiポート画面から「代金支払い、コンビニお支払い」を選択
  8. 「各種番号をお持ちの方」で「イーコンテクスト(インターネット受付)」を選択
  9. 「番号入力画面に進む」を選択
  10. 先程の6桁の受付番号を入力して「OK」をタップ
  11. 先程の11桁の「予約番号(申込番号)」を入力して「OK」をタップ
  12. 内容を確認して間違いがなければ「OK」をタップ
  13. Famiポート端末から出てきたレシートをレジに持って行き、 30分以内に支払い手続きをすればチャージ完了

QRコード/バーコードを使って現金でチャージ

  1. LINEのトップ画面右上のアイコン「ウォレット」をタップ
  2. 右上の「+」をタップ
  3. 「バーコードチャージ」をタップしてコードを表示
  4. QRコード/バーコードでのレジチャージ対応店舗のレジにて、店員さんに現金を渡してチャージしてもらう

LINEポイントでチャージ

  1. LINEのトップ画面右上の「ウォレット」アイコンをタップ
  2. 「LINEポイント」をタップ
  3. 「貯める」「使う」の表示から「使う」を選択
  4. 交換したいポイント数を入力し「交換」をタップすれば完了

LINE Pay カードでレジチャージ

  1. 利用可能店舗のレジにて、店員さんに「チャージしてください」と伝える
  2. LINE Pay カードを渡してチャージしたい金額を伝える
  3. 現金を渡してチャージ完了
利用可能店舗

全国のローソン、ナチュラルローソン
アインズ、アインズ&トルペ、LIPS&HIPSのLINE Pay導入店舗

LINE Pay(ラインペイ)でQRコード・バーコード決済

支払い方法もとても簡単。小銭を探すよりスムーズに支払いが完了します。

コードを提示して、店員さんに読み取ってもらう場合

  1. LINEのトップ画面右下のアイコン「ウォレット」をタップ
  2. 「コード支払い」をタップ
  3. パスワードを入力
  4. 残高にチェックを入れ「確認」をタップ
  5. レジでコード画面を提示し読み取ってもらえば完了

お店に掲示されたコードを自分で読み取る場合

  1. LINEのトップ画面右下のアイコン「ウォレット」をタップ
  2. 「コードリーダー」をタップ
  3. 枠内にQRコードまたはバーコードが写るようにして読み取る
  4. 表示された内容を確認したら支払い完了

※出典元:LINE Pay公式サイト

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)で個人送金する方法

LINE Pay(ラインペイ)の魅力、送金機能について解説します。
職場の同僚や学校の友人などと、食事会や飲み会で割り勘する際に利用すると非常に便利です。
LINE Payで送金するために、まず本人確認を済ませておきましょう。

  1. 本人確認が終わったら、送金を行いたい相手とのトーク画面を開く
  2. トーク画面の「+」ボタンをタップ
  3. 右上の「送金」ボタンをタップ
  4. 送金額を設定
  5. メッセージをつけたり、画像を選んだら「送金」をタップ
  6. パスワードを入力すれば送金完了

LINE Pay(ラインペイ)で出金、現金化できる?

基本的にスマホ決済サービスでは、一度チャージすると現金には戻せない場合が多いのですが、LINE Payでは出金することができます。
「多めにチャージしてしまったが、急に現金が必要になった」「銀行口座にはお金はないけど、LINE Payには残高がある」「送金してもらったお金が貯まっている」といった場合に、ぜひ現金化してみてはいかがでしょうか。出金する方法も確認しておきましょう。

出金の手数料は?

LINE Pay(ラインペイ)で出金する際の手数料が気になりますよね。
1回の出金につき216円がかかり、銀行ATMやコンビニで時間外出金するのと同じくらいの手数料になっています。

出金できる時間は?

出金できる時間は「通常の銀行口座」か「セブン銀行ATMで引き出すか」によって異なります。

銀行口座から引き出す場合は、銀行の窓口営業時間である平日9:00~15:00の間しか引き出すことはできませんが、セブン銀行ATMから引き出す場合には24時間の利用が可能です。
通常の銀行口座から出金するのとは違い、24時間いつ出金しても手数料は変わらず216円になります。深夜料金などは発生しません。

ただし、ATMの設置店舗が24時間営業をしていない場合には、店舗の閉店とともにATMも使えなくなってしまうので注意が必要です。

出金金額の上限は?

出金できる金額には上限が定められています。
銀行口座への出金の場合には1日10万円までの出金が可能ですが、セブン銀行での出金には最大でも1日1万円までしか引き出すことができません。
あくまで万一の場合の保険と考えておいた方が良いでしょう。

LINE Pay(ラインペイ)を解約、アカウント削除する方法

LINE Payの解約は、LINE Payメインメニューの「設定」から行うことができます。
ただし、解約すると過去の利用明細がすべて削除されるので注意してください。

  1. LINE Payメインメニュー「設定」>「LINE Pay解約」>「LINE Pay解約」の順にタップ
  2. 最終確認画面で「はい」をタップ

また、以下に該当する場合は別の手順で手続きを行う必要があります。

・LINEほけんに加入している場合
・LINEスマート投資に加入している場合
・決済/送金が進行中である場合
・利用停止状態である場合
・LINE Pay残高が216円より多い場合
・LINE Pay カードで売上確定前の決済がある場合
・LINE Pay未対応OSにLINEを引き継ぎした場合
・他の国家の電話番号でLINEを引き継ぎした場合

  1. こちらから解約を申請
  2. LINE Payから解約に必要な書類や手続きに関するメールが届く
  3. 手続き完了後、運営会社によってLINE Pay解約

LINE Pay(ラインペイ)が使えるお店

LINE Payはラインペイカードを発行することで国内外のJCB加盟店約3,300店舗で利用できるのが大きなメリットです。

コンビニ

セブンイレブン、ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、ポプラ

百貨店・デパート

阪急百貨店、阪神百貨店、LOFT(ロフト)

ドラッグストア

サンドラッグ、アカカベ、トモズ、アメリカンファーマシー、ウエルシアグループ、ドラッグ新生堂、くすりのハッピー、サンドラッグ、大賀薬局、アインズ&トルペ、アインズ、ココカラファイン、ツルハ、くすりの福太郎、ドラッグストアウェルネス、ウォンツ、くすりのレデイ、B&Dドラッグストア、クスリのアオキ

家電量販店

エディオン、コジマ、ジョーシン、ソフマップ、ビックカメラ、ベスト電器、マツヤデンキ、ヤマダ電機

飲食店

サーティワンアイスクリーム、長崎ちゃんぽんリンガーハット、とんかつ浜勝、ナポリの窯、上島珈琲店、どんどん亭、松屋、スターバックス、マクドナルド、スシロー、白木屋、魚民、笑笑、千年の宴、山内農場、和民など

ファッション・雑貨

東急ハンズ、SHOE・PLAZA、メガネドラッグ、マックハウス、BIG M ONE、紳士服のザザホラヤ、紳士服の山下、Right-on、ラコステ、リップス&ヒップス、株式会社メガネスーパー、ZOZOTOWN、SHOPLIST.com、ミュゼプラチナムなど

レジャー・娯楽

釣具のポイント、ゲオ、ビッグエコー、ジャンカラ、アクアシティお台場、横浜赤レンガ倉庫

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)のメリット

利用するたびにポイントが貯まる

LINE Pay(ラインペイ)で決済したり、キャンペーンに参加したりするとLINEポイントが貯まります。貯まったポイントは1ポイント=1円でLINE Pay残高に交換することも可能。
2018年6月からはインセンティブプログラム「マイカラー」が導入されました。月々の利用実績に応じてグリーン、ブルー、レッド、ホワイトの4段階のマイカラーが決まり、これによってポイント還元率が異なります。
LINE Payは使えば使うほどお得。マイカラーが決定される条件と付加されるポイントは以下のとおりです。

マイカラー 条件 ポイント付与率
グリーン 月100,000円以上の決済 2.0%
ブルー 月50,000円~99,999円の決済 1.0%
レッド 月10,000円~49,999円の決済 0.8%
ホワイト 月0円~9,999円の決済 0.5%

手数料が無料

上記の特徴に加え、LINE Pay(ラインペイ)の送金機能は手数料がかからないことがメリット。銀行口座を知らない相手でも、LINEの友だちであれば送金ができるようになっています。
手数料がかからず24時間365日いつでも利用できるため、現金書留やATM振り込みをするよりもお金のやりとりが楽にできます。
※ただし、銀行口座を通しての出金には216円の手数料がかかります。

安心の補償サポート

「LINE Pay(ラインペイ)」では、不正利用や架空請求に備えて、不正行為によって発生した損害を補償する利用者補償制度を導入しています。
期限や原則10万円までといった条件付きではありますが、もしものことがあった場合でも、安心して使えるのはうれしいですね。

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)はこんな人におすすめ

評価項目 BITDAYS編集部おすすめ度
ポイント還元

マイカラー制度により月々の利用実績に応じてポイントが付与され、0.5%から最大2%になります。

使えるお店の多さ

セブンイレブンやローソンなどのコンビニ、サーティワンアイスクリーム、スシロー、松屋、東急ハンズなどで利用可能です。

キャンペーン

毎週101円(税込)以上のコード支払いで100円のLINE Payクーポン配布中です。

使いやすさ

多くの人が利用しているアプリ「LINE」で気軽に始められるのがメリットです。

セキュリティ

コード表示に有効期限の設定ができ、ログインや決済時にLINEのトークに通知が入るようになっているので安心です。

総合

多くの方が利用している「LINE」からすぐに始められるスマホ決済。使えるお店も多く、様々なお得なクーポンが用意されているのが特徴です。使えば使うほどポイント還元率も高くなるのでおすすめです。

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)の口コミ・評判

友だち間での無駄なお金のやり取りから解放されました!周りにも勧めています!

(20代女性)

LINEのアプリだけですべて管理できるのが本当に便利。出入金が見やすくお金の管理がしやすいから節約にもなっています。

(30代女性)

思っていた以上に使える店が多く、使わない日はないくらいです。加盟していないお店でもカードが使えるので便利。

(30代男性)

サーティワンのアイスがラインペイで31%引きになった!

(20代男性)

レゴランドでラインペイが使えるようになった。子供を連れていく場所でも普通に使えるのがいい。

(30代男性)

最初は支払い用のバーコード画面を出すのが煩わしいとも感じたけど、慣れれば便利。

(20代男性)

LINE Payのクーポンお得すぎ。使えば使うほど還元率も上がるので嬉しい。

(20代女性)

電気料金の支払いでラインペイを使用。届いた請求書のバーコードを読み取るだけで簡単に支払うことができました。ラインペイさえあれば、公共料金の支払いもコンビニまで行かないのは良かったです。

(30代女性)

ラインペイが便利すぎて通帳がラインペイの文字で溢れかえっている…

(40代男性)

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)のお得なキャンペーン

LINE Payはお得なキャンペーンのほか、クーポンの種類が多いため人気です。

3社合同キャンペーン 毎週最大300円相当お得な5週間

期間

8月12日(月)午前0時 ~ 9月15日(日)午後11時59分(5週間)

内容

全国のセブンイレブン店舗で、キャンペーン期間中に「PayPay」「メルペイ」「LINE Pay」のバーコード決済で101円(税込み)以上のお支払いをすると、各サービスで1週間に1回100円相当、5週間で最大1,500円相当お得にお買い物ができる

還元および割引きの方法

毎週、101円(税込)以上のコード支払いでご利用いただける100円クーポンを配布
※本クーポンはコード決済時に割引されるクーポンです。キャンペーンページやLINE Pay公式アカウントからクーポンをダウンロードすることができます。

お得なクーポンが満載

LINE Payには、マクドナルド、ガスト、デニーズ、ピザハット、ピザーラ、ドミノピザ、ジョナサン、夢庵、モスバーガー、上島珈琲店などで使えるお得なクーポンが用意されています。こちらは現金決済でも使えるので、まずはクーポン利用から始めてみてはいかがでしょうか?

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

LINE Pay(ラインペイ)と合わせてお得なクレジットカード


ここからはLINE Pay(ラインペイ)と組み合わせて使うとお得なクレジットカードを紹介します。

リクルートカード

リクルートカードの特徴

リクルートグループのサービス(じゃらん、ホットペッパーグルメ、ホットペッパービューティーなど)を利用している方におすすめなカードです。 リクルート以外のサービスの使用でも1.2%が還元されるため、年会費無料のクレジットカードでは高い還元率です。Pontaなど他のポイントサービスへの交換をする際にもお得なカードです。

リクルートカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 1,000円につき12ポイント(1.2%) リクルートのサービスを使うと+1~3%
年会費 永年無料
審査基準 満18歳以上(未成年の場合は保護者の同意書が必要)
発行期間 約2週間
キャンペーン 新規入会&利用で最大6,000ポイントプレゼント

オリコカード・ザ・ポイント

オリコカード・ザ・ポイントの特徴

Orico Card THE POINT(オリコカード・ザ・ポイント)は、年会費永年無料でポイント高還元率が魅力です。多くのカードが還元率0.5%なのに対し、オリコカード・ザ・ポイントは常に1%、最初の6ヶ月間はポイント還元率2%にまでアップするので大変お得。 「価格.comクレジットカード人気ランキング2018下半期」では一般カード部門で第1位を獲得している、おすすめのクレジットカードです。

オリコカード・ザ・ポイントのスペック

国際ブランド JCB、Mastercard
ポイント還元率 100円ごとに1ポイント(1.0%)
入会後6ヶ月間はポイント還元率が2.0%
ポイントの種類 オリコポイント
年会費 永年無料
電子マネー 「iD」と「QUIC Pay」をダブル搭載
審査基準(申し込み資格) 原則として年齢18歳以上の方(高校生は除く)

「ビュー・スイカ」カード

特徴

JR東日本グループの株式会社ビューカードが発行するクレジットカードです。 自動改札を通る際に残高不足だった場合のオートチャージ設定が可能。Suicaチャージ・定期券の購入の度に通常の3倍のポイントが貯まるので、電車を頻繁に利用する人には非常にお得なカードです。 もちろん電車の乗車だけでなく日常の買い物でもポイントを貯めることができ、JRE POINT加盟店でクレジットカード決済をすると、ポイント還元率は2倍になります。 貯まったポイントは、Suicaにチャージ、JRE POINT加盟店での利用、商品券やクーポンに交換などに活用することができます。 さらに、海外旅行の際に必要な海外旅行傷害保険や、きっぷや旅行商品をビューカードで購入すると、改札を入ってから出るまでをワイドに補償してくれる国内傷害保険など付帯サービスも充実しています。

「ビュー・スイカ」カードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 通常の買い物・公共料金の支払い:0.5% JR東日本での定期券購入・Suicaオートチャージ・切符購入:1.5%
ポイントの種類 JRE PONT
年会費 本人会員:477円(税抜) 家族会員:477円(税抜)
審査基準 日本国内にお住まいで、電話連絡のとれる満18歳以上の方。(未成年の方は親権者の同意が必要です。)ただし、高校生の方はお申込みいただけません。
発行期間 最短1週間

イオンクレジットカード

イオンクレジットカードの特徴

イオングループでお得に使えるクレジットカードです。 毎月20日と30日は買い物代金が5%オフ、電子マネーはWAONに対応しています。イオングループでの買い物がポイント2倍になる他、映画鑑賞割引などの優待があります。年会費も無料なので、生活圏にイオンモールがあるなどイオン系列を使用している方におすすめです。

イオンクレジットカードのスペック

国際ブランド JCB、VISA、Mastercard
ポイント還元率 0.5%
ポイントの種類 ときめきポイント
年会費 無料
申し込み資格 18歳以上で電話連絡可能な方(未成年の場合は保護者の同意書が必要) ※高校生不可

三井住友VISAカード

三井住友VISAカードの特徴

ICチップや顔写真付きのカードなど、安心できるセキュリティを備えている「三井住友VISAカード」も、おすすめできるクレジットカードです。 クラシック、アミティエ、プライムゴールド、ゴールドなどの種類があります。 楽天ポイントとヨドバシカメラのゴールドポイントに変換できるポイントサービスもあるので、買い物をしたくなるような環境が整うでしょう。

三井住友VISAカードのスペック

国際ブランド VISA
ポイント還元率 1,000円につき1ポイント(0.1%)
年会費 初年度:無料
翌年度以降:1,350円(マイ・ペイすリボの登録&利用で無料が継続)
審査基準 満18歳以上の方(高校生は除く)
発行期間 約1週間

【店舗向け】LINE Pay(ラインペイ)の導入方法

LINE Pay(ラインペイ)は導入する店舗側にもさまざまなメリットがあります。
まずは月額固定費と導入費用が発生しません。そのうえ、2021年7月31日まで決済手数料も無料
申し込みから導入までの手順もシンプルで、時間をかけずに導入することができます。
スマホ決済の導入を検討されているお店の方はぜひ参考にしてみてください。

LINE Pay(ラインペイ)加盟店のメリット

導入が簡単

LINE Pay導入にあたって、導入のスピードとシンプルさは最大のメリットと言えます。例えばクレジットカード決済を導入する場合、専用のカードリーダーや連携可能なレジを自ら用意しなくてはいけません。導入するのに時間もお金もかかります。
しかし、LINE Payには様々な導入方法が用意されており、LINE Payの店舗用アプリをダウンロードするだけ済むタイプもあります。
手軽にスマホ決済を導入できるうえ、LINE Payユーザーという新たな顧客を得ることができます。

固定費と振込手数料が0円

一般的には、お客様がクレジットカードや電子マネーによる支払いを選ぶと店舗には決済手数料がかかります。これを懸念して代行決済サービスの利用をためらう事業主も少なくありません。
しかし、LINE Payでは、決済手数料以外の月額固定費と導入費用が発生しません。当月の売上金から決済手数料を差し引いた金額が、指定した銀行口座へ翌月末日に振り込まれるようになっています。
また、2021年7月31日までにLINE Payを導入すれば決済手数料も無料。導入へのハードルがかなり低いのが魅力です。

店舗に導入可能なLINE Pay(ラインペイ)の決済方法

LINE Payには、専用のQRコードを掲示するだけのタイプ、店舗用アプリを使用するタイプ、POSとの連携、オンライン決済など、店舗の規模や業態に合わせて様々な決済手段を選ぶことができます。

LINE Pay据置端末

専用端末に金額を入力することで、その金額に対応したQRコードが端末に表示されます。それをお客様が読み込むことで決済完了となります。

LINE Pay店舗用アプリ

iOS端末もしくはAndroid端末に専用アプリをダウンロードして決済する方法となります。手軽で便利な方法です。

プリントQR

審査が終わったあとに、配布されるQRコードを店舗に置く方法となります。そのQRコードを読み取ったあと、お客様の方で支払金額を入力する必要があります。

StarPay(スターペイ)端末

マルチ決済端末『StarPay』を利用する方法となります。端末ごとの導入が必要です。

POSのレジ改修

POSレジを改修することで、QRコード決済・バーコード決済と連携させる方法となります。別途開発費用が発生する場合があるので注意してください。

LINE Pay(ラインペイ)加盟店の申請手順

加盟店申請するには、各種営業許可証が必要となります。その他にも法人と個人事業主で必要なものが異なるので注意しましょう。

法人

登記簿謄本(履歴事項全部証明書)

個人事業主

事業証明書
本人確認書類

販売に届出や免許などが必要となる商品を扱っている場合は、それらを提示できなければ申請することはできません。所定の届出・免許・資格などを取得しておく必要があります。
では、次に申請の手順を解説します。

店舗用アプリを使う場合

アプリをインストールしてアプリ上から申請します。

店舗用アプリを使わない場合

LINE Payの公式サイトから申請します。申請する際には、店舗用アプリかサイトの指示に従って必要事項を入力してください。入力には間違いのないようしっかりと確認しましょう。申請に必要な書類はアップロード、もしくはメールでの送信で行えます。加入申請から審査完了までは約10営業日ほどです。

審査を無事通過して加盟店として認められると、LINEからメールが送られてきます。メールの内容に従ってアプリか公式サイトの『My Page(加盟店センターログインページ)』からログインしてください。ログインできたら必要事項の登録と接続設定をしましょう。

初回ログイン時には、LINEから発行された加盟店IDと初期パスワードで行い、管理者登録が完了します。登録したメールアドレスとパスワードでログインが可能になります。

LINE Pay(ラインペイ)の導入費用、手数料は?

一般的には、顧客がクレジットカードや電子マネーによる支払いを選ぶと決済手数料が差し引かれます。これを懸念して代行決済サービスの利用をためらう事業主も少なくありません。

しかしLINE Payでは、決済手数料以外の月額固定費と導入費用が発生しません。当月の売上金から決済手数料を差し引いた金額が、指定した銀行口座へ翌月末日に振り込まれるようになっています。さらに、2021年7月31日までにLINE Payを導入することができれば、決済手数料も無料になるのです。このような手数料が一切必要ないのは、大きなメリットになります。

また、LINE Payでは2018年8月1日から2021年7月31日まで3年間に限り、店舗用アプリを利用した加盟店の決済手数料を無料とすると発表しています。もし店舗用アプリを利用しない決済の場合だと、決済手数料が3.45%発生するので注意してください。

LINE Payには6種類の決済方法があり、それぞれ手数料が異なります。以下の表をご覧ください。

決済方法 決済手数料 導入費用 月額費用
据置端末 0%
※2021年7月31日まで
0円 1,500円
※端末利用料が6ヶ月間
店舗用アプリ 0%
※2021年7月31日まで
0円 0円
POS ~3.45% 0円 0円
プリントQR 0%
※2021年7月31日まで
0円 0円
StarPay(スターペイ)端末 3.45% 35,000円 0円
オンライン決済 物販・サービス:3.45%
デジタルコンテンツ:5.5%
0円 0円

LINE Pay(ラインペイ)加盟店の加入条件

加盟店に加入するには、下記に該当する条件をクリアする必要があります。申し込みが行えるのは法人様と個人事業主様です。ただし、条件をクリアしているからと言って、確実に加入できるわけではありません。提出した情報を元に、総合的な審査が行われます。審査の結果によって加入できないこともあるので覚えておきましょう。

加入条件
  1. 物品やサービスを販売・提供していること
  2. 現行法令で販売が禁止されている商品や、公序良俗に反するような商品、換金性の高い商品を取り扱っていないこと
  3. 販売に際して届出・免許等を必要とする商品の場合、所定の届出・免許・資格等を取得していること

ちなみに、どのような審査をしているのかは開示されません。加入できた場合でも、加入できなかった場合でも、なぜそのような結果になったのか理由などは開示されないので注意してください。

LINE Pay(ラインペイ)加盟店向けキャンペーン

LINE Pay(ラインペイ)は、2019年8月9日(金)よりWeChatPay(ウィーチャットペイ)との連携を開始しました。
つまり、LINE Payが発行する1つのQRコードで、LINE PayおよびWeChatPayの両方のユーザーの支払いが可能となり、訪日中国人客にも対応できるようになったのです。
WechatPay用QRコードを設置する必要がなく、日本人ユーザーに合わせてインバウンド客も集客することができます。
現在はキャンペーンによって、LINE Payで利用できるWeChatPayの決済手数料が0%になっているため、この機会に導入してみてはいかがでしょうか?

キャンペーン期間

2021年7月31日まで

LINE Pay(ラインペイ)の運営会社概要

会社名 LINE Pay株式会社
所在地 東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
設立年月 2014年5月9日
取締役 代表取締役CEO 高 永受
取締役COO 長福 久弘
取締役 林 萬基
取締役 出澤 剛
取締役 舛田 淳
株主 LINE株式会社
公式HP https://linepaycorp.com/ja/

LINE Pay(ラインペイ)でキャッシュレス決済を始めよう

いかがでしたか?
LINE Pay(ラインペイ)のメリットや使い方をはじめ、キャンペーン、口コミ、店舗への導入方法などを解説してきました。
LINE Payは普段から利用するコミュニケーションツールで気軽にキャッシュレス決済を始められます。お得なクーポンが多く、非常に使いやすいのが特徴です。
「友だち追加」などで貯められるLINEポイントはLINE Payで換金することもできます。ぜひLINE Payを始めてみてはいかがでしょうか。

併せてオススメ
 

クラウド会計ソフトで経理業務の改善・効率化を図るならLINE店舗経理がおすすめ

スマホ決済アプリ「LINE Pay(ラインペイ)」とは?特徴、使い方、仕組みを解説!