「メルペイ」でスマホ決済を簡単・便利に!メルカリのアプリ一つでiDとコード決済に対応

人気フリマアプリメルカリを利用されている人は多いのではないでしょうか。
「メルペイ」は、メルカリの売上金をメルカリ内の支払いはもちろん、コンビニなどの実店舗の決済でも使えるサービスです。
メルカリの売上金がそのまま使えるというのが大きな特徴ですが、売上金がない場合でも銀行口座から簡単にチャージすることができるので誰でも利用できます。
新たなサービスが期待できる「メルペイ」について紹介します。

お得な情報
 

PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

「メルペイ」とは?メルカリとの関係

「メルペイ」は人気フリマアプリメルカリで利用できるスマホ決済サービスです。
メルカリのユーザーは、メルカリの売上金を「メルカリ」での買い物はもちろん、コンビニなどの全国135万か所※の加盟店で利用できます。(※2019年3月発表時点)
もちろんメルカリの売上金がなくても、銀行口座からチャージできるので誰でも利用可能。しかもチャージ手数料は無料です。

人気フリマアプリメルカリとの関係は?

メルペイは株式会社メルカリの100%子会社として、2017年11月に金融関連の新規事業を行うことを目的に設立されました。
メルカリの月間利用者数は1,200万人にも上り、広く普及していることがわかります。メルカリユーザーたちの売上金は年間約5,000億円にもなると言われ、これらの顧客基盤を抱えていることがメルペイの強みです。この強みによって「メルペイ」加盟店を効率的に拡大させたり、メルペイの持つデータを使ってさまざまなサービスの展開が将来的に実現できると言われています。

経済の活性化を目指すメルカリ

メルカリは売りたい人と買いたい人をつなぐフリマアプリです。難しかった個人間取引をテクノロジーのちからで簡単にしたことで、多くの人が簡単、そして安全に売買することが可能になり、CtoCのエコシステムを広げてきました。
メルカリで培ったエコシステムは「メルペイ」によって広まり、「メルペイあと払い」など新たな決済方法も導入されたことから今後の展開に期待が高まっています。

メルカリは個人対個人で売買の交渉ができるのが魅力

メルカリの魅力はさまざまなジャンルの商品が揃っていて、手に入れにくい商品も買うことができるところ。さらに、出品者と購入者間で商品についての情報交換や価格交渉をすることで納得したうえで売買ができることも魅力です。
また、出品者と購入者の個人情報を互いに伏せたまま売買できるシステムも安心感があり、これも魅力の一つです。
このように使わなくなったものを安心して出品できて収入につながることや、さまざまなものを納得したうえで安心して購入できることが、メルカリが幅広く支持される理由ではないでしょうか。

お得な情報
 

PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

メルペイを使うメリットは?

「メルペイ」にはメリットが盛りだくさん。ここからは、メルペイの魅力を詳しく紹介します。

メルカリアプリですぐに使えて便利!

すでにメルカリを利用している方は新たにアプリをダウンロードする必要がありません。もちろん利用は無料です。
メルカリの売上金・ポイントがそのまま買い物の支払いに利用できるだけでなく、売上金がない場合でも銀行口座から簡単にチャージできます。チャージには手数料がかかりません。

また、アプリから手続きができるため、コンビニ払いやATM払いのように店頭まで支払いに行く必要がなくて大変便利。なお、「メルペイ」に銀行口座を登録すると売上金の有効期限(180日間の振込申請期限)はなくなり、銀行口座に出金する際の振込も1営業日で完了します(ゆうちょ銀行は除く)。

もちろん、メルカリで売買をしていなくてもアプリでユーザー登録するだけで「メルペイ」を利用することが可能です。

メルカリの売上金を日常の買い物に直接使える!

メルカリで販売して得た売上金をそのまま日常の買い物に使えるのが大きなメリット。売上金をメルカリのアプリから銀行口座に移し、現金として引き出す手間が省けます。
わざわざ銀行やATMに立ち寄る必要もなくなり、スマホ1台あれば大抵の買い物が済ませられる便利さ。
メルカリの売上金を貯めてちょっと贅沢なものを買うのも良いかもしれません。

アプリ一つで電子マネーiDとコード決済ができる

メルカリのアプリさえあれば、電子マネーのiDでもバーコード・QRコードでも支払いが可能です。スマホ決済が普及していたとはいえ、コード決済はお店によって使えるアプリがさまざま。
「メルペイ」なら電子マネーのiDにも対応しているため、支払い方法に悩むことも少なくなります。
銀行口座から手数料無く簡単にチャージできるのも大きな魅力です。

メルカリの売上金の振込申請期限がなくなる

「メルペイ」に銀行口座を登録すると、メルカリの売上金に設けられている180日の振込申請期限がなくなります。期限を気にすることなく必要に応じて使えるのは嬉しいですね。
売上金の振込申請期限が近づいているけど使い道に困っている場合は、「メルペイ」への登録をおすすめします。

メルペイの詳しい使い方は?

電子マネーiDとコード決済に対応している「メルペイ」はとても簡単に店舗で使うことができます。
メルカリアプリの「メルペイ」ページを開き支払時に「メルペイで」と伝えます。
あとはスマホを機械にかざすかコードを読み取ってもらうだけ、というシンプルな使い方です。

銀行からチャージ

メルカリでの売上金がなくても、銀行口座から無料でチャージができます。「メルペイ」では全国60行以上の銀行と口座連携しており、自分の口座から直接チャージすることが可能。「メルペイ」で支払い銀行口座を登録することで銀行へ行かなくても簡単にチャージできます。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
メルペイにチャージする方法とポイントの購入方法

電子マネーiDと連携

「メルペイ」は三井住友カード株式会社と事業提携したことで、2月13日よりiOS先行にて株式会社ドコモが推進する非接触型決済サービス「iD」に対応し、全国90万か所の「iD」加盟店での利用が可能となりました。
メルカリでの決済だけでなく、コンビニやドラッグストア、レストランやファーストフード店などの日常生活においても幅広く利用できます。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
「メルペイ」に銀行口座の登録やiDと連携する方法はこちら

メルペイをiDやApple Payで使うには?電話番号認証と電子マネーカード設定の方法

バーコード・QRコード払い

「メルペイ」は、2019年3月25日(ローソンは26日)よりコード決済にも対応を開始。ユーザーがメルカリアプリで生成したバーコードまたはQRコードを提示し、お店のレジで読み取ってもらう方式から対応開始。今後はお店のQRコードを「メルカリ」アプリ内のバーコードリーダーで読み取る方式にも対応して行く予定です。

これにより決済端末機がない小規模なお店を含めた、全国135万か所(iD加盟店90万か所を含む)で「メルペイ」が利用可能になります。

※「コード払い」対応店舗は45万か所が予定されており、2019年3月25日(月)より対応加盟店ほか、3月26日からはコンビニエンスストア「ローソン」をはじめ順次提供を開始

「メルペイ」でコード決済をする方法はこちら

メルペイが使えるお店は?

「メルペイ」は、「iD」か「メルペイ」のマークがあるお店であればどこでも使えます。
セブンイレブンやファミリーマート、ローソンなどの主要なコンビニはもちろん、マクドナルド、すき家、ガストなどの飲食店からファッション・レジャー施設まで全国たくさんの場所で利用可能です。

注目度の高いメルペイ、加盟店の増加にも期待

メルカリの売上金をポイントに交換することなく店舗の支払いに利用できる「メルペイ」は、その便利さから注目度も高まっています。
「メルペイ」加盟店は現在45万か所ですが、これからどんどん増えていくことが期待されます。

加盟店が増えるほど「メルペイ」を利用するユーザーが増える。ユーザーが増えるほど加盟店が増える。
この循環で「メルペイ」が広く普及することにより、ユーザーと店舗両方にとって得られるメリットが多くなっていくでしょう。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
メルペイをお店に導入すればメリット増!加盟店になる方法は?

スマホ決済メルペイ加盟店導入レポート 表参道「VISION AOYAMA」

スマホ決済メルペイ加盟店導入レポート ~松屋 三鷹店~

スマホ決済メルペイ加盟店導入レポート 高円寺『串カツ ビリー』

メルペイのお得なキャンペーンは?

現時点では「メルペイ」でのキャンペーンは実施されていませんが、今後多彩なキャンペーンを打ちだしていく予定です。
お得というわけではありませんが、メルカリの売上金を銀行口座へ入れることなく使えることやApplePayを通して売上金をSuicaへチャージできるのは便利な機能だといえます。

お得な情報
 

PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

メルペイを退会・解約する方法

メルペイが自分には合わないという方、他の決済サービスに変えたいという方は、メルペイをどのように解約するのか、解約には何が必要なのかなどを確認しておきましょう。

▼詳しくはこちらの記事をチェック!
メルペイを解約するには?電子マネーを削除する方法

メルペイは誰でも使えてメリット多数!今日から使ってみよう

メルカリユーザーでもそうでなくても、メルペイを使って損はありません。むしろ使わないのはもったいないというべきかもしれません。
たとえメルカリの売上金がなくても銀行口座から無料でチャージできますし、「iD」「メルペイ」のマークがあるお店であればどこでも使えます。また、今後利用可能なお店は随時増えていくため、利用価値は高まることでしょう。

将来的に「メルペイ」でネット決済が可能になり、ネットで買い物した商品をワンタップでメルカリに出品できるようになれば、ますます便利になることは間違いありません。
2020年に向けてスマホ決済の普及を目指す動きが活発になっている昨今、「メルペイ」は無視できない存在ではないでしょうか。

BITDAYSをフォローしてお得な情報をGET♫

「メルペイ」でスマホ決済を簡単・便利に!メルカリのアプリ一つでiDとコード決済に対応