メルペイをお店に導入すればメリット増!加盟店になる方法は?

使わなくなったものを気軽に出品でき、安心して商品や購入代金のやり取りができると人気のフリマアプリメルカリ。今や10人に1人が利用していると言われています。
このメルカリのスマホ決済サービスとして登場したのが「メルペイ」。メルカリの売上金がそのまま使えたり、銀行口座から無料でチャージできたりと、メルカリユーザーにとって大変便利サービスです。もちろん、メルカリを利用していなくてもアプリに登録さえすれば誰でも使えるのも魅了です。

この「メルペイ」は導入する店舗側にもさまざまなメリットがあります。すでにメルカリユーザーが多いという点だけでも顧客が増えることにつながるでしょう。
今回は、「メルペイ」加盟店になる方法やメリットについて解説します。

「メルペイ」について詳しく知る

「メルペイ」は日本最大級のフリマアプリメルカリの新たな決済サービス

「メルペイ」を運営しているのは株式会社メルペイ。2017年11月、株式会社メルカリの100%子会社として金融関連の新規事業を行うことを目的に設立されました。
「メルペイ」は月間利用者数1,200万人を超える人気フリマアプリメルカリで利用できるスマホ決済サービスです。メルカリユーザーは、メルカリでの売上金をコンビニや飲食店など全国の「メルペイ」加盟店で決済に利用することができます。
また、メルカリでの売上金がなくても、銀行口座からのチャージが無料で簡単に行えます。メルカリユーザーにとっては登録必須のサービスと言えるでしょう。

メルカリは圧倒的なユーザー数を誇る人気サービス

「使わなくなったものを売って稼ぐ」が魅力のフリマアプリ。中でも月額無料で利用できる「メルカリ」は特に幅広い年齢層の方が利用しています。月間利用者数は1,200万人にも上り、10人に1人が使っていることになります。
出品する側も購入する側も個人間の取引になりますが、決済はメルカリが両者の間に入り代行するため金銭トラブルになる心配もありません。また、匿名で商品を配送できるのもメリットの一つです。
誰でも気軽に不要品を出品でき、良い商品を安く買えると人気急上昇。メルカリ利用者の年間の売上金は約5,000億円と言われています。

「メルペイ」について詳しく知る

 

店舗に「メルペイ」を導入するメリットや費用は?初期費用、固定費0円!

圧倒的ユーザー数を誇るメルカリに追加された決済サービス「メルペイ」。その需要の高さは言うまでもありません。
メルカリユーザーにとって便利な「メルペイ」は、導入する店舗側にもさまざまなメリットをもたらします。

メルカリユーザーの多くが「メルペイ」に流入

前述したように10人に1人がメルカリを使っています。これだけ多くのユーザーが「メルペイ」を始めるとなれば、年間約5,000億円の売上金が加盟店で使われる可能性も考えられます。
また、もともとメルカリが持つ膨大なデータを活用できるのも「メルペイ」の強みであり、そのユーザーがどこに・どれだけ存在するのかといったニーズの特定が期待できます。

また、メルカリのユーザーでなくても、メルカリのアプリ一つでコード決済と電子マネーiD決済が行えるため、利便性の高さから「メルペイ」のみを利用するユーザーも増えることは十分に考えられます。

「メルペイ」の店舗への導入実績

2019年3月よりQRコード決済にも対応したことで、全国135万か所(iD加盟店90万か所を含む)で「メルペイ」が利用できるようになりました。
セブンイレブンやローソンをはじめとする大手コンビニ、ガストや牛角などの飲食店、イオン、ビックカメラ、ドラッグストアなど全国的に展開しているチェーン店から個人経営の商店まで多様なお店が加盟店になっています。

初期費用・固定費0円で「メルペイ」の加盟店に!

店舗側としては導入コストは抑えたいものですよね。
「メルペイ」は初期費用、固定費がかかりません。スマホさえあれば導入可能、決済手数料1.5%だけで運用できるので、導入する店舗への負担が少ないサービスと言えます。

ユーザーもスタッフも簡単操作で決済完了!支払業務を簡略化

メルカリユーザーはわずか1分程度で「メルペイ」の設定ができます。あとは会計時に「メルペイで」と申告し、バーコードを表示するだけ。
店舗スタッフの操作も簡単で、レジ業務の時短につながります。また、金銭のやり取りがないためデータ集計がしやすく、締め作業でのお金のズレの心配もありません

「メルペイ」で決済業務を行う方法

店舗側の使い方はとても簡単。スマホ1つあれば、たった3ステップで完了です。

  1. 店舗用アプリで請求金額を入力
  2. お客さまの支払いコードをカメラで読み込み
  3. 読み取るだけで決済完了!アプリから返金も行えます

「メルペイ」について詳しく知る

 

「メルペイ」の加盟店になる方法は?

店舗への「メルペイ」の導入は非常に簡単で、申し込みから利用できるまで2~3日程度
導入の流れは以下の通りです。

①webで申し込み

「メルペイ」加盟店フォームから事業者情報を入力します。わずか5~10分程度で申込み完了です。

②審査結果をお知らせ

最短2日で審査完了。審査結果はメールで届きます。申込み内容が不十分だった場合はメールで追加情報を送ります。

③お店で端末を準備

審査通過メールに記載された手順に沿って「メルペイ」の店舗用アプリをダウンロードし、ログインします。

④限定キットが届く

加盟店向けの限定キットが送られてきます。「メルペイ」の説明書や店舗用ステッカーが入っています。

⑤決済スタート

以上で準備は完了。すぐに「メルペイ」決済が可能になります。

 

0円で「メルペイ」の加盟店になろう!今後の展開にも期待が高まる

「メルペイ」は今後、地方自治体との連携を進めることや、オンライン・オフラインの決済にも対応することが発表されています
メルカリユーザーを顧客として流入できるだけでなく、ビッグデータの活用もできる「メルペイ」。導入が簡単かつ無料、その他メリットが増えることが期待されるので店舗側の方も要注目です。
今のうちに導入しておくことをおすすめします。

「メルペイ」について詳しく知る

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD編集部

BD編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信