スマホ決済アプリPaidy(ペイディー)の登録方法、設定方法は?

Paidy(ペイディー)とは、カード不要のオンライン決済アプリケーションです。
オンラインショッピングで商品を購入する際に、クレジットカードを持っていない、クレジットカードを使いたくない、代引きが面倒などの理由で、決済時に困ってしまうことがあります。

そんな時に活躍するのがPaidy(ペイディー)です。オンラインショッピングなどの決済方法に「Paidy(ペイディー)」を選択することで、電話番号とメールアドレスさえあれば簡単に決済することが可能です。
決済の際にはSMS認証による2段階認証で「なりすまし」による被害を防ぎます

また、カードの事前登録や本人確認書類等の提出は不要ですので、カード情報などの重要な情報が漏れることもありません。

この記事では、そんなPaidyの特徴や登録方法を紹介していますので、利用を検討している方は是非参考にしてください。

スマホ決済アプリPaidy(ペイディー)の特徴は?


Paidy(ペイディー)の特徴として以下の3つがあげられます。

  1. クレジットカード・個人情報の登録が不要
  2. 支払いはまとめて月に一回
  3. 分割払いでも支払い可能

クレジットカード・個人情報の登録が不要

先述した通り、Paidyでは「電話番号」と「メールアドレス」だけあればショッピングが可能です。
また、本人確認書類などの個人情報を提供する必要もないため、安心して利用できるサービスとなっています。

支払いはまとめて月に一回

Paidy(ペイディー)を利用すれば、月に何度お買い物をしても支払いが一度で済み、利用状況はMyPaidyからいつでも確認できます。

請求の案内は毎月1日~3日の間にメールとSMSで届き、同月10日までに支払う必要があります。

分割払いでも支払い可能

ショッピングの決済を行ったのと同じ月内であれば、決済金額に応じて分割払いをすることも可能です。

Paidy(ペイディー)の登録方法は?

まずはアプリをダウンロードしてみましょう。

初期設定方法

Paidy(ペイディー)の利用にあたって必要になるものは「メールアドレス」と「電話番号」のみです。(決済方法で口座振替を選択する場合は、指定の銀行口座情報が必要です。)
先述したように、クレジットカードや本人確認証などは必要ありません。

  1. 規約承認:Paidy(ペイディー)のサービス規約や免責事項に同意します。
  2. ログイン手続:メールアドレスと電話番号を指定の欄に入力します。
  3. SMS認証:SMS認証コードが届きますので、そのコードを指定の欄に入力します。
  4. ログイン完了:以上でログイン完了になります。そのほかの難しい手続きはありません。

paydy(ペイディー)で決済する方法

Paidy(ペイディー)での決済方法は「コンビニ支払い」「銀行振り込み」「口座振替」の3つです。

では、Paidyで支払う手順について紹介します。

  1. 請求書確認:先月購入した商品の請求書が届く(1日~3日)
  2. 支払い方法の選択:コンビニ支払い、銀行振り込み、口座振替の3つから選択します。
  3. 支払い:コンビニ支払いで支払う場合は、各種店舗の支払い方法に従い決済します。Paidyから発行された請求書に記載してある番号をメモし、指定のコンビニにて支払いを行います。 
    銀行振り込みの場合は、請求書に記載してある指定の口座に料金を振り込みます。

いずれにしても、必要な情報はすべて請求書に記載されていますのでよくよく確認してください。
※口座振替の際に、押印や身分証明書は不必要です。口座振替に対応している金融機関はこちら
※支払い期限を過ぎてしまった場合は、Paidyのカスタマーサポート(0120-971-918)にお電話ください。.

登録不要・後払いが嬉しいスマホ決済アプリ!


クレジットカードや個人情報を登録する必要がない分、それらの情報が流出して悪用されるリスクも0ですので、Paidyは安心して利用できるアプリケーションだといえます。

オンラインショッピングが主流になる中、様々な支払い方法に対応したPaidyのような決済サービスはとても実用的でとてもうれしいものです。

この記事に関連するタグ

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰