楽天Pay(ペイ)

楽天Pay(楽天ペイ)にデビットカードは登録できる?使えないカードの種類とは

今やオンライン決済やスマホ決済は当たり前に利用される世の中になりました。あなたの周りにも目にすることは多くなったのではないでしょうか。

キャッシュレス生活をするにあたっては必須ともいえるサービスですが、その中でも今人気を誇っているのが楽天ペイになります。

利用者数も満足度もNo.1を誇るこちらのサービスは簡単かつ安心安全に利用できます。

でもクレジットカードが必要じゃないのか、と諦める方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。デビットカードでも利用することが可能なのです。

ただし利用できるカードは限られます。これから利用しようと思われている方のためにも、こちらでは楽天ペイで利用できるクレジットカードやデビットカードについてご紹介します。

楽天Payについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら7,000円相当のポイントがもらえる!

  

楽天Pay(楽天ペイ)とは


まずは楽天ペイについてですが、こちらは楽天グループが提供するオンライン決済サービスになります。

特徴としては対象店舗での買い物であれば、簡単に決済ができる点が挙がります。事前に楽天に会員登録し、決済時に楽天IDとパスワードを入力することで決済が可能になります。

また専用のアプリもあるので、実店舗でスマホでの決済も簡単にできる点も評価を得ています。

店舗数などは後ほど触れますが、多くのオンラインショップや店頭で利用できて、今も利用できる店舗数を増やしていることから利用者も増加しているオンライン決済となります。

楽天ペイのメリット

簡単・便利に決済できるというのもメリットではありますが、他にもメリットはあります。
それは安全性と安心感、ポイントサービス、店舗数の多さです。

大手楽天グループ運営という安心感

楽天ペイはその名の通り、大手である楽天グループが展開、運営している決済サービスです。

その実績から安心して使えることもあり、利用者数、そして総合満足度もNo.1となっています。

当然、それだけの利用者数を誇ることもあり、セキュリティは強固なものであり、安全性が高いといえます。

また、利用する際に個人情報を利用店舗での決済で入力する必要がなく、必要な情報は楽天から各店舗に提供されるため安心して利用できる理由となっています。

楽天スーパーポイントが貯まる

楽天では楽天スーパーポイントというポイント制度を採用しています。
1ポイント1円から使える便利なポイントで、他ポイントからの転換や、マイルなどへの転換もできます

対象店舗で楽天ペイを利用した場合、税込金額の1%分をポイントとして還元してくれます。

使えるお店が多い

楽天ペイを利用できる店舗数は5,000以上あり、非常に多くの店舗で使用できることが分かります。

ファッションであればBUYMA、グルメであればドミノ・ピザ、美容や生活であれば無印良品と有名なお店で使うことができるので便利です。

実店舗でもファミリーマートやローソンなどのコンビニ、スギ薬局やVdrugなどの薬局、ピザーラや白木屋などの飲食店など、アプリを使った決済でも対応店舗を拡大しています。

楽天Payについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら7,000円相当のポイントがもらえる!

                                         

楽天Pay(楽天ペイ)に登録できるクレジットカードは?


楽天ペイではクレジットカードを使用した決済を行うことができます。そのため楽天会員に登録したあとにはクレジットカードを登録する必要がありますが、登録できるクレジットカードには制限があります。

クレジットカードを登録するにあたり、どのブランドが使用できて、どのカードは使えないのか、そのあたりを知ってから利用するようにしましょう。

取り扱いクレジットカードの国際ブランド

楽天ペイで取り扱いのあるクレジットカードは以下の通りです。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • American Express
  • Diners Club
  • Discover

この6種類のブランドであれば登録し利用することができます。基本日本でクレジットカードを作る場合、取り扱われるブランドばかりなので問題ない方がほとんどでしょう。

海外で発行されたクレジットカードは利用できる?

海外で発行されたクレジットカードであっても上記のブランドのカードであれば使用できます。カード表面にこの6種類のどれかのロゴマークが入っていれば大丈夫です

銀聯(ぎんれん)カードは利用できる?

銀聯カードは中国で最もよく使われているカードになります。こちらも楽天ペイでは対応しており、上記の6種類のブランドのどれかで発行されていれば登録が可能です。

つまり基本的にはブランドさえ満たしていれば使用できると考えてもいいでしょう。

楽天Payについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら7,000円相当のポイントがもらえる!

楽天Pay(楽天ペイ)にデビットカードは登録できる?


クレジットカードで使用できるものについては理解していただけたと思いますが、デビットカードは登録できるのでしょうか。これについては一部できるものがある、と理解しておいていただけるといいです。

基本的にはVisaとMastercardのデビットカードなら登録し、使用することができます

ただし一部のVISAデビットカードは対応していないため注意してください。

また、同じくVisaとMastercardのプリペイドカードも利用することができるので、合わせて覚えておいてください。

以下でご紹介するデビットカードは楽天ペイ対応の中でもおすすめとなります。

楽天銀行VISAデビットカード

楽天銀行VISAデビットカードゴールド、シルバー、ベーシックの3種類があり、どれも発行手数料は無料となっています。

年会費はかかるものの、ゴールドでは国内外の旅行損害保険ショッピング保険、Visaゴールド優待特典、シルバーでもショッピング保険、Visaシルバー優待特典が付くなど、安心して使用できる特典が付いてきます。

ベーシックでは年会費がかからず盗難補償が付いており、どのカードを使うにしても楽天スーパーポイントが100円で1ポイント(還元率1%)付いてくるのでお得です。
しかもこのポイント付与は楽天銀行VISAデビットカードを利用したことによるポイントであり、楽天グループのサービスを利用した際に付く楽天スーパーポイントは別に付与されるので、ポイントが追加でもらえるという優れものになります。

GMOあおぞら銀行デビットカード

GMOあおぞら銀行デビットカードの特徴はなんと言っても利用時にポイント付与ではなくキャッシュバックで返って来る点です。

決済時の金額の0.6~1.5%に適用されキャッシュバックされます。年会費や審査も必要ないため余分なお金もかかりません。ポイントだとどうしても使用できるシーンが限られることもあるので、現金でもらえるのはメリットといえるでしょう。

楽天Pay(楽天ペイ)で使えないカードの種類は?


そんな楽天ペイですが利用できないカードもあります。それが以下のカードになります。

  • JCBデビットカード
  • JCBプリペイドカード
  • dカードプリペイド
  • ANA Visaプリペイドカード

これらは使用することができません。もしJCBデビットカードしか持っていないのなら、VisaやMastercardデビットカードを作っておくことをおすすめします。

こちらを作っておけば楽天ペイでも使えますし、楽天ペイに限らず使えるシーンやオンライン決済なども多いので便利です。

楽天Pay(楽天ペイ)ならデビットカードも使える


楽天ペイは今でも多くの店舗で使用でき、ユーザーも非常に多く安心して使えるオンライン決済です。

クレジットカードはもちろん、クレジットカードが持てない人でもデビットカードで支払いができるため便利に利用できます。

昨今はオンライン決済や電子マネーの広がりにより利用する場面も増えています。
キャッシュレスでの生活が普及してきているため、まだ利用したことない方もそろそろオンライン決済の導入を検討してみることをおすすめします。

その際、どこにしようか迷うようなら楽天ペイを導入してみてください。安心安全、簡単かつお得に利用できることは間違いありません。

楽天Payについて詳しくはこちら

楽天ペイとあわせてオススメ
 

楽天ペイと合わせてお得な楽天カード
今なら7,000円相当のポイントがもらえる!

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!