スマホ決済サービス「バンドルカード」とは?特徴、使い方、仕組みを解説!

キャッシュレスで便利なスマホ決済アプリ。けれどその多くがクレジットカード決済を利用したもので、カードが持てない学生だと使えず、さらに使いすぎてしまうという心配もあります。

また、プリペイドカードだとコンビニや銀行などに出かけてチャージする必要があり、面倒な手間がかかるものがほとんどです。

そんな中、誰でも簡単に「ポチッと」後払いできて、手元にお金がなくてもすぐに買い物ができるスマホ決済アプリ「バンドルカード」が若者に急速に広まりつつあります。今回はこの「バンドルカード」について詳しく紹介していきます。

スマホ決済アプリ、バンドルカードとは?

株式会社カンムが2016年9月よりサービスを開始した「バンドルカード」。「誰にでもすぐ使えるVisaカードアプリ」というキャッチフレーズとともに発表され、クレジットカードがなくてもネットやリアル店舗で商品を購入できるカードアプリです。

カード決済したくてもクレジットカードがない、という声に応えてくれるこのスマホ決済アプリはリリースと同時に多くの人にダウンロードされ、2018年6月の段階で累計50万ダウンロードを達成しているほどのヒットアプリとなっています。

バンドルカードの特徴は?

スマホがあれば最速1分で作れるVisaカードと言われていますが、正式には「バンドルカード:誰でも作れるVisaプリペイドカードアプリ」という名称で配布されているスマホ決済アプリサービスです。

クレジットカードのようにVisa加盟店で支払いができるインターネット専用のバーチャルカードと、リアルのお店でもインターネットでも使えるリアルカード、更に利用できるお店が多いリアル+(プラス)の3種類のカードがあります。

今、手元に使えるお金がなくても即時にチャージでき、すぐに買い物に使え、支払いは後からでOK。「誰にでもシンプルで便利な」お金の使い方を提供できるように、との考えからリリースされました。

 

バンドルカードのメリットは?

安心のプリペイド式

バンドルカードはVisaカードの1種なのですが、クレジットカードではなく、あくまでもプリペイドカード機能のついたスマホ決済アプリです。クレジットカードの場合、支払いは翌月の後払い方式ですが、バンドルカードはアプリで自分で決めた金額をチャージし、すぐに買い物に利用できます。

使ったお金はすぐにアプリで確認ができますし、月の利用額が指定金額に達するとアプリからの通知がくるようになっています。

そのため、使いすぎや気づかないうちに浪費していた…という事態を避けることができます。しかも、他のプリペイドカードとは異なりさまざまなチャージ方法が選択できるのが魅力。コンビニやATMだけでなく、下の図のように、ネット銀行、ドコモ払いやビットコインも使えます。

バンドルカードなら、リアル店舗とネットの両方で買い物できる!

バンドルカードは、スマホ決済アプリと言えどVisaカードですので、Visa加盟店であればどこでも使用することができます。実店舗のVisa加盟店で使用できるほか、インターネットショッピングの際にも、Visaカードとして使用することが可能です。

リアル店舗とネットの両方で使えるとなると買えるお店の幅が広がり、とにかく便利に買い物を楽しめるでしょう。

インターネットでの支払い方法は通常のクレジットカード払いの方法と同じなので、使い勝手も抜群です。

バンドルカードは年齢制限なし!

チャージ式のプリペイドカードなので、自分があらかじめ決めた金額以外の買い物ができないことが、バンドルカードの安全性を高めています。

バンドルカードはクレジットカードでないので、利用者の収入面の審査などが無く、誰でも気軽に使えるVisaカードとなっています。そのため年齢制限も設けられておらず、保護者の同意があれば10代の高校生でも使用できますし、アプリのダウンロードも無料。

実際にバンドルカードの利用者の多くは10代で、まだクレジットカードを作ることのできない世代がインターネットショッピングやソーシャルゲームの課金などを手軽に行うために利用しているようです。

手続きが簡単!

一般的にお金に関する手続きは手間のかかるものがほとんどですが、バンドルカードはクレジットカードではないためとてもシンプルです。

ユーザーID、パスワード、生年月日、電話番号の4つの情報さえあれば、手続きが完了します。

バンドルカードの使い方は?

バンドルカードの使い方はとても簡単です。iOS版・Android版ともに、ダウンロードサイトからアプリをダウンロードすればすぐに使い始めることができます。

バンドルカードは、バーチャルカードですがスマホ決済アプリですので、アプリをインストールしたスマホからインターネットでのショッピングを楽しむのが通常の使い方となります。

コンビニやスーパーなどのリアルのお店でも買い物を楽しみたい場合は、アプリ内で「リアルカードの発効」を行いましょう。

バンドルカードの料金は?

バンドルカードのダウンロード料金や年会費は無料です。所定のダウンロードサイトから、一切の費用無しでバンドルカードのアプリを手に入れられます。

また、クレジットカードを使用する際にかかる手数料も、バンドルカードはプリペイドカードなのでかかりません。基本的には無料でダウンロードして、無料で使用できるスマホ決済アプリなっています。

ただし、バンドルカードを実店舗で使うために作成するリアルカードの発行に関しては300円の手数料が必要となります。また、利用制限無しで海外でも利用可能な「バンドルカードリアル+」を発行する際は、手数料600円と本人確認などの手続きが必要となります。

バンドルカードの口コミや評判は?

スマホ決済アプリ、バンドルカードの評判は一体どういった内容のものが多いのでしょうか?バンドルカードの口コミをいくつか抜粋して紹介したいと思います。

  • Visaカードと同様に使えるから便利。
  • クレジットカードが持てないので助かる!ネットショッピングはコンビニ払いや代引きだと手数料がかかってしまって、意外と出費がかさんで困ってた
  • チャージした分しか使えないので、使いすぎが防げて便利
  • オンライン決済が簡単!それに審査なしでVisaカードが持てると思うとありがたい。

ほかにも「ソシャゲーの支払いが楽」といった感想もあり、クレジットカードが持てない若者ならではの悩みを解消してくれるスマホ決済アプリと言えるでしょう。

バンドルカードはプリペイド式のクレジットカード!

バンドルカードは、プリペイド式のVisaカードが使えるスマホ決済アプリです。審査も年齢制限もないため、クレジットカードを持てない高校生や大学生でも使うことができます。

しかも、通常のプリペイドカードは違い、今手元に現金がなくてもチャージできるため、急を要する買い物の時にとても便利なスマホ決済アプリと言えるでしょう。