PayPal(ペイパル)

PayPalが経産省「キャッシュレス・消費者還元事業」登録完了 対象加盟店で最大5%還元へ

オンライン決済サービスのPayPal(ペイパル)が、経済産業省が実施する「キャッシュレス・消費者還元事業」において「A型決済事業者(キャッシュレス発行事業者)」および「B型決済事業者(キャッシュレス加盟店支援事業者)」として登録が完了しました。

【PR】Huluなら映画・ドラマ・アニメ見放題!今すぐ無料でお試し

PayPalのウォレット決済で最大5%相当還元

「キャッシュレス・消費者還元事業」は2019年10月から2020年6月までの9ヶ月間、消費税の増税に伴い実施する国の施策です。
同事業に登録している中小・小規模事業者において、消費者はキャッシュレス決済を利用すると5%もしくは2%のポイントなどの還元が受けられます。
また中小・小規模事業者はキャッシュレス決済に必要な端末を無償で導入できるほか、国から決済手数料が補助されるようになっています。

PayPalは今回「キャッシュレス・消費者還元事業」の登録が完了したことで、オンラインを含む対象加盟店でPayPalのウォレット決済を利用した消費者へ最大5%相当額の還元を実施します。
さらに、PayPalを導入している本事業の対象加盟店では決済にかかる手数料が通常3.6%+40円のところ、国の補助により実質2.16%以下となります。

お得な情報
 

日本のどこかで毎月お得になる!
PayPayのダウンロードはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSのニュース担当。お金に纏わる話題を幅広く発信しています。支払いはキャッシュレス派でLINE Payユーザー。発酵食品とラーメンが好きです。

- ガブうまハムカツ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。