決済代行サービス

入金までの期間が短い決済代行サービスは?カード決済した売上金額はいつ入金される?

カード決済導入をためらう人が多い理由の1つとして、入金されるまでに日数がかかるという点が挙げられます。
現金払いの場合にはすぐに代金を回収することができますが、カード決済の場合には後日入金されます。
そこで今回は、カード決済の入金タイミング、入金までの期間が短いおすすめサービスをご紹介します。

カード決済を店舗に導入する方法や費用、手数料は?
おすすめ決済代行サービスやエラーコードの読み方も解説

カード決済の手数料を安く抑えて早い入金を望むならモバイル決済サービス

カード決済の売上金額の入金タイミングはそれぞれのサービスによって異なります。
カード決済を導入する場合には決済手数料が発生します。この決済手数料とは、店舗側がカード会社に対して手数料を払うというものです。

このカード決済手数料を安く抑えて早い入金を望むのであれば、モバイル決済サービスの導入がおすすめです。
入金サイクルが早ければ、その分早く売上代金を回収することができるので、店舗にとっても大きなメリットとなります。
逆に入金サイクルが遅いと、売上代金の回収まで時間がかかり個人商店などの場合には倒産のリスクもあります。入金サイクルはしっかりと確認しておく必要があります。

決済代行サービスとモバイル決済サービスはどう違う?

最近よく聞くのが、決済代行サービスやモバイル決済サービスというものです。そもそもこの決済代行サービスとモバイル決済サービスには、どのような違いがあるのでしょうか?
決済代行サービスでは、ZEUSやソフトバンク・ペイメントサービスなどがよく知られています。また、モバイル決済サービスとしてはスクエアコイニーなどが有名です。

決済代行サービス

決済代行サービスとは、その名前のとおり、クレジットカード決済、携帯キャリア決済、コンビニ決済などの決済を一括で管理することができるサービスのことです。
カード会社などは複数あり、それぞれ個別に対応しようとすると処理が複雑になり大変です。一括で管理することによって利便性が向上します。
1つの契約で多くの決済システムと連携することができるのが大きなメリットです。

モバイル決済サービス

モバイル決済サービスとは、スマートフォンやタブレット端末などを使用して商品代金もしくはサービス料金を支払う決済サービスの総称として使われています。
モバイル決済サービスの大きなメリットとしては、決済代行サービスなどと比べて入金サイクルが早いという点です。
もちろんこれは、サービスを提供している会社によって異なりますが、スクエアの場合三井住友銀行やみずほ銀行口座を利用する場合、最短で翌営業日に入金されます。このように、入金サイクルが早いというのは経営者にとっては大きなメリットとなります。

カード決済を導入するなら決済代行サービスの手数料と入金サイクルをチェック!

店舗でカード決済を導入するという場合には、それぞれのサービスの決済手数料や入金サイクルをしっかりとチェックしておきましょう。

Coiney(コイニー)

Coiney(コイニー)は、クレジットカード決済、電子マネー決済、WeChatPay決済を行うことができます。
キャッシュレス加盟店支援事業者として登録されているため、飲食店や医療、サービス、住まいや暮らしに関る分野まで幅広い分野で導入されています。

初期費用タダノリキャンペーンで0円
(端末機代通常19,800円)
月額手数料月額固定費0円
入金サイクル月6回の手動入金、月1回の自動入金から選択。
手動入金の場合、決済日を基準として直近の五十日が締日、その締日の10日後から振込依頼可能。
振込依頼後、1~2営業日にて入金
決済手数料3.24%~3.74%
対応ブランドvisa、MasterCard 。
一部の対象業種のみ、JCB、American Express、Diners Club、Discover
電子マネーの場合、Kitaca、Suica、PASMO、TOICA、manaca、ICOCA、SUGOCA、nimoca、はやかけん

 

Square(スクエア)

Square(スクエア)の大きな特徴は、入金サイクルが非常に早いという点です。
三井住友銀行やみずほ銀行の口座の場合であれば、カード決済分が最短で決済日の翌営業日に入金されるのが大きなメリットです。
入金サイクルが早いので、安心して利用することが可能です。また、登録にも時間がかからないのが魅力となり、個人経営の店舗などにおすすめです。

初期費用キャンペーンで実質無料
(Square Reader 7,980円)
月額手数料月額固定費0円
入金サイクル最短決済日の翌営業日に入金。
みずほ銀行、三井住友銀行を利用している場合に限る。
決済手数料3.25%~3.95%
対応ブランドVISA、Mastercard、American Express、JCB、Diners Club、Discover

 

楽天Pay(ペイ)

楽天Pay(ペイ)は、スマホひとつで支払いをすることができるのが大きな特徴です。スピーディーに支払いを済ませることが可能です。
楽天ペイアプリをダウンロードするとさらに便利になります。また、振込口座を楽天銀行にすると、最短翌日入金されるというのが店舗側にとっての大きなメリットとなります。

初期費用カードリーダー代金 18,800円
月額手数料月額固定費0円
入金サイクル振込口座が楽天銀行の場合、翌日に自動入金。
決済手数料3.24%~3.74%
対応ブランドVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover、楽天カード

 

Airペイ(エアペイ)

Airペイ(エアペイ)は、iPadかiPhoneがあれば簡単に導入することができます。月額固定費や振込手数料がかからないのも魅力です。iPadもしくはiPhoneと専用のカードリーダーでクレジットカード決済、交通系電子マネー、iDやQUICPayに対応することができます。さらにApple Payにも対応し、業種などや店舗の大きさに関係なく導入することができます。

初期費用iPhoneもしくはiPadは自分で準備。
カードリーダー通常価格19,800円。
月額手数料月額固定費0円
入金サイクル利用口座により、月6回もしくは月3回入金される。
決済手数料3.24%~3.74%
対応ブランドVisa、Mastercard、JCB、American Express、Diners Club、Discover 
交通系電子マネー(PiTaPaの利用は不可)、iD、QUICPay、Apple Pay
あわせて読むとオススメ
 

編集部が選ぶQRコード・スマホ決済おすすめ最新アプリ決定版【2019】

 

スマレジ

スマレジは、iPadやiPhone、iPodtouchアプリを使用した無料で使うことができるPOSシステムのことです。プランによっては有料となります。登録店舗数も多く、登録店舗数は65,000店舗を突破している。小規模店舗から大型店舗まで対応することが可能。管理機能が充実しており、在庫管理、商品管理、顧客管理機能などがある。また、イベントなど向けに短期のレンタルプランもあります。

初期費用初期費用は0円
月額手数料契約するプランによって異なる。
0円~12,000円(税別)
入金サイクル利用する決済サービスにより異なる。
決済手数料利用する決済サービスにより異なる。
単独ではカード決済を行うことができないため、スマレジと連携することができる決済サービスを利用する必要がある。
対応ブランド利用する決済サービスにより異なる。

カード決済をお得に導入して売上アップを目指そう

店舗にカード決済を導入することで、今まで囲い込むことができなかった客の囲い込みを期待することができます。
また、カード決済の方が、現金決済よりも単価が高いのが一般的で売上アップを期待することが可能です。
カード決済を迷う理由として入金までに時間がかかるというのがありますが、スクエアなどの場合には条件はありますが、最短で決済の翌営業日に入金されるので、入金サイクルの早いサービスを利用することでその不安を解消することができます。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYS編集部のニュースを担当。ファッションレンタル無料体験利用中。日々キャッシュレス決済のお得情報を集めています。

- ayaya の最近の投稿