dポイント

dポイントの使い方とは?スマホアプリや使えるお店も紹介

ドコモの提供するdポイントは、さまざまな店舗でポイントを使える・貯めることができるポイントサービスです。
こちらで基本的な使い方を確認して、dポイントを日常的に有効活用してみましょう。

dポイントについて詳しくはこちら

dポイントとは?


dポイントとは、加盟店での利用でポイントを貯めたり使ったりできる便利なポイントサービスです。
携帯会社ドコモによって運用されていて、利用者は無料でポイントを活用できます。
使えるお店のジャンルも豊富で、コンビニ、飲食店、各種ショッピング店などで使い道はさまざまに考えられるでしょう。
1ポイント=1円で利用できるため計算しやすく、各お店で簡単に利用を進められます。
ドコモ以外のスマホを所有しているユーザーでも使えることから、まだdポイントを利用していない人も登録がおすすめです。

dポイントカードの使い方


dポイントは現物の「dポイントカード」を持つことで、利用することが可能です。
dポイントカードの使い方は簡単で、基本的に以下の流れで利用を開始できます。

  1. dポイントカードを入手する
  2. dポイントカードの利用情報の登録を行う
  3. 加盟店での買い物時に提示する

使い方を確認して、利用のための準備を行ってみましょう。

dポイントカードを入手

まずはdポイントカードを入手して、ポイントを貯めるための準備します。
次の方法で手に入れることが可能です。

・dポイントカードは郵送
・dポイント加盟店
・ドコモショップ

郵送での入手方法

郵送はドコモ回線を利用しているdポイントクラブ会員の人が対象となり、受付から約3週間で届けられます。
公式サイトより申し込みを行えるので、自宅でdポイントカードを受け取りたいのなら申し込みを行ってみましょう。

dポイント加盟店での配布

dポイントを使える&貯めることができる「dポイント加盟店」でも、dポイントカードを発行できます。
コンビニ、ファーストフード、レストランなどの加盟店で、dポイントカードを作りたいと伝えるだけでOKです。

dポイント加盟店の例

コンビニ
ローソン、ファミリーマート
ファーストフード
マクドナルド、すき家、ミスタードーナツ
レストラン
かっぱ寿司、ココス、ビックボーイなど

ドコモショップ

街中にあるドコモショップに訪れることでも、dポイントカードを作成できます。
ドコモユーザー以外にも無料配布されているので、近くにドコモショップがある場合には店頭で配布してもらいましょう。

dポイントカードの利用者情報登録を進める

dポイントカードを入手した後は、インターネットから利用者情報登録を行ってポイントを使えるようにします。
ドコモのスマホを使っている場合には、Wi-Fiをオフにしてdポイントクラブで手続きを行いましょう。
ドコモ以外のスマホやパソコンを使っている場合には、dアカウントを作成したのちに利用者情報登録を行います。
利用者情報登録はドコモショップでも行えるので、dポイントカードをドコモショップで受け取った場合にはその場で登録するのもおすすめです。

dポイントカードを買い物をするお店で提示

dポイントカードの取得と利用者情報登録を終えたら、dポイント貯めたり使ったりできるようになります。
使い方は買い物の際にdポイントカードを提示して、ポイントを貯める、もしくは使うことを伝えるだけです。
簡単に使えるので、普段からお財布に入れてdポイント加盟店で積極的に利用していきましょう。
ポイントの利用が行えるdポイント加盟店は非常に多く、あらゆるシーンでの活用に期待可能です。
自分の生活圏内で使える店舗がないか探してみましょう。

dポイントをスマホで使う方法

dポイントは現物のカードを持たなくても、スマホだけで利用することも可能です。
カードを持たない主義の人や、カードの管理が苦手な人は、スマホを使ったdポイントの利用がおすすめです。

  1. スマホに専用アプリをダウンロード
  2. 買い物時にスマホ画面を提示

上記の手順ですぐに利用できるので、この機会にスマホアプリでのdポイントの使い方も確認してみましょう。

「d POINT CLUBアプリ(dポイントクラブアプリ)」をダウンロード

スマホでdポイントを利用する際には、まず「d POINT CLUBアプリ(dポイントクラブアプリ)」をダウンロードします。
ダウンロード後は画面右上のカードアイコンをタップし、dアカウントを入力してログインしましょう。(dアカウントが必須となるので、未所持の場合は事前に登録が必要です。)
その後は利用者情報登録を行い、貯めたdポイントを利用できるように設定します。
以上の流れによってスマホでdポイントを貯めつつ、必要に応じて買い物に使うことが可能です。

モバイルdポイントカード

アプリのホーム画面にある右上のアイコンをタップすることで、「モバイルdポイントカード」を表示できます。
買い物時にそこに表示されているバーコードを店員に読み取ってもらえれば、通常のカードと同じようにdポイントを貯めることが可能となるのです。
アプリではポイント残高や各種キャンペーン、お得に使えるクーポンなども確認できます。
さらにスマホの位置情報を使ってdポイントを使える&貯められる近場のお店を検索できるので、ポイントを有効に活用することができるでしょう。

dポイントの使い道


普段の買い物などで貯めたdポイントは、さまざまなシーンで使うことができます。
主な利用方法を確認して、貯めたポイントの使い道を考えておきましょう。

加盟店での買い物

コンビニやドラッグストアなど、日常的に利用できる数々のお店がdポイントでの支払いに対応しています。
一般的にはdポイント加盟店での買い物への利用が、dポイントのメインの使い道になるでしょう。
dポイント加盟店はジャンルや店名で検索できるので、まずは公式サイトで気になるお店を探してみるのがおすすめです。

商品交換

貯めたdポイントは、dポイントクラブで用意されている各種商品と交換することもできます。
グルメ、トラベル、ホビー、ファッション、ビューティーなど、さまざまな特徴を持つグッズへの交換も検討されるでしょう。

ギフトコードの交換

ドコモ回線を利用している場合、Google PlayやApp Store & iTunesのギフトコードへの交換が可能です。
GoogleやAppleの商品を利用する機会が多いのなら、ギフトコードに交換してお得に利用してみましょう。

Amazonなどのネットショッピングでも利用可能

スマホ決済のd払いを利用することで、Amazonなどのネットショッピングでもdポイントを使った買い物が実行できます。
他にもひかりTV、メルカリ、ノジマオンラインなどの各種ネットショップが対応しているため、実店舗以外でもスムーズにdポイントが利用できるでしょう。

dマーケット各種サービスの支払い

dマーケットとは、ショッピングやデリバリー、電子書籍などを楽しみながらdポイントを貯められるサイトです。そのdマーケットで貯まったdポイントを使えます。
人気の宿なども予約できるので、旅行時に利用すればお得に泊まりたいと思っていたホテルの予約をすることができます。

海外旅行先

ハワイ、グアム、ニューヨーク、韓国、台湾などの海外旅行時にも、dポイントを貯めたり使ったりできます。
海外旅行中も国内と同じようにdポイントを利用して、お得なチャンスを逃さないようにしましょう。

dポイントのおすすめの使い方

dポイントの便利さを体験するのなら、まずはその使い方に慣れる必要があります。
特におすすめされるマクドナルド、Amazon、ローソンの使い方を参考に、実際にdポイントを使って買い物をする流れをチェックしてみましょう。

マクドナルド


ファーストフード店として展開しているマクドナルドでは、dポイントでの買い物が可能です。
1ポイント=1円で利用でき、100円の支払いごとに1ポイントが獲得できます。
会計時にレジでdポイントで支払うことを伝え、カードもしくはスマホアプリを提示するだけで利用可能。
dポイントで全て払うだけでなく、差額を現金で支払うこともできます。
その場で簡単にポイント払いが行えるので、混み合うことの多い時間帯でもスムーズに会計を終わらせることができるでしょう。

Amazon(アマゾン)


ネットショッピングの大手Amazonでも、d払いを使ったdポイントでの支払いが可能です。

利用手順

  1. 「お支払い方法の管理」から「お支払い方法を追加」を選択
  2. 携帯決済のdocomoを追加(設定の際にはドコモ回線による接続が必要となります。)
  3. その後ドコモの決済画面に移動し、4桁のパスワードを入力して承認するを選択
  4. 承諾番号の表示後「次へ」をタップ

以上の手順でAmazonでd払いが利用できるようになります。
dポイントの利用はd払いの充当方法設定画面で、「dポイントをすべて利用する」を選択して「内容を登録する」をタップすることで次回のd払いから適用されます。

ローソン


コンビニのローソンでも、レジの会計時にdポイントカードやスマホアプリを提示することでdポイントでの支払いを実行できます。
その他にもローソンでは公式の「ローソンアプリ」を使うことで、モバイルdポイントカードとして支払いに利用することが可能です。
アプリのインストール後ローソンIDの設定から「dポイントを利用する」を選択し、手持ちのカード情報を入力してログインします。
すると通常のカードと同じように、ローソンアプリの支払い画面からdポイントの利用が可能となるのです。
通常の買い物以外にも、dポイントを使った引換券との交換なども行えるので、ローソンを利用する機会が多いのならローソンアプリとdポイントの紐付けもおすすめされます。

dポイントが貯まるクレジットカード


dポイントをお得に貯めることができるおすすめのクレジットカードを紹介します。
ここで紹介するdカードとdカード GOLDは、街のdポイント加盟店で利用と提示をすると2重でポイントを貯めることができます。
dポイントカードでコツコツポイントを貯めていた方もこの機会に効率よくポイントが貯まるクレジットカードを検討してみてはいかがでしょうか。

dカード

特徴

dカードは、株式会社NTTドコモが提供しているクレジットカードサービスで、電子マネーやdポイント、クレジットカードが三位一体で利用できるとてもお得なカードです。
対応している国際ブランドはVISA、MasterCardで、いずれも日本国内外にて広く利用可能なカードです。ただし、Apple PayはVISAでは利用できないため、Apple Payを利用することの多い人はMasterCardを選ぶといいでしょう。
dカードはApple Payを設定して紐づけて使うことができ、iDにも対応しているため、普段からApple Payで支払いをすることによってより多くのポイントを貯めることができると人気です。

dカードのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率通常:1.0%
ローソン:5.0%
ポイントの種類dポイント
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(学生の方は除く)
dアカウントとパスワードが必要
発行スピード約1週間

dカードについて詳しくはこちら

dカード GOLD

dカード GOLDの特徴

dカードの上位カードが「dカード GOLD」です。年会費は10,000円(税抜)ですが、毎月のドコモのケータイ/「ドコモ光」利用料金の10%がポイント還元されるので、ドコモユーザーにおすすめのクレジットカードです。また、充実したケータイ補償が付いており、万一の紛失や修理不能時、購入から3年間は最大10万円分のサポートがあります。国内・ハワイの主要空港ラウンジも無料で利用できます。

dカード GOLDのスペック

国際ブランドVISA、Mastercard
ポイント還元率1.0%~4.0%
ポイントの種類dポイント
年会費10,000円(税抜)
申し込み資格満20歳以上(学生は除く)で、安定した継続収入があること
発行期間最短1週間程度

dカード GOLDについて詳しくはこちら

dポイントの使い方マスターして買い物をしよう!


dポイントは多くの場所で利用できるポイントサービスとして、広く浸透しています。
この機会に使い方をチェックして、実店舗やオンラインショッピングでの支払いに利用してみてはいかがでしょうか。
dポイントは利用先も豊富で使いやすいポイントシステムなので、上手に扱えればお得に商品やサービスを利用できます。
一度dポイントの使い方を確認して、自分の日常に組み込んでみることがおすすめです。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!

- BITDAYS編集部 の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。