マイナポイント

マイナポイントが使えるお店は?申し込みについても紹介

キャッシュレス決済の利用で最大5,000ポイントがもらえるお得な「マイナポイント」の申し込みが2020年7月に開始されます。

お得なチャンスを逃したくないものの、「加盟店が少なく使える店が限られているのではないか」「使い道がないのではないか」といった点が気になるのではないでしょうか。

そこでマイナポイントが使える店についての最新情報、さらにポイント取得のために今からするべき準備を紹介します。

マイナポイントについて詳しくはこちら

マイナポイントとは?


マイナポイント事業とは、総務省がマイナンバーカードの普及、消費の活性化のために行う事業です。

全ての消費者が対象となり、2020年9月から2021年3月の期間の間にキャッシュレスにて買い物・チャージした額に応じ最大5,000円分のポイントが付与されます。

マイナポイントを利用するためには申し込みが必要で、2020年7月より申し込みが可能になります。

  • マイナンバーカード
  • キャッシュレス決済の利用環境
  • 以上の2つがあれば誰でも申し込みが可能です。

    ポイントが付与されるのは2020年9月以降となっており、いつまで使えるのかは選択したキャッシュレス決済の事業者により異なります。

    事業者ごとにポイントの利用期限、自社のポイントと併用して使えるかどうかなどの詳細を決めているので、ポイントが付与される事業者を選択する前にあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

    マイナポイント事業は「キャッシュレス・ポイント還元事業」とは異なる事業です。

    キャッシュレス・ポイント還元事業は、2019年10月の増税時に消費者の利便や消費活動の促進のためにとられた政策であり、2020年6月に終了します。

    キャッシュレス・ポイント還元事業の終了により生活費が高くなることを心配する方が多いかもしれません。

    マイナポイントのおすすめポイント

  • キャッシュレス・ポイント還元事業終了後の2020年7月から申し込みが開始する
  • キャッシュレス・ポイント還元事業と同様に消費活動促進のために行われる
  • マイナポイントの還元率(最大25%)はキャッシュレス・ポイント還元事業の還元率(5%)よりも多い
  • マイナポイント申し込みにはPayPayがおすすめ!

    PayPayの詳細をみる

    店舗様必見

    PayPay加盟店お申し込みはこちら

    マイナポイントに必要な申し込み手続きとは?


    マイナポイントの申請のためには、以下の3ステップが必要です。

    1. マイナンバーカードの取得
    2. マイキーIDの設定
    3. キャッシュレス決済サービスの選択

    スマホやパソコン、あるいは全国の市区町村にある「マイナポイント手続きスポット」にて申請が可能となっています。
    必要なステップをひとつずつ確認してみましょう。

    マイナンバーカードの取得

    まずはマイナンバーカードの取得が必要です。

    マイナンバーカード申請のための「個人番号交付申請書」を持っている場合には、以下のいずれかの方法で申請を行うことが可能です。

  • スマートフォン
  • パソコン
  • 証明用写真機
  • 郵便
  • (個人番号交付申請書が無い場合には、市区町村の窓口にて交付申請書をもらう手続きをする必要があります。)

    申請が受理されると自宅に交付通知書が届くので、本人が交付通知書を持ち、指定された場所に期限内に行くことでマイナンバーカードを受理することができます。

    マイナンバーカードの受理の際には4桁の暗証番号を設定するのですが、この番号はマイナポイントの申請のときにも必要となるので必ず控えておきましょう。

    マイナンバーカードの申請から交付通知書の送付までにかかる期間は1ヶ月程度とされていますが、現時点では10万円給付金申請のためにマイナンバーカードの申し込み者が急増しており、通常よりも時間がかかることが予想されます。

    申請を考えている方は、早めに手続きを始めると良いでしょう。

    マイキーIDの設定

    マイキーIDの設定には、以下の2点が必要となります。

  • マイナンバーカード
  • マイナンバーカード取得時に設定した暗証番号
  • スマートフォンのアプリから、またはパソコンとICカードリーダライタを利用しての登録が可能です。

    上記の方法での申し込みが困難な場合、市区町村の相談窓口にてマイキーID設定支援を受けることもできます。

    スマートフォンの場合

    必要なアプリをダウンロードし、アプリ内で「マイキーIDの発行」を選択するとマイキーIDを設定することができます。

    iPhoneの場合:「マイナポイント」アプリをダウンロード
    Androidの場合:「マイナポイント」アプリ、「JPKI利用者ソフト」アプリをダウンロード

    パソコンの場合

    公式サイトより「マイキーID作成・登録準備ソフト」のダウンロードが必要となります。
    ブラウザはInternetExplorer11が、OSはMicrosoftwindows8.1,10が必要とされていますが、今後他のブラウザやOSが対応可能となる可能性もあります。

    キャッシュレス決済サービスの選択

    2020年7月以降に決済サービスの選択が可能になり、正式にマイナポイント申し込みをすることができるようになります。

    スマートフォンの場合

    「マイナポイントアプリ」より「マイナポイント申し込み」を選択後、希望のキャッシュレス決済を選択

    パソコンの場合

    マイナポイント予約サイト」より希望のキャッシュレス決済を選択(ICカードリーダライタが必要)

    市区町村の窓口で行う場合

    マイナンバーカードと暗証番号があれば登録が可能と予想できますが、各市区町村により設置する端末・登録方法が異なる可能性があるので、事前に電話等で必要なものを確認しましょう。
    3ステップが完了すれば、マイナポイントの申請は完了です。
    ここからはマイナポイントの利用方法について紹介します。

    マイナポイント申し込みには楽天カードがおすすめ!

    マイナポイント対応の決済サービス


    マイナポイント対応として登録されている決済サービスはこちらです。

  • 電子マネー
  • プリペイドカード
  • QRコード決済サービス
  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 以下にマイナポイント対応として登録されている、主な事業者を紹介します。

    電子マネー/プリペイドカード

  • nanaco
  • suica
  • 楽天Edy
  • おさいふHippo
  • QRコード決済サービス

  • りそなウォレットサービス
  • 楽天Pay
  • ゆうちょPay
  • クレジットカード/デビットカード

  • オリコカード
  • エポスカード
  • SMBCデビット
  • 公式サイトにて各サービスの全登録事業者が公開されていますが、今後も増え続けると予想されるので登録する決済サービス事業者を決定する前には必ず公式サイトで確認しましょう。

    マイナポイント申し込みには三井住友カードがおすすめ!

    マイナポイントの使い道(利用先)は?


    マイナポイントはポイントとして各事業者へ還元され、使い道は事業者ごとに異なります。

    事業者ごとに異なるポイントの使い道を知り、利用する可能性が高い使い方ができる事業者を選ぶことで、マイナポイントを損せず使うことができるでしょう。

    電子マネー/プリペイドカードの場合

    マイナポイントを電子マネーとして買い物の際に利用したり、他のポイントへ交換することができます。
    一例として、「nanaco」を選択した場合には以下の使い方があります。

  • 電子マネー対応店舗にて買い物時に使用する
  • オムニ7(ネットショッピングサイト)での買い物に使う
  • ANAマイルに交換する
  • トラノコポイントに交換する
  • 募金する
  • QRコード決済サービスの場合

    ORコード決済を選択した場合も、QRコード決済取り扱い店舗にて買い物時のお支払いに使用することができます。

    スマホの画面上でポイント利用が瞬時にできるのが魅力です。

    コンビニやドラッグストア、レストランなどさまざまな店舗が、QRコード決済に対応しています。

    クレジットカード/デビットカードの場合

    クレジットカードやデビットカードの場合、カード会社がポイントを普段の買い物に利用できるように設定している場合と、ギフト等への交換のみに使えるよう設定している場合とがあります。

    さらに「クレジットカード会社のポイントと合わせて使えるのか」などの詳細な点は今後発表になるはずですので、随時公式サイトにて確認しましょう。

    マイナポイント申し込みにはLINE Payがおすすめ!

    LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

    併せてオススメ

    LINEモバイル「学生応援!社会人にもあげちゃう最大5,000円相当プレゼントキャンペーン」実施中

    マイナポイントが使えるお店


    どんな店でマイナポイントが使えるのかを知るために、キャッシュレス決済に対応している店を紹介します。

    ※選択するキャッシュレス決済サービスの種類により使える店は異なります。

    コンビニ

    セブンイレブン
    ファミリーマート
    ミニストップ
    ローソン

    スーパー

    イトーヨーカドー
    ヨークマート

    ドラッグストア・薬局

    ウェルシア
    コクミン
    サンドラッグ
    薬の福太郎

    レストラン・カフェ・ファストフード

    デニーズ
    ガスト
    くら寿司
    上島珈琲店

    デリバリーサービス

    ケンタッキー・フライド・チキン
    バーミヤン
    ほっかほっか亭

    百貨店・デパート

    パルコ
    小田急百貨店
    近鉄百貨店

    ガソリンスタンド

    出光
    コスモ石油

    ホテル

    東横イン
    ホテルモントレ

    ネットショッピング

    オムニ7
    コジマネット
    BUYMA

    マイナポイント申し込みにはPayPayがおすすめ!

    PayPayの詳細をみる

    店舗様必見

    PayPay加盟店お申し込みはこちら

    マイナポイントが使えるお店はさまざまな場所にある!


    マイナポイントは上記のようにさまざまな場所で、多様な使い方ができるポイントです。

    コンビニやスーパー等日用品の買い物にも使用できるので、使い道に困るということはほとんどないでしょう。

    誰でも申し込みが可能ですので、ぜひマイナポイント精度がスタートする2020年9月より前に利用のための手続きを始めておくことをおすすめします。

    早めに申し込みを行い、お得なマイナポイントを使いこなしましょう。

    マイナポイント申し込みには楽天カードがおすすめ!

    最新情報をチェックしよう!
    この記事を書いた人
    お得なクーポンやキャンペーン情報から話題のキャッシュレス、スマホ決済、仮想通貨、信用スコアなど新時代の金融・投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信しています!

    - BITDAYS編集部 の最近の投稿

    >BITDAYS VIDEO
    CTR IMG

    BITDAYS VIDEO

    BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。