Ponta(ポンタ)ポイントとは?お得に貯める方法、使えるお店、アプリなど徹底解説!

Ponta(ポンタ)ポイントあるいはPonta(ポンタ)カードというものを耳にされる機会は多いと思いますが、意外にもこちらを活用されている方もいらっしゃいます。
Ponta(ポンタ)ポイントは他のポイントサービスと違い、お得に貯めやすく還元率も良いことで有名です。
全国でも多くのお店で貯める・使うことができることから、実は身近で持っておきたいポイントカードの1つでもあります。
そんなPonta(ポンタ)ポイントの概要や、お得なため方、使えるお店などを徹底的に解説していきます。

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めるならシェルPontaクレジットカードがおすすめ!

Ponta(ポンタ)ポイントとは?

Ponta(ポンタ)ポイントとは何か、まずはそこから説明していきましょう。
Ponta(ポンタ)ポイントとは全国のPonta提携社やネットサービスで利用することができる共通ポイントであり、ご利用金額に応じて貯める、そして使うことができるポイントになります。
運営会社は三菱商事の関連会社である株式会社ロイヤリティ マーケティングが行っています。
現在の会員数は8,936万人(2018年12月末)、提携企業数は121社、提携ブランド数は169ブランドにも登り、全国で約20万店での利用が可能となっています。
イメージキャラクターにはタヌキをモチーフにしているのが特徴的であり、「ポイントがポンポンたまる」というイメージを重ねるために、このような起用となったようです。
またPonta(ポンタ)カードには大きく分けると3種類のカードが存在し、純粋にポイントを貯める・使うだけの「Ponta(ポンタ)カード」、クレジットカード機能を持つ「クレジット機能付きPonta(ポンタ)カード」、Ponta(ポンタ)カードに機能が集約された提携社用のPonta(ポンタ)カードの3種類です。
提携社用のPonta(ポンタ)カードは例えば全国で展開するゲオのBD・DVD・CD・コミックスのレンタルを行うための会員情報が登録されているなどの機能になります。
また買い物などだけでなく、キャンペーンやゲーム、アンケートなどのコンテンツでもPonta(ポンタ)ポイントが貯められますし、リクルートポイントなど他の一部ポイントをPonta(ポンタ)ポイントに交換して貯めることもできるのが、特徴となっています。

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めるメリットは?

特徴でも取り上げていますが、Ponta(ポンタ)ポイントはメリットが多いです。

  • ポイントの還元率が高い
  • Ponta(ポンタ)ポイントの加盟店が多い
  • Ponta Play(ポンタプレイ)で遊ぶことでポイントを得られる
  • Ponta(ポンタ)ポイントモール経由でPonta(ポンタ)ポイントを得られる

ポイント還元率に関しては後ほど詳しく触れていきますが、なかなか高めに設定されています。
また加盟店によってさらに高い還元率になるところもあるので、そこで買い物をする場合はぜひともPonta(ポンタ)ポイントを獲得することをおすすめします。
先ほども触れましたが、Ponta(ポンタ)ポイントの加盟店が多いのもメリットです。全国20万店で貯められると言うことは、同時に使用できるということでもあります。
同じく、Ponta Play(ポンタプレイ)というゲームでのPonta(ポンタ)ポイントの獲得も可能です。買い物以外でもポイントを獲得できるのは大きいのですが、こちらも詳しくは関連記事でご紹介していますので、そちらを参考にしてみてください。
ネットショッピングをされるのであれば、Ponta(ポンタ)ポイントモールを経由して買い物をすることで、その金額に応じたPonta(ポンタ)ポイントも同時に貯めることができます。
こちらに関しては登録されているショッピングサイトのみなので全てではありませんが、もしそこで買い物をするのであれば、ポイントモールを経由した方が断然お得です。
とにかく還元率の高いポイントを、しかも貯める機会が多いとなれば、自然とPonta(ポンタ)ポイントを貯めることができ、貯まったポイントを使ってショッピングなどができるので非常にお得であり、メリットとなります。

Ponta(ポンタ)ポイントの還元率は?

Ponta(ポンタ)ポイントでは通常の還元率が0.5%となっています。これは有名なTポイントカードと同じ還元率となっており、例えば1,000円の買い物をしたのであれば、5ポイントを獲得できることになります。
これだけなら他のポイントカードと差して変わりないと思われるかもしれませんが、Ponta(ポンタ)ポイントをローソンで貯めた場合は1%の還元率になります。
つまり同じ1,000円の買い物をしたのであれば、10ポイントもポイントがつくことになります。これはなかなか高い還元率となっており、それだけポイントが貯まりやすくなっています。

ポイントはいつ付与される?

Ponta(ポンタ)ポイントのポイント付与のタイミングは利用したお店や状況により異なります。
例えばPonta(ポンタ)ポイントを貯められ、使用できるポンパレモールでは注文をしてから20日後の加算となっています。
これに関しては利用する店舗ごとでご確認ください。また付与されたあとであれば、最大5か月分はローソンのLoppiやWeb上のPonta Webで確認することもできます。

ポイントの期限は?

Ponta(ポンタ)ポイントは加算された日から1年後の同日まで利用が可能です。例えば2019年2月11日が最終のポイント加算日ならば、12ヵ月後の2020年2月11日まで利用が可能と言うことになります。
ただしリクルートポイント、リクルート期間限定ポイントについては有効期限が異なりますので注意してください。

Ponta(ポンタ)ポイントをお得に貯める方法は?

そんなPonta(ポンタ)ポイントですが、できればお得に貯めたいところだと思います。そこでお得に貯めることができる3つの方法をご紹介しておこうと思います。
主には以下の3つの方法になります。

  • リクルートのサービスを利用する
  • キャンペーンを利用する
  • クレジット機能が付属したPonta(ポンタ)カードを作る

それぞれの方法についてみていきましょう。

リクルートのサービスを利用する

先ほどPonta(ポンタ)ポイントの還元率は通常で0.5%、ローソンだと1%とご紹介しましたが、これはあくまでショッピングに関してです。
リクルート系サービスでは貯まるポイントの還元率がさらに上がります。リクルート系サービスとはリクルートが運営する旅行や飲食などのサービスになります。
有名どころだと「じゃらん」や「ホットペッパーグルメ」などが挙がります。
これらのサービスを利用することで、ローソンと同じ1%から最大3%もの還元率でポイントが付与されます。
リクルートIDとPonta会員IDを紐付けする登録することで、リクルートポイントとPonta(ポンタ)ポイントを相互交換できるようになるので、どちらのサービスのポイントで利用することが可能なのです。
ただし先ほどもご紹介したように、リクルートポイントは有効期限が異なりますので、そこには注意してください。

キャンペーンを利用する

Pontaでは定期的にキャンペーンを実施しており、そちらがお得となっています。
過去のキャンペーンにはなってしまいますが、毎日Ponta(ポンタ)カード(公式)アプリを起動するたび1ポイント、最大10ポイント獲得できるキャンペーンや5周年記念として、Ponta(ポンタ)ポイントが6万ポイントやJALのマイルが8万マイルプレゼントされるなどのキャンペーンがありました。
このようなキャンペーンを利用すれば、買い物などをしなくてもポイントをもらうことができるので、さらにお得です。

クレジット機能が付属したPonta(ポンタ)カードを作る

クレジット機能が付属したPonta(ポンタ)カードを作るのもお得にポイントを貯められます。どこのクレジットカードとの提携のものを選ぶかで年会費などの問題が出てきますが、基本的には通常のPonta(ポンタ)カードよりも還元率が高いです。
例えば「JMBローソンPonta(ポンタ)カードVisa」の場合、年会費は無料で、Ponta(ポンタ)ポイントは2%(100円で2ポイント)、さらにクレジット利用総額200円ごとに「1マイル」を貯めることができます。
Ponta(ポンタ)ポイントは2ポイントで1マイルと交換でき、JALのマイルは「10,000マイル」をPonta(ポンタ)ポイント「10,000ポイント」に交換できるので1マイルも貯めていけばPonta(ポンタ)ポイントとして利用できるのです。
これならば仮に200円の買い物をこのカードで使った場合、実質3ポイント分の付与と考えることもできるので、3%の還元率と見ることもできます。

Ponta(ポンタ)ポイントが貯まる・管理できるアプリは?

Ponta(ポンタ)ポイントを、カードを作ることでお得に貯められることは分かっていただけたと思いますが、実はカードでなくてもPonta(ポンタ)ポイントを貯める・使える・管理できる方法があります。
その代表格がPonta(ポンタ)カード(公式)アプリになります。
最近はスマホにアプリを入れて登録することで、カードなしでも同様のサービスを受けることができる便利な時代になっています。
他にもローソンアプリやPontaタイム、デリバリープラネットなどでPonta(ポンタ)ポイントを貯めて管理することができます。

Ponta(ポンタ)カード(公式)

Ponta(ポンタ)カード(公式)アプリは名前の通り公式アプリとして作られたものになります。使い方は簡単で、アプリを起動してPontaWebにログインし、表示されたバーコードを提示するだけになります。
ポイントを貯めて使えるほか、ポイント残高の確認も手軽にでき、提携会社のクーポンまで受け取れる優れものになります。
ただしポイントが使えるのは一部提携会社のみとなるので注意してください。
また海外でも使える「デジタルPonta(ポンタ)カード」の機能も付いているため、海外旅行や出張などに行かれる場合はこちらもお得に貯められます。
ダウンロードURL
iOSダウロードはこちら
Androidダウロードはこちら

ローソン

ローソン公式アプリにも「ローソンモバイルPonta」という形でPonta(ポンタ)ポイントを貯める・使うことが可能です。
ただしこちらの場合は、事前にPonta(ポンタ)カードの登録が必要な上、プラスチックカードを発行してもらってからアプリに登録する必要があります。
登録後は、使用時に店頭でモバイルPontaを利用する旨を伝えることで、利用することができます。
Androidダウロードはこちら

Pontaタイム

PontaタイムはPonta(ポンタ)ポイントを貯める・管理するのに特化したアプリになります。
毎日起動することで少しずつポイントを貯めたり、アプリ内のバッジを集めることでポイントを付与されたり、Ponta(ポンタ)カードで買い物をしたらさらに追加でポイントを付与されるなどお得な機能満載です。もちろんポイント通帳機能でポイント残高の確認もできます。
iOSダウロードはこちら
Androidダウロードはこちら

デリバリープラネット

デリバリープラネットはゲームアプリです。パズルゲームとなっており、ステージをクリアしていくのですが、クリア時に抽選でPonta(ポンタ)ポイントがもらえるため、Ponta(ポンタ)ポイントを貯めることができるアプリとしておすすめです。
ゲームを楽しみながら無料でPonta(ポンタ)ポイントももらえるとなれば、これほどお得なことはありません。
iOSダウロードはこちら
Androidダウロードはこちら

Ponta(ポンタ)ポイントが貯まる・使えるお店は?

Ponta(ポンタ)ポイントを貯める・使える店舗は全国に20万店もあることをお伝えしました。
しかし実際にどのようなお店で貯める・使うことができるか分からないとPonta(ポンタ)カードを提示することもできません。
そんな方々のためにPonta(ポンタ)ポイントが貯められるお店と使えるお店の有名店をご紹介していきます。

コンビニ

コンビニはローソンのみが提携店となっています。

  • ローソン
  • ローソンストア100

この2店であればポイントを貯めることができます。さらにどちらのお店でもそのポイントを使うことができるので便利です。

飲食店

飲食店では以下のお店でポイントを貯める・使うことができます。

  • ケンタッキーフライドチキン
  • 大戸屋
  • ピザハット
  • ホットペッパーグルメ

ホットペッパーグルメはリクルート系のサービスになるので、ポイント還元率が高いですが、有効期限も違うので注意してください。
また貯めるだけになってしまいますが、以下のお店も有効です。

  • ブッキングテーブル

ファッション

ファッションであれば以下のお店で貯める・使うことができる提携店になります。

  • ポンパレモール
  • AOKI
  • ORIHICA
  • ジャンブルストア
  • セカンドストリート

また以下のお店は貯めることだけなら可能となっていますので、併せて知っておいていただくといいです。

  • サムソナイト
  • BEBE ONLINESHOP

ヘルスケア

ヘスルケアであれば以下のお店で貯める・使うことができます。

  • ホットペッパービューティー
  • タカシマヤコスメティック
  • タカシマヤコスメテックスミリオンドアーズ
  • ねいるんるん

家具・家電

家具・家電分野だと「コジマ」のみになりますがこちらでならポイントを貯める・使うことが可能です。

その他サービス

その他のサービスとしては習い事などの分野だと以下のお店でポイントを貯めることができます。

  • Gabaマンツーマン英会話
  • 教育マイレージ
  • リンクモンスター

また電気やガスの使用できも貯めることができるのも魅力です。

  • エネワン
  • ガスワン
  • 関西電力
  • 西部ガス
  • 東京ガス パッチョポイント
  • まちエネ

Ponta(ポンタ)ポイントをお得に貯める・使ってショッピングしよう

Ponta(ポンタ)ポイントは貯めるにしても使うにしても全国で利用することができ、その貯め方も他のポイントと比べて多様でお得であることが分かってもらえたと思います。
もし身近で上記のようなお店を利用するのであれば、あるいはネットショッピングでPonta(ポンタ)ポイントが貯められるお店を利用するのであれば、使わない手はありません。
お得に貯められるPonta(ポンタ)ポイントを最大活用して、誰よりも得したショッピングができるように工夫してみてはいかがでしょうか。

Ponta(ポンタ)ポイントを貯めるならシェルPontaクレジットカードがおすすめ!

Ponta(ポンタ)ポイントとは?お得に貯める方法、使えるお店、アプリなど徹底解説!