リクルートポイントをPonta(ポンタ)ポイントへ交換する方法は?

Pontaポイントは、全国のPonta提携社やネットサービスで利用金額に応じて貯まり、1ポイント=1円として使うことができます。また、貯めたPontaポイントを家電やレジャーチケット、社会貢献活動支援などに交換することもできるため人気です。

最近ではポイントサービスが数多くあるため、できれば一つにまとめたいと思う方も多いでしょう。
実はリクルートポイントやdポイントをはじめ、さまざまなポイントがPontaポイントに交換することができるのです。

ここでは、リクルートポイントをPontaポイントへ交換する方法をお伝えしますので、ぜひポイントを有効活用してください。

リクルートポイントとは?

リクルートポイントは、「じゃらんnet」や「ホットペッパーグルメ」などリクルートのポイント参画サービスで利用できるポイントです。
ポイント還元率が1.2%というクレジットカード「リクルートカード」の利用で貯まります。普段の買い物でも利用額の1.2%のポイントが付きますが、リクルート系列のサービスを利用している方にはさらに2~3%のポイントが付き、還元率3.2~4.2%となるので大変お得です。

リクルートカードは年会費無料で発行することができ、高いポイント還元率でお得に使えるのでおすすめのクレジットカードです。

 

リクルートポイントをPonta(ポンタ)ポイントに交換する方法

貯めたリクルートポイントをPonta提携店舗で使いたいという方は、Pontaポイントに交換しましょう。Pontaポイントに交換することで、リクルート系列のサービスだけでなく、ローソンやケンタッキー、ゲオ、HMVなどの実店舗でも使えるようになります。
ポイントを交換するには「リクルートID」と「Ponta会員ID」を取得する必要があります。

ポイントの交換レートと交換単位

ポイントの交換レートは、「1リクルートポイント=1Pontaポイント」です。
全ポイントが一括で交換されます。一部のみを交換することはできないので注意してください。

交換が反映される期間と有効期限

ポイント交換はその場で即時可能。手続きをしてからすぐにPontaポイントとして利用することができます。
有効期限は、最終のポイント加算日から12ヶ月後の月末までとなっています。

手順

Ponta Webにログイン
②メニューバーの「使う」内にある「ポイント交換」を選択
③「リクルートポイント → Ponta」の「ポイント交換する」を選択
④「交換ポイント数の確認画面へ」を選択
⑤「ポイントをすべて交換する」を選択

以上の流れで完了です。
誰でも簡単に交換できそうですね。

 

ポイントの交換で活用の幅が広がる!

いかがでしたか?
多くの実店舗で利用できるPontaポイントに交換することでリクルートポイント活用の幅が広がりますよね。

便利なリクルートポイントを効率良く貯めるためにもリクルートカードなどのクレジットカードはおすすめです。リクルートカードの使い道はさらに拡大予定で、利用者にとって有益なカードとなるでしょう。

是非ポイントを有効活用してお得な生活を送ってください。

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYSはフィンテックを中心にキャッシュレス、スマホ決済、ブロックチェーン、仮想通貨、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを分かりやすく提案するデジタルメディアです。