楽天スーパーポイント

楽天スーパーポイント運用・投資の使い方とは?

楽天スーパーポイントの使い道は様々です。
楽天市場はもちろんのこと楽天トラベルや楽天証券など楽天のサービスでは幅広く利用することができます。

そんな楽天スーパーポイントの使い道がたくさんある中で、この記事で注目するのは「ポイント運用」という使い道です。

従来のポイントを貯めてから使うというような方法とは全く異なるものです。
今回はその楽天のポイント運用とそのやり方について解説していきます。
また、楽天のポイント運用に関わる投資信託についても説明します。

楽天スーパーポイントについて詳しくはこちら

楽天スーパーポイント運用とは?


楽天スーパーポイントのポイント運用は楽天PointClub上でお持ちの楽天スーパーポイントを運用ポイントに追加することで投資信託に連動させてポイントを運用できるサービスです。

連動する投資信託の基準価格が上がれば自分の楽天スーパーポイントも上がり、下がれば楽天スーパーポイントも下がります。
そのため、投資信託の成績が良ければ自分は何もしなくても勝手に楽天スーパーポイントが増えていきます。

また、楽天の似たようなサービスの一つで「ポイント投資」があります。
「ポイント投資」は楽天スーパーポイントを使って楽天証券から投資信託を購入することができるサービスです。

「ポイント投資」は楽天スーパーポイントを使って実際に投資信託を購入しますが、「ポイント運用」は実際に購入はせず投資信託に連動してポイント数が変化するだけです。

ポイント数が変動するだけなので、ご自身の資産が減ってしまうリスクは無く誰でも安心して始めることができます。
また、投資信託と連動することで実際の投資の疑似体験にもなりこれから投資を考えている人にとっては事前の勉強になります。

楽天スーパーポイント運用の使い方は?


楽天のポイント投資は楽天証券で口座開設をしなければ始めることができません。
しかし、楽天のポイント運用は口座開設をする必要がなくて始めるのが簡単です。
ここではパソコンからの楽天のポイント運用の始め方をまとめていきます。

楽天会員のログイン

  1. 楽天PointClubを開く
  2. 楽天会員としてのユーザーIDとパスワードを入力してログイン

まだ楽天会員になっていない人はポイント運用をすることはできません。
気になる方は早速、楽天会員に入会してみましょう。

ポイント運用のコースを選択

  1. ログインが完了後、最初に開かれるページの右側を少し下にスクロール
  2. 「ポイント運用」をクリックすると、ポイント運用の管理画面が開かれる
  3. 運用ポイント数合計が書かれている部分のすぐ下にある「アクティブコース」と「バランスコース」のどちらかをクリック

「アクティブコース」では値動きは激しいですが、大きなポイント数の増加が期待できます。
「バランスコース」では値動きは安定していますが、ポイント数の大幅な上昇は見込めません。

運用するポイントを決める

  1. 運用ポイントが表示されている下にある「追加する」をクリック
  2. 選択したコースが表示され、運用したいポイント数を決める

ポイント運用では100ポイント単位でのみポイントを追加できます。
つまり、199ポイントを持っていた場合は100ポイントまで、201ポイントを持っていた場合は200ポイントまでしかポイント運用に追加することはできません。

ポイント数の確定

  1. その後ポイント数を決め、「確認する」をクリック
  2. 選択したコースと追加するポイント数が表示されるので正しければ「確定する」をクリック

これでポイント運用を始めるための運用ポイントへの追加は終了です。

楽天スーパーポイント運用状況の確認

楽天スーパーポイント運用を始めたら、今自分のポイントがどのように変動しているかを楽天PointClubから確認することができます。
まず楽天PointClubの「ポイント運用」をクリックします。
そして、最初に出てくるページから現在自分が運用しているポイントの合計が表示されます。
その下にはそれぞれのコースが連動している投資信託の値動きを表したチャートが表示されています。

これらをみて自分が追加した楽天スーパーポイントがいくら増えているのか減っているのかといった運用状況を確認することができます。

楽天・インデックス・バランス・ファンドとは?


楽天のポイント運用においてそれぞれのコースで連動している投資信託は「楽天・インデックス・バランス・ファンド」です。
「楽天・インデックス・バランス・ファンド」は国内外の株式・債券に分散投資をしているインデックスファンドです。

「楽天・インデックス・バランス・ファンド」は3つのタイプに分かれています。
それは「株式重視型」「債券重視型」「均等型」です。

株式:債券
株式重視型70:30
債券重視型30:70
均等型50:50

信託報酬はどのタイプも一律で年率0.15%と決められています。

楽天のポイント運用のアクティブコースは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(株式重視型)」に連動しています。
また、バランスコースは「楽天・インデックス・バランス・ファンド(債券重視型)に連動しています。

指数とは?

楽天のポイント運用の2つのコースが連動している「楽天・インデックス・バランス・ファンド」は名前の通りインデックスファンドです。
インデックスファンドとはそのファンドの運用目的に合う株価指数と同じ成績になるように運用するファンドのことです。

「楽天・インデックス・バランス・ファンド」が目標としている指数はFTSEグローバル・オールキャップ・インデックスという指数です。
FTSEグローバル・オールキャップ・インデックスは世界の小型株から大型株までを広く全体的に網羅している世界全体の株式市場の状態がわかる指数です。

新興国も指数の対象になっているので、この指数と連動するように運用するということは世界全体に分散投資をすることができるということです。

つまり、楽天のポイント運用で用意されている「アクティブコース」と「バランスコース」は資産の割合は違うけれども、世界全体に広く分散投資をした時と同じ成績になります。
なので、どちらを選んでも突然ポイントが失われたりすることがなく、むしろ安定した運用を手がけることができます。

短期的ではなく、長期的な目線で見ると世界全体の経済は成長し続けていて同時に株式市場も拡大しています。
なので、楽天のポイント運用でも長期的に見ればほぼ確実にポイント数の増加を狙うことができます。

楽天スーパーポイントを貯めるなら楽天カード!

楽天カード

楽天カードの特徴

楽天カードマンのCMでお馴染み、楽天が発行しているクレジットカードです。年会費は永年無料。楽天カード最大の魅力は、ポイントが貯まりやすいということ。楽天サービスとは関係ないスーパーやコンビニでも、会計100円につき1ポイントが貯まります。もちろん楽天市場の利用時にはポイント2倍、その他の条件も満たせば最大で16倍にもなるので大変お得です。

楽天カードのスペック

国際ブランドJCB、VISA、mastercard、アメリカンエキスプレス
ポイント還元率1.0%~3.0%
ポイントの種類楽天スーパーポイント
年会費永年無料
申し込み資格満18歳以上の方(主婦、アルバイト、パート、学生も可)※高校生は除く
発行スピード約1週間

楽天カードについて詳しくはこちら

楽天スーパーポイント運用ポイントを貯めよう!


ここまでで楽天のポイント運用について解説したうえでその始め方などを説明してきました。

楽天のポイント運用は楽天証券などで新たに口座開設をする必要がなく、楽天PointClubからすぐに始めることができます。

楽天のポイント運用では「アクティブコース」と「バランスコース」があります。
アクティブコースのリスクは少し高いがリターンが大きくなり、バランスコースのリスクは低いがリターンはその分小さくなります。

どちらのコースも実際の投資信託に連動しているので日々の出来事がどのようにポイント数の増減に関わっているのかが分かります。
これによって投資がどのようなものかをほぼコストなしで体験できます。

また、余ったポイントを放置するのではなくポイント運用を長期的にしていけばほぼ確実にポイント数を増加させることができます。
ここからもポイント数がとても貯まりやすくなるサービスであることが分かります。

ポイント運用を使いこなして、楽天スーパーポイントを増やしお得に楽天のサービスを使っていきましょう。

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BDディレクター。2017年12月に仮想通貨取引を開始。最近はいろんなポイント集めにはまったり、キャッシュレス化するべくお財布のダイエット(不要なカードを減らす大作戦)に挑戦したりしています。

- かねこ の最近の投稿

>BITDAYS VIDEO
CTR IMG

BITDAYS VIDEO

BITDAYS VIDEOはウェブメディアBITDAYSだけでは伝えきれないフィンテックや不動産テック、移動テック、エンタメテックなどのデジタル時代のライフスタイル・カルチャーをYouTubeを活用し動画で日々お届けしています。あわせてSpotifyでオーディオ化されたコンテンツもありますので通勤や移動中のお供に是非ご活用ください。