Tポイント、沖縄・津波古自治会費で利用可能に

2019年7月1日から、沖縄・津波古自治会の会費の支払いでTポイントが利用できるようになりました。

【PR】PayPay、新規登録でもれなく500円相当のPayPay残高をプレゼント

自治会でのTポイント導入は全国初

以下、プレスリリースより引用。

株式会社Tポイント・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼 COO:北村和彦)は、このたび、沖縄県南城市の津波古自治会と提携し、2019年7月1日から、津波古自治会でTポイントサービスを開始することとなりましたので、お知らせいたします。なお、自治会でのTポイントサービス導入は全国ではじめての取り組みとなります。

沖縄は日本全国の中で最もTカードが普及している地域となり、現在、沖縄でTカードをご利用いただくT会員数は、県民の6割にあたる89万人にのぼります。また、今回取り組みを開始する沖縄県南城市では、市民の6割にTカードをご利用いただいております。

今回の取り組みでは、Tカードのお持ちのお客さまが自宅等で津波古自治会の自治会費を支払う際、また津波古公民館の施設使用の際にTカードを提示すると、Tポイントが200円につき1ポイント貯まり、貯まったTポイントを1ポイント=1円分として利用することができるものです。また自治会の支払いで貯まったTポイントは沖縄県内のTポイント提携先でもご利用いただけます。

Tポイント・ジャパンは今回の取り組みを通じて、沖縄県南城市にお住いのT会員の皆さまに喜んでいただけるサービス提供を行っていくとともに、Tポイントが地域に密着した親しみのあるポイントになることを目指してまいります。

津波古自治会でのTポイントサービス概要

■サービス開始日:2019年7月1日(月)
■対象サービス:津波古自治会の自治会費、津波古公民館の施設使用
■Tポイント付与レート:200円につき1ポイント
■Tポイント利用レート:1ポイント=1円

合わせて読みたいオススメ記事
 

2019年注目すべきサービスはこれ!
信用力をスコア化する話題のAIスコア診断

BDを友だち追加してお得な情報をGET♫

BD by BITDAYS編集部

BD by BITDAYS編集部

フィンテック・キャッシュレス決済を中心にスマホ・モバイル・QRコード決済、ブロックチェーン、仮想通貨・暗号資産、ロボアドバイザー、信用スコア、サブスクリプション、フリーアドレス、シェアリングエコノミーなど新時代の金融経済や投資情報、モノに縛られない賢い暮らしを毎日発信