QRコード決済

QRコード決済とクレジットカードのお得な組み合わせとは?

最近になって頻繁に使われるようになった「キャッシュレス決済」。現金を使わない決済手段を指す言葉ですが、この言葉が使われるようになった背景には「QRコード決済」の台頭
が影響しています。
日本ではいまだに現金志向が強いため、QRコード決済浸透には時間がかかっていますが、それでも国をあげてキャッシュレス推進への動きを見せています。そのような中で、まだ
QRコード決済を使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。
QRコード決済は、クレジットカードと連携することで支払い時にポイントを二重で貯めることができるメリットがあります。
今回はQRコード決済の概要から仕組み、お得な使い方について解説していきます。

QRコード決済とは?

スマートフォンを使ったスマホ決済には主に2種類の方法があります。

1つ目は「非接触型IC決済」で、端末同士を無線で通信することによって決済を行う仕組みになっています。いわゆるタッチするだけでお買い物ができてしまうサービスを指し、スマホ決済では「ApplePay」や「GooglePay」などが有名です。

2つ目の「QRコード決済」は、スマホに表示させたQRコードを読み取ってもらい決済を行うパターンと、店側が提示したQRコードをスマホカメラで読み取って決済を行うパターンがあります。「PayPay(ペイペイ)」や「Origami Pay(オリガミペイ)」がその代表的な例です。

この「QRコード決済」が最近は特に数多くの企業が参入してきている分野です。ユーザー側には還元キャンペーンなどのメリットを与えながら、店側にとっては導入費用や決済手数料などのコストを押し下げることによって人気を集めています。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

QRコード決済の仕組み

QRコード決済はQRコードを読み取ることで決済を行いますが。小銭を数える必要もなく、現金を使うよりも早くて便利です。スマホ1つでお買い物ができるので財布も必要ありません。

基本的にはスマホ決済アプリ内でチャージ(入金)して決済するプリペイド型の仕組みや、アプリにクレジットカードを登録してリアルタイム決済するといった仕組みです。

QRコード決済の種類は2つ

QRコード決済の使い方には2種類あります。それぞれの方法を詳しくみていきましょう。

ストアスキャン方式

ユーザー側が提示したQRコードを読み取るタイプです。
スマホ画面にQRコードを表示させ、店員さんに読み取ってもらうと決済が完了します。

ユーザースキャン方式

店舗側が提示したQRコードを読み取るタイプです。
店側が提示したQRコードをスマホ決済アプリ内のカメラで読み取り決済を行います。自動的に決済が行われる形や金額を直接入力する形があります。

QRコード決済の支払い方法

プリペイド方式

アプリに事前にチャージした残高から決済する方法がプリペイド方式です。

店頭のレジや銀行口座からチャージできるほか、アプリによっては特定のクレジットカードを使ってチャージすることも可能です。
クレジットカードからチャージできるものとしてはPayPay(ペイペイ)が有名です。ヤフーカードを連携すると、PayPayとヤフーカードの二重で還元を受けることができるのでおすすめです。
ただし、チャージした金額は現金に戻すことができないので注意しましょう。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

ポストペイ方式

登録したクレジットカードから決済する方法のことを、ポストペイ方式と言います。
1ヶ月分の利用額が毎月決められた期日にまとめて引き落としされます。QRコード決済だけでなく、クレジットカードで買い物した料金がすべて一緒に請求されることになります。
事前にチャージする必要がないので楽です。

スマホ決済のポイント還元率は?

QRコード決済はそれぞれのサービスでポイント還元率の違いがあります。

PayPay(ペイペイ)

PayPayはお店のPayPay決済で最大3%戻ってきます
付与の上限は1回あたり15,000円。1ヶ月あたり30,000円となっています。
お得なキャンペーン時も実施しているので大変お得です。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

LINE Pay(ラインペイ)

LINE Pay(ラインペイ)にはマイカラー制度というものがあり、月々の利用金額に合わせてポイント還元率が変化します。最低0.5%、最高2%です。

楽天ペイ

楽天ペイのポイント還元率は0.5%です。
時期によっては還元率が高くなるキャンペーンなども頻繁に行っているため、顧客の注目度が高いのが特徴です。

Origami Pay

Origami Payではポイント還元がありません。
その代わりにお得な割引体験ができるキャンペーンやクーポンの展開をしています。
例えば、ケンタッキー・フライドチキンで500円以上購入すると支払いを半額にしてもらうことができという内容のものもありました。

このようにすでにお得なQRコード決済ですが、クレジットカードと組み合わせることでさらに効率良くポイントが貯まるのでおすすめです。

スマホ決済×クレジットカードでポイント還元率アップ!

今、多くの人がQRコード決済とクレジットカードの掛け合わせに注目しています。クレジットカードによって、 ダブルでポイントを貯めることができたり、ポイントを倍増させることができるためです。

PayPay(ペイペイ)

「100億円キャンペーン」で話題になったPayPay。
相性のいいクレジットカードはYahoo!JAPANカードです。

PayPay残高にチャージできるクレジットカードはYahoo!JAPANカードだけ。一番使いやすいのはPayPay残高へのチャージなので、Yahoo!JAPANカードを持っているなら使うべきQRコード決済アプリです。

PayPay残高チャージ100円につき1ポイントをもらうことができる魅力があります。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

楽天ペイ

楽天ペイと最高な組み合わせといえば、やはり楽天カードでしょう。
2つを同時に使うことで効率良く楽天スーパーポイントを貯めることができます。
通常は楽天ペイを使うと200円ごとに1ポイント貯まるのですが、楽天カードならさらに100円ごとに1ポイント付与。
楽天ペイと楽天カードで1.5%(200円につき3ポイント)ゲットできます。

QRコード決済アプリのおすすめは?

QRコード決済について、あらゆることが理解できたと思います。ここからは実際にサービス提供されているQRコード決済アプリを紹介していきます。それぞれどのような特徴やメリットなどがあるのかを知って、どれを使ってみるのかを決めてください。

PayPay(ペイペイ)

PayPayは、ソフトバンクグループ株式会社とソフトバンク株式会社、ならびにヤフー株式会社の共同出資によって誕生したQRコード決済アプリです。
大規模な還元キャンペーンを断続的に行なっているというのが特徴で、現在も最大20%もの還元が受けられるキャンペーンを実施しています。QRコード決済をお得に利用したいのであれば、まず間違いなくPayPayがおすすめと言えます。
また、店舗でのQRコード決済だけではなく、Yahoo!ショッピングでのオンライン決済や送金・割り勘機能なども備えています。

使えるお店

ファミリーマート、セブン‐イレブン、ミニストップ、ポプラ、ローソン、上島珈琲店、松屋、かっぱ寿司、ピザーラ、魚民、白木屋、笑笑、月の宴、和民、ウエルシア、マツモトキヨシ、ビックカメラ、エディオン、ジョーシン、ヤマダ電機、ビッグエコー、眼鏡市場、H.I.S(エイチ・アイ・エス)など

キャンペーン

PayPay(ペイペイ)では、新規登録後1週間以内に支払い方法に銀行口座を登録すると、1,000円相当のPayPayボーナスがプレゼントされるというキャンペーンを行なっています。(※現在こちらのキャンペーンは終了しています。)

また、「毎月いつもどこかでワクワクペイペイ」というキャンペーンを毎月開催しており、10~20%還元されるなど決済する度にお得になる内容です。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

楽天ペイ

楽天市場などを運営するネットサービス企業「楽天」がリリースしたQRコード決済アプリです。楽天ポイントを決済に充当できるなどの特徴を持っており、楽天自体のポイントの貯まりやすさと親和性の高いサービスになっています。店舗やオンラインショップでの利用が可能になっています。

楽天ペイについて詳しくはこちら

メルペイ

国内で大きなシェアを獲得しているフリマアプリ「メルカリ」から生まれたQRコード決済アプリです。特徴は、メルカリで得た売上金をメルペイの支払いに利用できるという点です。売上金を銀行口座などに振り込む場合、手数料がかかってしまうこともありますが、メルペイなら無駄なく売上金を使うことができます。

メルペイについて詳しくはこちら

LINE Pay(ラインペイ)

コミュニケーションアプリ大手の「LINE」から生まれたQRコード決済アプリです。還元率の高さに強みを持っているだけではなく、アプリの機能を活かした情報発信やクポーン配布などお得な情報が頻繁に入ってくるサービスとなっています。LINEユーザー同士で個人間送受金ができる機能もあります。

LINE Pay(ラインペイ)について詳しくはこちら

Origami Pay(オリガミペイ)

OrigamiPayは、QRコード決済アプリの中では珍しくキャッシュレス決済事業をメインで行なっている企業です。特徴としては、ポイントプログラムの代わりに割引サービスを実施しており、どこのお店で使っても2%以上の割引が自動的に受けられます。

Origami Pay(オリガミペイ)について詳しくはこちら

d払い

ドコモから生まれたQRコード決済アプリ「d払い」。楽天ペイと同様にdポイントをd払いの決済に充当できるという特徴をもっています。また、ドコモユーザーならd払いを使ってAmazonでお買い物ができます。

d払いについて詳しくはこちら

QRコード決済はクレジットカード登録でさらにお得!

これからのキャッシュレス推進の流れを考えるとQRコード決済は使い始めるべきといえます。今後さまざまなメリットがQRコード決済に与えられる可能性が高いので、今のうちに使い始めて慣れておくといいでしょう。
以前からクレジットカードをよく使うという方も、QRコード決済を通すことでさらにお得に使うことができます。
ぜひこの機会にQRコード決済を始めてみてください。

PayPayの店舗導入はこちら

店舗負担0円から始められるPayPay
最短1週間でご利用開始

PayPay(ペイペイ)について詳しくはこちら

最新情報をチェックしよう!
この記事を書いた人
BITDAYSはフィンテック、移動テック、不動産テックなどデジタル時代の最新テクノロジー情報を発信するクロステックメディアです。キャッシュレス、スマホ決済、暗号資産、信用スコアなど新時代の金融経済や投資情報のほか、フリーアドレス、MaaS、自動運転などモノに縛られない賢い暮らしを毎日発信中!