BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨はこの先どこに向かうんだろう・・・?わたしの未来予想

五月雨まくらです。
仮想通貨の方向性を推測する記事です。
2017年は仮想通貨にとって飛躍の年でした。
ビットコインの価格は大きく上昇して、240万円(1BTC)に届いた時もありました。その他のアルトコインも価格を大幅に伸ばしています。
例えば、イーサリアムやリップルはとても高い成長率を見せました。
つまり仮想通貨の相場は、ほぼ誰でも簡単に儲けが出る、おいしい市場でした。
しかし、2018年は様子が変わると筆者(五月雨)は推測しています。

市場には新たな参入者が


一言で云うと、2018年はゲーム(投資)の難易度が上がります。
最もクリティカルな理由としては、市場参加者の顔ぶれが変わるからです。
今までの仮想通貨市場は、個人投資家向けの市場でした。
なぜなら、規制や税制が定まっていないことが理由です。
しかし、2018年は規制や税制の整備が進んでいく兆候が見られます。
規制や税制と云うとネガティブなイメージを持たれるかもしれませんが、きちんとルールがある方が健全な市場となり、新たな参入者を促すこともあります。
それにより、①金融機関 ②大企業 ③ファンド(年金基金等) が、合法的に仮想通貨の市場に参入できることになるため、それら機関のビッグマネーが市場になだれ込むでしょう。
そのような場合、彼らは株式や証券、外国為替の取引を通じて力量を磨いた玄人(プロフェッショナル)であるため、今までのようなスタンスでは、個人投資家が市場で利益を上げることが少なくなります。
また、これらの機関が投資する金額は膨大であるため、まだまだ出来高が多いとは云えない仮想通貨市場において、価格操作や空売りが行われる可能性は否定できません
そのような場合、個人投資家が圧倒的に不利な状況に陥ることもあるでしょう。

仮想通貨(トークン)は有価証券なのか?


近頃「仮想通貨は有価証券か?」という議論が米証券取引委員会(SEC)のイニシアティブで白熱しています。
そもそも有価証券とは、手形・小切手・商品券・株券など、その所持者の財産権を証明する証書です。
仮に、特定の仮想通貨が証券とみなされた場合、証券報が適用されて、定められた規則に従う必要があります。
例えば、すでに完了したICOによる資金調達にも違法性が認められ罰則等が指令される可能性があります。
筆者(五月雨)は「規制や税制の整備はプラスになるのでは?」という考え方と同様に、仮想通貨が有価証券と認められても問題ないと考えています。
理由は前述しました。それでは逆に「なぜそれぞれの仮想通貨が有価証券扱いされると困るのか?」について考えてみます。
それは恐らく、煩雑なルールに束縛されることに対する抵抗でしょう。
例えば現在のICOは、自由度が高いですが、もしICOトークンが有価証券と定められたら、IPOと同様のドゥーデリジェンスを受ける必要もあるかもしれません。
そのような場合、新しくICOで資金調達する難易度が上がってしまいます
一方、詐欺コインや詐欺ICOは減るでしょう。
特に注目されている話題「イーサリアム(ETH)が有価証券か?」という問題です。
イーサリアムは2014年にICOで約16億円を調達しました。
そのことが、議論に拍車をかけているようです。
もし、イーサリアムが有価証券だとみなされれば、SECによる証券法に準じなければなりません。
イーサリアムは、さまざまな仮想通貨(ERC20トークン)がブロックチェーン上で稼働してるため、
同様に「リップル(XRP)も有価証券なのでは?」とも云われており、今後もこの話題はホットでしょう。

世界はより分散していく


現在の世界は、いわゆるAGFA(Apple, Google, Facebook, Amazon)により支配されています(勿論、すべてではありませんが)。
これらは中央集権的であると云えます。
しかし、ソーシャルメディアが個人の発言を世界に解放したことと同様に、これからの世界では「分散化」がとても重要なキーになるのではないかと、筆者(五月雨)は考えています。
筆者(五月雨)が2018年に世界をより分散化していくために注目しているトピックが2つあります。
それはDAO (Decentralized Autonomous Organization)とDEX (Decentralized EXchange)です。

DAO (Decentralized Autonomous Organization)

DAOは分散型自律組織のことです。
DAOの定義については以下の表がわかりやすいでしょう。

労働者がいる 労働者がいない
経営者がいる 伝統的な株式会社 ロボットを使う会社
経営者がいない DAO AIによる完全自動会社

つまり、経営者が不在でも労働者を動かせる仕組みを作り、事業を自律的にコントロールすることが可能で、非中央集権的な枠組みのことをDAOといいます。
しかし、2016年6月にThe Dao事件と呼ばれるハッキング事件でおよそ43億円の被害がでました。
ただこれは、DAOの仕組みに問題があったわけではなく、TheDAO運営側に落ち度があっただけに過ぎず、DAOのコンセプトは今もなお、注目されています。

DEX (Decentralized EXchange)

DEXとは、分散型取引所のことです。
つまり、一般的な仮想通貨取引所の仲介なしで、仮想通貨の売買を行うことができます。
最も重要な点は、第三者に対する信頼を必要としないため、カウンターパーティーリスクを回避することができることです。
仮想通貨の世界では、日常的にハッキングが行われています。
2018年1月のコインチェックのXEM流出事件は特徴的でした。
それにより、DEXを選ぶインセンティブが高まったかと思います。
DEX系のプロジェクトは期待できるモノがいくつかありますので、調べてみると面白いかもしれません。

Satoshi Nakamoto の理念

「分散化」という概念は、Satoshi Nakamotoや初期のコアディベロッパーの掲げた理念であり、
世界がより分散化されていくことで、彼らの描いていた世界の実現に近づいているということでしょう。
筆者(五月雨)も、これらの思想には非常に興味があります。

次はどんなコトが生まれるだろうか?

2018年の仮想通貨の方向性を予想する記事でした。
新たな参入者、有価証券に関する議論、広がる分散型という考え、の3つのトピックを扱いました。
また新しいトピックはどんどん登場してくると思うので、それらが面白いと思ったら、記事にしてみようと思います。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
五月雨まくら

五月雨まくら

一橋大学商学部(専攻:芸術産業論)卒業。 外資系コンサルのアクセンチュアを経て独立、ライターになる。 2017年5月、仮想通貨に興味を持って以来、さまざまなメディアにコラムを寄稿。
PAGE TOP