BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

【必見!】ビットコイン(BTC)投資における10の秘訣をコンパクトに!!

五月雨まくらです。
いつもの記事とは少し趣向を変えて、投資TIPSのようなモノを書きました。
五月雨(筆者)のビットコイン投資経験から学んだ10の秘訣について公開します。
内容はなるべくコンパクトになるようにまとめました。
それぞれの項目は独立しているので、必ずしもすべてを実行する必要はありません。
そのため「これは使える」と思っていただけたコトだけ試してみても十分に効果が得られると思います。

秘訣①:まずは「予算×リスク×目標」を決める


ビットコインに投資をするにあたり最初に行うべきは、

  1. 投資予算額 (失ってもいい金額)
  2. どれだけのリスクを負えるか
  3. 投資目標額 (予算とリスクから算出)

を明らかにすることです。
「何を当たり前のことを」と考える方もいると思いますが、基本的であるが故に疎かになってしまいがちです。
もし、これらを明確にすることが出来ないのであれば、それは投資の準備が整っていないことを意味します。
なぜなら、投資には必ず「決断」が生じます
そして、上記3点は、決断を下すための判断軸となるからです。
いわば投資のバックボーンです。

秘訣②:これからの投資は、貪欲を捨て頭を使う


2017年のビットコイン市場は、飛ぶ鳥を落とす勢いでした。
そのため、人びとがその波に乗って富を築く姿を幾度となく目撃したでしょう。
ただ、2018年は少し様子が違います。すでに先行者利益のチャンスは失われています
投資家は、その現実を受け入れなくてはなりません。
これからのビットコイン投資は「貪欲を捨て頭を使う」ことが重要です。
もしこれを忘れてしまうと、間違いに気づいた時にはすでに資金を喪失しているでしょう。

秘訣③:投資は賭博(ギャンブル)ではない

これほど科学が発展している現代世界でさえ、多くの人々は投資を「賭博(ギャンブル)」だと考えてしまいます。
確かに、運の良し悪しは結果を左右し得る要因の一つでコントロールすることは出来ませんが、他の要因を冷静に考慮すべきです。
例えば、市場の状況をファンダ・テクニカルの両視点から分析して、リスクを適切に計算することができれば、利益を得られる可能性は確実に向上します。
要するに、運任せの投資をしないことが肝心です。

秘訣④:紙に書き留めよう

ビットコインの投資を市場のノイズに惑わされずに正しく決断することを補助するため、自分がこの投資から何を得たいのかを具体的に紙に書き留めてみましょう。
今日のデジタル世界においても、紙に自分の手で具体的なモノを書き留める重要性は依然として高いです。
そうすることで、無意識のうちに正しい選択を促すことが学術的に証明されています。
それらがより具体的になるほど、得られる効果は高まります。
私たちの考えは、冷静でいるつもりでも、時にとても曖昧になることがあります。
そのような時には、このアドバイスがとても有用になるでしょう。

秘訣⑤:勉強!勉強!勉強!


現在のビットコイン市場における変化は非常に目まぐるしいです。
例えば、大手企業との提携や突然の法規制、技術的なアップデートなど、さまざまです。
それゆえに、ビットコインに投資をする傍ら、絶え間無く幅広い視点で「勉強」を続けることがとても大切です。
特に最新の情報は海外からの情報であることが多いので、英語の情報を噛み砕いて吸収する努力も必要になります。
方法は、人によって異なると思いますが、自分なりの勉強スタイルを確立しましょう。

秘訣⑥:時には観察者になることも必要

日々、ビットコインの投資や勉強に忙殺されていると、市場のトレンドを俯瞰する視点が欠けてしまうことがあります。
ですので、時には一度立ち止まり、市場の全体的な状況を概観することも大切です。
つまり観察者の視点です。
もし、市場の雰囲気がバブルに感じられ、今にもそれが破裂しそうに思えるなら、すぐに必要な行動をとりましょう。
バブルにはパターンが存在するので、それに気づくことは現実的に可能です。

秘訣⑦:自らを律することの重要性


ビットコイン投資の目標をしっかりと見据えていても、市場の浮き沈みにより生じる自然発生的な感情の動揺により、適切な意思決定をすることが難しくなることがあります。
それに対するためには、「自己規律」を定めて、それの実行に固執する態度が必要となるでしょう。
例えば、自分がマーケットにポジションを持つタイミングを法則化するなど、さまざまな方法があります。
これらはいわば自分だけの黄金律です。簡単なことではありませんが、挑戦する価値は十分にあります。

秘訣⑧:投資判断は必ず振り返る

ビットコインに投資をしていると、当然のことながら得をする時もあれば損をする時もあります。
重要なことは、自分の過去の投資判断は、極めて効果的な教材になるということです。
なぜ得をしたのか?なぜ損をしたのか?その原因は何か?常に振り返ることで、次の投資に生かすことが可能になります。
巷にはあらゆる投資本があり、投資の方法に関する説明がありますが、自分自身の投資判断から学んだ生きた情報は、それらよりも価値のある資産になるでしょう。

秘訣⑨:セキュリティリスクをヘッジ

勿論、ビットコイン以外の通貨であるアルトコインにも投資をすることでリスクを分散させることも大事ですが、ここではいくつかのプラットフォーム上で投資をすることで、リスクをヘッジすることについて述べます。
ビットコインの取引を行うためには、仮想通貨取引所を利用することになります。
しかし、一つの取引所のみ利用することにはリスクが付きまといます
そのリスクとは、セキュリティリスクです。
取引所におけるハッキング被害や不正アクセスの例は、枚挙にいとまがありません。
そのため、複数の取引所あるいはウォレットを利用することが無難です。

秘訣⑩:価格の条件(変数)を設定する


ビットコイン投資に投資をする際には、自らの定めた投資能力に応じて市場を広範に分析した後、「価格の条件(変数)」を設定しましょう。
要するに、ビットコインの価格がA以上になれば売り(あるいは買い)で、価格がB以下になれば買い(あるいは売り)と、自動的に取引が実行される条件を決めるということです。
これには、ポジションに対して、(逆)指値注文を常に入れ込んであげると便利でしょう。

ここまで、ビットコイン投資の10の秘訣をご紹介しました。
五月雨(筆者)が経験から学んだコトを出し惜しみなく書いたつもりです。
一部抽象的な内容もありますが、みなさんの思考を経由することで、より具体的になるのではないかと考えています。
ぜひご参考にしてみてくださいね。
なお、お決まりの文句ですが、投資は必ず自己判断で行ってください m(_ _ )m

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
五月雨まくら

五月雨まくら

一橋大学商学部(専攻:芸術産業論)卒業。 外資系コンサルのアクセンチュアを経て独立、ライターになる。 2017年5月、仮想通貨に興味を持って以来、さまざまなメディアにコラムを寄稿。
PAGE TOP