BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

GMOグループが運営する仮想通貨取引所GMOコインが選ばれる3つの特徴とは?

特徴的な機能を備えた仮想通貨取引所「GMOコイン」では、今日もたくさんの取引が行われています。
その勢いは日本国内でも相当なもので、これからも多くのユーザーが売買を行っていくと予想できるでしょう。
そこで、GMOコインがなぜたくさんの人々に選ばれているのかを3つの特徴から見ていきます。
取引所選びに悩んでいる人は、ぜひGMOコインならではのメリットをチェックして、実際の取引に参加してみてはいかがでしょうか。
GMOコインでしか味わえない体験が、仮想通貨の売買をさらに魅力的なものにしてくれるかもしれませんよ。

GMOコインの概要は?

2016年に仮想通貨取引所として設立

GMOコインは、2016年に仮想通貨取引所として設立された歴史を持ちます。
資本金は準備金を含めて17.58億円と潤沢なので、安定した運営に期待ができるでしょう。
株主にGMOインターネット株式会社や、GMOフィナンシャルホールディングス株式会社を持つこともこの取引所の特徴。
魅力的なバックボーンは、他の仮想通貨取引所にはないGMOコインならではのメリットといえるでしょう。

関東財務局長の第00006号に登録されている取引所なので、サービスの品質と安全管理も信頼できます
日本国内で取引所を探す際には、間違いなく候補の1つとなるでしょう。
ホームページには仮想通貨に関する丁寧な口座解説方法やFAQ、その他有益な情報も取りそろえられています。
ユーザーに向けたキャンペーンも積極的に行っていく取引所なので、こまめにチェックしているとお得な体験ができるかもしれません。

現物取引だけでなくFXも充実

2018年5月現在、GMOコインでは5種類の仮想通貨が売買されています。
ビットコイン(BTC)イーサリアム(ETH)ビットコインキャッシュ(BCH)ライトコイン(LTC)リップル(XRP)というラインナップは、少ないながらも充実したものだといえるでしょう。
現物取引に必要な手数料は無料となっているので、金銭的な負担を気にせずに売買を行えます。
基本的に保有量に制限はないので、大口の取引にもGMOコインは利用できるでしょう。

またGMOコインでは、現物取引だけでなくFX取引も活発に行われています。
対象となるのはビットコインだけですが、2種類のレバレッジが活用できるのは大きなメリットとなるでしょう。
レバレッジ倍率は5倍と10倍という低倍率に限られているので、初心者でも比較的気軽に挑戦可能です。
注文方法も多彩で、成行、指値、逆指値、IFD、OCO、IFD-OCOから自由に選択できます。
仮想通貨のFX取引に興味があるのなら、GMOコインは優秀な取引所になることでしょう。

分別管理されているから安心して利用できる

GMOコインでは顧客の資産を守るために、徹底した分別管理が行われています。
取引所の運用資金とユーザーが預けているお金は完全に分けられているため、万が一GMOコインに問題が起きても大丈夫です。
それぞれの資産はGMOコインが毎日過不足のチェックを行っているので、意図的に合算されることもありません。
信頼できる体制が整っているからこそ、多くのユーザーが取引の場にGMOコインを選んでいるのでしょう。

仮想通貨の保管方法にも、コールドウォレットマルチシグを採用しているため、管理リスクの低減を実現しています。
安全性を重視して取引所を選びたい人にとっても、GMOコインは十分登録に値する場所となるでしょう。
他にもシステムの24時間監視体制はもちろん、外部のセキュリティ専門家によって行われる定期的な脆弱性診断もGMOコインの特徴。
常に最新の安全を取り入れようとしているその姿勢は、GMOコインの評価を高めることになりますね。

GMOコインを利用したくなる3つの特徴

取引所ではなく「販売所型式」

GMOコインでは通常の取引所型式ではなく、「販売所型式」が採用されているのも特徴です。
ユーザー間で売買を行う取引所形式とは根本的に違い、販売所型式ではユーザーとGMOコインが直接売買するような形となっています。
そのため売買の成約価格をあらかじめ知ることができたり、自分のタイミングですぐ取引ができたりといったメリットがあるでしょう。
自分で納得のいく取引を実現しやすいため、仮想通貨の売買を始めたばかりの初心者におすすめできるシステムといえますね。

現物取引だけでなく、仮想通貨のFX取引も非常にシンプルな形となっているので、GMOコインならではのスムーズな売買を楽しめます。
2Wayプライスによる簡単売買は、FXに不慣れな人でも気軽に始められると評判になっているようです。
時間がない人やなるべく悩まずに仮想通貨を買いたい人は、GMOコインが提供する販売スタイルが魅力的な環境となるでしょう。

またGMOコインの売買システムは、専用のアプリから利用することもできます。
仮想通貨FX取引に特化したアプリ「ビットレ君」を使えば、スマホだけで手軽に売買を完了させられるでしょう。
スピード注文やテクニカルチャートを上手に活用できれば、より効率良く取引を実行することも可能です。
GMOコインで取引をする際には、ぜひアプリも合わせて使ってみることをおすすめします。

即時入金と出金が無料

GMOコインでは、即時入金と出金にかかる費用が無料となっています。
売買を行いたいタイミングが急に訪れたときもすぐに対応できるので、利益獲得のチャンスを逃さずに済むでしょう。
2018年5月現在、GMOコインの即時入金は以下の銀行で対応しています。

  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • ペイジー

基本的に入金した金額は即座に反映されるので、すぐにでも取引したい場合に役立つでしょう。
銀行振込は受付時間が制限されたり、入金の手数料が発生したりとデメリットが多いので、GMOコインを利用するのなら便利な即時入金がおすすめです。
またGMOコインでは日本円の出金と仮想通貨の送付も全種類無料であるため、気軽に別のウォレットや取引所に移すことができます。
1つの取引所にしぼるのが難しいときは、仮想通貨を気軽に送金できるGMOコインの魅力がさらに増すことになるでしょう。
GMOコインを中心に仮想通貨取引を行えば、他のウォレットや取引所をさらに活かすことができるようになるかもしれませんよ。

GMOグループという安心感

GMOコインはGMOインターネットグループに属する会社ということで、外部からさまざまなメリットを受けられます。
グループ全体で盛り上げるような環境が整っているため、GMOコインは他の取引所よりも高い安定度を誇るかもしれません。
安定度の高さは取引サーバーの強さや充実したサポートにつながり、ユーザーの取引に直接の利点となることでしょう。
少しでも安定した状態で取引を行いたいのなら、GMOグループの傘下にいるGMOコインは要チェックとなりますね。
特にFX取引高が世界1位のGMOクリック証券と関係があることが魅力で、FXに関するノウハウの豊富さにも期待できるでしょう。
現在は仮想通貨が普及したばかりであるため、取引所自体も運営に関する経験が足りないことが多いです。
それは思わぬデメリットを生むことにもなるので、ある程度のノウハウを持つであろうGMOコインの魅力がより高まります。
今後もGMOグループであるという特徴が、多くの場面でGMOコインのメリットとして取り扱われるかもしれませんね。

GMOコインで快適な仮想通貨取引を楽しもう!

GMOコインは、国内有数の人気を誇る仮想通貨取引です。
それには上記のような3つの特徴が影響していて、今後も多くのユーザーを獲得していくことになるでしょう。
少しでも興味が持てる特徴を見つけられたのなら、この機に登録を進めてみることをおすすめします。
GMOコインを軸とした取引は、仮想通貨の快適な運用を実現してくれるかもしれませんよ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial