BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitbank(ビットバンク)が選ばれる3つの特徴。アルトコインの取引ならbitbank!

bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)といった大手の仮想通貨取引所と違い、知る人ぞ知る取引所がbitbank(ビットバンク)です。 ビットコインの取引量は、確かに大手の取引所よりもが少ないですが、bitbank(ビットバンク)はビットコインよりもアルトコインの取引に力を入れている取引所なので、アルトコインなら大手取引所を上回る取引量があります。

また、bitbank(ビットバンク)は現物取引用の「bitbank.cc」と、先物取引用の「bitbank Trade」という2つの取引所を用意し、仮想通貨トレーダーの多様なニーズに応えてくれる取引所として知られています。 今回は、小規模ながら堅実で手堅い運営手腕で、利用者から高い信頼を得ているbitbank(ビットバンク)の特徴を紹介します。

bitbank(ビットバンク)の概要

2014年5月に設立されたビットバンク株式会社は、仮想通貨取引所のbitbank(ビットバンク)を運営している会社です。ビットバンクはビットコインの取引所でもありますが、ビットコインよりもアルトコインの取引に力を入れており、アルトコインのトレーダーが取引しやすい様々なサービスを提供しています。

また、仮想通貨の最新情報を発信するBTCN(ビットコインニュース)という自社メディアも運営しており、日本での仮想通貨の普及を目指しています。 大手の取引所に比べれば、まだ取引量はそれほど多くはありませんが、ハイレベルなセキュリティ能力と、資本金11億円のバックグラウンドがあり、トレーダーからは高い信頼を得ています。

bitbank(ビットバンク)を利用したくなる3つの特徴

仮想通貨の取引所のセキュリティが問題視されることが多いですが、ビットバンクは設立以来、セキュリティ面でのトラブルがなく、比較的安定した取引ができる取引所として知られています。 ビットバンクでは2段階認証やコールドウォレット運用といったセキュリティ対策を厳重に行っており、仮想通貨の流出やハッカーの侵入といった脅威を回避してきました。

そういったセキュリティ能力の高さはビットバンクを利用する十分な理由になりますが、セキュリティ以外にも、ビットバンクにはトレーダーが利用したくなる特徴が3つあります。

①モナコイン(MONA)の取引高が世界一 ②アルトコインが安く買える ③取引所が2つある

それでは、この3つの特徴について、1つずつひも解いていきましょう。

bitbank(ビットバンク)の特徴①モナコイン(MONA)取引高世界一!

bitbank(ビットバンク)はビットコインよりアルトコインの取引に力を入れている取引所だと説明しましたが、なかでも純国産のアルトコインのモナコイン(MONA)の取引量は、他の取引所に差をつけています。 取引量がリアルタイムでわかるMonacoin Charts(モナコイン・チャート)をチェックすると、国内の仮想通貨取引所大手のZaifをおさえて、モナコイン取引の約40%がビットバンクで行われています。

ビットバンクはモナコインの取引が盛んなモナコイン取引量世界一の取引所なのです。

取扱通貨について

モナコイン取引量世界一を誇るビットバンクですが、モナコイン以外の仮想通貨も取り扱っています。ビットバンクが取り扱っている通貨は以下の6つです。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

このほかに、円(JPY)の入出金もできます。

モナコイン(MONA)について

モナコイン(MONA)は日本で超有名な巨大インターネット掲示板の2ちゃんねる(現・5ちゃんねる)から誕生した仮想通貨です。ベースとなるコインはライトコイン(LTC)で、送金時間が早くなるSegWitを実装した世界初のコインでもあります。

誕生した場所が場所だけに、リリースされた当初はふざけたネタコインという印象を持たれていましたが、実は機能性が非常に高いコインで、送金のスピードもビットコインより早いです。 モナコインが評価される理由は機能性だけではありません。

その実用性も他の仮想通貨を大きく引き離しているからです。 モナコインは「モナ払い」として、実際の商品の購入や飲食の決済に使用できます。「モナ払い」を導入している店舗は人々が想像しているよりも多いため、そういった『実際に使える仮想通貨』という点でもモナコインは高く評価されています。

bitbank(ビットバンク)の特徴②アルトコインを安く買える!

なぜbitbank(ビットバンク)のモナコインの取引量が世界一なのかといえば、それは取引手数料が安いからです。ビットバンクはアルトコインの取引に力を入れているので、アルトコイン全般を優遇しているともいえるサービスを展開しています。

取り扱っているアルトコインの入出金手数料が安いのは当然として、販売所形式での取引制度を設けず、取引所でキャンペーン期間中は無料で売買できるのです。 さらに指値取引も可能なので、チャートを随時チェックしなくても、直感的かつスピーディーにアルトコインを購入できるのです。

手数料が実質無料

bitbankBitbank(ビットバンク)ではアルトコインの手数料が安いと説明しましたが、実際は安いというより無料なので、手数料はかからないと言う方が正確でしょう。 ビットバンクでは、アルトコインの入出金のうち、全通貨の入金手数料を無料に設定しています。

さらに、メイカーとテイカーの取引手数料も無料です。 唯一手数料を必要とするのは出金のときだけで、各通貨の出金手数料(マイナーへの支払い分)は以下のように設定されています。

  • ビットコイン(BTC)⇒0.001BTC
  • リップル(XRP)⇒0.15XRP
  • ライトコイン(LTC)⇒0.001LTC
  • イーサリアム(ETH)⇒0.005ETH
  • モナコイン(MONA)⇒0.001MONA
  • ビットコインキャッシュ(BCC)⇒0.001BCC

上記から、各通貨とも手数料が非常に安いということが分かると思います。

bitbank(ビットバンク)の特徴③取引所が2つある!

bitbank(ビットバンク)と名のつく仮想通貨取引所は2つあります。アルトコインを取り扱っている取引所は「bitbank.cc」です。

もう1つはビットコインの先物取引のみができる取引所で、「bitbank Trade」といいます。 「bitbank.cc」「bitcoin Trade」のどちらもビットバンクが運営しているのですが、「bitbank.ccは現物取引ができる取引所」「bitcoin Tradeは先物取引ができる取引所」と、取引方式ごとの住み分けがなされています。 つまり、ビットバンクはトレーダーが希望する取引方式ごとに取引所を用意しているのです。

bitbank.ccではアルトコインの指値取引が可能

アルトコインの取引を行う場合、bitbank.ccを利用します。アルトコインのほか、ビットコインの現物取引や指値取引もできます。アルトコインの指値取引ができる取引所は国内では少なく、bitbank.ccはその数少ない取引所の1つです。

しかも、リップル(XRP)を指値取引できる国内の取引所はごくわずかです。 bitbank.ccは仮想通貨の販売所ではなく取引所なので、トレーダー同士の取引により仮想通貨を売買します。トレーディングに慣れている人には使いやすいといえるでしょう。

bitbank(ビットバンク)はアルトコインの取引に力を入れる仮想通貨取引所

モナコイン(MONA)の取引量世界一を誇るbitbank(ビットバンク)は、アルトコインの取引に力を入れている取引所です。bitbank.ccとbitcoin Tradeの取引方式の異なる2つの取引所を運営しており、bitbank.ccは日本で数少ないリップル(XRP)の指値取引ができる取引所でもあります。

bitbank(ビットバンク)では、リップルに限らず全てのアルトコインの指値取引ができるので、アルトコインメインのトレーダーにはbitbank(ビットバンク)の利用がおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial