BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取る方法は?

仮想通貨を取り扱っている取引所では、銀行振込で日本円を銀行から銀行へ移動するのと同じように、取引所同士で仮想通貨を移動させることができます。別の取引所からbitbank(ビットバンク)へ送られた仮想通貨を、ビットバンクの自分の口座で受け取ることも可能ですが、そのために必要な手続きがあります。

この記事では、別の取引所から送られた仮想通貨をビットバンクで受け取る方法について解説していきます。

Bitbank(ビットバンク)の入出金方法

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨の取引をする際の基本操作である入金・出金について説明します。入金と出金のどちらの手続きを行うにしてもビットバンクへの登録が必要となりますので、登録がまだの場合はビットバンクのアカウント登録をまずは済ませておくようにしてください。

ビットバンクに登録済みなのであれば、ログイン後のマイページにあるメニューから「入出金」をクリックして、入金・出金の手続きを行うことができます。

Bitbank(ビットバンク)で入出金できる仮想通貨

Bitbank(ビットバンク)で入出金することができる仮想通貨は下記の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • リップル(XRP)
  • ライトコイン(LTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • モナコイン(MONA)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

このほかに日本円(JPY)の入出金もできます。
また、入金の下限額は以下のとおりです。

  • ビットコイン(BTC)→ 0.001 BTC
  • リップル(XRP)→ 0.1 XRP
  • ライトコイン(LTC)→ 0.001 LTC
  • イーサリアム(ETH)→ 0.001 ETH
  • モナコイン(MONA)→ 0.01 MONA
  • ビットコインキャッシュ(BCH)→ 0.001 BCH

ビットバンクでは日本円(JPY)の入金下限額は設定されていないので、1円から入金することができます。

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取る方法

別の仮想通貨取引所やウォレットから送られた仮想通貨を、Bitbank(ビットバンク)で受け取る方法について解説します。

①ビットバンクにログインし、メニュー画面にある「入出金」をクリックします。
②次の画面の上側にある「預入」と「引出」タブのうち、「預入」を選んでクリックします。
③「預入」の画面に取り扱い仮想通貨の銘柄一覧が表示されますので、受け取る銘柄の「入出金」をクリックすると、次の画面でビットバンクの自分用口座のアドレスが表示されますのでコピーします。
④次に送金元の取引所(もしくはウォレット)にアクセスし、送金手続きを行います。この時に、③でコピーしたビットバンクのアドレスを「送付先アドレス」として貼り付け送信します。
⑤入金処理が完了するとビットバンクに登録している自分のメールアドレスに入金完了の通知が来るので、ビットバンクに再度ログインし、口座に入金されているのを確認すれば完了です。

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を送る方法

次はBitbank(ビットバンク)から余所の取引所やウォレットに仮想通貨を送る方法について解説します。

①ビットバンクにログインし、メニュー画面にある「入出金」をクリックします。
②次の画面の上側にある「預入」と「引出」タブのうち、「引出」を選んでクリックします。
③「引出」の画面に取り扱い仮想通貨の銘柄一覧が表示されますので、送りたい銘柄の「入出金」をクリックすると、次の画面で「送金先アドレス」と送金の「数量」を入力する画面になります。
「送金先アドレス」は、送金先の取引所(もしくはウォレット)から事前に取得しておいてください。
④「送金先アドレス」と「数量」を記入し、2段階認証とSMS認証のコードを入力して「引出内容を確認」をクリックします。表示された内容に間違いが無ければ、そのまま送金手続きを完了させます。
⑤その後、ビットバンクに登録したメールアドレスに「出金申請確認メール」が届きますので、メール内にあるURLをクリックすれば送金処理が開始されます。

Bitbank(ビットバンク)の入金手数料

Bitbank(ビットバンク)の入金手数料は仮想通貨全銘柄0円です。送られて来た仮想通貨を受け取るだけなら、どの銘柄であっても無料で受け取ることができます。

ただし、日本円(JPY)の入金に関しては、銀行へ支払う振込手数料が必要になります。振込手数料の金額は利用している銀行によってそれぞれ異なりますので、銀行が定めている料金を支払って下さい。

Bitbank(ビットバンク)の入金時間

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨の受け取りを行った場合の反映時間は、入金手続き完了後30分~60分が目安となっています。ただ、仮想通貨の入金は、仮想通貨ネットワークでの所定の承認回数を経たうえで処理されるので、仮想通貨ネットワークの状態次第で反映時間の遅延も発生しますので注意が必要です。

自分が行った入金・出金の進捗状況は、トランザクションIDをチェックすれば確認することができますので、着金が遅いと感じた時はトランザクションIDをチェックするようにしましょう。トランザクションIDは「入出金」メニューをクリックした後の送金履歴にある「TxID」という欄に記載されています。

着金までが遅かった場合

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取るまでの時間は、入金の手続きを完了してから30分~60分が目安とのことですが、その目安時間を大幅に遅れてしまう場合もあります。

そもそも仮想通貨は、法定通貨よりも早くて安全に送金処理ができるというのがメリットだったのですが、最近は仮想通貨の取引量が増えたおかげで仮想通貨ネットワークでの承認処理が間に合わなくなり、送金時間の遅延も珍しくないです。ここでは着金が遅れないようにするための対処法を紹介したいと思います。

原因

仮想通貨の入金・出金は、仮想通貨ネットワークで所定の承認回数を経たうえでないと処理が完了しないと述べましたが、その処理が遅くなる理由は、ネットワークに送られてくる仮想通貨の量が多すぎて承認を行うマイナーが対応しきれない場合がほとんどです。

特に、ビットコインやイーサリアムのような取引量の多い仮想通貨になると、頻繁に送金詰まりを起こしています。仮想通貨はブロックチェーンというデジタルテクノロジーをベースにして作られている通貨ですが、このブロックチェーンのブロックが1つ生成される時間は10分と決まっています。

また、1つのブロックに書き込めるデータ量も決まっています。多くの仮想通貨がネットワークに流れて来て、それらのデータを書き込もうにも、書き込むブロックの数が少なければ新たなブロックが生成されるまで待たなくてはいけません。
そして、その待っている間に送金詰まりが発生するのです。

対処法

仮想通貨の送金処理を遅らせずスピーディーに処理してもらいたい場合は、マイナーへの手数料を上乗せすると良いです。

仮想通貨ネットワークで仮想通貨の承認処理を行っているのは、マイニングを行っているマイナーなので、マイナーへ支払うマイナー手数料を平均よりも多く支払うことで優先的にデータ処理を行ってくれるようになります。優先的なデータ処理というのは、ブロックチェーンのブロックへのデータ書き込みのことです。

すでに生成されているブロックに優先的にデータを書き込んでもらうことで、送金処理を早く終わらせることができます。マイナー手数料を下限額ギリギリ分しか支払わなかったのであれば、データ処理は順番通りに行われ、データを書き込むブロックの容量が無いときは、新しいブロックが生成されるまで待つことになります。

仮想通貨の入金・出金を早く完了させたいのであれば、マイナー手数料を多めに用意しましょう。

Bitbank(ビットバンク)で入出金してみよう!

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取るには、マイページから自分の口座用のアドレスを取得しておく必要があります。このアドレスは送付元の取引所での送金手続きで必要となるものですが、入力の際は手打ちでのキー入力ではなく、コピー&ペーストで貼り付けると間違いが無いです。

基本的にビットバンクに入金手数料は無く、受け取るだけなら無料ですが、入出金の処理をスピーディーに行いたいのであれば、マイナー手数料を多めに支払うと送金の遅延を避けることができます。急いでいないのであれば、必要最低限のマイナー手数料だけを支払って、あとはひたすら待つというやり方でよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial