BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitbank(ビットバンク)のTradingViewで仮想通貨を本格FX取引!詳しい使い方は?

過去の値動きをチャート化し、そこからパターンやトレンドの傾向を分析して今後の値動きを予測するテクニカル分析。中級以上のトレーダーならば、誰もがやっていると言っても過言ではありません。しかし、テクニカル分析ツールは、国内の仮想通貨の取引所ではあまり一般的ではありません。
bitbank(ビットバンク)はテクニカル分析ツールを導入している数少ない取引所で、世界的なチャートソフトのTradingView(トレーディングビュー)と連携した分析ツールを提供しています。
この記事では、TradingViewの機能や使い方について解説します。

bitbank(ビットバンク)について詳しくはこちら

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)のTradingViewの特徴

「優れたテクニカルツール」という触れ込みのツールは色々ありますが、TradingView はその中でも飛び抜けて高機能なツールとして、世界中のトレーダー達から愛用されています。
TradingViewの優れている点は、100種類以上のテクニカル分析ができるうえ、チャートも仮想通貨・法定通貨・先物と幅広くカバーしています。
しかも、カスタマイズの自由度も高く、オリジナルのテクニカル解析ツールを作ることもできます。
トレーダーにとり便利な機能が詰まっているTradingViewには、無料版と有料版があります。全ての機能を使いたいのであれば、有料版を購入しなければいけません。

bitbank(ビットバンク)、TradingViewの使い方

TradingViewに実装されている分析ツールは100種類以上あるので、ここでは基本的な使い方のみを紹介したいと思います。

チャートの表示方法と切り替え

bitbank(ビットバンク)のTradingViewを使ってチャートを表示するには、ログイン後メニューバーの左上のbitbank(ビットバンク)のロゴをクリックします。
チャートの通貨ペアを切り替えるには、メニューバー左上の通貨表示を「BTC/JPY」から「XRP/JPY」などを選択します。bitbank(ビットバンク)で取引できる8種類の仮想通貨のチャートを参照できます。
bitbank(ビットバンク)では、チャートを見るだけなら、口座開設しなくても見ることができ、他の取引所のチャートと比較もできるでしょう。

描画機能(ラインツール)

チャート上にトレンドラインやフィボナッチラインを引くには、チャート画面の左端にある描画ツールアイコンをクリックして、描きたいラインを選択し、あとはドラッグ&ドロップやクリックといった操作でラインを引くことができます。
操作がシンプルで、直感的に線を引けるのがbitbank(ビットバンク)のTradingViewの良いところです。

無料版と有料版の違い

TradingViewには無料版と有料版があり、無料版で使用できる機能は限られています。
無料版ではインジケーターを3つまでしか表示できず、画面も複数表示できません。インジケーターの描画や保存にも制限があり、無料版では高性能のTradingViewの機能を全て使うことは不可能です。
有料版の料金は月額1,700円程度とリーズナブルですが、bitbank(ビットバンク)を使っていると有料版の一部の機能が利用できます。有料版の一部機能を無料で使うことができ、仮想通貨の取引に特化したチャートなので、オリジナルのTradingViewよりもbitbank(ビットバンク)版の方が役に立つでしょう。

bitbank(ビットバンク)、TradingViewの便利な機能

TradingViewは高性能なツールと言われているだけあり、他のチャートツールにはない便利な機能が備わっています。便利機能を駆使してTradingViewをカスタマイズすれば、仮想通貨のテクニカル分析の精度もアップします。
ここでは、いくつかある機能の中から、特に便利な機能を2つピックアップして紹介します。

他人のインジケーターを使える!

TradingViewを利用する世界のトレーダーの中には、オリジナルのテクニカルインジケーターを開発しています。そのテクニカルインジケーターは、世界中に公開されており、無料で他のユーザーが使うことができます。そういったインジケーターは、TradingViewのチャート画面からインポートして使います。
TradingViewのチャート画面にある「インジケーター」をクリックし、次いで「公開ライブラリ」をクリックすれば、インジケーターの一覧が表示されます。その中から、自分が使いたい機能のインジケーターを選択すれば、すぐにチャートが表示されて、そのままテクニカル分析を行うことができるのです。

時間軸の切り替えがワンクリック!

テクニカル分析を行うためになくてはならない機能と言えば、時間軸の表示です。TradingViewでは時間軸を自分の好きなように表示させられます。1分・5分・1時間・4時間・1日・1週間・1カ月といったように、分単位や月単位で細かく時間軸を表示させて、詳細なテクニカル分析ができるでしょう。
時間軸表示をワンクリックで瞬時に切り替えるカスタマイズ設定もできます。
時間軸表示のカスタマイズは、チャート画面の時間足ボタンをクリックし、切り替えたい時間軸を「お気に入り」に登録するだけです。登録後は「お気に入り」をクリックするだけで時間軸がパッと切り替えられます。

仮想通貨取引所bitbank(ビットバンク)のスマホアプリはある?

TradingViewと連携した高機能ツールを提供しているbitbank(ビットバンク)は、中上級トレーダーの利用が多い取引所で、他の取引所と違い、今までスマホアプリは提供されていませんでした。
2018年4月に、ついにbitbank(ビットバンク)の公式アプリがリリースされ、スマホからでもbitbank(ビットバンク)で仮想通貨の取引ができるようになったのです。ここでは、bitbank(ビットバンク)のスマホアプリの使い方と利用者の口コミを紹介します。

>bitbank(ビットバンク)のスマホアプリの使い方は?

bitbank(ビットバンク)は中上級トレーダー向けの取引所ですが、スマホアプリは初心者でも扱いやすいよう、見やすいスッキリとしたデザインになっています。
メニュー表示も分かりやすく、ワンクリックで取引したり、表示切り替えが簡単にでき、チャートもTradingViewの機能がそのまま使えますので、テクニカル指標の追加や時間足の設定も行えます。
売買注文は「買い」「売り」と画面に大きくボタンが表示されていますので、数量を入力して「買い」と「売り」の希望するボタンをクリックすれば注文完了です。指値注文でも成行注文でもワンクリックで行えます。

bitbank(ビットバンク)、利用者の口コミ

bitbank(ビットバンク)のスマホアプリを実際に使っている利用者の口コミです。
「見やすくて使いやすい!サクサクと操作できます。」
「バックグラウンドの通信量とバッテリーの消費が多い。なんとかしてください!」
ネット上の口コミを見ると、操作性の良さを歓迎する声と、通信量とバッテリーを使い過ぎるという感想が多く聞かれます。

bitbank(ビットバンク)のTradingViewを使いこなそう!

TradingViewは100種類以上のテクニカル分析とカスタマイズができるトレーダー愛用のチャートツールです。bitbank(ビットバンク)のTradingViewでは、他のトレーダーが開発したチャートツールを使って、仮想通貨のテクニカル分析を行うこともできます。
bitbank(ビットバンク)のパソコン版のTradingViewは、中上級者向けのやや複雑な画面ですが、スマホアプリは初心者でも簡単に扱えるシンプルな設計のチャートツールになっています。
仮想通貨のテクニカル分析に興味があるけれど、何を使えばよいのか分からないというビギナーは、bitbank(ビットバンク)のスマホアプリから始めるとよいでしょう。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP