BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitbank(ビットバンク)

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴、取扱通貨、登録方法を解説!リップル買うならオススメ

bitbank.cc(ビットバンク)の特徴、取扱通貨、登録方法を解説!リップル買うならオススメ

国内の取引所の中でも大変人気のある仮想通貨取引所、bitbank(ビットバンク)。近年、仮想通貨取引所を選ぶ際に重視されるのが、ハッキング対策がしっかりできているかという点です。

bitbankは、ユーザーの資産を守るためのセキュリティを充実させており、情報の透明性が高い取引所です。また、各種手数料も安く、国内取引所においてリップルコインを指値注文できるのも人気の一つです。

リップル(Ripple/XRP)に興味ある方はbitbankに登録するとよいでしょう。では、bitbankがどのような特徴を持つ取引所か解説します。

bitbank(ビットバンク)について詳しくはこちら

目次

セキュリティの高さが魅力な取引所bitbank(ビットバンク)の特徴は?

2014年5月に設立されたビットバンク株式会社は、仮想通貨交換業者に登録済みの信頼できる取引所の運営会社です。

日本にある仮想通貨取引所の大手の一角といえるbitbank(ビットバンク)を運営するビットバンク株式会社は、仮想通貨の根幹となるブロックチェーンテクノロジーの普及にも熱心に取り組んでいる会社ですが、そういった他にも、さまざまな特徴がある取引所 です。

セキュリティ面においても評判が高く、安心して仮想通貨の取引ができます。
また、自社で運営している仮想通貨関連のニュースメディア「BTCN(ビットコインニュース)」を配信するなど、コアな仮想通貨・ブロックチェーン情報を入手することもできます。

ここでは、bitbank(ビットバンク)の特徴をいくつか抜粋します。

bitbank(ビットバンク)の取引所は2つ

bitbank(ビットバンク)は仮想通貨の取引所ですが、仮想通貨にもその他の金融商品と同様に、取引の方法がいくつかあります。
bitbank(ビットバンク)ではそういったことも踏まえて、

現物取引を行う取引所を「bitbank.cc
先物取引の取引所を「bitbankTrade

2つの取引所に分けてサービスを提供しています。

bitbank.ccは一般的な仮想通貨取引所で、取引手数料が無料なことで有名です。bitbank Tradeは、追加証拠金なし、レバレッジ最大20倍で仮想通貨の先物取引が可能です。

bitbank(ビットバンク)でアカウントを作成すると、bitbank Tradeとの連携が簡単に行え、最短2分で口座開設、24時間365日ビットコインFXができるようになります。
追加証拠金がないことで自分の持っているお金以上の損失が発生し借金を背負う心配がなくなります。

bitbank(ビットバンク)では取り扱い通貨を板で取引できる

bitbank(ビットバンク)では、取り扱っている仮想通貨の全てを板で取引することができます。そのため、ビットコインに並ぶ投資アセットクラスとして人気のあるライトコイン各種(ライトコイン・イーサリアム・リップルなど)の取引がとてもお得にできるようになっています。

板で売買するので価格の透明性が高く、最適なレートで取引することが可能です。板取引により、業界最安級のリップル(XRP)売買が可能となっています。

bitbank(ビットバンク)のウォレットは使いやすい

仮想通貨を取引するために必要な物といえば、ウォレットです。bitbbank(ビットバンク)のWebウォレットはパソコンやスマホから簡単にアクセスできます。

仮想通貨の取引はシンプルな操作で行えるようになっています。取引画面に表示される文字も大きく見やすいので、非常に使い勝手がいいと評判です。

また、2018年4月にiPhone・Androidアプリがリリースしました。評判も良く、アプリでテクニカル分析ができます。

bitbank(ビットバンク)の設立者と経営陣について

仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーの普及に熱心なビットバンク株式会社ですが、その設立者はどういった人物なのでしょうか?

bitbank(ビットバンク)の設立者であり、代表取締役CEOの廣末紀之氏。彼のキャリアは野村證券から始まっています。その後、GMOインターネット株式会社常務取締役やガーラ株式会社代表取締役を歴任し、2014年5月にビットバンク株式会社を設立。

ブロックチェーンに関する書籍を執筆したり、ビットコイン投資入門の本も出版しています。廣末紀之氏について調べると、仮想通貨よりはブロックチェーンという革新的なデジタル技術の方に強い関心を寄せているような印象を受けています。

また、取締役にはポイントサイト「moppy」を運営する株式会社セレス社長の都木聡氏が務めています。

仮想通貨取引の便利アプリiPhone編!ビットバンク(bitbank)の特徴や使い方は?

強固なセキュリティが魅力。bitbank(ビットバンク)に登録するメリットは?

強固なセキュリティ

法定通貨と違い、実態がないことが特徴の仮想通貨の保管・運用には、取引所のセキュリティの充実が必要不可欠です。bitbank(ビットバンク)はセキュリティを最重要視している取引所で、安心して仮想通貨の取引を行うことが可能です。

bitbank(ビットバンク)のセキュリティは、マルチシグ(複数人署名)による、ホットウォレットとコールドウォレットの2つを取り入れ、強固な管理体制を構築しています。こういった複数の管理方法を取り入れているおかげで、重層的なセキュリティシステムができあがり、取引所への内外からの侵入を防いでいます。

取引手数料が安い

どのような金融商品も、取引の際には手数料がかかります。それは仮想通貨も例外ではありません。ビットバンクを利用した際にかかる手数料はどれくらいなのか、まずはビットバンクの手数料の種類を知る必要があります。

ビットバンクの手数料は3種類です。

  • 1.日本円入出金手数料
  • 2.仮想通貨入出金手数料
  • 3.取引手数料

です。

日本円入出金手数料は、出金手数料はかかりますが入金手数料は無料です。仮想通貨入出金手数料は、同じく出金手数料はかかりますが、入金手数料は全銘柄が無料です。取引手数料は、メイカー・テイカー共にキャンペーン期間中に限り無料となっています。

アルトコインにも力を入れている

仮想通貨の代名詞と言えばビットコイン(BTC)ですが、そのビットコインの技術を元にしてつくられたアルトコインは先進的な投資家の間で注目を集めています。

アルトコインとは「Alternative Coin」の略で、“Alternative(代替の)”という意味を持ち、色々な用途の銘柄が誕生しています。bitbank(ビットバンク)ではライトコイン・イーサリアム・リップルなどのアルトコインを取引でき、さらに板取引が可能でアルトコインの流動性にも対応しています。

bitbank(ビットバンク)のアルトコイン価格は業界最安級なうえ、国内最大級の取引量を誇ります。

チャートが見やすい

ビットバンク株式会社は仮想通貨やブロックチェーンテクノロジーの普及にも力を入れており、多くの人に仮想通貨の取引を体験してほしいと考え、取引チャートも非常に見やすく設計されています。

スマートフォンにも対応しているので、場所を取ることなくどこでも手軽に取引を行えます。ストレスを感じないシンプルで快適な操作性、それがビットバンクが高い人気を得ている理由です。

また、2018年4月にはiPhone・Androidアプリをリリースし、ユーザーからも高い評価を受けています。

bitbank(ビットバンク)が選ばれる3つの特徴。アルトコインの取引ならbitbank!

bitbank(ビットバンク)はどんな人におすすめ?

アルトコインも取引所で売買できるため、手数料も安く指値で注文可能です。価格を指定して注文することが可能なので、常にチャートを見る必要もありません。

アルトコインに興味がある方は、bitbank(ビットバンク)に登録するとよいでしょう。

bitbank(ビットバンク)の取り扱い通貨は?

bitbank(ビットバンク)で取り扱われている仮想通貨は以下の表の通りです。

 

 

bitbank.cc

(現物取引)

bitbankTrade

(レバレッジ取引)

ビットコイン(Bitcoin/BTC)

リップル(Ripple/XRP)

ライトコイン(LiteCoin/LTC)

イーサリアム(Ethereum/ETH)

モナコイン(MonaCoin/MONA)

ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)

現物取引での取り扱い通貨は6種類ですが、レバレッジ取引はビットコインのみです。

bitbank(ビットバンク)で取引時に必要な手数料は?

bitbank.ccの取引手数料は全て無料です。今はキャンペーン期間で、メイカー/テイカー全て無料となります。

このキャンペーンはbitbank(ビットバンク)が平成29年9月29日に仮想通貨交換業の登録を完了したことを記念して、bitbank.ccで取り扱う全通貨ペアの取引手数料を完全無料としたものです。現在告知されているのは、2018年6月30日00:00までです。

 

 

メイカー手数料

テイカー手数料

BTC/JPY

無料

無料

XRP/JPY

無料

無料

LTC/BTC

無料

無料

ETH/BTC

無料

無料

MONA/JPY

無料

無料

MONA/BTC

無料

無料

BCC/JPY

無料

無料

BCC/BTC

無料

無料

bitbank(ビットバンク)の登録方法は?

①bitbank(ビットバンク)の公式サイトにアクセスし、画面中央にある欄にメールアドレスを入力し【新規登録】をクリックします。
②登録したメールアドレス宛にbitbank(ビットバンク)からの確認アドレスが届きます。
③リンクURLをクリックし、パスワード設定画面にアクセスします。
④パスワードを設定し、「利用規約」「取引ルール」「リスク事項」に同意してチェックを入れ、『登録』をクリックします。
⑤基本情報の入力画面になるので、必要な情報を全て記入します。
⑥基本情報の入力を全て終えたら、本人確認書類のアップロードに進みます。
⑦規定の本人確認書類をアップロードしたら、基本情報で入力した住所に書類が送られてきます。
⑧書類が到着したら、審査が終了したことの証ですので、bitbank(ビットバンク)のHPにアクセスしてログインしましょう。

無事、ログインできたら完了です。

bitbank(ビットバンク)のスマホアプリのダウンロード方法は?

iOS版はこちら
Android版こちら
bitbank(ビットバンク)のアプリ版は2018年4月に配信されたばかりです。多くのビットバンクユーザーが待ち望んでいたアプリは、App Store/Google Playからダウンロードしてログインすればすぐに使えるようになります。

ログインするには登録が必要ですが、すでにPCサイトでアカウント登録と本人確認を済ませていれば、登録のメールアドレスとパスワードを入力するだけでOKです。未登録の人は新規登録をする必要があります。

スマホアプリの特徴

ビットコインやリップルを含む6種類の仮想通貨がアプリで取引可能で、100種類以上のテクニカル分析が可能です。

チャートも取引データも24時間365日リアルタイムで更新され、オフラインのコールドウォレットを採用し、マルチシグでハッキング対策も万全です。

PC版と比べてデザインがシンプルで見やすくなっています。

仮想通貨取引の便利アプリiPhone編!ビットバンク(bitbank)の特徴や使い方は?

本格FXトレードができるツールも人気!TradingView(トレーディングビュー)とは?

bitbank(ビットバンク)では、高機能チャートツールのTradingViewが利用できます。
移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンドなどテクニカル分析に必要なインジケーターが多数用意されており、様々な描画ツールも標準装備されています。

チャート分析をするためには複数のツールが必要です。テクニカル指標や分析ツールはトレーダーの投資スタイルによって様々選択されますが、TradingViewでは、多くのトレーダーの要求に答えられる必要十分なツールが装備されています。

また、チャートにラインを引くことも可能で、チャート分析結果をそのまま保存することもできます。チャートの見やすさと言う点でも、口座を開設するメリットはあります。

bitbank(ビットバンク)で取引する方法は?

まずは入金!入金方法に関するあれこれ

bitbank(ビットバンク)の入金方法は「銀行振込」のみです。他の取引所は「コンビニ入金」や「ペイジー入金」にも対応していますが、bitbank(ビットバンク)は対応していません。

入金画面に移動するには、bitbank(ビットバンク)にログイン後、画面右上のメニューから【入出金】をクリックし、【日本円】の右にある【入出金】のボタンをクリックします。

すると振込先の情報が表示されるので、銀行の口座やATMからこの振込先へ入金すれば完了です。

bitbank(ビットバンク)から出金するには?

bitbank(ビットバンク)から日本円を出金するには、ログイン後の画面右上のメニューから【入出金】を選択し、続けて【出金】タブをクリックすると、出金手続きフォームが表示されます。出金は1,000円から可能です。

出金は1,000円から可能です。

bitbank(ビットバンク)から送金する方法は?

bitbank(ビットバンク)から別のウォレットへ送金するには?

仮想通貨を送金するには、bitbank(ビットバンク)にログイン後、画面右上のメニューから【入出金】をクリックします。

日本円と仮想通貨が並んでいるので、送金したい通貨の【入出金】をクリックします。

【引出】タブを選択します。

アドレスを選択し、引出数量を入力します。【引出内容を確認】で送金確認となります。内容を確認して、二段階認証コード等を適時入力してください。

送金が終了すれば、後は着金を待つだけです。

Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取る方法は?

bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を受け取るには?

仮想通貨を送金するには、bitbank(ビットバンク)にログイン後、画面右上のメニューから【入出金】をクリックします。

日本円と仮想通貨が並んでいるので、受け取りたい通貨の【入金】をクリックします。
預入用アドレスとQRコードが表示されるので、このアドレス宛に送金すれば入金となります。

bitbank(ビットバンク)の口コミは?

トレード中級者や上級者には、アルトコインが取引形式で買えると高く評価され、特に「リップル(XRP)を買うならbitbank(ビットバンク)」という声を多く聞きます。
取引形式なので手数料がかからず購入することができるので大変お得です。

bitbank(ビットバンク)はBitflyerやZaifなど、日本の主要な取引所に比べユーザー数が少なく、取引板に並ぶ注文が少ないという声も聞きますが、近年利用する人が急増し、24時間取引高で世界30位以内にランクインされるなど、以前よりも注文が成立しやすくなりました。

仮想通貨の送金は慎重に!Bitbank(ビットバンク)で仮想通貨を送金する方法は?

仮想通貨の板取引ならbitbank(ビットバンク)!

bitbank(ビットバンク)は国内でも人気の高いリップル(XRP)を含め、アルトコインが板取引できる取引所です。さらに現在は手数料0円のキャンペーンも行われているため、仮想通貨を安く購入したい人はbitbankを利用するのがよいでしょう。

また、近年ハッキングに対する問題が浮上する中で、セキュリティ対策にも高い評価を得ていて、安心して取引ができるのではないでしょうか。

bitbank.cc(ビットバンク)関連記事

bitbank(ビットバンク)のインタビューに関する記事一覧

登録された記事はありません。

PAGE TOP