BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を送金する方法は?仮想通貨の送金は慎重に!

日本最大級の仮想通貨取引所であるbitFlyer(ビットフライヤー)を利用しているトレーダーは多いと思いますが、最近のコインチェックのハッキング事件からも分かるように、資産を1つの取引所に置いておくのはリスクマネジメントの観点から言っておすすめできません。

bitFlyer以外の取引所の口座も確保しておき、そこと分散管理をするのが賢い仮想通貨の管理方法と言えます。ここでは、そういった他の取引所やウォレットに、bitFlyerから送金するための方法や手数料について解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)について詳しくはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を送金するには?

bitFlyerから仮想通貨の送金を行うには、当たり前ですが、bitFlyerの口座開設を済ませておく必要があります。

また、仮想通貨を送る側となる取引所やウォレットの口座も取得する必要があります。これらの作業を終わらせたうえで、はじめてbitFlyerからの送金を行うことができるのです。

bitFlyer(ビットフライヤー)で保有している仮想通貨の送金方法

①bitFlyerにログインして「入出金」をクリックし、送金したい仮想通貨を選びます。
②「ラベル」と「アドレス(送付先)」の記入欄がありますので記入し「追加」をクリックします。「ラベル」は自分の分かりやすい名前で良いですが、「アドレス」は送付先なので間違ったものを記入してしまうと希望する口座に送金されませんので注意して下さい。
③「送付数量」と「優先度」を記入します。「優先度」は手数料を上乗せすることで早く送金できるようになりますので、時間をかけずに送金をしてしまいたい人は手数料を多く設定するとよいです。
④最後に4ケタの暗証番号を設定し、「外部アドレスに送付する」をクリックすれば完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)で送金。最初は少額でお試し

送金の際に怖いのは、何らかの手違いで送金がされない送金ミスを招いてしまうことです。bitFlyerからの送金に関しても同じで、送金先のアドレスなどを間違えて設定してしまった場合、まず間違いなく送ったはずの仮想通貨が着金されず紛失してしまうこととなります。

はじめてbitFlyerから仮想通貨の送金を行う場合は、いきなり大量のコインを送金するのではなく、少額での送金で様子をみるとよいです。

送金したコインが指定の取引所なりウォレットにしっかりと着金したことを確認できれば、送金先のアドレス設定にミスが無かったことがわかります。そのあとで大量のコインを送金する方が安心なので、まずは少額の送金を試してみるようにしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)で送金できる仮想通貨


bitFlyerで取り扱っている仮想通貨は、全部で以下の7種類です。(2018年5月現在)

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

bitFlyerでは、この7種類の仮想通貨の送金を行うことができます。

bitFlyerが取り扱っている仮想通貨の銘柄数は少ないですが、それは扱う銘柄を厳選しているためなので、信頼性は高いものばかりとなっています。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)、トランザクションIDの確認方法

bitFlyerでトランザクションIDを確認する方法は以下のとおりです。

  • ①.ログインしてトップ画面を表示する。
  • ②.「お取引レポート」をクリックして「入出金」へ
  • ③.「入出金」画面にある「TXID」というのが、トランザクションIDとなります。

トランザクションIDはなぜ必要なのか?

仮想通貨の取引のことを「トランザクション」と言います。仮想通貨の取引では送金や売買といった取引の1つ1つにトランザクションIDと呼ばれる取引番号が付与され、各トランザクションIDを確認すれば送金元のアドレスや数量といった取引の詳細を確認することができます。

つまり、トランザクションIDをチェックすれば送金がしっかりと完了したのかの確認をすることができるのです。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)、送受金が反映されるまでの時間は?

仮想通貨と言えば、通常の貨幣よりも安全に安く早く送金できるという触れ込みで誕生した金融商品なのですが、仮想通貨を取引するユーザーが世界中で爆発的に増えてしまったことで送金に時間がかかるようになってしまっています。

bitFlyerからの送金も早くて数分の時もあれば、数日経ってもまだ着金されないといった場合もあります。トランザクションIDをチェックして送金状態を確認した時、間違った送金先に送られておらず、単なる送金詰まりで遅い場合はひたすら待つしか方法はありませんが、あまりにも送金が遅い場合は取引所に連絡した方がよいです。

bitFlyer(ビットフライヤー)、送金の取り消しはできるの?

送金を取り消したい場合や送付先を誤って仮想通貨を送ってしまった場合、bitFlyerでは状況に応じて送金の取り消しを行うことが可能です。

送金の取り消しができるのは「お手続き中の送付申請」欄に表示されている取引のみで、「キャンセル」をクリックすることで取り消し手続きを行うことができます。

取り消しが出来ない例①:送付が完了してしまった

間違ったアドレスに送金してしまったと気付いた時、送付完了せずに「お手続き中の送付申請」欄に表示されている場合であれば送金取り消しの手続きを行うことができますが、送付が完了してしまっている時は取り消しできません。

送付先のアドレスを間違えたまま送金が完了してしまったら、送金された仮想通貨は絶対に戻って来ないので、送金の際は充分に注意するようにして下さい。

取り消しが出来ない例②:ブロードキャストしてしまった

自分の送金データがブロックチェーン上にブロードキャスト(公開)されてしまった場合も送金の取り消しは行うことができません。たとえ「お手続き中の送付申請」欄に表示されている場合でも、ブロードキャストされてしまっていたら取り消しはできないです。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)、送金に掛かる手数料は?

bitFlyerから仮想通貨を送金する場合、その仮想通貨の銘柄によって手数料は違います。

  • ビットコインの送金:0.0004BTC
    アルトコインの送金は銘柄によって異なり、
  • イーサリアム(ETH):0.005ETH
  • イーサリアムクラシック(ECH):0.005ETC
  • ライトコイン(LTC):0.001LTC
  • ビットコインキャッシュ(BCH):0.0002BCH
  • モナコイン(MONA):無料
  • リスク(LSK):0.1LSK

となっています。

基本の送金手数料は上記のとおりなのですが、送金の際の優先度によって手数料の上乗せをすることができますので、早く送金を済ませてしまいたい人は上記の金額よりも多く手数料を支払うことになります。

bitFlyerのビットコイン送金手数料は他の仮想通貨取引所よりもかなり安いため、ビットコインの送金手数料を抑えたいトレーダーにとっておすすめの取引所と言えます。

 

 

bitFlyer(ビットフライヤー)で仮想通貨を送金!

日本最大級の取引量を誇るbitFlyerの送金手数料は、他の仮想通貨取引所よりも安く設定されています。

しかし、送金の際の優先度によって手数料の上乗せを行った場合は早く着金される分、手数料も多くかかってしまいます。

また、送付が完了してしまった場合やブロードキャストしてしまった場合は送金のキャンセルを行うことができなくなるので、送付先のアドレス入力は間違いのないように注意しましょう。はじめて仮想通貨の送金をする際には、少額の送金で様子を見ることが肝心です。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP