BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)で入出金をするには?詳しい方法や注意点を解説

bitFlyer(ビットフライヤー)の口座を開設したら、まずは手始めに仮想通貨の入出金を行ってみましょう。bitFlyer(ビットフライヤー)には「ウォレットクラス」と「トレードクラス」という2つのランクが設けられているのですが、仮想通貨の入出金を行うだけであれば、どちらのランクでも可能です。

しかし、売買などの取引を行うには「トレードクラス」にランクアップをする必要があります。本格的に仮想通貨の取引を行うのであれば、「トレードクラス」にランクアップをすることをおすすめします。

ここでは、「ウォレットクラス」「トレードクラス」の双方に共通する仮想通貨の入出金の方法・手数料・反映時間などについて解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)について詳しくはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の入金方法

まずはビットフライヤーでの入金方法について解説します。ここでの「入金」というのは仮想通貨を預け入れることではなく、日本円を預け入れることです。入金された日本円は仮想通貨を購入するための資金にすることができます。

ビットフライヤーでの日本円入金方法には「銀行振込」と「クイック入金」の2種類があります。

銀行振込

銀行振込の方法には、銀行ATMからの入金とコンビニATMからの入金の2つが設けられています。どちらの方法を使っても、銀行振込に使用する口座によっては振り込み手数料を無料にすることができますので、ビットフライヤーが手数料無料に指定している銀行を利用するとお得に入金を行うことができます。

ビットフライヤーが手数料無料に指定している銀行は以下の2つです。

  • 住信SBIネット銀行
  • 三井住友銀行

住信SBIネット銀行

同じ住信SBIネット銀行同士での入金手続きの場合、振込手数料は無料です。

三井住友銀行

三井住友銀行の場合は無料になるための特別な条件が設けられています。

  • 東京第一支店のATMを利用して振り込むこと
  • 東京第一支店の口座からSMBCダイレクトを利用して振り込むこと

三井住友銀行の場合、この2つが振込手数料の無料化の条件として定められています。振込手数料の無料サービスを受けることができる銀行は上記の住信SBIネット銀行と三井住友銀行の2行だけですが、ビットフライヤーではそれ以外の銀行からの入金も行うことができます。

入金方法

①.ログイン画面から「入手金」をクリックし、さらに「入金」をクリック。
②.あらかじめビットフライヤーに登録している銀行口座が表示されますので、そこの振込人名義に記入すれば完了です。銀行口座を登録していない場合は、「銀行口座情報を追加する」をクリックして所定の手続きを行ってください。

クイック入金

今すぐ仮想通貨の入金がしたいという人にはクイック入金がおすすめです。クイック入金は、入金手続きをしてすぐに口座に反映されるスピード感が魅力の入金方法です。
入金の反映が早いかわりに、1回の入金手続きにつき324円(税込み)の手数料が必ずかかるという点がデメリットとなっています。

利用できる銀行

クイック入金ができる銀行は、インターネットバンキングと通常の銀行ATMの2種類です。銀行ATMはどの銀行でも可能ですが、インターネットバンキングの場合は指定されているところ以外はできないので注意が必要です。

クイック入金できるインターネットバンキングは以下の3つです。

  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行

このほか、コンビニATMからもクリック入金はできますが、一回の入金額には30万円という上限が設けられています。

bitFlyer(ビットフライヤー)、入金方法による手数料や反映時間に違いは?

手数料

  • 銀行振込の手数料は、住信SBIネット銀行と三井住友銀行の場合は無料。それ以外の銀行の場合は200円~500円の振込手数料が各銀行によって設けられています。
  • クイック入金の手数料は、1回324円です。

反映されるまでの時間

反映される時間は、銀行振込とクイック入金で異なります。

銀行振込

銀行の営業時間によって異なりますが、当日の午前に入金手続きを行えば当日中に反映される場合があります。それ以外ではあれば、翌日~翌営業日に反映されます。

クイック入金

数時間ほどで反映されます。24時間365日休まず受け付けていますので、基本的には何時に手続きを行っても当日中に反映されます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の出金方法

入金の手続きと同様に、出金手続きもログイン画面の「入出金」をクリックして進み、「日本円のご出金」をクリックして登録している銀行口座に出金額を記入することで出金の処理が完了します。

2段階認証の設定を行っているのであれば、出金の際にその認証手続きも行います。

口座情報の登録

ビットフライヤーでは、銀行口座を最大4つまで登録することができます。登録方法は以下のとおりです。
①.ログイン後の画面から「入出金」メニューに進む
②.「日本円ご入金」タブをクリックします。
③.「銀行口座情報を追加する」をクリックすれば登録画面になりますので、そこで希望する銀行口座の情報を登録すれば完了です。

手数料

出金には、どの銀行を使っているかにかかわらず手数料がかかります。

三井住友銀行の場合

  • 3万円未満の出金で216円(税込み)
  • 3万円以上の出金で432円(税込み)

三井住友銀行以外の場合

  • 3万円未満の出金で540円(税込み)
  • 3万円以上の出金で756円(税込み)

上記のとおり、出金手数料に関しては三井住友銀行を利用すると、他行よりも安く済ますことができます。

反映されるまで時間

ビットフライヤーで出金手続きを行った場合の反映されるスピードは以下のとおりです。

  • 午前11:30までの手続きで当日に着金
  • 午前11:30以降の手続きで翌日か翌営業日に着金

どうしても当日中に出金した金額を反映させたいのであれば、当日の午前11:30までに出金手続きを終えておくようにしましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)、入出金に関する疑問あれこれ

ビットフライヤーをはじめて利用する人にとって、仮想通貨取引所という場所での日本円の入出金のことや他人名義での入金や取り消し方法などについて、いろいろな疑問があることと思います。

ここでは、ビットフライヤーでの日本円の入出金についての疑問について解説します。

第三者名義での入金

ビットフライヤーの規定では、登録名義以外での入金手続きはできないように定められています。万が一、登録者とは違う第三者の名義で入金手続きが行われた場合、ビットフライヤーから金融機関の方へ「組戻し(振込の取り消し)」の依頼が行われるようになっています。

入出金の下限額

ビットフライヤーでは入出金の金額に下限を設けていません。自分の好きな金額を入金・出金することができます。

ただ、出金の場合、出金額がどれだけ少額でも手数料はかかりますので、出金額が手数料を下回る金額のときは損をすることとなるので注意が必要です。

入金の取り消し方法

入金・出金ともに振込手続きが完了している場合、取り消しは不可能です。振込手続きが完了していない場合は、なにもしなくても自動的に入出金の手続きがキャンセルされます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の入出金はシンプル!

bitFlyer(ビットフライヤー)の入出金は、あらかじめ銀行口座をbitFlyer(ビットフライヤー)に登録しておけば、誰でもすぐに手続きを終えてしまうことができるほどシンプルです。

また、入金の際は住信SBIネット銀行を使えば手数料も無料になります。登録名義以外での入金を禁止していることも不正防止対策として利用者に安心を与えてくれます。

bitFlyer(ビットフライヤー)では入出金の金額に下限を設けていないので、少数の金額から取引を行うことができるようになっています。そのため、初心者のトレーダーでも気軽に利用することができるのです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial