BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットで仮想通貨を受け取る方法は?

国内有数の仮想通貨取引高を誇るbitFlyer(ビットフライヤー)。その実績が示すように、日本のトレーダーの多くがbitFlyer(ビットフライヤー)を利用しています。取引高が多いということは、取引所が倒産するリスクも少ないということの表れでもあります。

これから仮想通貨の取引を行う初心者トレーダーは、まずはbitFlyer(ビットフライヤー)で取引を始めると安心です。ここでは、初心者向けに、bitFlyer(ビットフライヤー)での仮想通貨の送金方法や手数料などについて解説します。

bitFlyer(ビットフライヤー)について詳しくはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の送金方法

ビットフライヤーで仮想通貨の送金を行いたいなら、まずはビットフライヤーのアカウントを作りましょう。ビットフライヤーのアカウントは公式サイトで作成できます。
また、ビットフライヤーに限らず、仮想通貨の送金を行うだけならそれほど難しい作業は必要ありません。

しかし、初歩的なミスによる送金失敗や、希望通りの送り先に着金しないこともありますので、簡単とはいえ慎重に行いましょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)で送金できる仮想通貨

ビットフライヤーで扱っている仮想通貨は7種類です。ビットフライヤーでは、全ての取扱い通貨を外部送金することができます。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • ライトコイン(LTC)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

他の取引所に比べて取り扱いが少ない印象を受けますが、ビットフライヤーでは取り扱い通貨を厳選していますので、安心して取引できる仮想通貨ばかりです。また、アルトコインの取引に力を入れている取引所ですので、アルトコインのトレーダーであれば手数料などの面でかなり優遇が受けられます。

bitFlyer(ビットフライヤー)に仮想通貨を預入する方法

①.ログインして、ログイン画面の「入出金」をクリックします。
②.「○○お預入」を選択します。この○○には受け取る仮想通貨の名称が入ります。希望する通貨のタブをクリックして下さい。
③.「○○アドレスを取得する」を選択します。すると、画面上にアドレスが表示されますので、そのアドレスをコピー&ペーストします。
④.送金元の取引所またはウォレットにアクセスし、送金先に③で取得したアドレスを貼り付けて送金します。
⑤.しばらくすると、ビットフライヤーの自分のアカウントに仮想通貨が送金されます。

以上で完了になりますが、着金までにかかる時間が数分の時もあれば、1日以上かかる時もあります。送金状況は「お取引レポート」→「入出金」のページで詳細確認できますので、着金が遅い場合にはチェックするようにして下さい。

bitFlyer(ビットフライヤー)から仮想通貨を送付する方法

①ログインして、ログイン画面から「入出金」をクリックします。
②「○○ご送付」タブを選択します。○○は送金したい仮想通貨の名称が入ります。
③送金画面になりますので、画面上の「ラベル」「○○アドレス」に入力します。
メールで例えると、「ラベル」は送金先に届いた時にメールタイトルの役割を果たす機能があり、自分にとって分かりやすい名前を付けておくと便利です。
「○○アドレス」には、送金先の取引所またはウォレットから事前に入手しておいた送金先アドレスを記入します。送金先からコピー&ペーストすると間違いがなく安心です。
④「追加する」をクリックして基本の送金手続きが完了します。

送金に2段階認証を設定している場合は、2段階認証の手続きも必要です。送金状況は、預入と同様に「お取引レポート」→「入出金」の手順で詳細確認ができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の送金手数料

ビットフライヤーの送金手数料は、ビットコイン・アルトコインの各銘柄ごとに異なります。

  • ビットコイン(BTC)→0.0004BTC
  • イーサリアム(ETH)→0.005ETH
  • イーサリアムクラシック(ETC)→0.005ETC
  • ビットコインキャッシュ(BCH)→0.0002BCH
  • ライトコイン(LTC)→0.001LTC
  • モナコイン(MONA)→無料
  • リスク(LSK)→0.1LSK

基本的な手数料は上記の通りですが、送金の際に、マイナー(マイニングする人)への手数料を上乗せすることで着金までの時間を短縮することができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の送金時間

仮想通貨の送金スピードは一律ではなく、数分で着金が済むこともあれば、数日かかってもまだ着金しないこともよくあります。特にビットコインの送金にはムラが多く、アルトコインに比べ送金スピードが一定しないことが問題になっています。

法定通貨よりも早く安心に送金できるということが仮想通貨の売り文句だったのですが、現在は仮想通貨の取引をする人が増えたせいで、送金詰まりが頻繁に発生しています。

ここでは、その原因と対処法について解説します。

着金に時間がかかる原因と対処法

ビットコインをはじめとした仮想通貨は、ブロックチェーンテクノロジーというデジタル技術のうえに成り立っています。

仮想通貨の送金は、他のいくつかの取引情報もあわせて1つにまとめたブロックと呼ばれる取引情報の固まりがマイナーに承認されることで送金が完了します。取引が重なるにつれ、こういったブロックが次々に形成・連なっていくことをブロックチェーンといいます。

仮想通貨の送金が遅れている場合は、このブロックの生成処理が遅れている状態だと考えられます。では、ブロック生成が遅れる原因には何があるでしょうか?

送金処理に必要なブロック生成が遅れる原因

ビットコインを例に解説すると、ビットコインはブロックが1つ生成されるのに10分程度かかるように設計されています。そして、1つのブロックに納められるデータの容量も決まっています。

つまり、ビットコインの取引量が多くなるにつれて、取引データをまとめるブロックの数が飛躍的に増え、新たなブロックを形成するのに非常に時間がかかるようになってしまいました。そのため、データの処理に遅延が発生して送金処理がなかなか終了しないという状況になっています。これが送金詰まりの原因です。

送金詰まりへの対処法

ビットコインの取引処理を行っているのはマイナーです。マイナーが送金内容をブロックにまとめてしまえば送金処理は完了します。送金処理を早めるには、マイナーにいち早く自分の送金内容を処理してもらうのが一番です。

ビットフライヤーでは、送金の際にマイナーに追加手数料を払えば、送金処理を優先的に受けられるサービスを提供しています。

送金手続き時に送金処理の「優先度」の設定が可能で、

  • 最高
  • 高い
  • やや高い
  • 普通

上の4項目から選ぶことができます。

選択した「優先度」によって追加の手数料の金額は変わります。このサービスを利用すれば、送金の遅延を起こしにくくなります。

国内大手bitFlyer(ビットフライヤー)での送金をマスターしよう!

bitFlyer(ビットフライヤー)を使った送金は、アカウントさえあれば誰でも簡単に行えます。仮想通貨の受け取りだけなら、自分の受け取りアドレスを送金元に伝えるだけです。

自分が送金する場合は、送金処理が遅延しないようマイナーに追加手数料を払うことを考えたほうがいいでしょう。送金が遅くてもかまわなければ、通常の手続きだけでもかまいません。その方が手数料も少なく済み、初心者ならばまず通常の送金手続きをお試し的に体験してみるのもよいでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial