BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitFlyer Lightningの特徴や登録方法、使い方は?便利な機能や口コミも紹介!

bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)の特徴とは

近年、仮想通貨が注目されるようになり、知名度の向上に伴って取引所の利用者数も増加傾向にあります。そんな中、bitFlyer(ビットフライヤー)が運営する取引所のbitFlyer Lightningが人気を集めています。ビットコイン(Bitcoin/BTC)はもちろんのこと、イーサリアム(Ethereum/ETH)も取り扱っています。
bitFlyer Lightningでは、日本円でビットコインを買ったり、反対にビットコインを売却して円に換える現物取引ができます。ビットコインのFXも可能なので、興味がある人はぜひマーケットに参加してみましょう。
bitFlyer Lightningは、取引が迅速なうえ、世界最高レベルのセキュリティを備えています

bitFlyer社は、三菱UFJやみずほといった有名企業の系列会社から出資を受けていて、世間的な信用が高いのも特徴です。

取引にはアカウントが必要

bitFlyer Lightningで取引をするには、bitFlyerの口座が必要です。bitFlyerに口座を開設するのはとても簡単で、メールアドレスと住所・氏名、そして保険証や免許所などの本人確認書類をbitFlyerに提出します。口座登録の際には、取引資金を振り込むために使う銀行口座も忘れずに用意しましょう。
bitFlyer Lightningで取引するには、bitFlyerの口座と銀行口座のほかに、仮想通貨のリスクも理解してください。自身でウォレットの管理をする必要がありますし、何らかの事件が起きれば、仮想通貨そのものの価値がなくなる恐れがあります。
bitFlyerに限らず、一般的に仮想通貨の取引所のサイトには、仮想通貨のリスクについて書かれているので、全て読み通すことも忘れないでください。

身分証の提出を

bitFlyerへメールアドレスを送って仮口座を作成しただけでは、取引所のほとんどのサービスが利用できません。bitFlyerでは『ウォレットクラス』と呼ばれており、本人確認書類を提出して認証を受けることで、bitFlyer Lightningが使える『トレードクラス』になれます。
トレードクラスになれば、仮想通貨の入出金や決済金額の制限もなくなります。

仮想通貨を購入して

トレードクラスになったら、アルトコインの取引をする前に、ビットコインの購入から始めてもいいでしょう。既にビットコインを所持しているなら、bitFlyerの口座に入金して取引もできます。
bitFlyerの口座にビットコインを入金しなくても、bitFlyerでビットコインを購入してアルトコインの投資原資とすることもできます。bitFlyer Lightningでも日本円でビットコインを買う取引もできますが、取引に慣れていない方は販売所でビットコインを調達できます。以下に、販売所でのビットコイン購入方法を案内します。

bitFlyerの口座開設手続きが完了したら、『売買』メニューより『ビットコイン販売所』をクリックします。
ビットコイン販売所画面の中央下部にある『数量(BTC)』にビットコインの数量を入力すると、対価となる『日本円参考金額』が表示されます。ビットコインを購入するには、『コインを買う』をクリックします。
『注文実行』ボタンをクリックすれば、ビットコインが購入できます。万一中止したい場合は、隣の『キャンセル』ボタンをクリックします。購入は慎重に行って下さい。

取引をするには?

bitFlyer Lightningで取引するには、ホーム画面左のメニューの『bitFlyer Lightning』をクリックします。

仮想通貨のチャート画面が出てくれば、アクセス成功です。リアルタイムで刻々と変わる取引情報を初めて見る人は困惑するかもしれません。しかし、誰でも自由に使えるので、チャートを活用しない手はありません。

それぞれのタブを使い分けよう!

bitFlyer Lightningの現物取引の方法を紹介します。
画面上部には、取引できる通貨別に4つのタブが設置されています。

まず、仮想通貨を買いたい場合、資金の入金が必要になります。

bitFlyer Lightningの画面より入金手続きをしたいなら、一番左の『BTC/JPY』のタブを選択し、『入出金』メニューの『日本円ご入金』か『クイック入金』のどちらかから、投資原資の円貨を入金します。

『日本円ご入金』は口座開設時に登録した口座を利用します。『クイック入金』の場合は入金方法が豊富にあり、住信SBIネット銀行やイオン銀行、じぶん銀行のネットバンクの振り込み、ローソンやファミリーマートなどのコンビニ決済Pay-easy(ペイジー)入金の3つの方法があります。ただし、クイック入金は324円の手数料がかかることを覚えておきましょう。その分、24時間365日いつでも対応しているというメリットがあり、迅速な取引を求める人に向いています。

また、ビットコインのFX取引は『BTC-FX/JPY』のタブから可能です。Lightning FXの取引に際しては、利用案内や取引ルールの内容の理解と、取引リスクの確認が必要です。しっかり理解した上で取引を始めましょう。
『BTC-FX/JPY』は未来のレートを予測しなければならず、仮想通貨取引経験者向きとなり初心者にはおすすめしません。

『ETH/BTC』ではイーサリアムをビットコインで取引します。円ではイーサリアムの取引ができないので、ビットコインやイーサリアムを口座に入金するか、どちらの通貨も持っていなければ、販売所もしくは取引所でビットコインを購入してからとなります。

bitFlyer Lightningの各取引の特徴を理解するには、勉強が必要となるでしょう。トレーディング初心者は、まずは資金に余裕を持って、少しずつ現物取引を重ねていくことをおすすめします。

 

 

bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)の便利な機能と使い方

bitFlyer Lightningで取引する前に、ツールの便利な機能と使い方についても知っておきましょう。
まずは画面で目につくチャートについて解説します。初期画面のチャートはビットコインの価格表示で、リアルタイムに価格動向を知らせてくれます。チャートはあらゆる投資に欠かせません。仮想通貨のトレードでも必ず確認するようにしましょう。

bitFlyer Lightningの画面中央で点滅しながら表示が切り替わる数字の列は、一般的に『』と呼ばれます。
取引板には、ビットコインの売り注文と買い注文の数がリアルタイムで表示されています。板中央より上の赤い数字が売り注文で、下の黄色い数字が買い注文です。
そして、板中央の数値は直近で取引が成立したビットコインの価格で、隣のスプレッドは現在の提示されている売買注文の価格差を意味します。

また、左端の鍵マークは画面のロック機能を意味します。このロックをクリックすると、画面をスクロールして板全体の価格をチェックできるので、もっと多くの注文情報を確認したい人におすすめです。

また、bitFlyer Lightningの画面の右上で、取引の損益情報をチェックできます。こちらでは、現物とFX取引を通算した月次や日次損益を確認でき、投資結果の振り返りの助けとなります。
そして、ビットコインのリアルタイムニュースも、bitFlyer Lightningの画面でチェックできます。仮想通貨の相場は世界情勢によって大きく変動する可能性もあり、トレーディングに参加するのであれば、情報収集は欠かせません。積極的に調べておくに越したことはないでしょう。

bitFlyer Lightningでは、世界中の投資家が取引を成立させるたびに、コインが鳴るような音を出します。この音が気になるなら、左メニューの『設定』を開いて、サウンドの項目にある4つのチェックマークを外しましょう。無音にして、取引に集中することもできます。

画面のカスタマイズ方法

チャート画面の大きさを調節したくなったら、チャート画面上部の拡大マークを押しましょう。また、ローソク足の表示期間の単位調整も可能で、1分単位から任意の時間を指定して値動きを読み取ることもできます。
1ヶ月前の価格もチェックできるほか、過去にさかのぼってチャートを見れば、投資の参考にもなります。ビットコインに限らず、あらゆる投資対象は常に価値が変わり続けるので、情報を多く集めておきましょう。

スマホでもbitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)は利用できる

PCだけでなく、スマホでもbitFlyer Lightningを利用できます。何らかの都合でPCから離れていても、スマホアプリがあれば仮想通貨の取引が可能です。

スマホからbitFlyer Lightningを利用するには、まず『bitFlyer ウォレット』アプリをダウンロードします。bitFlyerに口座を開設済みなら、ダウンロード後にログインすればすぐに取引できます。
また、アプリからでも口座登録ができるので、メールアドレスや保険証などの本人確認書類を用意しましょう。もちろん、銀行口座の用意や二段階認証の設定も忘れてはいけません。

基本的な操作や取引方法はPCとアプリで違いはありません。仮想通貨の購入や売却はPC版と同じように操作しましょう。
スマホでbitFlyer Lightningを利用したい場合、ログイン後、アプリメニュー内の『Lightning Web』にアクセスすれば、スマホからでもbitFlyer Lightningで取引できます。
PC版で使われているアイコンが揃っていて、取引や注文履歴、チャートを見ることも可能です。ビットコインだけでなく、イーサリアムなどのアルトコインのチャートも確認できます。スキマ時間を利用した取引もできるでしょう。
普段のトレードはPCで、移動中やちょっとした待ち時間はbitFlyerウォレットアプリで取引するのがおすすめです。

bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)の口コミは?

bitFlyer Lightningは、整備されたシステムや万全のセキュリティ体制が用意されていて、大手企業の系列会社から出資も受けていることから高い信頼を得ています。24時間取引が可能で、また口座の開設スピードが早いことを評価する投資家も多いです。
ただし、充実したシステムのせいか、サーバーが重く、いざ取引しようとしてもネット接続が不安定になることも少なくありません。わずかか1秒の時間でも惜しい投資家にとっては大きなデメリットとなることでしょう。また、取引時の手数料の高さも、マイナスの評価を生んでいます。
bitFlyer Lightningには賛否両論がありますが、手数料がかかる分だけ安全な取引が可能になっているのが大きなメリットといえるでしょう。2018年に起きたコインチェックのネム流出事件から、仮想通貨の管理に慎重になる人が多くなっています。安全を求めたいなら、bitFlyerを利用してみるのも一考でしょう。

bitFlyer Lightning(ビットフライヤー・ライトニング)で安全な取引を進めていこう!

bitFlyer Lightningは、充実した機能と業界内トップクラスの高い安全性を備えた取引所です。初めは画面の情報量に戸惑うかもしれませんが、一つずつ機能を覚えていけば大丈夫です。
慣れれば仮想通貨の取引もスムーズに行えるようになります。仮想通貨のリスクをよく知って、その上で投資にチャレンジしていきましょう。トレード経験にともなって、リターンが得やすくなってくるのではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial