BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!取引量No1

bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!取引量No1

ビットコイン取引をしたいなら、ビットコイン取引量、ユーザー数、資本金とも国内屈指のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめです。

大手損害保険会社と2種類の損害保険契約を結ぶなど、ユーザー資産の安全性を考えた補償体制も整備されており、安心して取引ができるという点も魅力です。

初心者でもわかりやすく使いやすいと評判のbitFlyer(ビットフライヤー)で、ぜひ仮想通貨取引を始めてみませんか?

目次

テレビCMでおなじみの取引所bitFlyer(ビットフライヤー)の特徴は?

国内大手の仮想通貨取引所

2014年1月に設立されたbitFlyerは、日本でも古参の仮想通貨取引所になります。
他の取引所と比較しても歴史が長く、取引所の運営ノウハウを十分持ち合わせていることがうかがえます。
成海璃子さん出演のテレビCMもお馴染みとなった今、知名度でも国内トップクラスだといえます。

また、bitFlyerは三井住友銀行グループのSMBCベンチャーキャピタルや、みずほキャピタル、リクルート、第一生命といった各業界の大手企業から出資を受けています。資本力の高さは取引所の運営の安定や新しいサービスの向上につながることが予想されます。

bitFlyerは運営に必要な資金の面でも、安心がおける取引所だといえるでしょう。

ビットコイン取引量日本一

仮想通貨取引を行っていく上で、流動性の高さは注目すべきポイントです。

2014年以降、国内の仮想通貨取引所の数が増加していく中で、bitFlyerはビットコイン取引量で日本屈指の実績を維持し続けています。

仮想通貨市場での基軸通貨のビットコインが取引できるbitFlyerは、アルトコインの購入を検討していても、ぜひ利用したい取引所です。

仮想通貨業界での影響力の高さ

bitFlyer代表取締役の加納裕三さんは、日本ブロックチェーン協会で代表理事を務める人物であり、常にその発言と動向が注目されています。
また、加納裕三さんは2018年4月23日に旗揚げされた業界団体「日本仮想通貨交換業協会」で副会長に就任しました。

同協会は、仮想通貨市場の信頼回復や業界の健全な発展を推進し、金融庁から自主規制団体として認定されることを目指しています。協会メンバーとなっているbitFlyerには今後も注目が集まるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)について詳しくはこちら

使いやすさと安全性が魅力。bitFlyer(ビットフライヤー)に登録するメリットは?

初心者でも使いやすい取引所

仮想通貨取引を始めたいけど「やり方が分からない」、「自信がない」、「なんだか難しそう…」、そう感じている初心者こそbitFlyerを使ってみましょう。

アカウント開設はメールアドレスの登録だけで、5分もあれば完了します。その後、オンラインで本人確認書類を提出し、郵送される書留郵便を受け取ったら、さっそく取引をスタートしましょう。

bitFlyerの操作画面では、残高や保有している通貨、仮想通貨の現在の価格、リアルタイムチャートなど、取引に必要な情報がわかりやすく表示されています。

bitFlyerでは非常にシンプルで直感的な操作が可能なので、初心者の方でも安心して利用できるでしょう。

専用スマホアプリの使いやすさも抜群

bitFlyerはスマホで手軽に仮想通貨取引が行える専用アプリ「bitFlyer ウォレット」を配信しています。リアルタイムでレートの確認ができるので、急な価格変動時もすぐに対応ができます。bitFlyerに登録するなら、アプリはぜひ活用していきましょう。

「bitFlyer ウォレット」では、取引機能のほかにも、実店舗やECサイトでの支払いができる決済機能、FacebookやLINE、メールでビットコインを簡単送金できる「Pay」機能などの充実した機能がついています。

スマホから手軽な取引をしたい人にはもちろん、本格的なトレードをする際の情報源としても利用できるのが、「bitFlyer ウォレット」の魅力となっています。

bitWireでビットコインがますます身近になる

ビットコインをメールアドレスだけで送金できるサービス、「bitWire」が利用できるのもbitFlyerのメリットです。

ビットコインアドレスを入力する手間が省けるので、友人や家族間での送金がはかどることでしょう。

また、bitFlyerは実店舗やネットショップでビットコイン決済ができる法人向けサービスの「bitWire SHOP」も展開しています。現在、ビックカメラやヤマダ電機、H.I.Sなどで導入されています。

高いセキュリティが安心安全な取引を実現

bitFlyerは、顧客資産の安全性向上のための体制を整えています。
オフラインで資産を管理するコールドウォレットや、秘密鍵を複数作るマルチシグネチャウォレットなどによって通貨を保管していることはもちろん、不正出金やサイバー攻撃により発生した出金や盗難に対しての補償もあります。

bitFlyer(ビットフライヤー)はどんな人におすすめ?

bitFlyerは、仮想通貨投資初心者の方におすすめです。

特に、ビットコインを「安く」「安全に」購入したい場合は、ビットコイン取引高が国内屈指で、セキュリティや補償対応もしっかりしているbitFlyerを利用しましょう。

ただ、bitFlyerの取引所ではビットコインとイーサリアム、ビットコインキャッシュしか取引できず、他のアルトコインを取引所で買いたいと考えている方にはおすすめできません。

bitFlyer(ビットフライヤー)の3つの特徴について詳しくはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)の取り扱い通貨は?

bitFlyerでは現在7種類の仮想通貨を取り扱っています。

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • イーサリアムクラシック(ETC)
  • ライトコイン(LTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • モナコイン(MONA)
  • リスク(LSK)

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引時に必要な手数料は?

アカウント作成手数料

bitFlyerのアカウントは無料で作成できます。アカウントの維持手数料もかかりません。

ビットコイン売買手数料(取引所・販売所)

  • 取引所:0.01〜0.15%
  • ビットコイン取引所で売買を行う際は、直近30日の取引金額に応じて0.01〜0.15%の手数料がかかります。直近30日の取引量が10万円未満であれば0.15%です。金額が大きくなるに従い、手数料が段階的に安くなります。

  • 販売所:無料(終了の2週間前に告知)

アルトコイン売買手数料(販売所のみ)

イーサリアム、イーサリアムクラシック、ライトコイン、ビットコインキャッシュ、モナコイン、リスクの販売所の売買手数料は無料(終了の2週間前に告知)です。

Lightning 現物手数料

  • ビットコイン(BTC/JPY):0.01% ~ 0.15%
  • イーサリアム(ETH/BTC):0.20%
  • ビットコインキャッシュ(BCH/BTC):0.20%

参照元:bitFlyer:手数料一覧・税/手数料一覧

さまざまな企業とも提携しているbitFlyer(ビットフライヤー)。どんなサービスがある?

ヤマダ電機でのビットコイン決済サービス

平成30年1月26日、bitFlyerはヤマダ電機へのビットコイン決済サービス提供を発表しました。サービスの概要は、1会計につき30万円相当のビットコインを上限とし、bitFlyerウォレットアプリを用いたスマホ決済を可能とするものです。東京都内の2店舗でテスト導入し、その後全国展開をめざします。

参照元:ヤマダ電機へのビットコイン決済サービス提供のお知らせ

「tax@cryptact」を提供する株式会社クリプタクトとの業務提携

tax@cryptactは、株式会社クリプタクトが提供する無料の仮想通貨損益計算サービスです。bitFlyerのユーザー画面から取引レポート(Excel)をダウンロードし、tax@cryptacにアップロードすると実現損益の計算結果が表示されます。

参照元:株式会社クリプタクトとの業務提携のお知らせ

じぶん銀行のリアルタイム出金サービス

サービスの概要は、じぶん銀行口座とbitFlyerアカウントとの間で24時間365日、リアルタイムで入出金を行うというものです。即時に入出金内容が反映されるため、取引のタイミングを逃すことがありません。

参照元:じぶん銀行

ビットコイン決済に対応したPOSレジに関わる業務提携

平成29年11月30日、bitFlyerは、POSレジを開発・販売する株式会社ビジコムとの業務提携を発表しました。
ビジコム社「BCPOS」導入店舗で会計する際に、精算方法にビットコインを選択すると、店頭のディスプレイにビットコイン決済用のQRコードが表示されます。このQRコードを消費者がbitFlyerウォレットアプリで読み込むと、ビットコインでの決済が完了し、店舗に日本円が入金されます。

参照元:POSレジでのビットコイン決済サービス提供に関わる業務提携のお知らせ

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録方法は?

bitFlyerヘの登録は、とても簡単に行えます。
少しでも興味があるなら、以下の手順を参考にしてbitFlyerに登録をしてみませんか。

<bitFlyerのアカウント作成手順>

①アカウント作成画面でメールアドレスを入力して「アカウント作成」ボタンをクリックします。
②「アカウント登録確認メール」記載の【キーワード】を入力します。
③ご利用規約等への同意を求める画面で、すべての規約類の内容を一読し、「bitFlyer をはじめる」ボタンをクリックします。

以上で、アカウント作成が完了します。
ただ、この段階では、登録したアカウントは「ウォレットクラス」となっています。

ウォレットクラスでは仮想通貨の売買は行えないため、「トレードクラス」へのアップグレードを行いましょう。

<仮想通貨売買が可能なトレードクラスへのアップグレード>

①名前や住所などの個人情報を入力します。
②内容を確認して「ご本人情報を登録する」をクリックします。
③入力した内容を証明するための「本人確認書類」を提出します。
⇒運転免許証や保険証等をスマホで撮影し、アップロードします。
有効期限の切れた書類や不鮮明な画像は承認されないので、撮影はきちんと行いましょう。
④「ご本人確認資料を提出する」をクリックします。

bitFlyerで本人確認の手続きが完了すると、承認の書留郵便が届くので、それをもってトレードクラスヘのアップグレードとなります。

仮想通貨の取引ができるようになっているはずなので、さっそく売買に挑戦してみるのもいいでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)の登録について詳しくはこちら

bitFlyer(ビットフライヤー)のスマホアプリ「bitFlyerウォレット」とは?

bitFlyerウォレットでできること

スマホアプリ「bitFlyerウォレット」では、仮想通貨の購入と売却ができます。QRコードを使ってビットコインを簡単に送金・受け取りができるほか、ビットコイン決済導入店舗やECサイトでの支払いも行えます。

「Pay」機能を使えば、FacebookやLINE、メールでビットコインを簡単送金できますし、相手にビットコインの請求をすることもできます。

bitFlyerウォレットの口コミ

画面がシンプルでとても分かりやすい」「直感的に操作でき入出金もスムーズだった」と初心者でも使いやすいという声が多い一方で、デザイン変更や二段階認証設定の推奨画面が表示される等、「分かりづらい」「前の方が良かった」との声も出ています。

bitFlyerウォレットのダウンロード

bitFlyerウォレットは、iPhoneとAndroidに対応しています。
iPhone(App Store)
android(Google Play)

本格FXトレードができるツールも人気!bitFlyer Lightning(bitFlyerライトニング)とは?

bitFlyer Lightningは、ビットコインの現物・FX・先物取引、イーサリアムとビットコインキャッシュの現物取引に対応したプロユーザーのための取引所です。抜群の操作性を持つ取引ツールを採用し、FX・先物取引を使えば、より資金効率の良い投資が実現します。

大手金融機関よりも強度の高い暗号化通信を採用しており、セキュリティ面にも信頼がおけます。80% 以上のビットコインをコールドウォレットで安全に保管し、複数署名を必要とするマルチシグにも対応しています。

現物取引では日本円でビットコインを買うこともできれば、持っているビットコインを売って、円に替えることもできます。

FXや先物取引では、最大15倍のレバレッジを効かせ、値上がり値下がり双方で利益を狙うことができ、多様な戦略での投資が可能です。

2018年3月からは、bitFlyer Lightningに高機能チャート「LightChart(ライトチャート)」が追加されました。LightChartの特徴は以下のとおりです。

  • 最終約定価格がリアルタイムにチャートに反映
  • 分析指標や注文・建玉価格、価格毎の注文数量を表示可能
  • 簡単な操作でチャート上の価格を発注画面へ入力でき、価格マーカー描画も可能

bitFlyer(ビットフライヤー)で取引する方法は?

まずは入金!入金方法に関するあれこれ

bitFlyerへは、銀行振込またはクイック入金のどちらかで入金できます。

銀行振込

三井住友銀行または住信SBIネット銀行の専用口座への入金を選択できます。入金に必要な金融機関手数料は、ユーザーの負担になります。

クイック入金

ネットバンクからの振込、コンビニ決済、Pay-easy(ペイジー)入金で、24 時間 365 日、日本円の入金ができます。
手数料は一律324円(税込)です。bitFlyer の承認後に、アカウントに入金が反映されます。

  • 対応銀行:じぶん銀行、住信SBIネット銀行、ジャパンネット銀行
  • 対応コンビニ:ローソン、ファミリーマート、サークルKサンクス、ミニストップ、デイリーヤマザキ、スリーエフ、セイコーマート

セブンイレブンに対応していない点に注意が必要です。

bitFlyer(ビットフライヤー)から出金するには?

入出金メニューの「日本円ご出金」より、登録した銀行口座宛てに出金を行います。

午前11時30分までに出金手続きを行った場合は当日(銀行営業日)中に、それ以降の場合は銀行の翌営業日に出金します。

なお、クイック入金で入金した資産相当額は、7日間出金できません。

bitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットで送金する方法は?

bitFlyerから別のウォレットへ送金するには?

  • ①最初に、外部のビットコインウォレットのアドレスをbitFlyer「設定」メニューの「外部ビットコインアドレス設定」で設定します。または、ログイン後「入出金」メニューの「BTCご送付」より外部ビットコインアドレスを設定することもできます。
  • ②設定完了後、「入出金」メニューの「BTC ご送付」より、その外部ビットコインアドレスに送付できます。
  • ③「送付数量」に送りたいビットコイン数量を入力します。最後に「ビットコイン外部送付」ボタンを押します。なお、この操作は取り消しができません。「引出手続きを受け付けました」とのメッセージが表示されたら完了です。

bitFlyer(ビットフライヤー)のウォレットで仮想通貨を受け取るには?

入出金メニュー内の「BTCお預入」タブより、「お客様用ビットコインアドレス(お預入)」を確認します。このアドレスへビットコインを送付すると、自分のアカウントでビットコインを受け取ることができます。

bitFlyer(ビットフライヤー)の口コミは?

bitFlyer利用者の口コミを見てみると、「安心して取引ができる」との声が多いようです。大手企業が株主となっていることや、資本金額が業界屈指であることなど、盤石な資本力に対する安心感もあるようです。さらに、万一に備えた補償制度を備えていることも、利用者にとって安心して取引を行える要因となっています。

反対に、改善を期待する口コミもあります。その一つに、取り扱う仮想通貨が少ないとの指摘があります。また、スプレッド手数料が高いという声や、他の取引所と比較してサーバーが重いという声も聞かれます。

国内取引所をお探しなら、大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)がおすすめ

bitFlyer(ビットフライヤー)は国内大手の取引所ならではのメリットが多くあり、初めて仮想通貨取引を行う方や、安心して取引を行いたい方には特におすすめです。

まずは口座開設してビットコインを少額から買い、慣れてきたらアルトコイン取引を行ってみるのもいいでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

bitFlyer(ビットフライヤー)関連記事

bitFlyer(ビットフライヤー)のインタビューに関する記事一覧

登録された記事はありません。

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP