BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

BitMEX(ビットメックス)

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の特徴は?取扱通貨・口座開設方法を解説!レバレッジは最大100倍

仮想通貨取引所BitMEX(ビットメックス)の特徴は?取扱通貨・口座開設方法を解説!レバレッジは最大100倍

仮想通貨に興味があれば、日本国内だけでなく海外の取引所にも目を向けてみましょう。BitMEXは香港を拠点とする仮想通貨の取引所であり、最大で100倍もの倍率でレバレッジをかけることができます。
これまでに扱っている取引所で物足りなかった人には、BitMEXで取引してみてはいかがでしょうか。

レバレッジ取引とは、株式やFXの為替など様々な投資で行われる取引のことであり、それらのビットコイン(Bitcoin/BTC)版と考えましょう。
日本国内でも比較的レバレッジが高めの取引所がありますが、BitMEXはその遥かに上をいきます。

もちろん、レバレッジ取引を行う上ではリスク管理は必要です。BitMEXで取引をするにおいて意識するべき点もいくつかあります。それらを当記事で紹介するので、確認した上でBitMEXを利用してみましょう。今後の仮想通貨の取り扱いがもっと充実するようになります。

BitMEX(ビットメックス)の特徴は?登録するメリットとは

冒頭で書いたように、BitMEXの最大の特徴は設定できるレバレッジの倍率です。
レバレッジとは「てこ」を意味する言葉であり、一定の資金を元手にして、更に高額のお金を動かすシステムであると考えてください。
FX・信用取引・先物取引の3種類があり、また仮想通貨の場合はボラティリティと呼ばれる指標があります。
このボラティリティとは、価格がどれだけ変動しやすいかを示す言葉で、仮想通貨は常に価格が変動しやすくなっており、システム自体は非常に優れていますが、価格はまだまだ不安定です。

世界情勢や取引所の動向次第で、仮想通貨の値段は大きく変わる可能性はいつでも潜んでいるので、BitMEXでレバレッジ倍率をかけた取引を行うのであればリスク管理をしっかりと行いましょう
円やドルなどの法定通貨を元手にしたFXや投資もリスク管理が必要ですが、値動きが激しく法整備も十分ではない仮想通貨の場合はそれ以上に気を配ることが大事です。

小額から始められて初心者にも優しい

レバレッジ取引に自信がない人でも、少額から選択できることがメリットの一つでしょう。日本ではGMOコインでかけられる25倍の倍率が最高となっており、それに比べるとBitMEXは4倍もの数字を誇ります。
最大で100倍にまで選択取引の設定をかけることができますが、こちらは経験者向けです。
投資はもちろんのこと、FXやレバレッジなどの高額なお金を取り扱う取引は、プロでも予測が難しいものです。初心者が始める場合、高くても5倍から10倍にまで留めた方が無難です。

また、ビットコイン以外のアルトコインでもFXや信用取引を行うことが可能なことも、日本の取引所では見られない大きなメリットでしょう。

追証なしで余計な損害を回避できる

そしてBitMEXは、レバレッジの取引の際に生じる追証が存在しないことも大きなメリットです。
追証とは、取引で起きた損失に対して支払うべき追加の証拠金のことです。
通常、信用取引では担保を元にお金や株式を借りることができるので、担保率を維持しなければいけません。この担保率が一定を下回った場合、決められた期日までに追加を支払う必要があり、このお金が追加保証金と呼ばれて「追証」と略されます。

基本的には、追証が発生した後で担保率が上がっても、追証が自然に解消されることはないので、それこそが信用取引には大きなリスク管理が必要となる理由です。ですが、BitMEXの場合はレバレッジ取引に追証が存在しないので、相場が一気に変わっても証拠金の損失だけで済むので、余計な損害が起きることはありません。

BitMEX内の独自通貨XBT

その理由は、BitMEX内ではXBTと呼ばれる取引所のみで利用される独自の通貨によって、仮想通貨の取引が行われています。
何かトラブルがあってもBitMEX内での処理によって資産はマイナスになることはなく、ゼロになればそれだけでロスカット処理が可能となっているのです。
もちろん、証拠金を失うことに変わりはないので、安易に高額のレバレッジ取引を行うのは危険なので絶対にやめましょう。

先述した通り投資はプロでも先を予測することが難しく、全て自己責任の世界です。
追証がないことはメリットですが、全ての損害をゼロにすることはどうしても不可能なので、レバレッジ取引を行う際は資産に余裕を持たせてから始めましょう。

アクセスしやすく取引もスムーズ

仮想通貨の取引所は膨大な量のデータを読み込まなければいけないので、その分だけ動作も自然に重くなります。動作が重くなると、仮想通貨の売買が困難になって、また大量のアクセスが起きた際に取引が遅れてしまうでしょう。
しかしBitMEXはその課題を解消して、スムーズに仮想通貨の取引ができるようになっています。

レバレッジの倍率の高さに加えて、取引所のアクセスしやすさもまたBitMEXの大きな利点です。レビューでもBitMEXの軽さを絶賛する人は多く、日本だけでなく世界規模で評価されている取引所と言えるでしょう。

メイカー手数料とテイカー手数料

BitMEXは手数料が安く、他の仮想通貨取引所と比べても非常にお得です。資金を調達するための手数料が1%に満たないので、大量の手数料を支払う必要はないこともメリットの一つです。

メイカー手数料(新しく行った注文が成立した際にかかる手数料)がゼロであり、むしろこちらが貰えることになるのです。
割合は0.025%ですが、収入を得られることになるのは大きなプラスと言えるでしょう。一方でテイカー手数料(既にある注文を取った際にかかる手数料)は0.075%と少し高めですが、トレードのタイミングを見極めれば利益が得られます。

テイカー手数料が無料でないことはデメリットですが、メイカー手数料はマイナス手数料であることがメリットです。どちらの取引を行うにしても、まずは自分の総資産をきちんと把握して、無理のない範囲で進めていくことをおすすめします。

強固なセキュリティ

仮想通貨を扱う上で重要視すべきことの一つがセキュリティです。
仮想通貨は国を越えた送金や決済で大きな活躍が期待されて、またブロックチェーンなどのデータ保管の技術によって世界規模で活躍するようになりました。その分だけハッキングの標的になりやすく、CoinCheck(コインチェック)やBithumb(ビッサム)などの大手取引所が被害に遭う度に仮想通貨の価格が暴落しています。

2018年の時点でBitMEXはハッキングの被害に遭った報告はありません。
またインターネットと繋がっていないコールドウォレットと呼ばれるウォレットにデータを保存しており、ハッキングで盗まれたことはありません。他にも従業員によるダブルチェックを行っており、複数の承認があって初めて出金が認められるようになります。

仮想通貨取引所では欠かせない二段階認証も取り入れているので、ぜひとも利用してみましょう。
もちろん、取引所だけでなく自分でウォレットを用意して仮想通貨を保管することも大事です。仮想通貨は自分で守ることが大事という意識を持ちながら、取引所とウォレットを上手に使い分けていきましょう。

レバレッジの高さはデメリットにもなる

BitMEXはレバレッジの倍率の高さこそが最大のメリットですが、逆を言えばそれだけ資産を失うリスクが高くなるということです。
自分の予想が外れて大損をすることになっても、全てが自己責任になることを忘れてはいけません。
また、アルトコインのFXを行う場合は最大で20倍程度です。
もちろん、充分に高い数値と言えますが、ビットコインほどの高レバレッジ取引はできないと考えてください。

そしてBitMEXはセキュリティに力を入れていますが、その影響で一日の出金が一度しか行われないことが大きなデメリットともいえるでしょう。
一日一回の出金でトラブルを避けてくれますが、緊急の出金が必要な場合は別の取引所を扱いましょう。

BitMEXは様々なシステムが整っており、また日本語対応をしてくれるので外国語が苦手な人でも扱いやすいのが魅力です。
セキュリティに優れていて、また高額の取引を行うことが可能。高額のレートを取り扱うので、仮想通貨の経験を積んでから口座を開設することがおすすめです。

BitMEX(ビットメックス)の取扱通貨は?

BitMEXで取り扱う仮想通貨の種類についても知ってみましょう。取引所によって取り扱い通貨は異なるので、口座を開設する前にきちんと把握することも必要です。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)はもちろんのこと、ダッシュ(DASH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)も上場しております。
他にはリップル(Ripple/XRP)のような決済の手段として期待されているアルトコインもあれば、CardanoADA(カルダノ)と呼ばれるオンラインカジノやゲームの作成に必要なプラットフォームとなる仮想通貨もあります。

海外の取引所中では比較的取り扱い通貨の種類は少ない方です。BitMEX自体の知名度はまだまだ広いとは言えませんが、今後の実績次第で上場される通貨も増えていくでしょう。
レバレッジの倍率とセキュリティの高さが魅力なので、それを評価する声が増えれば取扱通貨も増えていきます。

BitMEX(ビットメックス)の口座開設方法は?

ZaifやDMM Bitcoin、そしてBITPointのような国内の取引所に登録するには本人確認や書類の受け取りからの審査によってどうしても時間がかかってしまいます。
しかし、BitMEXの場合はメールアドレスと自分の名前さえ用意すれば、たった数分で口座の開設が可能です。
そのため、口座開設までの流れも非常にお手軽なことも、大きなメリットと言えるでしょう。

まずはBitMEXの公式サイトにアクセスしましょう。右上にある日本国旗のマークをクリックすれば日本語に変換されます。

アカウント作成の画面に入ったら、必要な情報をすべて入力しましょう。
普段使っているメールアドレスと、アカウントにログインするパスワードを入力してください。
この時、メールアドレスとパスワードは誰かに奪われないようにきちんと管理しましょう。
特にパスワードはアカウントを守る大事な鍵の一つでもあるので、絶対に特定されない組み合わせにして、なおかつメモに残すことをおすすめします。

そしてサービスの利用規約も確認した上でBitMEXを利用しましょう。
定義・アクセス条件・知的財産権・プライバシーポリシーやデータ保護など、BitMEXが定めたルールは多いです。
取引所で仮想通貨を購入したり、またレバレッジ取引を行いたいのであれば全て理解した上で同意する必要があります。

また、年齢にも規約があることも確認しましょう。18歳以上であることが条件で、またBitMEXの規約を理解および許容する能力があることが条件です。
また、資金は合法的であることも理解して、BitMEXのサービスによって取引口座からあらゆる資金を失うリスクがあることも合意するべきです。

BitMEXのサービスはとても充実していますが、最終的に投資や仮想通貨の購入は自分の意志で行うという認識が必要です。
予想外のトラブルが起きて、仮想通貨自体の値段が暴落して自分が大損することになっても、それは自己責任と考えましょう。

厳しいことを言いますが、少しのリスクも許容できないのであれば、BitMEXに限らずあらゆる仮想通貨の取引所を利用はおすすめしません。まずは資金に余裕を持たせることが最優先です。

登録が完了すると、BitMEXからメールアドレスが届きます。開いたメールから『メールを検証』をクリックして、リダイレクトが完了すればアカウントが作成されるので、手順はとても簡単です。
アカウント作成を完了したら、上記の『アカウント』をクリックしてから『マイアカウント』のページに入り、二段階認証の設定をしてください。2段階認証を有効化をクリックして『Google Authenticator』を選びましょう。

表示されているコードを保管して、QRコードを読み取れば、自分のスマホアプリに6桁の数字が表示されます。この数字はリアルタイムで変わるパスワードなので、アカウントの保護に非常に役立ちます。

この時、QRコードの上に表示された『Google 認証コード』は必ず保管しましょう。
このコードはスマホの変更や紛失した時の備えであり、このコードを無くしてはアカウントのロック解除が困難になります。
以上の手順を守って、BitMEXを利用しましょう。

ハイリスク・ハイリターンな取引が可能なBitMEX

仮想通貨の取り扱いに慣れてくると、もっと大きな倍率で取引を行いたくなるでしょう。そんな人のためには日本語対応もできるBitMEXがおすすめですが、いきなり100倍という大きな数値で挑戦するのはリスクが高いです。
30倍、40倍と少しずつ段階を上げて、そこから取引の経験を積んでいきましょう。
現在は取り扱い通貨の種類はそれほど多くありませんが、今後は増えていく可能性があります。
近年は仮想通貨の技術も徐々に進歩しており、また世界規模で決済や取引にも利用されています。そのため、国内に限らず海外の取引所を利用する企業も増えていくでしょう。
BitMEXはセキュリティにも優れているので、自分の仮想通貨も安心して守ることができるでしょう。興味があれば、日本の仮想通貨取引所と合わせてBitMEXの登録もしてみましょう。日本で仮想通貨を購入して、それをBitMEXに送金すれば取引ができるので、まずはコツコツと経験を積むことが第一です。

PAGE TOP