BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)でAPIキーを取得する方法は?

仮想通貨の便利な売買を行うには、「API」の利用が1つのポイントになることがあります。
しかしAPIを日々の取引に利用している人は決して多くないため、その存在すら知らない人もいるかもしれません。

こちらでは取引所「BITPoint(ビットポイント)」に焦点をしぼって、APIキーの取得方法などを紹介していきます。
通常の取引以上の利益を生み出したいと考えているユーザーの方々は、この機にAPIに関する基本をチェックしてみてはいかがでしょうか。

仮想通貨取引所のメリットを活かすためには、APIの有効利用は必要なものとなります。
ぜひAPIの利用方法を確認して、取引所が有する機能を存分に使いこなしてみましょう。

BITPoint(ビットポイント)について詳しくはこちら

そもそもAPIってなに?まずは基本を確認しよう!

APIとは

APIとは「Application Programming Interface」の略称で、プログラミングなどで利用される言葉です。
取引所などが公開しているAPIを利用することで、ユーザーはソフトの機能を簡単に共有することができるようになります。

APIは主にプログラムへの命令や独自のルールに基づいた動きを実行することができ、人の手を借りないまま多くのシステムを稼働することが可能です。
アプリケーションへの応用も可能となるため、取引所の公開しているAPIを活用してさまざまなサービスを作成することもできるでしょう。

通常の売買をしている場合、あまりAPIに馴染みはないかもしれません。
しかしAPIがあるからこそ、仮想通貨にまつわるサービスやツールはどんどん便利なものになっているのです。

この機にAPIの有用性をチェックしておけば、いずれ毎日の売買でもAPIを利用することができるようになるかもしれませんね。

どんな使い道があるのか

仮想通貨の取引所が公開しているAPIには、さまざまな使い道が考えられます。
特に取引の自動売買が行える点は魅力的で、多くのユーザーにとってメリットとなるでしょう。

仕事をしながら仮想通貨取引をしている場合などは、APIを用いた自動売買を使うことでより効率的なトレードが行えます。
あまり取引に時間をかけられないという人にとって、APIは非常に優秀なシステムになるかもしれません。

また取引所の公開しているAPIによっては、既存のアプリとの連携なども行えます。
資産管理がしやすくなるなどのメリットもあるので、APIの使い道で利用する取引所を選ぶのもいいでしょう。

 

 

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)でAPIキーを取得する方法とは?簡単な流れを確認

公式サイトから確認可能

BITPointでAPIを利用するには、まずAPIキーを入手する必要があります。
APIキーはBITPointの公式サイトの一番下にある「API」をクリックすることで、取得ページに移動可能です。

「BITPoint Exchange API Document」というページに飛ぶことができたら、「Authentication」をチェックします。
AuthenticationにはAPIキーの取得方法が記載されているので、その通りに作業を行いましょう。

記載されているログインAPIとは、画面左側にある「API」の「ログイン」から確認できます。
こちらでトークン情報を発行し、「access_token=APIキー」という形に設定を行ってください。

 

 

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)で公開されているAPIとはどんなもの?主な内容をチェックしてみよう

BITPoint Exchange API

BITPoint Exchange APIは、仮想通貨の取引及び価格情報の取得などを利用することができるAPIです。
BITPointの基本的なAPIとなっているので、自動売買への応用などに利用してみてください。

先に紹介した「BITPoint Exchange API Document」のなかで、「Overview」「API」「Objects」「Errors」といった項目に分かれています。
APIのこまかな情報を検索できるため、利用方法に迷ったときはチェックしてみるといいでしょう。

特にエラー内容が番号ごとに閲覧できるのは便利で、利用中に思わぬエラーに出会ったときも対処しやすいです。
APIを使って新たなシステム構築する際は、詳細を気軽に確認できるBITPoint Exchange APIを使ってみるといいですね。

高頻度取引(HFT)

BITPointは2017年4月より、高頻度取引(HFT)をAPIとして発表しています。
HFTとはハイ・フリークエンシー・トレーディングの略称であり、高精度の自動売買などを行う仮想通貨取引APIです。

ユーザ―が自由にレイテンシー(データを転送してからリクエストがあるまでの遅延時間)の設定変更ができるなど、さまざまなメリットがあります。
より充実した取引を行いたいユーザーに向けられたプログラムとして、必須のAPI環境になるかもしれません。

HFTの利用には、BITPointとAPI利用契約を結ぶ必要があります。
一般向けのAPIであるBITPoint Exchange APIで満足できない場合は、高度なシステムが魅力的であるHFTを利用してみるといいでしょう。

HFTでは、主な公開APIとして現物取引とレバレッジ取引を用意しています。
自動売買における基本的なラインナップは網羅しているので、充実した利用が行えるでしょう。

 

 

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)でAPIを使う際の注意点は?後から困らないように気をつけよう

BITPoint(ビットポイント)への技術的な質問はできない

BITPointのAPIであるBITPoint Exchange API Documentの内容、プログラム等に関する質問などは、基本的にカスタマーサポートの対象外となります。
そのためわからないことや不明な点が見つかっても、すべて自分の力で解決する必要があるでしょう。

APIは特殊な技術であるため、プログラムに関する専門的な知識が必要となる場合もあります。
一般ユーザーがいきなり独学でBITPoint Exchange API Documentを利用するのは、やや難しい面があるかもしれません。

取引所が提供するAPIであるため、関連するサポートを受けられると思われがちですが、現在BITPointはその点に関してはノータッチとなっているのは意外ですね。
API初心者はその点をあらかじめ注意して、BITPoint Exchange API Documentを利用するようにしましょう。

大手取引所と比べて事例が少ない

BITPointは他の大手取引所と比べて、積極的にAPIの情報を公開している印象がありません。
そのためAPIに関する事例が少なく、利用時には自らAPIを使いながらその詳細を確かめていく必要があるでしょう。

bitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)といった大手取引所では、APIに関する情報をかなり詳しく公開しています。
それらと比べるとどうしても、BITPointは見劣りすることになるかもしれません。

しかしBITPointは高性能トレーダーである「MT4」が利用できるため、その分のデメリットを補うことができています。
気軽に高度な売買を行うのなら、EAを用いた自動売買プログラムなどを実行できるMT4を利用してみるといいでしょう。

 

仮想通貨取引所BITPoint(ビットポイント)のAPI。日々の取引を大きく変えるかも?

BITPoint(ビットポイント)をはじめとした仮想通貨取引所では、続々とAPIが公開され始めています。
日々の取引を一歩先に推し進めるきっかけになるため、ぜひこの機会にAPIの魅力を確認しておきましょう。

仮想通貨取引において実際にAPIが本格化するのは、まだもう少し先のことかもしれません。
しかしだからこそ今のうちにその基本を確認して、ある程度利用できるようになっておくことをおすすめします。

APIがもたらすメリットは、仮想通貨のトレードを行う多くのユーザーにとってプラスとなる可能性を秘めているのです。
今後はAPIを上手に利用することが、仮想通貨取引における1つのコツになっていくかもしれませんね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP