BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

BITPoint(ビットポイント)で入出金をするには?詳しい方法や注意点を解説!

仮想通貨取引所を利用する場合、日本円の入出金方法は欠かさずチェックしておく必要があります。特に利益を重視したトレードのチャンスを逃したくない場合は、早めに入出金に関する詳細や注意点を知って、すぐ取引に移れるような準備を行っておくことが重要です。

こちらでは利便性の高い取引所「BITPoint(ビットポイント)」での入出金方法を確認していくので、今後BITPoint(ビットポイント)を利用する予定がある人はぜひ参考にしてみてください。

BITPoint(ビットポイント)での快適な売買を体験するためにも、入出金に関する情報をまとめて確認するのがおすすめです。

BITPoint(ビットポイント)について詳しくはこちら

BITPoint(ビットポイント)で日本円を入金する方法とは?入金の種類ごとにチェック

銀行口座からの振り込み方法

BITPointでは、銀行口座からの振り込みによる入金に対応しています。指定された口座に振り込むだけで取引所のデータに反映されるので、最初はこちらの入金方法を試してみましょう。

BITPointは2018年3月から「お客様専用入金口座サービス」を開始したことで、通常の銀行振り込みよりも入金の反映時間が短くなっています。ユーザーごとに違う口座を割り当てることが、スムーズな入金の実現につながっているのでしょう。

自分専用の入金口座はBITPointにログイン後、「入出金・振替」から「入金先口座情報」を参照することで確認可能です。こちらで銀行名、本支店名、口座種別、口座番号、口座名義をチェックし、自身の銀行口座から振り込みを行いましょう。

銀行営業日の9時から15時の間であれば、入金の結果が取引所の口座に即反映されます。スムーズに取引に移ることができるので、BITPoint自慢のシステムをすぐにでも利用することができるでしょう。

またBITPointはジャパンネット銀行のソリューションを利用しているため、ジャパンネット銀行からの入金には土日を含めた24時間対応を行っています。平日は忙しくて振り込みを行えないという人は、ジャパンネット銀行の利用がおすすめです。

即時入金でスピーディな取引を実現

BITPointには、通常の銀行振り込みの他に「即時入金」と呼ばれる入金方法があります。いつでも好きなタイミングで入金を反映させることができるので、日中時間を取れない人におすすめしたい入金方法です。

BITPointへの即時入金を利用できるのは、イオン銀行とジャパンネット銀行の2つのみとなっています。いずれかの口座を取得している場合は、即時入金で日本円を取引所に移してみましょう。

即時入金を行うには、ログイン後「入出金・振替」から「即時入金」を選択し、必要な情報を入力してください。金融機関、入金金額を入力して確認し、即時入金手続きへ進むと各金融機関のサイトに移動します。

金融機関のサイトに示される通りに手続きを行えば、入金作業は完了です。入金後はBITPointの「入出金履歴」で、即時入金がきちんと行われたかどうか確認することも忘れないでください。

入金にかかる手数料は?

仮想通貨取引所への入金には、多くの場合手数料が発生します。BITPointも銀行振り込みを利用する場合は、ユーザーが銀行での振り込み手数料を負担しなければなりません。

複数回振り込みを実行するとそれだけ手数料の負担が増すことになるので、取引に利用する日本円はなるべくまとめて送金するようにしましょう。

一方で即時入金はBITPointが手数料を負担してくれるため、ユーザーは無料で利用することができます。

イオン銀行かジャパンネット銀行を持っている場合は、手数料を節約する目的で即時入金を使ってみるといいでしょう。BITPointは基本的に日本円の入金反映が早いため、手数料が利用時の大きなポイントになります。

自分がどれくらいの頻度で入金を行うのか、どんなタイミングで入金をするのかシミュレートして、1番良い方法を選定してみましょう。

 

 

BITPoint(ビットポイント)からの出金方法は?いつでも日本円を引き出せるようにしておこう

BITPoint(ビットポイント)に預けた日本円を出金するには?

BITPointに預けた日本円は、いつでも自分の好きなときに出金申請を行うことができます。自身の銀行口座に出金を行いたいときは、メニューの「入出金・振替」をクリックし、「出金依頼」を選択しましょう。

すると振込先の口座情報と出金依頼画面が表示されます。振込先の口座に間違いがないことを確認したら、出金額を入力して確認画面に移行しましょう。

出金の金額に上限はなく、「全額指定」を選択すれば預けている日本円すべてを簡単に引き出すことが可能です。もちろん金額を指定して引き出すことも可能なので、取引に不要なお金だけを引き上げてしまうのもいいでしょう。

またBITPointでの出金には、二段階認証を設定することができます。安全な出金を行うためにも、あらかじめアカウントをメールや電話番号に紐づけておくといいでしょう。

二段階認証の設定はログイン後「ユーザー設定」から「共有」を選択し、「二段階認証」をチェックします。以後は出金の度に二段階認証が適用されるので、セキュリティの高い状態で出金を行えるでしょう。

BITPoint(ビットポイント)からの出金にかかる手数料や時間は?

BITPointでの出金時には、銀行振り込みの際に必要となる手数料を支払わなければなりません。手数料は出金予定額から差し引かれるので、あらかじめ承知しておく必要があるでしょう。

しかし銀行振り込みにかかる費用以外を取引所に支払う必要はないので、他の取引所と比べると比較的負担の少ない出金が行えます。預けたお金を気楽に引き出せるという安心感は、BITPointでの取引を快適なものとするでしょう。

BITPointの出金依頼では、16時までの申請を当日分として、それ以降の依頼は翌日分として処理がされます。出金にはだいたい2日ほどの時間を要するので、あらかじめ出金までの時間を見積もっておくといいでしょう。

出金依頼を行った日が祝日であった場合、翌営業日から数えた2営業日目が出金予定日となるので注意が必要です。

 

 

BITPoint(ビットポイント)で入出金を行う際の注意点は?あらかじめ知っておくことでミスをなくそう

入金を行う口座は必ず自分名義のものを使う

BITPointへの入金を行う際には、必ず登録した名前と同名義の銀行口座を利用する必要があります。自身の名前と違う口座からの入金は、正常にアカウントに反映されないので気をつけましょう。

登録口座はメニューの「口座管理」から変更を行うことができるので、必要な場合はあらかじめ自分名義のものに変えておいてください。第三者の名義を使うことは、セキュリティの問題を考慮してもおすすめできません。

BITPointで仮想通貨の取引を行うのなら、自分名義の専用口座を1つ作っておくといいでしょう。新規で口座を開設するのなら、BITPointの即時入金に対応しているイオン銀行やジャパンネット銀行が推奨されます。

入出金を後から取り消すことは可能?

BITPointでは即時に入金結果が取引口座に反映されてしまうため、基本的に入金確定後の取り消しはできません。もし誤った入金をしてしまった場合は、改めて出金を行うようにしましょう。

一方で出金の場合は、依頼日の16時まで(16時以降の依頼の場合は翌日の16時まで)に申告すれば出金を取り消すことが可能です。出金を取り消すのならBITPointのホームページから「お問合わせ」をクリックし、「フォームからのお問い合わせ」と「入出金・受金送金・振替・両替について」を選択します。

後は必要な項目を入力するだけで、BITPointが出金の取り消し処理を行ってくれるでしょう。もし出金額を間違えた、別の口座への出金を行いたいという場合は、上記の手順から出金の取り消しを行ってください。

BITPoint(ビットポイント)の入出金は簡単!今すぐにでも実行してみよう

BITPoint(ビットポイント)における日本円の入出金は、ご紹介した通りとても簡単なものとなっています。仮想通貨取引所にお金を預けるのが不安だという人も、こちらの内容を参考にして入出金を実行してみてはいかがでしょうか。

手数料の安さや口座へのスピーディな反映は、BITPoint(ビットポイント)の持つ大きなメリットです。スムーズに仮想通貨取引を行うためにも、ぜひ入出金の利点を活用していきましょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP