BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

BitTrade(ビットトレード)の特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法は?高水準の取引環境が魅力!

BitTrade(ビットトレード)は2016年に設立され、2017年に金融庁の登録を受けた国内の仮想通貨取引所です。

FX業界の老舗が運営している点や、リップルやモナコインなど人気のアルトコインを板取引できる点が魅力です。

この記事では、ビットトレードの特徴、メリット、口座開設手順などについて、ご説明します。

目次

2016年設立の取引所BitTrade(ビットトレード)の特徴は?

ビットトレードは、2016年9月12日に、東京都港区を拠点として設立された仮想通貨取引所です。

設立から1年後の2017年9月に金融庁の登録を受けており、仮想通貨交換業の適性な実施と利用者の保護を目的とする団体「日本仮想通貨事業者協会」での正会員でもあります。

資本金は1億1百万円(準備金を含む)で、人気バラエティタレントの小島瑠璃子さんをイメージキャラクターに起用しています。

また、ビットトレードを運営しているビットトレード株式会社は、FX取引システムを提供していたFXトレード・フィナンシャル(FXTF)の関連会社であり、金融会社の運営に対する知識は十分に備わっていることでしょう。

2018年5月22日には、経営権をシンガポール企業に譲渡することを発表。

経営陣やサービス内容には変更ありません。今後は、譲渡先企業の資金力を背景に、さらなるセキュリティ強化とサービス拡大をすすめていく計画です。

堅牢なセキュリティ対策

ビットトレードでは、取引所で取り扱うすべての種類の仮想通貨に、マルチシグ(複数人署名)によるホットウォレットとコールドウォレットの管理体制を構築しています。

また、ビットトレードは、Googleが提供するスパム・ボット防止認証システム「Invisible reCAPTCHA」を導入しています。最新版は自動でセキュリティ認証が行われますので、読みにくい変形文字の判読による認証がなくなり、安心・安全、スピーディに取引を行うことができます。

初めてでも迷わず利用できる完全スマホ対応の取引ツール

ビットトレードにスマホ・タブレット用アプリはありませんが、スマホのホーム画面にビットトレードのトップ画面を追加しておくことで、スマホからも簡単にアクセスすることができます。

スマホの画面でもビットトレードの使いやすいインターフェースに変化はないため、チャートのチェックにも利用でき、その日その時の価格を即座に確認することも可能。本格的なトレードがスマホで実現します。

外出する機会が多い人や、日中は仕事や家事で忙しい人にとっては、ビットトレードのスマホ完全対応はありがたい機能となるでしょう。

すべてのアルトコインが板注文できる点が魅力。BitTrade(ビットトレード)に登録するメリットは?

すべてのコインが板注文できる

ビットトレードでは、取扱のあるすべてのコインの板注文が可能です。

チャートを常に見ていなくても買いたい値段や売りたい値段で予め注文予約できるので、トレードする時間がない人や、いちいちチャートを確認するのが面倒だという人、相場のトレンドで精神を消耗したくない人にもおすすめです。

仮想通貨取引所BitTrade(ビットトレード)が選ばれる3つの特徴とは?

ワンコインから取引OK!

ビットコインの価格に関するニュースなどを見ると数十万から百万以上しますよね。2017年年末には200万円を突破したことも。

「高くて手が出せない!」と感じている方もいらっしゃるかもしれませんが、ニュース等でみなさんが見ているのは“1ビットコインの価格”なのです。

ビットコインは分割して取引できる性質があり、実際は“0.0001ビットコイン”から購入できるので、500円からでも取引をはじめられます。

また、ビットトレードではビットコイン以外にも話題のコイン「リップル(XRP)」や「モナコイン(MONA)」の取扱もあります。特徴や価格もさまざまで、指定した価格での予約注文ができますので、ぜひ一度ビットトレードをご確認ください。

LINE公式アカウントでお得なキャンペーン情報やレート配信をゲット

2018年1月、ビットトレードはLINE公式アカウントをスタート。

利用者の口コミをみてみると「コインの価格がプッシュ通知で送られてくるので価格の把握に便利」、「旬の話題についてのレポートが重宝できる」など好評です。

ビットトレードのLINEアカウントは、こちらの「友達追加」ボタンから登録するか、QRコード読み込みでも登録ができます。

ビットトレードのLINEでは、お得なキャンペーン情報や最新情報、レート配信など、さまざまなコンテンツが発信されます。

また、毎日のチャート分析やマーケット解説もあります。ホーム画面からは過去記事も確認できます。

なお、LINEの「トーク」でメッセージを送信しても個別の返信には対応していないため、お問合せ等は従来どおりカスタマーサポートに連絡しましょう。

BitTrade(ビットトレード)はどんな人におすすめ?

ビットトレードはセキュリティ対策を万全に行っており「安心して仮想通貨取引を行いたい」という人には特におすすめです。

また、世界中のFXトレーダーに人気の取引ツールMT4を利用可能で、2018年1月からは過去のチャートデータも取得できるようになりました。対象仮想通貨ペアはBTC/JPY(ビットコイン/円)・XRP/JPY(リップル/円)・MONA/JPY(モナーコイン/円)・BCC/JPY(ビットコインキャッシュ/円)の4種類です。高性能チャート機能を使って高度なテクニカル分析をトレードに活かしたいという方にも、ビットトレードはおすすめです。

ただ、ビットトレードでのビットコイン売買取引手数料は「0.2%」と他の取引所と比較して高く設定されています。

ビットコイン取引高国内ナンバーワンの取引所ビットフライヤーの手数料をみると「0.01〜0.15%」で設定されており、その差は最大で20倍にもなります。

BitTrade(ビットトレード)の取り扱い通貨は?

2018年6月現在、ビットトレードで取引できる通貨は次の6種類です。

  • ビットコイン(BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • モナコイン(MONA)

BitTrade(ビットトレード)で取引時に必要な手数料は?

ビットトレードの口座開設費用と口座維持費用は、他の取引所同様「無料」です。

売買取引と入出金には、規定の手数料がかかります。

手数料は予告なく変更することがありますので、ビットトレード公式サイトの手数料についてで最新の手数料を確認するようにしましょう。

BitTrade(ビットトレード)の登録方法は?

ビットトレードヘの登録は非常に簡単で、「口座開設(メールアドレスの登録)」と「本人確認情報の入力」の2ステップで完了します。

ただし、審査完了のハガキが郵送されるまでは数日かかる点はご注意ください。
ここからは、登録手順をステップ1とステップ2に分けて、見ていきましょう。

ステップ1:口座開設(メールアドレスの登録)

①公式サイトの【新規会員登録】画面にてメールアドレスを入力して、登録ボタンをクリックしてください。 この時、reCAPTCHAにチェックを入れて下さい。

②ビットトレードから仮登録メールが送られてくるので、メール本文内のリンクをクリックしてください。

③利用規約、取引ルール、リスク事項に同意いただいた後、チェックボックスにチェックをいれ、利用開始ボタンをクリックしてください。

以上で口座登録は完了ですが、まだ取引はできません。
取引所にログイン後、本人確認情報の入力に進んでください。

ステップ2:本人確認情報の入力

①ビットトレードにログイン後、「登録情報」から「基本情報の登録」をクリック

②基本情報(氏名、生年月日、住所)を入力
③本人確認書類をWebからアップロード
④郵送されてくるハガキを受け取る

以上で、取引前の登録作業は終了です。

二段階認証の設定は必ず行いましょう

ビットトレードでは、セキュリティをより強固なものにするため、「二段階認証」「SMS認証」と2つのセキュリティが用意されています。必ずどちらも設定しておきましょう。

リップルやモナコインも扱う!BitTrade(ビットトレード)の登録と口座開設の方法

本格FXトレードができるツールも人気!MT4とは?

MT4は、ロシアのソフトウェア会社が開発したカスタマイズ性に優れたFX取引ツールです。日本のFXトレーダーを世界基準に引き上げる可能性を秘めており、誰でも無料で利用することができます。

BitTrade(ビットトレード)で取引する方法は?

まずは入金!入金方法に関するあれこれ

日本の入金は、銀行振込のみ受け付けています。

クイック入金は取り扱いがありませんが、公式サイトには「今後導入する予定がある」旨が記載されています。

振込限度額はなく、反映タイミングは銀行営業日の午前と午後に1回ずつあります(時間は定まっていません)。

なお、営業時間外に振り込んだ場合は、翌銀行営業日での反映となります。

BitTrade(ビットトレード)への入金手順は?

①ビットトレードにログイン後、画面右上のメニューから、「入出金」を選択。
② 入出金画面より、日本円の右側にある「入出金」ボタンをクリックし、振込用口座を確認。
③お客様がご利用の銀行・ATMから該当の銀行口座と振込額を指定し、振込を行う。
④入金が完了すると、登録メールアドレスに入金完了の旨が通知されます。
⑤ビットトレードに再度ログインして、日本円入金が完了したことをご確認ください。

BitTrade(ビットトレード)から出金するには?

出金は1,000円以上から可能で、出金手数料は税込648円です。

通常1日1回午前9時前までに出金依頼を受領します。
午前9時以降に行った出金申請は翌銀行営業日の受領となり、出金日プラス1銀行営業日かかります。
土日祝日等銀行営業日でない場合、出金依頼の受領は翌銀行営業日となります。

①ビットトレードにログイン後、画面右上のメニューから、「入出金」を選択。
②入出金画面より、日本円の右側にある「入出金」ボタンをクリック。
③「出金」タブをクリックし、出金先の銀行口座を選択し、出金額を指定。
④出金内容を確認し、出金指図を行なって下さい。
⑤登録メールアドレスへ出金申請確認の送られてきます。
⑥メール本文内のリンクをクリックすると、登録した銀行口座へ振込処理が開始されます。

BitTrade(ビットトレード)から送金(引出し)する方法は?

BitTrade(ビットトレード)から別のウォレットへ送金するには?

①ビットトレードにログイン後、画面右上のメニューから、「入出金」を選択します。
②入出金画面より、送金したい仮想通貨の右側にある「入出金」ボタンをクリックします。
③引出タブをクリックし、引出先のアドレスを選択します。 ※引出先アドレスが未登録の場合、追加ボタンを押してアドレスを登録してください。
④送金額を指定し、「引出内容を確認」をクリックすると、引出内容が表示されます。
⑤引出内容を確認し、引出指図を行なって下さい。
⑥登録メールアドレスへ出金申請確認の旨が送られます。
⑦メール本文内のリンクをクリックすると、指定のアドレスへの送付処理が開始されます。

BitTrade(ビットトレード)で仮想通貨を受け取るには?

ビットトレードにログイン後、「入出金」メニュー の対象仮想通貨(コイン)の「入出金」画面を開き、「預入」タブから預入手続きを行います。



BitTrade(ビットトレード)の口コミは?

ビットトレードの口コミを見ると「金融庁登録済みで安心できる」「運営がFX業界老舗によるものなので安心できる」と信頼性を評価する声が多く見られる一方、「ビットコインの売買手数料が高い」「初心者に人気のビットコインが安く買えない点は、初心者向きではないかも…」との声も見られました。

BitTrade(ビットトレード)と言えばMT4は外せない!

以上、BitTrade(ビットトレード)について見てきました。

アルトコインの板取引がしたい人や、MT4を使った本格的なトレードをしたい人に向いている取引所だということがお分かりいただけたかと思います。

2018年5月には、外国企業に経営権を譲渡する発表もありました。今後、新たなサービスが展開されていくことに期待しましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
ちなねず

ちなねず

熊本在住のフリーライター。2017年12月から仮想通貨投資を始めました。

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial