BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

BitTrade(ビットトレード)の本格FXトレードツール「MT4」!詳しい使い方は?

世界中の金融トレーダーから愛用されているトレーダーツールである「MT4」。このMT4はFXやCFDのトレードに活用されているほか、テクニカル分析ツールを豊富に取り揃えている高機能のチャートツールです。

BitTrade(ビットトレード)は、国内でこのMT4を仮想通貨の取引に使える数少ない取引所です。

しかし、仮想通貨のトレーダーのなかには「MT4って何?」という方もいるでしょう。ここでは、そんなMT4初心者のためにMT4の特徴や使い方などについて解説します。MT4を活用することで、より詳細な仮想通貨の分析を行えるようになるので、ぜひチェックしてみてください。

FXトレードツールMT4とは?

「MT4」とは「メタトレーダー4」の略です。このMT4はロシアのメタクオーツ社が提供しているチャート分析ツールで、FXなどの金融商品のトレーディングにおいて、世界中の多くのトレーダーから高い信頼と評価を得てきました。

仮想通貨の取引での利用はBitTrade(ビットトレード)やビットポイントといったごく少数の取引所に限られますが、それ以外の金融商品の取引においても、楽天証券やFXトレード・フィナンシャルといった数社のみが導入しているぐらいなので、日本でのMT4普及率はまだまだと言えます。

なお、MT4を取り扱っている数少ない金融取引会社の1つであるFXトレード・フィナンシャルは、BitTrade(ビットトレード)の関連会社です。日本で取り扱われていることが少ないことから、MT4は玄人向けの分析ツールといった印象を受けてしまいますが、実際は、金融トレーディングの初心者から上級者まで幅広く使えるようにデザインされています。

FXトレードツールMT4の使い方

このMT4は世界中のトレーダーがチャート分析に利用しているだけあって、その使い方も豊富なバリエーションがあります。使い方が分かってくれば、その後は自分が使いやすいように自由にカスタマイズすることも可能です。

しかし、何事も基本が肝心ですので、ここではMT4のチャートの表示の方法や取引のやり方といった基本的な操作を紹介したいと思います。

チャートの表示方法と切り替え方

MT4でチャートを開くには、「通貨ペア」の一覧の中から「気配値表示」のウィンドウをクリックして、希望する通貨ペアを右クリックして「チャート」を選択すれば表示されます。

右クリックしなくても、通貨ペアをドロップ&ドラッグするだけで開くことでき、すでに別の通貨ペアのチャートを開いているときは、ドロップ&ドラッグすることで表示する通貨ペアを切り替えることができます。

MT4では複数のチャートをセット(組)にして保存することもできます。そのセットで保存されたチャートは、必要なときにドロップ&ドラッグで表示と切り替えを行うことができます。

取引方法

MT4はチャートの表示や分析だけでなく、チャート上から指値・逆指値の注文や決済を行うこともできます。チャート分析を行いながら、ここぞというタイミングで直感的に注文と決済が出来てしまうので、ぜひMT4を使った注文方法も身につけるようにしましょう。

注文

MT4での指値・逆指値の注文方法は本当に簡単です。チャートに表示されている現在価格よりも高い価格で注文したい場合はチャートよりも上で右クリック、現在価格よりも低い価格で注文したい場合はチャートの下で右クリックして注文を行います。

チャートの価格より上ならば上側、下ならば下側を右クリックするという、まさに見たままの操作でOKです。

チャートの任意の場所で右クリックをしたあとは、

【チャート上の場合】
「Sell Limit(新規の売り指値注文)」
「Buy Stop(新規の買い逆指値注文)」

【チャート下の場合】
「Buy Limit(新規の買い指値注文)」
「Sell Stop(新規の売り逆指値注文)」

と表示されますので、希望するメニューを選択してクリックすれば取引完了です。

決済

新規注文が成功(注文の約定)した場合、MT4のチャート画面上で約定価格の場所に水平のラインが引かれて表示されるようになります。この水平ラインを上下にドロップ&ドラッグすることで、「利益確定」と「損切り」を行うことができます。

つまり、MT4はチャートの水平ラインの上下操作という視覚的な操作で決済を行えるのです。

注文のキャンセル

MT4での注文の取り消し方法は3つあります。
①.ターミナルの注文一覧から取り消したい注文を右クリックして取り消す方法。
②.ターミナルの注文一覧の「×」アイコンをクリックして「注文の取消」をクリックする方法
③.チャートの注文ラインの上側を右クリックして注文を取り消す方法
全て画面上の簡単な操作で取り消しが行えるので、注文をやり直したくなったときは非常に便利です。

画面のカスタマイズについて

世界中のトレーダーがMT4を愛用している理由は、その自由度の高いカスタマイズ性にあります。
MT4は基本的にチャート分析ツールなので、チャートのテクニカル分析を行うためのインジケーターが数多く備わっています。

この標準装備されたインジケーターだけでも豊富な分析が行えるのですが、MT4はインターネット上に公開されている有償・無償のインジケーターをダウンロードして、それをチャート分析に導入することも可能です。

自分がプログラミングスキルを持っているのであれば、自分でインジケーターを作成して、それをMT4に導入することもできるのです。

スマホでの使い方

主にパソコン版で使用されているMT4ですが、スマホアプリ版も配布されています。
このスマホアプリ版は日本語対応していますので、日本人でも操作に迷うことなく簡単に売買などの取引を行うことができます。

スマホアプリ版もパソコン版と同様に多機能なチャート分析ツールが備わっていますが、ここでは基本的な使い方について解説したいと思います。

チャートの表示

スマホアプリ版のMT4を使うには、ダウンロード後に自分の口座をMT4と連携させる必要があります。口座との連携を完了させたあとは、自由にMT4を使って取引を行うことができます。

スマホアプリでMT4のチャートを表示させるには、画面下にある「気配値」アイコンをクリックしたあと、希望する通貨ペアを選んで「チャート」をクリックします。これでその通貨ペアのチャートが画面に表示されます。

「気配値」の中に含まれていない通貨ペアのチャートを表示させるには、画面上にある「+」アイコンをクリックすれば「気配値」の中に無かった通貨ペアの一覧が表示されます。その一覧から希望する通貨ペアを選び、その通貨ペアの画面左に表示されている「+」をクリックすればチャートを表示することができるようになります。

取引方法

スマホアプリ版のMT4での取引はパソコン版よりもさらにシンプルです。まず「気配値」をクリックし、取引したい通貨ペアを選びます。そのあとで「トレード」をクリックすれば発注画面になりますので、その発注画面に表示されている
「Sell Limit(新規の売り指値注文)」
「Buy Stop(新規の買い逆指値注文)」
「Buy Limit(新規の買い指値注文)」
「Sell Stop(新規の売り逆指値注文)」
の4つの中から希望する取引方法を選び、ストップロス・テイクプロフィット・スリッページを設定して「Sell」か「Buy」をクリックすれば取引操作は完了です。

利用者の口コミ

スマホアプリ版のMT4を実際に使用して取引を行っているトレーダーの口コミをいくつか紹介します。
「とても分かりやすく初心者でもすぐに理解できました!」
「スマホでエントリーと決済ができる手段があるのはうれしい限りです!」

利用者の口コミの多くは、上記のような使い勝手の良さについてのものが多いですね。

BitTrade でFXトレードツール「MT4」を使いこなそう!

MT4が世界中のトレーダーから支持されている理由は、シンプルな操作性と豊富な機能です。

MT4はチャートを見ながらドロップ&ドラッグするだけという、視覚的で分かりやすい操作方法で注文や決済が出来てしまうので、初心者でも簡単に使いこなすことができるチャート分析ツールです。この記事ではMT4の基本的な使い方を紹介しましたが、MT4はカスタマイズすることでさらに自分にとって使いやすくすることができます。

世界中のトレーダーから高い評価を得ているチャート分析ツールであるMT4を導入している仮想通貨取引所は日本でもごく少数です。そのごく少数の中の1つであるBitTrade(ビットトレード)は、国内の仮想通貨取引所の中でも先見性の高い取引所だと言えるでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial