BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Coincheck(コインチェック)で入出金をするには?詳しい方法や注意点を解説

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)は現在、マネックスグループに買収され、新体制での全面再開へと向けて準備を行なっています。
今回は、Coincheckにおける入出金や注意点をわかりやすく解説します。

▼Coincheckについてより詳しく知りたいという方はコチラ
新経営体制発足!仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)の特徴・登録方法、使い方

仮想通貨取引所Coincheck(コインチェック)とは?

Coincheckは2014年11月に仮想通貨交換業者として始動しました。2017年末には仮想通貨取引高(取引量)NO.1となり、国内最大の仮想通貨取引所として成長しました。

取扱い通貨はビットコイン・イーサリアム・イーサリアムクラシック・リスク・ファクトム・リップル・ネム・ライトコイン・ビットコインキャッシュの9種類と豊富です。

2018年8月時点では、未だ新規アカウント登録・入金・購入は再開できずにいる状況ですが、新体制でサービス全面再開へと動き出しています。新体制の取組はこちらをご覧ください。

Coincheck(コインチェック)への入金方法

手順

Coincheckの入金方法は
・銀行振込
・コンビニ入金
・クイック入金(ペイジー)
の3種類がありますが、2018年8月現在は、コンビニ入金とクイック入金は対応しておらず、銀行振込のみとなります。

対応している銀行は、りそな銀行と住信SBIネットの2点となります。

日本円(JPY)の銀行振込の手順としては、
①ログインし、左上の「ウォレット」をクリック
②左のメニューバーから「日本円を入金する」をクリック
③画面にりそな銀行と住信SBIネットの振込先が反映されるので、どちらか選択して入金する

住信SBIネットへ振り込む場合、必ず振込人名義にユーザーIDを記してその後に自身の名前を入れてください。

手数料について

2018年8月現在、Coincheckの入金手数料は無料となっています。ただし、振込手数料は自己負担です。

反映されるまでの時間

入金反映手順としては
①ユーザーが提携銀行に振込みをする
②金融機関が振込作業をする
③Coincheckが入金確認作業をする
③確認後、反映されると「入金完了」のメール通知が届く

入金反映時間はその時々によって違います。

りそな銀行の場合、営業時間のみに対応になるため、平日の15時以降と土日祝日の振込は、翌営業日扱いとなるのでご注意ください。

一方、住信SBIネットへ振り込んだ場合、土日含め24時間対応しているので、時間や曜日を気にせず利用できそうです。

Coincheck(コインチェック)からの出金方法

手順

日本円(JPY)の出金の手順としては、
①ログインし、左上の「ウォレット」をクリック
②左のメニューバーの「日本円を出金する」をクリック
③出金先の口座情報を入力する
④「この口座に振り込む」をクリック

手数料について

Coincheckでの日本円出金手数料は400円となります。他の取引所と大きな違いはありません。

反映されるまでの時間

入金と同じく、出金の場合もその時々によって反映時間が異なります。

通常、午前9時までに出金申請をした場合、翌営業日指定口座へ振り込むという規定となっています。

口座番号を間違えて登録しないよう注意が必要です。

Coincheck(コインチェック)の入出金に関する疑問

Q:Coincheckの全面サービス開始はいつになるの?

A:マネックスグループの社長兼CEOの松本大氏は「2018年8月を目処にサービスを再開したい」と言っていましたが現在も未だ再開していません。新しい情報をチェックしていきましょう。

 

Q:Coincheckの住信SBIネットへ入金する際に振込人名義の前に入れ忘れた。

A : 日本円入金のお問い合わせにて
・お振込先の銀行
・お振込み日
・お振込み人名義
・お振込み金額
を正確に入力して「送信」をクリックしましょう。

Q:銀行振込がなかなか反映されない。

A:反映されない理由として
 ・営業時間外の振込
 ・本人以外からの振込
 ・入金時の入金入力に不備がある

こちらをよく確認して、日本円入金のお問い合わせにて連絡しましょう。

Coincheck(コインチェック)にかかわらず、取引所を利用するならまずは入出金をマスターしよう!

Coincheckの入出金がとても簡単であることを理解していただけと思います。アプリも見やすく操作性もいいので、初心者にもオススメです。Coincheck全面再開に向けて、日本円の入出金を覚えておくとスムーズに使いこなせるでしょう。

Coincheckはネム流出事件前には、USドルで入金できたり、クレジットカードでビットコインを直接購入できたりと他の取引所にはない取り組みやビットコイン決済を先駆けて行なっていました。サービス開始時にこれらのサービスも復活するといいですね。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
家猫

家猫

仮想通貨好きなフリーライターです。2018年1月に仮想通貨に出会い、投資・ライターを始めました。 仮想通貨、絶賛勉強中です。どこよりもわかりやすく・どこよりも詳しくモットーに記事を書いております。
PAGE TOP