BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

CoinEx

BCH基軸の取引所CoinExの特徴は?取り扱い通貨や口座開設方法を解説!

BCH基軸の取引所CoinExの特徴は?取り扱い通貨や口座開設方法を解説!

日本ではZaif(ザイフ)DMM BitcoinBITPoint(ビットポイント)など多くの取引所が人気を博していますが、海外ではPoloniex(ポロニエックス)Binance(バイナンス)などの人気が高く、日本では扱っていないような仮想通貨の取引が可能となっています。これらの取引所の利用者や取引の規模は、日本とは比べ物にならない数と言えるでしょう。

そして2017年の12月、新たに「CoinEx(コインイーエックス)」という仮想通貨取引所が誕生しました。世界的にも珍しくビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)を基軸通貨として取り扱っているとして注目されています。
今回は、CoinExの特徴や口座の開設方法について紹介します。

ビットコインキャッシュ(Bitcoin Cash/BCH)はどんな仮想通貨?

今までのブロックの容量では取引に対応できないという理由で2017年の8月にビットコイン(Bitcoin/BTC)ハードウォーク(分裂)が起こり、新たにビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)が誕生しました。
ビットコインキャッシュはすでに世界各地の取引所で上場しており、日本の取引所でもbitFlyer(ビットフライヤー)Zaif(ザイフ)などで扱われています。誕生からわずか1年足らずで幅広い規模で流通するようになったので、それだけビットコインキャッシュは人々の期待を集めていることが伺い知れるでしょう。

ビットコインキャッシュはビットコインのハードウォーク(分裂)によって誕生した仮想通貨です。ビットコインは世界規模で大きく支持されていましたが、それが行き過ぎたことでビットコインに保存するデータが収納されたブロックの容量に限界が来るようになりました。ビットコインのブロックの容量は1MBまでで、それを超えると送金の速度が遅くなってしまい、手数料も高くなってしまいます。これをスケーラビリティ問題と呼び、取引の数とビットコインの容量が追い付かなくなった現象です。

誕生した際、ビットコインキャッシュはブロックの上限が8MBにまで拡大。そして2018年の5月に再びハードフォークが行われたことにより、最大の容量が32MBという驚異の数値にまで拡張しました。今後、ますますビットコインキャッシュを利用した取引が活発となるでしょう。

CoinExの特徴とは?メリットとデメリット

ビットコインキャッシュは誕生してわずか1年で大きく評価されるようになったことから、それだけ優れたアルトコインであることが伺えます。
そんなビットコインキャッシュを扱うCoinEx(コインイーエックス)はどんな取引所であるかも知っておきましょう。

CoinExは比較的新しい仮想通貨取引所であり、中国の巨大マイニングプールである大手企業のViaBTCによって運営されています。CEOのハオポ・ヤン氏もブロックチェーンの技術に対して強く理解しており、2013年よりビットコインに関するコミュニティに参加するようになりました。
ビットコインキャッシュを基軸通貨としていることで、取引所のスタート時から大きく話題を呼びました。

CoinExのメリット

①世界でも珍しいBCH基軸

CoinExは、世界で初めてビットコインキャッシュ(BCH)を基軸通貨に採用した仮想通貨取引所です。多くの取引所が基軸通貨としているビットコインに比べると、ビットコインキャッシュはかなり送金速度が速く、利用が多い時間帯でも送金づまりが起こらないためスムーズに取引できると評判です。

②手数料が比較的安い

仮想通貨の取引には手数料がかかります。
しかし、CoinExではメイカー注文と出金にかかる手数料が無料であり、テイカー手数料がたった0.1%です。メイカー注文は新しく取引を始めることで、テイカー注文は既に始まっている取引を成立させることを意味します。
手数料が安く済むことも、CoinExが誇るメリットの一つと言えるでしょう。

③独自トークン「CET」

CoinExでは『CET』と呼ばれる独自トークンを獲得することができます。
2018年の7月1日から配当が始まって、配当金を貰えることがCETトークン最大の特徴です。1日の取引手数料から得られる収入が、CETの所持数に比例して配当が得られることが大きなメリットでしょう。

また、3か月ごとにCoinExが得た利益の20%で買い戻されて、その分だけ希少価値が上がります。
CETを所持すればキャンペーンの恩恵を受けられるので、手数料の支払いを安くすることもできます。
最低で100CETを保有していれば配当金が得られるので、興味がある人は早めに購入をしてみましょう。

現時点ではCoinExが設立されてから間もないため、配当金は少額になります。
しかし、これからCoinExの知名度が上がり、またBitcoin Cashの流通が増えればCETトークンも自然と価値が上がっていくでしょう。配当金目当てでCETを手に入れるのであれば、時間をかけるという意識が大切です。

また、CETトークンに限らず、仮想通貨自体が価値を認められるまでに10年近くもの年月を必要としています。あらゆる投資に言えることですが、価値が認められることは決して簡単ではないので、楽に儲けられるという考えを持つことは危険です。
暴落するかもしれないリスクを受け入れた上で、将来性を信じることも必要となるでしょう。

④モバイルアプリも配信されている

仮想通貨の取引にはインターネットが繋がる環境が必要であり、仮想通貨に関わっている多くの人がPCやスマホを操作するようになります。
そんなCoinExにもモバイルアプリが配信されており、ウェブ版と同じ方法で取引や資産管理を行うことが可能です。

アプリはApp StoreとAndroid 両方でリリースされています。評価は非常に高いのでCoinExの利用者には欠かせないアプリとなっているでしょう。
モバイルアプリを利用して取引を行うことができれば、スキマ時間でもチャートを確認できるのでおすすめです。スマホでもCoinExを利用したい人は、こちらからモバイルアプリをダウンロードしてみましょう。

CoinExの公式サイトからでもQRコードから所得することもできるので、そちらを利用することもおすすめします。
サイト右上の『アプリ』と書かれた部分にカーソルを合わせれば、QRコードが表示されます。こちらを利用すれば誰でも気軽に公式アプリをダウンロードすることが可能です。

CoinExのデメリット

①サーバーが重い

CoinExのデメリットはサーバーの動作が不安定となっていることです。
CETトークンの導入によって登録者が殺到したことにあり、負荷に対応できずにサーバーがダウンしたことも何度かあります。メンテナンスに入ることになってしまい、CoinExのサービスが使用不可能になる事態も訪れました。

CoinExのサーバー自体は少しずつ強化されていきますが、大手の仮想通貨取引所と比べるとまだまだ機能が充実しているとは言い難いかもしれません。
そのため、多額の資産を預けるのはリスクが大きいでしょう。
仮想通貨を扱うのであれば、国内と海外の取引所でアカウントを複数登録して分散管理するか、自分でウォレットを用意するなど、リスクを減らすことも忘れてはいけません。

今後、CoinExはデメリットを解消してくれるでしょう。しかし、仮想通貨は自己責任が基本となるので、まずはどうやって守っていくのかを学ぶことから始めてみましょう。

②取引量が少ない

2017年にオープンしたばかりということもありますが、他の取引所と比べるとまだまだ取引量が少ないと言えます。今後ユーザーが増えていくことに期待したいですね。

CoinExの取り扱い通貨は?

CoinExの取り扱い通貨は40種類以上と言われています。
まず、ビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)のような世界的な規模を誇る仮想通貨はもちろんのこと、ダッシュ(DASH)ジーキャッシュ(Zcash/ZEC)イオス(EOS)のように日本の取引所では購入できないアルトコインも取り扱っており、ドージコイン(Dogecoin/DOGE)バイトム(Bytom/BTM)のような比較的マイナーなアルトコインも多数上場しています。

ただし、日本円などの法定通貨による入金は不可能となっています。CoinExで取引を行いたいのであれば、まずは日本国内の取引所で必要な仮想通貨を購入しましょう。

CoinExで基軸通貨として利用できる仮想通貨は以下の4種類です。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
Tether(テザー/USDT)

分散して購入することもできるので、まずは数千円単位でこれらの仮想通貨を購入してみることをおすすめします。
購入した仮想通貨をCoinExのアカウントに送金すれば、そこから仮想通貨やCETトークンを購入することが可能です。
もちろん、送金アドレスを間違えないように気を付けましょう。

CoinExの口座開設方法は?

CoinExは中国のViaBTCによって設立された仮想通貨取引所ですが、英語や日本語にも対応しています。そのため、語学力に自信がない人でも安心してアカウントを作成することが可能です。
画面の右上で言葉を設定することができるので、そこから日本語を選びましょう。

『新規登録』をクリックすれば、アカウント作成に必要な情報を入力するページが出てきます。
まずは一番上にメールアドレスを入力して、その下の『確認コードを取る』をクリックしましょう。
指定されたメールアドレスにCoinExからのメールが届き、そこに書かれた認証コードと招待コードをそれぞれ入力しましょう。

なお、安全のためにこのコードは有効期限が決まっているので、早めに入力する必要があります。
一番下のサービス規約の確認も忘れてはいけません。
メールアドレスさえあればすぐにCoinExの口座を開設することが可能です。

口座開設が完了したら、取引の前にセキュリティの設定をしましょう。CoinExはセキュリティ体制を整えていますが、利用する側も自分で仮想通貨を守るという意識を持たなければ、思わぬトラブルに巻き込まれてしまいます。

『アカウント』のページにアクセスをして、画面左側の『セキュリティ』から設定をすることが可能です。セキュリティに不備があってはCoinExで充分な取引を行うことができないので、しっかりと設定しましょう。

1番上のログインパスワードはいつでも変更することが可能ですが、少しでも不備があればすぐに変更することをおすすめします。

2番目の『Google認証システムを関連付ける』では、二段階認証アプリを利用して認証設定をすることが可能です。こちらを利用するには別途で二段階認証アプリが必要なので、こちらのダウンロードも忘れないようにしましょう。

また、こちらの認証にもアカウント登録に利用したメールアドレスが必要なので、届いた認証コードを入力すればQRコードが表示されます。QRコードを読み取って、システムに表示された6桁の数字を入力してください。

3番目の『電話番号を関連付ける』も、流れはGoogle認証システムと同じです。まずは二段階認証コードを入力してから、自分の電話番号を登録しましょう。この時、電話番号の設定には自分の国籍も必要なので『+81 Japan』を選択してから電話番号を入力しましょう。

一番下の『取引確認』では、二段階認証を利用するかの確認がされます。二段階認証を利用しないこともできますが、セキュリティを向上させるのであれば必ず認証を行うべきです。

登録にはパスポートも必要

最後に、24時間出金限度額の設定をするため、パスポートを提出しましょう。アカウントの作成はメールアドレスだけで可能ですが、充分に出金するにはパスポートが必要です。
『本人確認をする』をクリックして、身分認証のページにアクセスをしてください。

そこで自分の国籍と名前を入力して、『書類番号』にはパスポートの番号を入力しましょう。その下にはパスポートの顔写真が書かれたページと、自分の顔と日付とCoinExが書かれた声明書が一緒に映った写真のファイルをアップロードしてください。
CoinExの例に従って、どちらの写真でもパスポートの顔写真がしっかり映っているファイルを選べば大丈夫です。

BCH基軸という特徴を持った取引所CoinEx。BCHの動向とともに要注目!

2017年に開設されたCoinExは多数の仮想通貨が上場しており、また取引所も扱いやすくてセキュリティが充実しています。また、取引所のCETトークンも所得することで多くのメリットが得られるので、CoinExは高い評価を受けるようになりました。
基軸通貨となっているビットコインキャッシュも優れた仮想通貨として認められており、すでにに多くの仮想通貨取引所で上場しています。今後、さらにビットコインキャッシュが世界で流通するようになれば、それに比例してCoinExの利用者も増えていくでしょう。

この先、仮想通貨は世界でより浸透していくことが予想されます。仮想通貨自体の値動きは非常に激しいですが、技術が進歩していることは確かなので、興味があればCoinExも利用してみてはいかがでしょうか。

CoinEx関連記事

PAGE TOP