BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

cointap(コインタップ)

DMMグループの最新仮想通貨取引所!cointap(コインタップ)の特徴、取扱通貨、登録方法は?

DMMグループの最新仮想通貨取引所!cointap(コインタップ)の特徴、取扱通貨、登録方法は?

コインタップはDMM Bitcoinと同じDMMグループが運営する仮想通貨取引所です。
本来は2018年春からサービスを開始する予定でしたが、現在はサービスの開始が延期になっており、事前登録だけが可能となっています。

そこで、この記事ではコインタップの最新情報から、DMM Bitcoinとの比較、さらには現在ある情報からどのような取引所になるかの予想もあわせて紹介します!

事前に情報をチェックする際に参考にしてみてくださいね!

カジュアルな取引が魅力?な取引所cointap(コインタップ)の特徴

2018年7月時点で、コインタップの詳細は何も発表されていません。
しかし、大手DMMグループが運営元ということもあり、ネット上ではすでに「こんな取引所になるのでは?」と予想もたくさんされています。

ここでは、現在あるDMMグループに関して、気になるサービスの開始時期、さらにコインタップがどんな取引所になるかを予想も少し踏まえて紹介します。

運営元はDMMグループの子会社ネクストカレンシー

コインタップの運営元は「ネクストカレンシー」という会社です。株主は100%DMMです。つまりDMMの子会社であり、DMMグループ傘下の企業ということになります。
DMMグループはすでに、DMM Bitcoinを運営していますが、元は広くネットサービスを展開する企業であり、外国為替取引(FX)は、日本一開設されているFX口座として有名です。

2018年春にサービスを開始予定だったが延長

元は、2018年春にもサービスを開始予定でしたが、7月時点では「仮想通貨交換業の登録に向け、準備を進めております」としてサービスの開始が延期されたようです。
なお、詳細なサービスの開始時期は現時点で発表されておらず、公式の発表を待つ形となっています。

サービス開始の延期は金融庁の規制も影響?

サービスの開始が遅れているのは、金融庁の規制が厳しくなっているのと、仮想通貨事業の登録が殺到していることが原因として挙げられます。
コインタップがサービスを発表したのは、もともと2017年12月でしたが、その1か月後に起こったコインチェックハッキング事件により、金融庁の規制は以前より厳しくなったと言われています。

「アメーバ」を運営するサイバーエージェントも、コインタップと同じように2018年春にサービスの開始を発表していましたが、金融庁の規制が厳しくなったことにより撤退を発表しています。

金融庁、全取引所を対象に仮想通貨システムについて緊急調査

カジュアルな取引が魅力!?公式サイトに記載されているキャッチフレーズ

ネット上では、コインタップが「簡単に取引できる取引所になるのではないか」という憶測があります。
それは「コインタップ」というサービス名にも由来しているようです。
例えば、アプリを使ってワンタップで簡単に仮想通貨を購入できるようなサービスなどでしょうか。

さらに、公式サイトを確認すると今までの「この春、ビットコインを始めてみませんか?」というキャッチフレーズは「カジュアルに始める仮想通貨」という文言に変更されています。

このことからも「簡単に取引できる」のは、コインタップのポイントとなりそうですね。

レバレッジ取引が魅力!DMM Bitcoinとcointap(コインタップ)のメリット比較

ここでは、同じ運営元であるDMM Bitcoinに登録するメリットと、コインタップに登録するメリットを併せて紹介していきます。

同じ運営元なのでサービスは差別化される?

DMM Bitcoinもコインタップも、運営元は同じDMMグループです。
なので、一般的に考えれば、サービスは差別化されると考えられます。そうしないと、わざわざ取引所を2つ運営する意味がないからです。そこであらためてDMM Bitcoinに登録するメリットも確認しておきましょう。

DMM Bitcoinのメリット!種類豊富なアルトコインのレバレッジ取引ができる!

DMM Bitcoinの最大のメリットは、なんといってもアルトコインのレバレッジ取引です。
イーサリアム(Ethereum/ETH)ライトコイン(LiteCoin/LTC)リップル(Ripple/XRP)ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)イーサリアムクラシック(EthereumClassic/ETC)ネム(NEM/XEM)を、最大5倍のレバレッジをかけて取引できます。
国内では、ビットコイン(Bitcoin/BTC)のレバレッジ取引は多くの仮想通貨業者でありますが、レバレッジ取引で、アルトコインをここまで多く取り扱っているのは他にありません。

仮想通貨取引所DMM Bitcoinが選ばれる3つの特徴とは?

コインタップはDMM Bticoinとは対照的な取引所となる?

先の「カジュアルに始める仮想通貨」というキャッチフレーズや、DMM Bitcoinの差別化ということを考えると、コインタップに登録するメリットは、簡単に仮想通貨を購入できるところかもしれませんね。

DMM Bticoinは、本格的にトレーディングを行いたい人の取引所と言えます。
なので、コインタップは、レバレッジ取引など本格的なトレーディングサービスを提供するというよりかは、仮想通貨をまったく知らない人でも簡単に取引できるようなサービスになることが考えられます。

cointap(コインタップ)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!安心のDMMグループ

Q.cointap(コインタップ)はどんな人におすすめ?


さて、そうしたらコインタップはどんな人に向いている取引所となるでしょうか?上で紹介した特徴とメリットから考察していきましょう。

コインタップは初心者向けの取引所になる?

上の特徴とメリットから考えると、コインタップは初心者に向いている取引所といえるでしょう。
もしかすると、仮想通貨をまだ取引したことがない方もターゲットにしているかもしれませんね。
まだ取り扱い通貨・手数料も発表されていないので、あくまで予測になりますが、本格的にレバレッジ取引・デイトレードをするような取引所ではなさそうです。

Q.cointap(コインタップ)の取り扱い通貨は?DMM Bitcoinも確認


コインタップの取り扱い通貨はまだ発表されていません。
なので、ここでもDMM Bitcoinの取り扱い通貨を確認してコインタップの取り扱い通貨を考察しておきましょう。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨とコインタップの取り扱い通貨

DMM Bticoinの取り扱い通貨は以下になります。

  • ビットコイン(Bitcoin/BTC)
  • ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
  • イーサリアム(Etherium/ETH)
  • ライトコイン(LiteCoin/LTC)
  • リップル(Ripple/XRP)
  • イーサリアムクラシック(Etherium Classic/ETC)
  • ネム(Nem/XEM)

DMM Bitcoinは7種類の仮想通貨が取引可能です。他の取引所と比較すると、やや多いと言えるでしょう。

しかし、コインタップは「簡単」がテーマならば、DMM Bticoinのように取り扱い通貨は多くないかもしれません。
ただし、これに関しては何とも言えないので、やはり公式の発表を待ちましょう

Q.cointap(コインタップ)で取引時に必要な手数料は?

取り扱い通貨と同じく、コインタップの手数料も発表されていません。
ただ、こちらも「簡単」がテーマにとなるならば、取引手数料は無料の可能性があります。
実際に、DMM Bitcoinの取引手数料は無料です。
DMM Bticoinの出金手数料に関しては下記の記事を参考にしてください。

DMM Bitcoinのアプリが55万ダウンロード突破!ビットコインとイーサリアムの出金手数料が完全無料に

Q.cointap(コインタップ)の登録方法は?

残念ながら、コインタップの公式の登録はまだ始まっていません。
ただし、サービスを優先的に受けられる事前登録の受付は公式サイトから申し込めます。

  • ①cointap(コインタップ)公式サイトにアクセス
  • ②メールアドレスの入力欄にメールアドレスを入力し、送信ボタンをクリック
  • ③入力したメールアドレス宛にコインタップから確認メールが届けば登録完了

事前登録は、公式サイトにアクセスしてメールアドレスを入力するだけなので、とても簡単です。気になる方は下記の記事も参考にしてみてください。

cointap(コインタップ)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!安心のDMMグループ

Q.cointap(コインタップ)が実装予定のスマホアプリとは?

コインタップのスマホアプリはまだ発表されていません。
しかし、公式サイトにはスマホのようなシルエットに「coming soon…」と表示されています。そのことから、仮想通貨を簡単に購入できるようなアプリがリリースされるかもしれませんね。

サービス名も「タップ」とスマホを連想するワードが入っています。
なので、スマホアプリのリリース、あるいはアプリに関連するサービスがあるのではないかとネット上では噂があります。

Q.cointap(コインタップ)の口コミは?

最後に、コインタップに関するネット上の噂、口コミを紹介していきましょう。

  • DMMの新サービス「コインタップ」のサービスが延期。早く始まって欲しい。
  • コインチェックの再開やSBIバーチャルカレンシー、これから期待の取引所が盛りだくさんで楽しみ!どこも早くサービスを始めたいんだろうな。
  • 「タップ」というワードからも、アプリを使ったサービスになるのでは。手数料もそれほど高くはないと予想!
  • サイトを見ると手軽に取引できる業者になるのかな。アプリには期待できそう。

やはりDMMグループの新取引所ということもあり、ネット上の期待は高いようです。
ツイッター上では事前登録をしたというツイートも散見されました。
実際のサービス内容については公式の発表を待ちたいところですね。

まとめ

コインタップは「カジュアル」、「タップ」というキーワードから、仮想通貨を簡単に売買できるようなサービスが予想される取引所でしたね。
また、初心者の方にも向いている仮想通貨業者となりそうです。
サービスの詳細はまだ発表されていませんが、事前登録はできるので、気になる方は申し込みしてみてはいかがでしょうか。
サービス開始時期などは公式サイトをチェックして続報を待ちましょう!

cointap(コインタップ)関連記事

PAGE TOP