BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

DMM Bitcoinで入出金するには?詳しい手順や注意点

日本でもアルトコインのレバレッジ取引ができる数少ない仮想通貨交換所のDMM Bitcoinは、送金手数料が無料なのも人気の理由です。DMM Bitcoinを使った仮想通貨の送金方法は1つだけですが、日本円の送金には「銀行振込」と「クイック入金」という2つの方法が用意されています。

この記事では、その2つの方法や送金が完了するまでの時間、入出金に関する疑問について解説します。

DMM Bitcoinへの入金方法

DMM Bitcoinへ日本円を送金する方法には「銀行振込」と「クイック入金」の2種類の方法があります。まず、「銀行振込」について解説します。

銀行振込

「銀行振込」は、所定の銀行口座からDMM Bitcoinのりそな銀行の口座へ日本円を振込入金する方法です。多くの仮想通貨取引所では、「銀行振込」で入金する場合、あらかじめ取引所の自分のアカウントに入金用の銀行口座を登録しておく必要があります。

しかし、DMM Bitcoinではその必要はありません。なぜなら、入金先の銀行口座がDMM Bitcoinのりそな銀行の口座に指定されているので、わざわざ自分の銀行口座を登録する必要がないのです。

銀行振込先の口座はりそな銀行

振込先は「りそな銀行」のDMM Bitcoinの口座です。

マイページから銀行振込での入金手続きをすると、自動的に振込先がりそな銀行のDMM Bitcoinの口座になります。そのため、りそな銀行の口座を持つユーザーなら、銀行振込の手数料を安くできますが、りそな銀行の口座を持たないユーザーだと振込手数料が高めになってしまいます。

多くの仮想通貨取引所は住信SBIネット銀行と提携しているのですが、DMM Bitcoinは住信SBIネット銀行をこの銀行振込システムに連携していません。そのため、住信SBIネット銀行の口座を持つ多くのトレーダーが、DMM Bitcoinで銀行振込をしようとしてとまどってしまうようです。

DMM Bitcoinで銀行振込の制度を使って入金したいのであれば、りそな銀行の口座を開設するのが無難かもしれません。

銀行振込で入金する際の操作

DMM Bitcoinの銀行振込を使って入金するときの操作はとても簡単です。

①. DMM Bitcoinにログインし、マイページ左下のメニュー画面の「入金・入庫」を選択します。
②.「入金・入庫」のメニュー内の「日本円入金(銀行振込)」を選択します。
③.銀行振込先のDMM Bitcoinの口座情報表示画面になりますので、ネットバンキングなどを利用してその口座に振込すれば入金手続きは完了です。

すでに述べましたが、DMM Bitcoinの銀行振込先の口座はりそな銀行です。

クイック入金

「銀行振込」はDMM Bitcoinのりそな銀行の口座のみですが、もっと便利な入金方法があります。この方法は銀行の振込手数料をDMM Bitcoinが負担するので、ユーザーには手数料負担が一切かからないのです。

「クイック入金」を使用すれば、たいていの銀行からDMM Bitcoinに入金できます。「クイック入金」は24時間365日いつでも対応していますので、自分の好きな時間に入金手続きができます。

クイック入金に対応している銀行は?

「クイック入金」でDMM Bitcoinと提携しているのは1000件以上の金融機関になります。インターネットバンキング口座から入金します。

インターネットバンキングの口座を持っていないと「クイック入金」はできないので、もし持っていなければ、まずはインターネットバンキング口座の開設をしましょう。

クイック入金を行う際の操作

「クイック入金」の操作も銀行振込とほぼ同じです。

①. DMM Bitcoinにログインし、マイページ左下のメニュー画面の「入金・入庫」を選択します。
②.「入金・入庫」のメニュー内の「日本円入金(クイック入金)」を選択します。
③.口座情報入力画面になりますので、自分のインターネットバンキング口座のある銀行名と入金額を入力して「入金手続きを開始する」を選択します。
④.そのあと、インターネットバンキング口座にアクセスして手続きを行えば、DMM Bitcoinの口座に着金します。

以上が「クイック入金」の操作方法になります。

銀行振込とクイック入金の手数料

「銀行振込」「クイック入金」ともに、DMM Bitcoinに支払う手数料は発生しません。
ただし、「銀行振込」時の銀行に払う振込手数料の負担があります。DMM Bitcoinの入金では、銀行に払う振込手数料以外の費用は一切発生しないので、他の取引所よりもお得に入金ができます。

入金が反映されるまでの時間

同じ入金でも「銀行振込」と「クイック入金」では、着金までの時間が異なります。

銀行振込

「銀行振込」の場合、手続き当日から銀行の翌営業日に入金が反映されます。

クイック入金

「クイック入金」の場合、入金は即時反映されます。入金手続きをすればすぐにDMM Bitcoinの口座に着金するので、早く入金を済ませたいなら、「銀行振込」より「クイック入金」を利用するとよいでしょう。

DMM Bitcoinの出金について

つづいて、DMM Bitcoinでの出金方法について説明します。出金は入金のような2つのシステムでなく、ひとつの方法しかありません。

出金前に口座情報を登録する

銀行振込による入金の場合、振込先のDMM Bitcoinの銀行口座はりそな銀行の口座に指定されていますが、出金の場合はユーザーの銀行口座を指定します。

DMM Bitcoinの自分の口座から出金するには、出金先の自分名義の銀行口座を登録する必要があります。銀行口座の登録はマイページの「ユーザー情報」から行います。

出金手数料について

DMM Bitcoinでは、出金の際に手数料は一切かかりません。これは、どの銀行口座であっても変わりません。

出金が完了するまでの時間

DMM Bitcoinで出金手続きした後、自分の銀行口座に振込されるのは「出金指示後、銀行の3営業日以内」とされています。そのため、出金の受付時間は24時間365日でも、銀行が休みの土・日・祝日に出金手続きを行った場合、銀行の休日を除く3営業日後となりますので注意が必要です。

また、DMM Bitcoinがメンテナンス中は、DMM Bitcoinで行われている全ての取引が一旦停止するので、その間は出金指示が出せません。

DMM Bitcoinでの入出金に関するよくある疑問

DMM Bitcoinでの基本的な入出金方法を説明してきましたが、ここでは入出金に関するよくある疑問について解説していきたいと思います。

他人名義の口座で入出金はできる?

日本円の入金・出金の両方の手続きにおいて、他人名義の口座を使った手続きは受け付けていません。DMM Bitcoinで入出金ができる金融機関の口座名義は、DMM Bitcoinに口座を開設している本人のみです。

口座開設した本人と違う名義の銀行口座で入金手続きを行った場合、組戻し処理がされます。その際に組戻しにかかった費用を請求されますので、他人名義での入金は行わないようにしましょう。

入出金の最低額と上限額は?

DMM Bitcoinでの入出金の最低額と上限額は以下のとおりです。
◎銀行振込による入金:金額制限なし
◎クイック入金:5,000円以上1億円未満
◎出金…2,000円以上(全額出金の場合は金額に制限を設けない)

出金の取り消し方法は?

DMM Bitcoinで出金処理中、もしくは出金処理が完了していない場合に限り、出金を取り消すことができます。出金指示の取り消しは、マイページ左下の「出金・出庫」のメニュー内、「日本円出金」からキャンセルを行います。

DMM Bitcoinの入出金についてのまとめ

DMM Bitcoinに銀行振込で入金するには、りそな銀行のDMM Bitcoinの口座宛てに振り込みます。クイック入金でも入金できますが、インターネットバンキング口座でないと手続きできません。出金は手数料0円で自分名義の銀行口座に振り込みます。

また、他人名義の口座を使って入出金できないので、必ずDMM Bitcoinに登録した本人名義の口座で入出金手続きを行うようにしてください。これらを注意すれば、DMM Bitcoinは銀行に支払う振込手数料以外は、入出金手数料のかからないお得な仮想通貨交換所なので、仮想通貨の初心者さんにもおすすめです。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial