BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引所オーケーコイン(OKCoin)の特徴やメリット、評判、登録方法は?

OKCoinという取引所をご存知でしょうか?ハイリスク・ハイリターンな取引が売りの仮想通貨取引所です。今回は仮想通貨取引所OKCoinの特徴やメリット、評判から登録方法に至るまでを詳しく紹介します。これさえ読めばOKCoin博士になれちゃうかも?

中国最大の仮想通貨取引所!オーケーコイン(OKCoin)の特徴は?

OKCoinは中国3大取引所に数えられる中国の仮想通貨取引所です。設立されたのは2013年。アメリカの著名な投資家から1,000万米ドルの資金を調達して創業しました。
共産主義を標榜する中国では仮想通貨に対する取締も厳しくなっています。OKCoinも2017年2月に中国当局の規制を受けました。多少のリスクもありますが、そのリスクを避けて競合の投資家が減る分、同時にチャンスもある市場だといえます。

オーケーコイン(OKCoin)の取扱通貨は?

OKCoinの取扱通貨はビットコイン、ライトコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、イーサリアムクラシックの5種類。OKCoinの公式サイトで「行情図表」のボタンをクリックすると、この5種類の通貨のチャートが表示されます。ビットコインなら「BTC K線」、ライトコインなら「LTC K線」というボタンから閲覧可能です。

オーケーコイン(OKCoin)、日本円での購入はできる?

OKCoinでは人民元と米ドルでの取引に対応しています。残念ながら今のところ日本円には対応していません。しかし、日本国内のbitbank(ビットバンク)という取引所がオーケーコインの正規取次店となっています。多少手数料がかかりますが、ビットバンクのサービスを経由し、指定の口座にビットコインを入金すればOKCoinの利用が可能です。手数料を減らしたい場合は自ら人民元や米ドルに両替をして利用するようにしましょう。

実は日本語で利用できる?オーケーコイン(OKCoin)のメリットとは

OKCoinのサービスは完成度が高く、中国で最大、世界でも4位の取引金額を誇っています。仮想通貨の世界にはまだまだ未成熟なサービスやプラットフォームが多く、その中でしっかりとしたサービスを提供している点は、OKCoinの大きなメリットと言えるでしょう。また、政府からの風当たりが強い中国の中では、1番安心感を持って取引ができる取引所と言えます。OKCoin自体は日本語未対応ながら、正規取次店が日本には存在する点も他にはない魅力となるでしょう。

仮想通貨取引所オーケーコイン(OKCoin)の評判は?

日本ではビットバンクを介してOKCoinが利用できることもあり、OKCoinの目立った評判はありません。しかし先述のように、中国で最大、世界でも4位の取引金額となっている点がすべての評判を物語っているのではないでしょうか?中国では仮想通貨の取引が禁止されましたが、今でもOKCoinは存続しており、世界中にユーザーがいることから今後も問題なく運営されていくと見られています。今後中国が規制緩和するようなことがあれば、今よりもさらに規模を大きくするということもあるかもしれません。

ビットバンクを介して利用?仮想通貨取引所オーケーコイン(OKCoin)の登録方法

ここまででも述べてきたように、日本ではビットバンクがOKCoinの正規取次店として機能しているので、必ずしもOKCoinに口座開設する必要はありません。
ここではビットバンクへの口座開設の方法と、ビットバンクを介してOKCoinを利用する方法を紹介します。

ビットバンクの登録方法

まずはビットバンクの登録ページでメールアドレスを入力し、登録ボタンを押します。入力したメールアドレス宛に仮登録のメールが送られてくるので、本文から登録用のリンクをクリックしましょう。リンク先のページで利用規約、取引ルール、リスク事項への同意確認があるので、チェックボックスにチェックを入れ、利用開始ボタンを押せばビットバンクへの登録は完了です。

ビットバンクではOKCoinとシステム連携をしており、ビットバンクで購入のステップを踏むだけで、世界屈指の取引量を誇るOKCoinのシステム上で取引していることになります。仮想通貨の世界では買い注文と売り注文の数によって価格が決まるため、取引量が多いことはとてもプラス。日本語でのサポート対応や日本円での取引でありながら、日本の取引所ではあり得ない規模での仮想通貨取引が可能となっています。
※以前はこのサービスにビットコイントレードという名前がついていましたが、2017年5月頃に廃止され、現物取引はビットバンクに一本化されました。現在もbitbank Trade(ビットバンクトレード)という取引所が存在しますが、こちらはビットバンクが運営するFX専用取引所となっています。

仮想通貨取引所オーケーコイン(OKCoin)はリスクも認識して利用する

OKCoinは、一度は閉鎖の報道も流れたリスクの高い取引所だと思われがちです。そのため、現在は多くの投資家が本格的な参入を避けていますが、報道された全面閉鎖の時期を乗り越え、今でも売買が続いているところを見ると、今後も大手取引所として生き残っていくことが考えられます。
今後は中国が規制緩和に乗り出す可能性もあり、さらに取引量が増える可能性も。そのようなリスクを踏まえた上であれば、OKCoinでの取引を始める選択肢もありだと言えるでしょう。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP