BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

リップルやモナコインも扱う!BitTrade(ビットトレード)の登録と口座開設の方法

仮想通貨取引所、「BitTrade(ビットトレード)」をご存知でしょうか。
日本国内に拠点を置くBitTradeには、仮想通貨のトレードに役立つ機能が満載となっています。
上手に利用することができれば、日々の取引がさらに活発なものとなるでしょう。
ここではそんなBitTradeヘの登録と、口座開設の方法をご紹介します。
BitTradeに興味がある人は、ぜひこれを機に登録と口座開設を進めてみてはいかがでしょうか。

多彩な取り扱い通貨がメリットのBitTrade

これからが楽しみな取引所

BitTradeは、2016年9月に作られた仮想通貨取引所です。
他社と比べても設立が比較的最近な取引所であるため、これまでの実績よりも将来性を重視するユーザーに支持されているといえるでしょう。
金融庁に登録済みであるため、信頼性が高くなっているのもポイントです。
既に大手となった取引所よりも、まだこれから飛躍的に伸びる可能性がある取引所を探しているのなら、BitTradeがぴったりかもしれません。

取扱通貨は6種類と多め

BitTradeでは2018年2月現在、BTC、BCH、ETH、XRP、LTC、MONAの6種類が売買できます。
これは日本国内では比較的多い方となるので、ビットコイン以外の通貨も利用してみたい人におすすめです。
特にMONAやXRPを売買できるのは魅力的で、たくさんのユーザーを呼びこむ材料となっています。
これらアルトコインは手数料の面でも大手よりお得になることが多いので、アルトコインをメインとした取引にはBitTradeを利用してみるのも一つの手です。

スマホでも使いやすいツールが魅力

BitTradeのシステムはスマホに完全対応しているので、手元でサクサクとした取引を楽しめます。
チャートのチェックや売買がスマホで行えれば、取引のハードルは下がり、より積極的に市場への参加ができることでしょう。
特に仮想通貨を利用しはじめたばかりの初心者は、スマホで簡単に取引できる環境は魅力的に映りますね。
急な価格の変動にもすぐ対応できるので、BitTradeでスマホを主体とした取引のメリットを体感してみてはいかがでしょうか。

充実したセキュリティ環境

仮想通貨取引において、リスクを低減するために必要なセキュリティ環境面においても、BitTradeは充実しています。
2段階認証・コールドウォレット・マルチシグネチャを採用し、万全な体制でユーザーの資産を守っているのです。
流出や盗難といった取引所の不祥事も多いなか、しっかりとしたセキュリティ対策をしているとアピールできるBitTradeは、選択肢の一つに入れておいてもいいかもしれません。
またLINEによるサポートも行っているので、手軽に不明点を尋ねられるのもメリットです。
セキュリティとサポート体制の強化は快適な取引につながるため、取引所選びの際には重要視したいポイントの1つです。

まずはメールアドレスで!BitTradeの登録方法

簡単登録が可能

BitTradeはこれだけの魅力を持ちつつ、さらに登録方法がとても簡単に行える取引所となっています。
特有のメリットに興味を持てたのなら、まずはメールアドレスを利用した簡単登録を行ってみましょう。
手順は以下にまとめておくので、実際に登録する際には参考にしてみてください。

①BitTradeの公式サイトにある「メールアドレス」の入力欄に利用可能なメールアドレスを入力
⇒メールアドレスはその後もログインIDとして使うことになるので、常に利用できるものを入力しましょう。
②「私はロボットではありません」にチェックを入れ、「アカウント作成」をクリック
③入力したメールアドレスに返信があるので確認
⇒件名に「【BitTrade】 新規口座開設を申し込み頂きありがとうございます」とあるはずです。
見当たらない場合は迷惑メールフォルダを確認するか、再度メールアドレスの間違いがないように登録をやり直してみましょう。
④メールに記載されているリンクをクリックしてBitTradeの新規登録画面へ
⑤パスワードを設定
⇒8文字以上32文字以内で、なるべく複雑なものとしましょう。
忘れないようにメモを残しておくのも肝心です。
⑥利用規約・取引ルール・リスク事項を確認してチェック
⑦「登録」をクリックして終了
⇒無事ログインできれば、BitTradeへの登録は完了です。

とっても簡単!BitTradeで口座開設

口座開設は無料

BitTradeに登録した後は、続いて口座開設を行う必要があります。
本人確認等を行い、いつでも自由な取引が行えるように準備しましょう。
下記に必要なものと手順を記載いたしますので、登録後の参考にしてみてください。
登録と同じく、口座開設にも複雑な作業はいらないので、スムーズに開設することができます。

必要なもの

登録情報(氏名、生年月日、住所)
身分証明書(免許証(表面、裏面)
パスポート(顔写真ページと住所記載ページ)
顔写真付き住民基本台帳カード(裏面と表面)
マイナンバーカード(表面)*通知カード不可)
銀行口座

口座開設の手順

①ログイン後、取引画面右上にある人型のマークをクリック
②出てくるタブから「登録情報」を選択
③アカウントの情報が表示されるので、「基本情報の登録」の欄にある「登録」をクリック
④氏名・住所といった個人情報を入力
⇒内容を確認し、誤りのないように注意しましょう。
⑤投資目的・職業等を選択
⑥「確認」をクリックし、問題がなければ「登録」をクリック
⑦登録したメールアドレス宛てに「【BitTrade】 基本情報登録完了のお知らせ」というメールが届くので確認
⑧「基本情報登録が完了しました」という画面が表示されれば登録完了

<本人確認ヘ進む>
①「基本情報登録が完了しました」と表示されたら、そのまま「本人確認のアップロードに進む」をクリック
②本人確認書類(表と裏の2枚)をスマホカメラなどで撮影
③「本人確認書類の種類」を選択
④表面と裏面の2種類をアップロード
⇒書類がきちんと写っている、有効期限内となっている、登録した住所と一致する、の3点を確認してからアップロードしましょう。
⑤「この内容で登録する」をクリック
⇒メールアドレスに「【BitTrade】 本人確認書類アップロード完了 のお知らせ」が送付されるので確認
⑥「本人確認書類のアップロードが完了しました」という画面が表示されれば完了
⇒本人確認書類が審査されるので、完了するまで待機しましょう。
⑦審査完了後、登録メール宛てに「【BitTrade】 本人確認書類が承認されました」という内容が届くので確認
⇒アカウント画面で、本人確認書類が「審査中」から「登録」に変わっていればOKです。
⑧BitTradeから郵送書類が届くので受け取る
⇒受け取った翌営業日から口座開設が完了となるので確認しましょう。

二段階認証の設定

保有している仮想通貨を安全に取扱うには、二段階認証設定を行う必要があります。
BitTradeのセキュリティの高さを実感するためにも、口座開設後は二段階認証の設定に進むことがおすすめです。
以下の手順に従って、実際に取引を行う前に二段階認証を設定しておきましょう。

①ログイン後、アカウントから「セキュリティ」を選択し、「二段階認証」をクリック
②「Google Authenticator」などの認証アプリをインストール
③表示されたQRコードをアプリで読みとる
④提供された認証コードを設定する
⑤「設定」をクリック
⇒以上で二段階認証に関する設定は終了です。

アルトコインを始めるならBitTradeはいかが?

BitTradeにはさまざまなメリットがあり、取引所として十分におすすめできる環境が整っています。
特にアルトコインの売買手数料は大手よりも安くなることが多いため、リップルやライトコインなどのアルトコインを中心としたトレードを行うのならBitTradeがうってつけかもしれません。
ご紹介したように、BitTradeヘの登録と口座開設は非常に簡単です。
これを機にBitTradeへの登録を済ませておけば、これからいつでもBitTradeのメリットを体感することができるでしょう。
お手すきの時にはこちらの記事を参考に、ぜひBitTradeヘの登録を進めてみてはいかがでしょうか。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP