BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

CryptoGT(旧CryptoCM)の特徴、評判、取扱通貨、登録方法を解説!世界最大のレバレッジ倍率!

下落相場により年初の盛り上がりを失ったかのように見える仮想通貨市場ですが、実際はそうではありません。決済手段のひとつとして、金融インフラなどの一部として、仮想通貨のわたしたちの暮らしへの影響力は日に日に高まっています。
そうした状況を見てか、仮想通貨市場に新たに参入する取引所の数もまた、2018年以降続々と増えてきました。仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)もそのうちのひとつ。今回はまだ新しい仮想通貨取引所CryptoGTの特徴や評判、取り扱い通貨、登録方法まで、CryptoGTのあらゆる情報を紹介します。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)の特徴は?

CryptoGTは2018年6月に誕生したばかりの、まだ新しい仮想通貨取引所です。海外の取引所ですが完全に日本語に対応しており、公式サイトを見ても、よくある不自然な日本語訳はありません。この点は日本人の取引所選びにとって大きなポイントとなるでしょう。
メンバーは仮想通貨のトレード分野に精通するプロフェッショナルで構成されているので、トレーダーの痒いところに手が届かないといったこともなさそう。言語だけではなくインターフェイスにおいても、日本人が比較的選びやすい取引所です。

CryptoGTの大きな特徴は、なんと言っても取引所のスタイルでしょう。CryptoGTは世界でも稀な仮想通貨FX専門の取引所です。レバレッジ取引の最大倍率は世界最高を塗り替える200倍。これまで最高だったBitMEXのレバレッジ倍率が100倍ですから、大幅に上回ったことになります。

さらに最近ではトレードツールとして世界的に有名なMT5を実装したことでも話題となりました。これにより、さらに快適な取引環境が構築できるだけでなく、スマートフォンを使ってのトレードにも対応が可能となりました

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)の取り扱い通貨

CryptoGTでは37の通貨ペアで取引をすることが可能です。以下にすべての通貨ペアを記載します。

 

円建て

・BTC/JPY
・ETH/JPY
・XRP/JPY
・LTC/JPY
・BCH/JPY
・XMR/JPY
・DASH/JPY

 

ドル建て

・BTC/USD
・ETH/USD
・XRP/USD
・BCH/USD
・LTC/USD
・XMR/USD
・DASH/USD

 

ビットコイン建て

・ETH/BTC
・XRP/BTC
・BCH/BTC
・LTC/BTC
・XMR/BTC
・DASH/BTC

 

イーサリアム建て

・XRP/ETH
・BCH/ETH
・XMR/ETH
・DASH/ETH

 

リップル建て

・ETH/XRP
・BCH/XRP
・LTC/XRP
・XMR/XRP
・DASH/XRP

 

ライトコイン建て

・ETH/LTC
・BCH/LTC
・DASH/LTC

 

モネロ建て

・ETH/XMR
・BCH/XMR
・LTC/XMR
・DASH/XMR

 

ダッシュ建て

・BCH/DASH

もちろん以上のすべてが200倍のレバレッジ取引に対応しています。2018年8月現在、円建てでは7種類の通貨ペアに対応。ドルも同じく7通貨ペアに対応しています。アルトコインのレバレッジ取引をする場合の国内取引所の選択肢はまだ少ないので、そういった場合にはCryptoGTが選択肢に入ってくるのではないでしょうか。

また、登場する7種類の通貨すべてで入金に対応しています。これはレバレッジ取引の証拠金として、7種類すべての通貨を証拠金にできるという意味。証拠金として入金する手持ちの円がなくても、代わりの通貨を充当することで幅広いレバレッジ取引をすることが可能です。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)の取引手数料

CryptoGTでの取引にかかる手数料は、スプレッド手数料とレバレッジ手数料の2つのみです。売買手数料も入金手数料も、さらには出金手数料でさえ一切かかりません。これは利用するトレーダーにとって大きな魅力。さまざまな取引がトランザクション手数料のみでおこなえます

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)に登録するメリット・デメリット

 

CryptoGTに登録するメリット

日本語や日本円に対応した取引所でハイレバレッジ取引ができる
スプレッドとレバレッジ手数料以外のさまざまな手数料が無料
できたばかりの取引所ゆえ、今後さらに充実していく可能性がある

 

CryptoGTに登録するデメリット

レバレッジ取引しかできない
海外の取引所ゆえ、そこに警戒感があるトレーダーには向かない

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)はどんな人におすすめ?

CryptoGTは通常の取引よりもレバレッジ取引、さらにはハイレバレッジ取引に興味があるトレーダーにおすすめです。200倍のレバレッジ倍率で購入できる取引所は、2018年8月現在、世界中のどこを探してもありません。さらにその取引所で日本円で取引ができるのです。レバレッジ取引、ハイレバレッジ取引に興味がある日本のトレーダーにとっては、使わない手はないでしょう。

また、かかる手数料もスプレッドとレバレッジ手数料のみなので、リスクがあってもとにかくリターンを追求したいトレーダーには、これ以上ない取引所と言えそうです。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)、ユーザーの口コミ

CryptoGTに関するユーザーの口コミは、レバレッジ倍率のこと、手数料のこと、日本語や日本円に対応していることについてがほとんどでした。
ネガティブな口コミはまったくなく、この点は欠点を補って余りあるCryptoGTの魅力にひかれて、利用している人が多いことのあらわれかもしれません。
ユーザーサポートも日本語で対応してくれるので、困ったときにも安心」という口コミもありました。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)の登録方法は?

この項からは実際に仮想通貨取引所CryptoGTを利用する方法について記載していきます。
まずはCryptoGTの登録方法についてです。
※ここではPCでの登録方法を記載します。

 

まずCryptoGTの公式サイトにアクセスし、画面中央下部にある「ご登録はこちら」をクリックします。

 

ログインとサインアップのページに遷移するので、「サインアップ」をクリックします。

 

必要情報を入力し、利用規約を確認・同意後、「続ける」をクリックします。

 

先ほど入力したメールアドレス宛に、確認コードが届きます。届いた確認コードを「コード」の欄に入力しましょう。60秒の制限時間があるので注意してください。

正しく入力し、「確認」をクリックすると次の画面に遷移します。

 

先ほどのログインとサインアップのページに遷移するので、ログイン側の入力ボックスに登録した情報に基づいて入力します。

「ログイン」に成功すれば、ユーザー登録は完了です。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)、スマホアプリのインストール方法は?

2018年8月現在、CryptoGTのスマホアプリはリリースされていません。しかし、上述のとおり、トレードツールMT5に対応しているので、スマートフォンのブラウザでも快適に利用することが可能です。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)の使い方

この項では仮想通貨取引所CryptoGTの使い方について紹介します。

 

ログイン画面からログインに成功するとこちらの画面に遷移します。すべて日本語表記になっているので、使い方に困ることはまずないでしょう。

アカウントの設定、入金、送金(資金移動)、出金などは上部のタブからおこないます。

ページ下部のトレーディングプラットフォームの箇所からは、MT5のインストールも可能。Windows版、Android版、iOS版、ウェブブラウザ版の4種類があるので、自身の投資環境に合ったものを選びましょう。現状Mac版はリリースされていないので、Macを使っている方は、スマートフォンから利用するか、ウェブブラウザ版を利用することになります。

万が一困った場合にはユーザーサポートを利用しましょう。右最下部にサポートのメールアドレスが記載されています。ユーザーサポートも日本語で対応してくれるため、安心して利用が可能です。

仮想通貨取引所CryptoGT(旧CryptoCM)、レバレッジ取引重視なら利用しない手はない!

以上、まだ公開されたばかりの仮想通貨取引所CryptoGTについて紹介しました。
CryptoGTはレバレッジ取引に大きく力を入れている取引所です。通常の取引には対応していない点には注意しましょう。
しかしレバレッジ取引を重視したいトレーダーにとっては、これ以上ない取引所であることもまた事実です。世界最大となる200倍のレバレッジ倍率に興味がある人は、積極的に利用してみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
結木千尋
ユウキチヒロ。フリーランスの文章書き。 2017年10月に仮想通貨と出会い、勉強を始める。関心は仮想通貨・ブロックチェーンに関連したサービスなど。投資はほとんどおこなわない。 これまでにBITDAYSを含め、複数の仮想通貨メディアに記事を寄稿。BITDAYSではインタビュー取材や、企画への出演といった経歴も持つ。
PAGE TOP