BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

FCoin(エフコイン)の特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法は?独自トークンが魅力の取引所!

一見下火のように見える仮想通貨市場にあって、世界中で新しい取引所が生まれ続けています。BITDAYSではこれまでにもCryptoCM(クリプトシーエム)cointap(コインタップ)といった新興の仮想通貨取引所を紹介してきました。
今日の話題も新たに誕生した仮想通貨取引所のお話。今回はFCoin(エフコイン)の特徴や評判、取り扱い通貨、登録方法について紹介します。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)の特徴は?

FCoin(エフコイン)は2018年4月に開設された中華系の取引所。2018年5月21日のβ版公開とともに正式に取引が開始されました。取引開始からはまだ1か月ほどですが、これまでに7,500億円の取引高を記録した日もあり、世界中から大きな注目が集まっています
※7,500億円の取引高はその日の世界1位。世界3大取引所をもってしても1日の取引高は1,500億円ほど。

FCoin(エフコイン)の特徴としてよく挙げられるのは以下の点です。

・大手取引所Huobi(フオビ)のCTOだったZhang Jian氏が創設した取引所
・独自トークンFTを発行している
・取引所で管理している資産の大部分をコールドウォレットで管理
・毎日の利益を公開することで、高い透明性を担保している
・利益の80%を独自トークン保有者に配当として分配する

FCoin(エフコイン)がとても魅力的な特徴を持った取引所だとわかっていただけたでしょうか?

また6月26日にはFInsurとの戦略的提携を発表し、ICOを実施することも明らかになりました。このICOによって発行されるトークンFIは購入権コードを持った人を対象に、0.00002ETH(2018年6月27日のレートで1円ほど)で販売されます。FIトークンはFTと比較して5倍ほどの価値を持つのではないか噂されており、1円ほどで購入できるのは破格と考えられています。
購入権コードは2018年6月27日15時(日本時間)からFInsurのサイト上で、FT保有者を対象に配布される予定
今後FCoin(エフコイン)を利用したいトレーダーにとっては、絶対に見逃せないICOになるでしょう。

FCoin(エフコイン)は上場通貨を投票で決定

FCoin(エフコイン)では上場する通貨をユーザーの投票によって決めています。第1回の投票は6月の終わりにおこなわれました。このとき新たに上場が決まった通貨は20種類。BITDAYSではニュースとしてその話題を取り上げたので、詳しくは↓の当時のニュース記事をご覧ください。

また、この通貨の上場投票は、第1回のみ上位20種類を選定。第2回以降は上位5種類の上場にとどまるようです。気になる方は動向に注目してみてはいかがでしょうか?

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)の取り扱い通貨

FCoin(エフコイン)ではさまざまな通貨を取り扱っています。以下に主なものを記載します。
※通貨ペアは通貨によって異なります。ご注意ください。

ビットコイン(Bitcoin/BTC)
イーサリアム(Ethereum/ETH)
リップル(Ripple/XRP)
ビットコインキャッシュ(BitcoinCash/BCH)
ライトコイン(LiteCoin/LTC)
ライトコイン(LiteCoin/LTC)

もちろんFCoin(エフコイン)ではここに記載した主要通貨以外にもたくさんの取り扱いがあります。有名なものでは、イオス(EOS)や、アイオタ(MIOTA)など。
ややマイナーな通貨も幅広く取り扱っており、今後も取り扱い通貨は増えていくことが予想されます。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)の取引手数料

FCoin(エフコイン)の取引手数料は0.1%に設定されています。しかし取引手数料として支払った金額の50%がFTで還元される仕組みであるため、よりお得に取引することが可能です。

また、アフィリエイトリンクなどからFCoin(エフコイン)に登録し、招待コードを持っているユーザーは、手数料の100%がFTで還元されます。利用するにあたってこの恩恵に預からない手はないので、FCoin(エフコイン)に登録する場合には、招待コードを使って登録するようにしましょう。

このFTによる還元は、FTの総発行枚数(100億枚)の51%が配布されると終了する予定となっています。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)に登録するメリット・デメリット

FCoin(エフコイン)に登録するメリット
・セキュリティ性が高い
・効率的に独自トークンを手に入れられる上、配当の分配を受けることができる
・招待コードがあれば、実質的に手数料が無料

 

FCoin(エフコイン)に登録するデメリット
・他の海外取引所と比べると、取り扱い通貨が少ない
・円建てで取引することはできない

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)はどんな人におすすめ?

FCoin(エフコイン)は、主要通貨を取引することが多いトレーダーにおすすめです。
先述のように海外の取引所の中では決して取り扱い通貨数は多くないため、アルトコインを目当てに利用するにはあまりメリットがありません
しかし取引手数料がFTとして還元されるのは大きな魅力。0.01%という価格設定も決して高いものではなく、利用すればするほど保有FTが増えます。その後は保有FTに応じてさらに配当も受け取ることができるので、メリットはとても大きいでしょう。

利用するのであれば招待コードを受け取って登録をするようにしましょう。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)、ユーザーの口コミ

FCoin(エフコイン)に対するユーザーの口コミは、軒並み配当に関するものばかりです。
FCoin(エフコイン)は毎日の利益を公開している上、独自トークン保有者に分配される配当も破格。従来の仮想通貨取引所からすると、この透明性や公益性は考えられません。
FCoin(エフコイン)を知っているユーザーに特徴を聞けば、ほぼすべての人がこの点を挙げるでしょう。その傾向は口コミにも如実にあらわれています。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)の登録方法は?

この項ではFCoin(エフコイン)の登録方法について記載します。

 

まずFCoin(エフコイン)の公式サイトに移動し、右上にある「Sign up」をクリックします。

 

アカウント情報登録の画面に遷移するので、必要な情報を入力し、「Sign Up」をクリックしてください。
※他の取引所と比較して、パスワードの設定基準が厳しいです。大文字、小文字、数字、記号をそれぞれ1つ以上パスワードに使う必要があります。うまくユーザー登録できないという人はこの点を見直してみてください。

 

上記のような認証画面へと遷移します。下部にあるスライダーを引っ張ろうとすると、画像の一部分がジクソーパズルのピースのように欠けるので、ぴったり合う位置までスライダーを移動し、ドロップしてください。

 

認証が完了すると、上のような画面へ遷移します。登録したメールアドレス宛に認証メールが送られるので、メールに記載されている認証ボタンをクリックし、メールアドレスを有効化してください。
※メールが届かない場合は画像内の「Resend」ボタンをクリックすると、メールが再送されます。何度やっても届かないという場合には、メールアドレスを間違えていたり、迷惑メールに分類されていたりという可能性が考えられるので、そちらを当たりましょう。

 

上記の画面が表示され、メールアドレスの有効化が完了します。「Sign In」をクリックし、サインイン画面へと移動してください。

 

サインイン画面に移動したら、先ほど自身で設定したメールアドレスとパスワードを入力し、「Sign In」ボタンをクリックします。

 

再度スライダーによる認証画面が表示されるので、先ほどと同じ手順で認証を済ませてください。

 

この画面が表示されれば、無事登録が完了し、サインインができたことになります。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)、スマホアプリのインストール方法は?

FCoin(エフコイン)にはまだスマホアプリがありません。しかし、今後登場する可能性は大いにあります。
まだPCサイトもβ版なので、気長に待つのが良いでしょう。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)の使い方

これはFCoin(エフコイン)にサインインした直後のページ。基本的にはこの画面からさまざまな操作をおこなっていくことになります。

 

左上の「ETH/USDT」と表示された箇所からは通貨ペアの選択が可能。先述のようにFCoin(エフコイン)には12通貨・19ペアを取り扱っているので、取引したい通貨を選びたい場合はここから操作してください。

 

画面の右側には板が表示されています。
板の表示パターンには

・現在の約定価格を中心に売り注文と買い注文を表示しているもの
・売り注文だけを表示しているもの
・買い注文だけを表示しているもの

の3種類があるので、見たい情報に応じて使いやすいものを選択するようにしましょう。

 

右上のログインネームをクリックすると、メニューが開きます。基本的にはここで紹介した「Exchange」の画面と「Setting」を中心に使っていくことになるでしょう。
「Setting」からは2段階認証の設定や、APIの設定、パスワードの変更、ログイン履歴を確認することができます。FCoin(エフコイン)はまだβ版での運用なので、今後このあたりの項目は増えていくはずです。

仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)は独自トークンFTが大きな魅力の取引所!

以上、仮想通貨取引所FCoin(エフコイン)について詳しく解説しました。

FCoin(エフコイン)を利用する理由を考えたとき、独自トークンFTの存在は外せません。他の取引所のように独自トークンを持つことで取引手数料が割引になるということはありませんが、手数料の50%(招待コードがあれば100%)がFTで還元されることは、他にはない大きなメリットです。今後FCoin(エフコイン)が取引所として成長していけば、FTの価値が本来支払った手数料を上回ることだってあるかもしれません。

このFTによる還元は、総発行枚数の51%を配布したらそこで終了。取引所FCoin(エフコイン)はより早く、より多く利用するほど、トレーダーにとって恩恵が大きいと言えるでしょう。

FCoin(エフコイン)について詳しくなったこの機会に、登録を進めてみてはいかがでしょうか?

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
結木千尋
ユウキチヒロ。フリーランスの文章書き。 2017年10月に仮想通貨と出会い、勉強を始める。関心は仮想通貨・ブロックチェーンに関連したサービスなど。投資はほとんどおこなわない。 これまでにBITDAYSを含め、複数の仮想通貨メディアに記事を寄稿。BITDAYSではインタビュー取材や、企画への出演といった経歴も持つ。
PAGE TOP