BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

安心のGMOグループで仮想通貨!人気のGMOコインを紹介

ビットコインをはじめとする仮想通貨を手に入れるためには、一般的に「取引所」か「販売所」を利用します。
日本では「仮想通貨法」によって、仮想通貨交換業者として認可された業者で取引をおこなう必要があり、現在11社が登録済みです。
その11社の中に、「GMOコイン」が入っています。ネット証券やFX取引をされる方にはおなじみのGMOインターネットグループが仮想通貨業界に参入してきたのです。

GMOコインは他の仮想通貨取引所と何が違うのでしょうか?

今回はGMOコインの特徴についてお話します。

▼仮想通貨取引所GMOコインについて詳しくはこちら

GMOコインはどんな取引所?

正式には、GMOコインは仮想通貨取引所ではありません。
「取引所」と似ていますが「販売所」の類に入ります。

GMOコインの公式ホームページでは以下のように説明しています。

取引所では、一番安い価格で売りに出されている数量は常に変動しています。そのため板に表示されている最も安い価格を見て買いの成行注文をした場合に、実際に約定した価格が想定よりも高い価格となってしまうことがあります。
特に、流動性の低い相場状況において、100万円を超えるような大きな注文をした場合、最終的な約定価格が想定を大きく上回ってしまうことも珍しくありません。

GMOコインでビットコインを売買した場合には、500円であっても100万円であっても、提示されている価格で売買が成立します(※1)。そのため、
「100万円を超える金額の取引をしたい」
「自分の意図した価格で取引したい」
と考える方にとって利用しやすいサービスとなっています。

(※1)ただし、レバレッジ取引(仮想通貨FX)の場合には、価格変動時に成行注文等を発注すると、提示された価格と約定した価格との間に差異(スリッページ)が発生することがあります。

引用:https://coin.z.com/jp/corp/guide/comparison/index.html

つまり一般的な仮想通貨取引所だと、希望の買値で注文を出しても少しズレが出ることがあります。これは株やFXの取引をしている人なら心当たりがあるはずです。

一方、GMOコインはこの問題を解決。注文した金額で売買が成立するようなシステムになっています。常に提示した金額で取引ができるのは、初心者にはとても分かりやすいサービスですよね。

 

GMOコインでビットコインFXをするには?

GMOコインでは、ビットコインを使ったFX取引ができます。レバレッジを効かせた取引ということです。最大25倍のレバレッジをかけられます。

どういうことかというと、初めに証拠金としてお金を預け入れることで、証拠金の数倍から数十倍の金額の取引をおこなえるようになるのです。例えば1万円を預け入れた際、レバレッジを15倍にしておくと15万円分の取引ができるようになります。実際に手元にある金額より大きな取引ができるのがレバレッジ取引です。

ただ、レバレッジ取引は初心者にはあまりおすすめできません。ビットコインは特に価格変動が大きいため、価格が急落した時にとても大きな損失が出ます。初心者では売るタイミングが分からないと思われるので、ビットコインFXは慣れてきたら挑戦するのがいいでしょう。

GMOコインはココがおすすめ!

GMOコインをおすすめするポイントは以下の6つです。

1.最小取引単位が0.001BTC

例えば1BTC=50万円の場合、500円から始められるということです。高額な資金を用意する必要がなく、気軽に取引できますね。

2.24時間365日利用可能

土日祝日など曜日や時間帯を気にせず、いつでも取引が可能です。

3.指定した金額で購入できる

一般的な仮想通貨取引所でビットコインを売買する場合、表示価格よりも不利な価格で売買が成立してしまうことがあります。
GMOコインでは、500円であっても100万円であっても、提示されている価格でビットコインが売買できます。

4.取引手数料が無料

日本円の入金・出金手数料のほか、ビットコインの引き出し手数料も負担してくれます。一般的に、出金する際にはお金がかかる取引所がほとんどですので、これはありがたいですね。

5.最短で翌日から取引スタート

口座申込の当日~1営業日以内に審査を実施しています。審査完了の翌営業日には書類発送がされるため、最短1日で取引を開始できます。

6.扱う仮想通貨の種類が増加中

仮想通貨はビットコイン以外にもいろいろあります。2017年10月現在はビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコインを取り扱っており、今後も順次アルトコインの取り扱いを増やしていく方針です。

 

ますます広がる仮想通貨業界

今回は、数ある仮想通貨取引所の中からGMOコインを紹介しました。
「取引所」ではなく「販売所」という形式を取っているのが特徴です。仮想通貨を始めるのにはいろいろな方法があるので、自分に合った方法を見つけるといいでしょう。

仮想通貨取引所は徐々に増えてきていますが、GMOインターネットグループの仮想通貨業界参入は大きな波紋を呼びました。もともと金融取引のノウハウがあり、信頼度の高いグループです。FXや株取引などでGMOを利用している人はGMOコインを積極的に利用していくことになるかもしれません。

また、今後GMOインターネットグループ以外の企業も参入してくる可能性があり、利用者としてはサービスの向上が望めるため、喜ばしい状況と言えます。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

ITDAYS(ビットデイズ)は「新しい経済にワクワクしよう⚡」をコンセプトに仮想通貨やブロックチェーン関連のカルチャーWEBメディアです🖥国内外の話題のニュースや最新情報を毎日発信中しています📰
PAGE TOP