BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

仮想通貨取引所GMOコインで入出金をするには?詳しい方法や注意点は?

日本国内でも特に有名な取引所「GMOコイン」では、毎日のように有益な取引が行われています。
今からでも市場に参加することで、仮想通貨によるたくさんの利益を上げることも可能かもしれません。

そんなGMOコインでの売買に興味があるのなら、まずは日本円の入出金を行う必要があります。
以下に詳細を記載してまいりますので、これから取引を始める人はぜひチェックしてみてください。

入出金にもいくつかのポイントがあり、注意しておかなければならないことも複数存在します。
この機にまとめて入出金に関する方法を確認し、GMOコインをスムーズに使えるようになっておきましょう。

GMOコインの入金方法にはいくつかの方法がある?それぞれの特徴を確認しよう!

「即時入金」と「振込入金」がある

GMOコインへの入金方法には、「即時入金」と「振込入金」の2種類が準備されています。
ユーザーが自由に選択することができるので、まずは2つの特徴を把握することから始めてみましょう。

即時入金と振込入金にはそれぞれメリットと注意点があるため、あらかじめチェックしておくことが重要となります。
どちらか一方ではなく両方の入金方法を使いこなすことで、よりスムーズな取引を行うことも可能となるでしょう。

入金は仮想通貨の取引をスタートさせる最初の一歩となるため、正しい手順を踏むことがポイントです。
失敗を招いて余計な手間や時間をかけないように、十分な知識を持って臨みましょう。

即時入金の特徴

即時入金とは、日本円の入金を即座に反映する便利なシステムのことです。
24時間いつでも入金を受け付けているので、忙しい毎日を送っている人におすすめできる入金方法となっています。

GMOコインなら手数料も無料となっているので、他の取引所と比べても気軽な即時入金が可能です。
素早く取引に移行したいのなら、ぜひGMOコインの即時入金を利用してみましょう。

即時入金に対応しているのは、ペイジー、楽天銀行、住信SBIネット銀行です。
いずれかの口座を準備しておく必要があるので、即時入金を利用する場合は自分のアカウントへの登録をお忘れなく。

即時入金の方法

GMOコインにログイン後、「口座情報」から「入出金」を選び、「日本円」をチェックします。
「即時入金」のタブを選択して、ペイジー、楽天銀行、住信SBIネット銀行のなかから希望のものを選びましょう。

ペイジーの場合はそのまま「入金画面へ」をクリックし、入金予定の金額を入力します。
「入金開始」を押すと確認画面に移行するので、金額と自分の名前、電話番号に間違いがないかチェックしましょう。

問題なければ「金融機関選択に進む」をクリックして、利用予定の金融機関のサイトにアクセスします。
後は金融機関ごとの指示に従って、即時入金への支払い手続きを完了させましょう。

正しく操作が完了すれば、口座情報に先ほど入力した金額が反映されます。

楽天銀行、住信SBIネット銀行の場合も、流れはほとんど同じです。
それぞれのサイトに移動して、パスワード入力やワンタイムキーによる認証をクリアします。

楽天銀行の場合は、最後に画面の「ショップへ戻る」を押さなければ入金が完了しないので注意が必要です。

振込入金の特徴

即時入金に対応している銀行口座を持たない場合や、特に急ぎでの入金が必要ないときは、振込入金も可能です。
それでも15時までに着金を確認できた場合はすぐに取引口座に反映されるので、その日のうちに仮想通貨の売買を開始できるでしょう。

振込入金はその名の通り、銀行から日本円を直接振り込むことで成立する方法です。
ユーザーごとに入金先の口座は変わるので、間違って別の口座に振り込まないように注意しましょう。

入金先の口座は、「口座情報」から「入出金」を選択し、「日本円」の「振込入金」を選択することで確認できます。
記載されている口座情報が自分専用の口座となるので、メモやスクリーンショットで保存しておきましょう。

振込入金のやり方

振込入金は、上記で確認したGMOコインの口座に振り込みを行うだけでOKです。
しかし事前にGMOコインに登録したユーザー名と振込名義が異なると入金は反映されないため、必ず自分名義の銀行から振込を行いましょう。

振込入金もGMOコインでは手数料が発生しませんが、それぞれの銀行にかかる振込手数料は別途負担する必要があります。
あらかじめチェックして、振込にかかる手数料を把握しておくといいでしょう。

GMOコインから日本円を出金するには?口座の登録方法や手数料をチェック!

出金の手順はとても簡単

GMOコインに預けている日本円を出金するには、メニューから「入出金」を選択し、「日本円」の「出金」をクリックします。
初めて出金を行う場合は「出金口座が登録されていません」と表示されるので、日本円を受け取る銀行口座を新規で登録しておきましょう。

口座登録が済んだら「出金依頼額」に金額を入力します。
二段階認証でユーザー本人であることを確認した後、「確認画面へ」をクリックして手続きを完了させましょう。

出金手数料は無料であるため、出金が重なっても問題ないのがGMOコインの特徴。
仮想通貨と法定通貨を頻繁に移動させることがあるのなら、手続きが簡単なGMOコインがおすすめです。

またGMOコインからの出金金額は、最低1万円からとなっています。
「全額出金」なら制限はないので、1万円以下の出金の場合はそちらを利用するようにしてください。

出金に関する注意点

GMOコインでの出金には、いくつかの注意点があります。
特に毎営業日17時から18時までは出金依頼を受け付けていないことは重要なポイントなので、この機にチェックしておきましょう。

また17時までの出金依頼は翌営業日に反映されますが、18時以降は銀行の翌々営業日に出金が行われます。
早めに出金したいのなら、17時までには出金の手続きを終えておくといいでしょう。

出金のキャンセルは、当日の17時までなら対応してくれます。
「入出金」から「日本円」を選び、「取引履歴」の画面にある「取消」をクリックしましょう。

土日・祝日に出金依頼をした場合は、翌営業日の17時までとなります。
以降は取消が不可能となるので、誤って出金依頼をしたときは早めにキャンセルを行いましょう。

入出金に関する疑問も確認!いざというときのために備えておこう!

クレジットカードでの入金は可能?

2018年5月現在、GMOコインはクレジットカードによる入金を採用していません。
上記で紹介した通り、即時入金と振込入金の2つが選択肢となります。

これから新しい制度として発表される可能性はあるかもしれませんが、今のところクレジットカードは使えないことを覚えておきましょう。

入出金の履歴はどこで確認できる?

自身のアカウントで行われた日本円の入出金は、会員ページから確認できます。
メニューから「入出金」「日本円」「取引履歴」をクリックし、期間や区分を選択しましょう。

入金方法や金額、手数料や現在のステータスが表示されるので、これまでの入出金をまとめて確認するのに便利です。

アプリからの入金方法は?

GMOコインが提供している公式アプリ「ビットレ君」では、即時入金を行うことができます。
ログイン後のスマホ画面から「ホーム」を選択し、「即時入金」をタップしましょう。

後はパソコンと同じ手順で入金手続きを進められるので、アプリからでも気軽な入金は可能です。

GMOコインの入出金は非常に簡単!今日からでも仮想通貨取引をスタートさせよう!

ここまでにご紹介した通り、GMOコインでの入出金手続きは非常に簡単です。
仮想通貨取引を行いたい人は、今日からでも実際に日本円を使った売買が行えるでしょう。

それでもストレスのないスムーズな取引を実現するには、いくつかの注意点をチェックするべきです。
上記のポイントを参考にして、GMOコインの入出金システムを使いこなしていきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial