BITDAYS(ビットデイズ)- キャッシュレス・フィンテックの総合サイト。仮想通貨やスマホ決済の最新情報を発信

Huobi(フォビ)

Huobi(フォビ)の特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法を解説!取引高世界3位の取引所!

Huobi(フォビ)の特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法を解説!取引高世界3位の取引所!

2018年の仮想通貨市場では、中華系取引所の躍進が目立ちます。今回紹介する取引所もそんな中華系取引所の一角。2018年6月現在、世界3位の仮想通貨取引高と言われているHuobi(フォビ)の特徴や評判、取り扱い通貨、登録方法などを解説します。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の特徴は?

冒頭でも触れたようにHuobiは中華系の仮想通貨取引所です。2013年9月に中国で創業しました。
「中国の仮想通貨取引所」ではなく、「中華系の仮想通貨取引所」と表現するのは、本拠地が移転しているから。2017年10月の中国の取引所規制により、取引を停止せざるを得なかったHuobiは、2017年11月に拠点を香港とシンガポールに移しています。そのタイミングで取引所の名称も「Huobi pro」と改めました。過去の名称から「Huobi」と呼ばれますが、現在「Huobi」と使われた場合には、この「Huobi pro」を指すのが一般的です。

Huobiの特徴としてよく挙げられるのは以下の4点です。

アルトコインの取り扱い数が豊富
日本語に対応している
アルトコインをショート(売り)から取引することができる
フォビトークン(Huobi Token/HT)という独自トークンを発行している

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の取り扱い通貨

取り扱い通貨の豊富さはHuobiの大きな特徴となっています。その数なんと100種類以上。最近ではカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)やスチーム(Steem/STEEM)、アイオタ(IOTA/MIOTA)、ディークレッド(Decred/DCR)の取り扱いを始めるニュースが大きな話題を呼びました。

Huobiにカルダノエイダコイン(Cardano/ADA)が上場!
Huobiにスチーム(Steem/STEEM)が上場!
Huobiにアイオタ(IOTA/MIOTA)が上場!
Huobiにディークレッド(Decred/DCR)が上場!

 

Huobiでは、BTC建て、ETH建て、USDT建て、HT建てで通貨を取引することができます。
※すべての通貨ではなく、それぞれに通貨ペアがある
2018年6月現在のところ、円建ての通貨ペアは存在しないので、取引したい場合には、上記の通貨に日本円を替えてから取引することになります。

 

さらに当然といえば当然ですが、HTはHuobiでしか購入することができません。Huobiが今急上昇中の取引所ということもありますが、HTもみるみるその価値を上げています。
2018年6月現在、時価総額ランキング19位で価格は発行当初の3倍。有名トレーダーの中にも取引所の独自トークンに注目している人は多く、その中でもHTは名前の挙がりやすい通貨です。「HTを取り扱っているから」という理由でHuobiを利用している人ももしかしたらいるのかもしれません。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の取引手数料

Huobiの取引手数料は一律で0.2%です。海外取引所の平均からすると、やや高い取引手数料設定ですが、この手数料にはHTを充当することができます。
HTを使った場合には手数料が最大で50%オフとなるので、実質0.1%ほどで利用することが可能です

Huobiの入出金手数料

入金手数料は無料、出金手数料は通貨によって異なります。例えば、BTCであれば0.001%、ETHであれば0.01%です。BCHやHSRの出金手数料が、他の通貨と比較して割安で、0.0001%となっています。このあたりの通貨を取引する予定であればHuobiを選択肢に入れてもいいかもしれません。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)に登録するメリット・デメリット

この項ではHuobiに登録するメリット・デメリットを紹介します。当然、Huobiの特徴を活かした取引ができる場合にはメリットも増えてきます。特徴を踏まえた上で、上手に取引所を選択しましょう。

 

Huobiに登録するメリット

アルトコインが幅広く取引できる
日本語に対応しているので、日本人でも安心
独自トークンを利用することで、有利な手数料で取引できる

 

Huobiに登録するデメリット

取引手数料がやや高い(独自トークン利用で回避できる)
円建てでの購入はできない

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)はどんな人におすすめ?

Huobiは、主要通貨よりも草コインの取引に重きを置いているトレーダーにおすすめです。100種類以上もの通貨は国内の取引所では取引することができません。もう何十倍もの上昇は見込みにくいBTCやETHではなく、まだあまり知られていない通貨でハイリスクハイリターンな投資をしたいという人には、利用する価値が大きいのではないでしょうか。

また日本人にとっては日本語対応していることが大きな安心感につながります。英語に自信があるという方でなければ、日本語対応の海外取引所というだけで利用する理由になりそうです。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)、ユーザーの口コミ

Huobiに対するユーザーの口コミはポジティブなものが目立ちました。
日本語対応しているから安心して使える」「サイトがシンプルで使いやすい」「国内ではあまり取引できないから、アルトコインの豊富さがうれしい」といったものがほとんどです。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の登録方法は?

ここではHuobiの登録方法について紹介します。

 

まずはHuobi(フォビ)の公式サイトにアクセスしましょう。
右上にある「無料アカウント作成」をクリックします。

 

Huobiでは携帯電話かメールアドレスのどちらかを選んで登録することができます。
自身が登録したい方法を選び、案内にしたがって必要事項を入力、「無料アカウント作成」をクリックします。

 

認証のためのポップアップが立ち上がるので、スライドバーを右にドラッグします。

 

画面の指示にしたがって、右側の画像の文字を中央の入力ウインドウに入力し、「提出する」をクリックします。

 

上記の画面に遷移するので、「確認」をクリックしましょう。

 

うまく認証が完了すると、この画面に遷移します。
登録したアドレス宛に認証コード記載のメールが届いているはずなので、記載されている認証コードを入力ボックスに入力しましょう。
入力が完了したら「完了」をクリックします。
※コードの入力には制限時間が設けられています。時間を過ぎるともう一度メールが送信されるシステムのようです。

 

ログイン画面に自動で切り替わるので、先ほど登録したログイン情報を入力し、「ログイン」をクリックします。

 

再度、認証のためのポップアップが立ち上がるので、先ほどと同じ要領でスライドバーをスライドさせましょう。

 

すべて完了すると、上記の画面が表示されます。
画面内にもある通り、これでアカウントの開設は完了です。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)、スマホアプリのインストール方法は?

Huobiではスマホで利用できるアプリをリリースしています。インストール方法はそれぞれのアプリストアにいき、インストールボタンをクリックするだけ。以下にそれぞれのストアページへのリンクを記載するので、Huobiを利用している、または利用したいという方は、あわせてアプリもインストールしてみてはいかがでしょうか?

iOS版Huobiアプリのインストールはこちら
Android版Huobiアプリのインストールはこちら

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)の使い方

ここではHuobiのおおまかな使い方について紹介します。
まずはHuobi(フォビ)の公式サイトにアクセスしましょう。
トップ画面の上部にHuobiのさまざまな機能へ飛ぶことができるタブがあります。順番に解説していきます。

OTC

OTCとはOver The Counterの略で、取引所を介さずにトレーダー同士でおこなう取引のことを指します。HuobiはこのOTC取引にも対応。OTC取引では取引数量や価格、決済方法など、さまざまなことを当事者間で決め、取引します。取引所取引と比較すると、相手への信頼感の面で少し劣りますが、はるかに融通がきいた取引をおこなうことが可能です。

取引所

ここから通常の仮想通貨取引がおこなえます。ローソク足チャートや板、指数など、取引に必要な情報がこのページに詰まっています。ページ下部ではそれぞれの通貨の詳しい説明も見ることができます。

レバレッジ取引所

Huobiではレバレッジ取引もすることができます。表示される画面は通常取引と同じような画面なので、すんなり始めることができるでしょう。通常取引のつもりでうっかりレバレッジ取引をしてしまわないよう、注意が必要です。

HADAX

HADAXはHuobiグループの別の取引所です。
HADAXでは投票によって上場通貨を決めています。HADAXに登録されたトークンがHuobiの基準もクリアすると、Huobiにも上場される仕組みとなっており、Huobiに比べさらに幅広い通貨を扱うのが、HADAXとなっています。

口座管理

口座管理からは、取引口座やレバレッジ口座の入出金を管理することができます。「取引」をクリックすると、直接取引所の取引ページに飛ぶことができるので、とても便利です。

取引管理

ここでは過去の取引を一覧で見ることができます。一覧は「注文一覧」「注文履歴」「約定履歴」と分かれているので、見づらくなってしまう心配もありません。確定申告などで過去の取引を把握したい場合には、ここから取引の一覧を取得しましょう。

仮想通貨取引所Huobi(フォビ)はアルトコインの取引にもってこい!

以上、Huobiの特徴、評判、取り扱い通貨、登録方法などについて解説しました。
国内の取引所ではまだアルトコインの扱いが多くありません。「取引したいアルトコインがあるのに」なんて思っている方は、Huobiの取り扱い通貨を覗いてみましょう。ほとんどの通貨が上場されているはずです。
このようにHuobiはアルトコインの取引にもってこい。国内で取り扱いのないアルトコインを取引したいのであれば、Huobiを利用してみてはいかがでしょうか?

 

Huobi pro公式Twitterアカウント:https://twitter.com/huobi_pro
Huobi Japan公式Twitterアカウント:https://twitter.com/huobijapan
Huobi Pro公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCABkgL5rRAk61E2Qtjtqcxw
Huobi Japan公式YouTubeチャンネル:https://www.youtube.com/channel/UCpWnfmrT6qyTtkdgZJgNn4w

PAGE TOP