BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

OKEx

OKEx(オーケーイーエックス)の特徴は?取り扱い通貨や口座開設方法をわかりやすく解説!

OKEx(オーケーイーエックス)の特徴は?取り扱い通貨や口座開設方法をわかりやすく解説!

「欲しいアルトコインがある!でも、日本の取引所では購入できない……」
そうお思いの方は、海外取引所を利用してみるのもいいかもしれません。

今回ご紹介するOKEx(オーケーイーエックス)は、世界の取引所の中でも取引量が多く、豊富なアルトコインを揃える有数の仮想通貨取引所の一つです。

ここでは、OKEx(オーケーイーエックス)の特徴、取り扱い通貨、口座解説方法について解説します。

香港の大手仮想通貨取引所OKEx(オーケーイーエックス)の特徴は?

2014年に創業されたOKEx(オーケーイーエックス)は、Binance(バイナンス)Huobi(フォビ)と並ぶ、中国の三大仮想通貨取引所の一つで、世界最大級の取引所です。
現在、香港を拠点にサービスを提供していますが、2018年4月にマルタ島に新拠点を設けると発表がありました。

取引所は英語と中国語(簡体字と繁体字)のみに対応しており、日本語には非対応ですが、日本人でも口座開設することはできます。

通貨の保管に関してはコールドウォレットを採用しており、二段階認証や本人確認レベルでの出金制限などセキュリティレベルにも定評があります。

そんなOKExの主な特徴をご紹介します。

トークン取引を含めて4つの取引方法がある

OKExでは、日本では取り扱っていない様々なアルトコインのレバレッジ取引ができることが特徴です。
取引方法も様々であり、トークン取引、インデックス取引、C2C取引、先物取引の4つの取引項目から仮想通貨の売買を行えます。

C2C取引では、USD(アメリカドル)とCNY(中国人民元)のどちらかの法定通貨建で仮想通貨の売買ができます。
また、ビットコインの先物取引においては、毎日約1.5億ドルの取引量があるとされています。

一般的に日本在住の方が取引する場合、通常のトークン取引を利用されることが多いでしょう。また、レバレッジ取引ができるからといって、初心者が安易にトレードを行うのは危険です。レバレッジをかけてトレードされる場合、余裕ある資金を持ち、現物取引での経験を経てから、まずは少額でチャレンジしてみましょう。

豊富なアルトコインの数

OKExでは、100種類以上の仮想通貨(トークン)でトレードができます。これらのトークンとは、BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、USDT(USドルテザー)、独自トークンであるOKBの4種類で取引することができます。

日本在住の方がOKExでコインを購入する場合、国内の取引所からBTCやETHを送金することになります。

世界の取引所の中でも24時間の取引量が多い

OKExは24時間の取引量(出来高)が多いことでも有名です。世界の取引所の中でも4位(2018年7月上旬)を誇る取引量があり、流動性が高いことで知られています。

一般的に取引量が多いと、取引が活発に行われていることを表し、急な暴落や売りたいときに売れないといったリスクを避けることができます。

海外取引所で仮想通貨を購入する場合、OKExのように24時間の取引量が多いところを基準に選ぶと比較的安心でしょう。

先物取引でビットバンクと提携

先物取引において、OKExとビットバンクが提携しています。国内にあるビットバンクトレードで先物取引を行うと、全ての注文はOKExが取り次ぐことになります。

このようなレバレッジ取引を行うことで、現物注文よりもハイリスクな取引になります。また、OKExは流動性が高い海外取引所として知られていますが、急な価格変動リスク、流動性リスクは少なからずあります。

先物取引を行う場合は、リスク要因を十分理解した上で慎重に取引を行いましょう。

OKEx(オーケーイーエックス)の取り扱い通貨は?

豊富なアルトコイン数を誇るOKExでは、国内取引所で購入することができない数々のアルトコインがあります。

例えば、OKExで取り扱っている主要人気通貨では以下のようなものがあります。

  • BTC(ビットコイン)
  • ETH(イーサリアム)
  • LTC(ライトコイン)
  • BCH(ビットコインキャッシュ)
  • EOS(イオス)
  • ETC(イーサリアムクラシック)
  • XRP(リップル)
  • IOTA(アイオータ)
  • NEO(ネオ)

また、OKExで上位の取引量を誇る2つの仮想通貨を紹介します。国内取引所では購入できないアルトコインですが、注目を浴びている通貨ですので、今後ひょっとすると大きく化ける可能性があるかもしれません。

2018年3月にローンチされたMITH(ミスリル)は、イーサリアムブロックチェーン上で動くソーシャルメディアのためのトークンです。Mithril(ミスリル)は、ライブストリーミングサービスを中心に様々なサービスを提供するプラットフォームを目指しており。既にLITというアプリケーションでライブストリーミングサービスを利用することができます。

TRUE(トゥルーチェーン)は、商用のために安全で高性能なブロックチェーンインフラを提供するプロジェクトです。高い取引処理能力、簡単かつ迅速にアクセスできることを目標としており、使いやすい開発キットを提供しています。界隈ではその特徴から次世代のEOSとも言われているそうです。

取引所独自トークンOKBについて

OKExでは、バイナンスのBNBコインのような取引所独自トークンOKBを発行しています。

ユーザーはOKBを基軸通貨として他通貨と取引することで、取引手数料が無料になるメリットを受けられます。
また、毎週金曜日にOKExの得た取引手数料の50%分を、OKB保有者にその保有割合に応じて還元する仕組みを取り入れてます。それゆえに、独自トークンOKBを保有しておくだけでも、毎週保有枚数が増えていきます。

そしてメリットはこれだけではありません。OKB保有者は、OKExに上場するトークン追加にも大きな影響を与えることができます。OKExでは、どのトークンを追加するかという決定方法にOKBを使用しており、OKB保有者はその投票に参加することができます。

取引所の独自トークンは、厳しい価格相場の中でも上昇している傾向が多いのが特徴です。3月下旬より取引の開始されたOKBもその一例であり、取引開始時の価格と比べると現在時点で約6倍に上昇しています。

全体的な下落相場の最中には、OKBトークンのような取引所の独自トークンを保持しておくのも一つの戦術といえるでしょう。

OKEx(オーケーイーエックス)の口座開設方法は?

Okexの口座開設方法を解説します。

まずは右上の「Sign Up」をクリックします。

次に、下記の手順に沿って、「Sign Up」項目を埋めていきます。

  • 1、Eメールアドレスを入力します。
  • 2、右横の「Get code」をクリックすると、1で設定したアドレスに認証コードが送られます。60秒以内の入力が求められるので、確認次第すぐにコードを入力します。
  • 3、自身で決めたパスワードを入力します。
  • 4、再度3で設定したパスワードを入力します。
  • 5、下のチェックボックスにチェックを入れ、「Sign Up」をクリックします。

これでアカウント登録は完了です。

二段階認証の設定

次に二段階認証の設定を行います。上記だけではセキュリティ上、不十分ですので必ず行いましょう。

まず、Google Authenticatorのアプリをインストールしておきます。次に、画面右上メニューから「Security」をクリックします、

画面遷移が終わると、Google Authenticatorの項目の右端「Settings」をクリックします。

次の画面ではGoogle Authenticatorのアプリを起動し、QRコードを読み取ります。「Get code」をクリックし、登録しているメールアドレスに届いたEmail codeを入力します。最後に、上記Google Authenticationの箇所にアプリより6桁の数字を入力し、「Confirm」をクリックします。

これで2段階認証の登録は完了です。

ファンドパスワードとは?

「Security」項目の「Google Authenticator」の下に、「Fund Password」という項目があります。取引や出金時に必要となる項目なので、こちらも設定しておきましょう。

  • 1、パスワード入力
  • 2、パスワードを再度入力
  • 3、Google Authenticatorより、6桁のcode(コード)を入力

そして、「Confirm」をクリックすると設定完了です。

OKExの本人確認方法とは

最後に、OKExの本人確認に関して少し触れておきます。

OKExでは、本人確認レベルに応じて出金制限がかかる仕組みになっています。出金制限は24時間ごとにかかり、レベル1では2BTCまで、レベル2では100BTCまでと、レベルに応じて異なります。
そのため、取引をする場合、レベル2まで上げておくのが望ましいです。

本人確認の設定は、「Settings」→「Verification」から行います。

レベル1に引き上げるには、空欄の上から以下のように入力します。

  • Nationality→国籍(Japan)を選択
  • Surname→苗字を記入
  • Given name→名前を記入
  • Passport number→パスポート番号を記入

以上でレベル1は終了です。

レベル2に引き上げるには、詳細な本人情報の入力と本人確認書類の提出が必要です。本人確認書類は、写真のアップロードで提出可能です。

OKEx(オーケーイーエックス)の取引手数料は?

OKExの現物取引の手数料は、メイカー手数料が0.15%、テイカー手数料が0.2%です。この値は、過去30日間で600BTCまでの取引に限ります。

OKExの手数料の仕組みは、過去30日間のBTCの取引量に応じて、変化する仕組みを取っています。
そのため、600BTC以上の取引でないと取引手数料は変わらないので、一般の個人投資家がそれ以上のメリットを受けることはあまりないかもしれません。

以下の公式サイトより、現物取引および先物取引の詳しい取引手数料を確認することができます。「Spot Trading」は現物取引で、「Futures Trading」は先物取引を指します。

OKExの取引手数料はこちら

トップクラスの取引量を誇るOKEx(オーケーイーエックス)に登録してみよう

海外取引所OKEx(オーケーイーエックス)の特徴から始まり、取り扱い通貨、口座開設方法、取引手数料について解説してきました。

OKExは、数百種類のアルトコインを取り扱っており、国内にない通貨を売買されたい方、レバレッジ取引をされたい方は必見です。まだOKEx以外の取引所には上場しておらず、今後の発展に期待できそうな仮想通貨プロジェクトを探してみるのも面白いかもしれません。

もちろん、これから芽が出そうなプロジェクトに投資する場合は、大きなリスクがつきものなので、よく調べてから購入しましょう。

また、OKEx取引所の独自トークンであるOKBを保有するだけでも、さまざまな用途があり今後大きく価格上昇に期待できそうです。

ただし、OKExでの取引には注意も必要です。中国当局の規制外とはいえ、香港も最近規制が徐々に厳しくなってきていると聞きます。
そのため、当局の意向により、取引所の運営方針が急変することもありえるので、中国の動向に関しては、売買と同時に情報収集しておきましょう。

今後の躍進が見逃せないオススメの海外取引所OKExについてのご紹介でした。

PAGE TOP