BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

アルトコインの豊富さは世界トップクラス!仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)とは?

Poloniex(ポロニエックス)は世界でトップクラスの規模を誇る仮想通貨取引所です。その理由は、取引の規模と取り扱っているアルトコインの種類の豊富さにあります。

その数は70種類にもおよび、日本では取り扱っていないようなアルトコインの取引を可能とすることがPoloniexが支持される要因になっています。
そのため、仮想通貨の投資をするのであれば、欠かすことのできない取引所と言えるでしょう。

現在、仮想通貨の種類は1500を超えるとも言われ、日本の取引所では購入できないコインもたくさんあります。世界で流通している仮想通貨に興味があれば、Poloniexをチェックしてみることをおすすめします。

Q.取引量がトップクラスな取引所Poloniex(ポロニエックス)の特徴は?

Poloniexは2014年の1月にアメリカで開設された仮想通貨取引所であり、たくさんのアルトコインを取り扱っています。アルトコインとは、ビットコインを除くイーサリアムやビットコインキャッシュのような仮想通貨のことと考えましょう。

最も有名なビットコインのように、世界には可能性を秘めた仮想通貨が多く広まっています。
しかし日本の取引所では扱われている仮想通貨の種類が限られているので、Poloniexのような海外の取引所にも登録すればもっと多くのコインで取引ができます。

アルトコインの通貨が豊富であれば、その分だけ取引量も膨大です。ビットコインやイーサリアムはもちろんのこと、ファクトムやオーガーなどのアルトコインもたくさん取引されています。

Poloniexには『レンディング』と呼ばれる仮想通貨の貸し出しを自動的に行ってくれるシステムもあります。
仮想通貨を必要としてるトレーダーに通貨を貸して、その期間に加算される利子によって収益を得ることができます。最大で2日間までであり、それを越えたら自動的に返済されます。

ただし、何らかの非常事態によって貸した通貨が戻ってこないリスクもあります。
もちろん、Poloniexは貸し手へのリスクを最小限に抑えていますが、何らかの損害が起きたとしても全額保証は難しいでしょう。
仮想通貨を貸し出すのであれば、余裕がある時だけに留めておくことをおすすめします。

仮想通貨の現物取引の他にも、2.5倍に設定されているレバレッジ取引も可能です。
画面上部の『MARGIN TRADING』をクリックして、利用規約について書かれているページに目を通しましょう。『I agree to the terms of use』にチェックを入れて『Submit』をクリックすれば、利用することが可能です。

全文英語なので、きちんと翻訳してから取引を始めてください。証拠金となるBTCを専用のアカウントに異動させれば、レバレッジをかけたマージントレードが行うことができ、またロスカットも預けたBTCだけに限られています。

不要な損害を避けることができますが、それでも確実に儲けられる保証はありません。仮想通貨のマージントレードも、経験や知識を積んで資金に余裕ができてからの方が無難です。

Q.豊富な仮想通貨とセキュリティが魅力。Poloniex(ポロニエックス)に登録するメリットは?


上記で紹介したように、Poloniexの魅力は取り扱っているアルトコインの種類です。
日本ではBitcoinはもちろんのこと、EthereumやNEMなどのアルトコインを豊富に取り扱っている取引所は多いでしょう。

しかしPoloniexであれば、日本国内では見られないようなアルトコインの取引も可能なのです。
日本の取引所に上場する前に『草コイン』と呼ばれるマイナーなアルトコインを購入することができれば、後々大きな利益になります。

もちろん、特定の企業や国の提携などの条件も必要なので、仮想通貨に関わるニュースをチェックしてみることもおすすめします。
仮想通貨を始めたばかりの初心者の方は、まずは有名な仮想通貨をメインに購入して、草コインの投資は少額に留めた方がリスクを減らすこともできます。どんな投資にもリスクが潜んでいることを前提にすれば、損を抑えることもできるでしょう。

Poloniexはセキュリティも魅力です。扱っている仮想通貨をコールドウォレットと呼ばれるオフラインの仮想通貨ウォレットで管理しているので、ハッキングされるリスクを減らしています。

また、二段階認証というリアルタイムで変わる6桁のパスワードを用意できるシステムや、複数の秘密鍵でウォレットを守ってくれるマルチシグネチャを導入しています。高いセキュリティで仮想通貨を守ってくれるでしょう。

仮想通貨を扱うのであれば、取引所のセキュリティも意識しましょう。CoinCheckやBithumbなど、仮想通貨を扱う取引所にはハッキングによる盗難事件が相次いで起こっています。

もしも事件に巻き込まれたとしても、被害額が保障されるとは限りません。仮想通貨は特定の国で保障されていないので、ビットコインと各種アルトコインに限らず自分で守るという意識を持って投資しましょう。

そして、どんなに強度なセキュリティでも、それが永遠に続くことはありません。仮想通貨を利用する側も、ハードウォレットやペーパーウォレットのように、外部の媒体で仮想通貨を保管できるシステムを用意することも考えましょう。

Q.Poloniex(ポロニエックス)はどんな人におすすめ?


Poloniexは多くのアルトコインを取り扱っており、取引所自体のセキュリティも優れています。安心して仮想通貨を取り扱いたくて、日本では知名度の低いアルトコインを探している人にはおすすめの取引所と言えるでしょう。

ただし、Poloniexは日本語に対応していないので、英語が苦手な場合はGoogleなどの翻訳機能を利用するか、または英語の勉強もしてみましょう。Poloniexでマイナーな仮想通貨を見つけて、いち早く投資をすれば数年後には何倍ものリターンになる可能性もあります。

語学力に自信があり、また幅広いアルトコインを購入するための資産を持っている人にPoloniexは向いています。優れたセキュリティを誇る国内の取引所は多いですが、もっと多くの仮想通貨を知りたいのであれば海外にも目を向けましょう。そのためにも、語学の勉強もすることをおすすめします。

Q.Poloniex(ポロニエックス)の取り扱い通貨は?


BitCoinやEthereumのように世界規模で高い人気を誇る仮想通貨はもちろんのこと、RippleやXEMのような日本で知名度を徐々に上げているアルトコインも扱っています。

他にも、日本ではあまり知られていないOmiseGOやSteem、Riecoinのようなアルトコインも取引をすることが可能です。海外の取引所では日本では見られないアルトコインを購入することができますが、Poloniexは種類がもっとも豊富です。

そんなPoloniexで取り扱っている通貨の一部を紹介します。

Q.Poloniex(ポロニエックス)で取引時に必要な手数料は?


Poloniexは取引の際にかかる手数料も比較的安いので、費用の節約も可能です。取引量に応じて、アルトコインの手数料も安くなるので、経験者ほど得をしていきます。

Poloniex(ポロニエックス)の取引にかかる手数料をお得にするには

メイカー(指値注文)手数料が0.15%、テイカー(成行注文)手数料が0.25%なので、取引所の中でも格安と言えるでしょう。
ただし、この手数料は600BTC未満の取引に必要な手数料であり、その数値を超えると手数料が徐々に低くなります。

Poloniex(ポロニエックス)の取引にかかる手数料を無料にすることはできるか

メイカーは24,000BTCから無料になり、テイカーは120,000BTCの取引量になれば0.05%にまで割安となる仕組みです。
ただし、BitCoinの価格は2018年7月の時点で70万円を超えているので、個人で取引をするにはあまりにもハードルが高くなっています。
それでも、他の取引所と比較すれば充分にお得なので、まずはコツコツと積み重ねていくことを目指しましょう。

Q.Poloniex(ポロニエックス)の登録方法は?


ここからはPoloniex(ポロニエックス)の登録方法について紹介していきます。英語のサイトなのでハードルが高いと感じるでしょうが、一つずつ手順を追っていけば確実に登録することができます。

まずはPoloniex(ポロニエックス)のサイトにアクセスをしましょう。

画面の中央に備えられている『Set up trading account』のボタンをクリックしてください。
すると、次の画面が開かれるので、指示に従って必要な部分を書き込んでから、『Register』をクリックしましょう。

Country:住んでいる国(日本の場合はJapanを選んで下さい)

Email:利用するメールアドレス。

Password:アカウント用のパスワード。

Repeat Password:上記で設定したパスワードの再入力。

私はロボットではありません:チェックを入れる。

I agree to the Terms of Use.:『Terms of Use.』に書かれている項目を全て読み通し、四角の中に同意のチェックを入れる。

全項目が英語で書かれていますが、登録自体は非常に簡単です。英語に自信がない人はGoogleなどの翻訳を利用した上で、内容を完全に把握しましょう。

また、パスワードはアカウントを守るための大事な鍵でもあるので、8文字以上の設定が必要です。他の取引所と被らないようにパスワードの設定をして、誰にも見られないようにきちんとメモに残してください。

もちろん、パスワードの管理も忘れないようにしましょう。

『Please check your email for a confirmation letter.』のメッセージが書かれたページが開かれたら、登録したアドレスにPoloniex(ポロニエックス)からのメールが届きます。

アドレスに貼られているリンクにクリックしたら、登録したメールアドレスとパスワードを利用してアカウントにログインをしましょう。『Sign in』をクリックすれば、『Welcome to Poloniex』と書かれたページに移動します。

そこからはPoloniex(ポロニエックス)の指示に従い、本人確認の情報を英語で記入して、パスポートや国が発行した身分証明書を用意しましょう。本人の顔と証明書が映し出された写真も必要です。
もちろん、書類の有効期限もきちんと確認してください。

Q.本格トレードができるツールも人気!どんな特徴がある?


Poloniex(ポロニエックス)でトレードを行うには、画面上部の『EXCHANGE』というタブをクリックする必要があります。

右側の『MARKETS』では4種類の仮想通貨を利用した取引を行えるマーケットを利用できます。BTC(ビットコイン)、ETH(イーサリアム)、XMR(モネロ)、USDT(テザー)の4つに対応しています。
また、画面の右側に書かれている通貨が、現在の取引を行っている通貨になります。

チャートの下では仮想通貨の値動きした時間の表記を変更するZoo機能もあれば、ローソク足の表示を切り替えることができるCandlesticks機能もあるので、日本の取引所のチャート機能とそれほど変わりません。

他にも、売買の際にかかる値段を確かめる買い注文の『BUY』と売り注文の『SELL』があります。その間に挟まっている『STOP-LIMIT』はトリガー注文の部分であり、三つの項目にそれぞれ価格を記入する必要があります。

英語で書かれていますが、それぞれ便利な機能とても便利な機能です。ポロエニックスの取り扱い通貨の豊富さと、手数料の安さが合わさって高く支持している利用者は多いです。

その一方で、チャートに乗っている情報量やシステムが膨大すぎるせいで見づらいという意見もあります。初心者が利用する海外の仮想通貨取引所として選ぶには、少しハードルが高いでしょう。

Q.Poloniex(ポロニエックス)で入金する方法は?


上記でも書いたように、まずはPoloniex(ポロニエックス)を利用するために必要な4種類の仮想通貨を用意しましょう。

画面右上の『BALANCES』というメニューから『DEPOSITS & WITHDRAWLS』を選んでクリックをしましょう。大量の仮想通貨が入金と出金ができるページが出てきますが、慌ててはいけません。右上の検索バーから、必要な仮想通貨を検索しましょう。

まずは入金!入金方法に関するあれこれ

右端の『Deposit』をクリックすれば入金アドレスが表示されます。自分が利用しているウォレットや取引所から、ここで表示されたアドレスを利用すれば仮想通貨の入金を行うことができます。

この時、どんな仮想通貨だろうと、入金に必要なアドレスを間違えないようにしましょう。アドレスは複雑で、一文字でも間違えてしまうと資産を失う危険があるので注意してください。初めて送る場合は、まずは少額から始めましょう。
また、アカウント作成の際に必要な書類を提出していなければ、ポロエニックスに入金することはできません。まずはプロフィールを充実させましょう。

Q.ポロニエックスから出金するには?

入金と同じように、まずは必要な仮想通貨を選びましょう。その後に『Withdraw』をクリックしてください。

上記の画面に出てきた『Address』に出金先のアドレスを入力して、もう一つの『Amount』には出金する数量を描きましょう。『Transaction Fee』は送金する際の手数料です。
『Withdraw』をクリックすれば、登録メールが届きます。

その中に書かれているリンクをクリックすれば、ポエロニックスからの出金が完了します。基本的にはすぐに反映されますが、リップルなど種類によっては30分以上かかる仮想通貨もあります。

Q.Poloniex(ポロニエックス)から送金する方法は?

送金の方法も上記で紹介した出金と変わりません。
しかし、送金をするには本人確認をしなければいけません。ポロニエックスはアカウントに登録された情報量に比例して、送金できる上限が増えるようになります。

基本的な本人確認情報なら20万円相当で、パスポートを添付すれば200万円に届く取引が可能です。それ以上の金額は当人の取引高などを判断して承認されるかどうかが決まります。

ポロニエックスから別のウォレットへ送金するには?

ポロエニックスから自分のウォレットに送金したいアルトコインがあれば、『Withdraw』を押しましょう。利用しているウォレットのアドレスを『Address』に書き込んで、必要な額を『Amount』に入力してください。
こちらの手順も出金とあまり変わりません。

Q.Poloniex(ポロニエックス)で仮想通貨を受け取るには?

ポロエニックスで仮想通貨を購入したい場合、まずは日本の取引所でBTCやETHのような必要な通貨を購入しましょう。日本の取引所にも送金システムがあり、そこからポロエニックスの入金アドレスに通貨を送ってください。

日本の取引所とは違い、日本円を使った取引は不可能です。対応する仮想通貨を事前に取引所で購入して、それをポロエニックスで扱っている仮想通貨と両替することで、ようやく受け取ることができます。

Q.Poloniex(ポロニエックス)の口コミは?

Poloniex(ポロニエックス)は仮想通貨同士の取引が充実しており、販売している種類も非常に豊富です。手数料も安くて注文をしやすいという意見も非常に多く、セキュリティの強度さも合わさって支持する人はとても多いです。

ただし、日本語に対応しておらず、また日本円の入金を行うことはできないことが私達日本人にとって扱いにくいポイントとなるでしょう。

また、公式でポロニエックスのアプリも出てきていないので、スマホを利用した取引を行いたい人はモバイル版のサイトを利用してください。ネットには偽アプリも出回っているので、インストールをする前にきちんと確認する必要があります。

Poloniex(ポロニエックス)は日本語対応していなくても人気の高い取引所

Poloniex(ポロニエックス)は2014年に登場して以来、取り扱うアルトコインの種類の豊富さによって、世界規模で仮想通貨を扱う人から支持を得るようになりました。日本語に対応していなくとも、ポロエニックスを評価する日本人も多いです。
もちろん、取引所自体のセキュリティの高さや手数料の安さも人気を呼んでいます。仮想通貨の取引に安全性を求める人にとっては理想的な取引所と言えるでしょう。
日本の取引所では扱っていないアルトコインを求めていたら、ポロエニックスを強くおすすめします。まずは国内の取引所で仮想通貨の取引について経験を積んでから、ポロエニックスでアカウントを作ってみましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!

この記事に関連するタグ

PAGE TOP
Social media & sharing icons powered by UltimatelySocial