BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

Poloniex(ポロニエックス)はスマホでも簡単仮想通貨取引を実現!スマホ版の詳しい使い方は?

仮想通貨の取引所の中にはブラウザでの取引だけでなく、専用のスマホアプリ版を開発してリリースしている所が多くあります。
日本の取引所だとブラウザ版とスマホアプリ版を同時にリリースしているのは当たり前といった感じなのですが、海外の取引所になると公式のスマホアプリ版のリリースはそう多くありません。

世界トップクラスの仮想通貨取引所であるPoloniex(ポロニエックス)の場合も同様で、公式のスマホアプリ版はリリースされておらず、個人プログラマーが作った非公式版が存在するだけです。
では、ポロニエックスのユーザーはその非公式版を使ってスマホ取引を行っているのでしょうか?それとも何か別の方法があるのでしょうか?この記事では、スマホを使ってポロニエックスの取引を行う方法について解説します。

▼Poloniex(ポロニエックス)について詳しくはこちら

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)のスマホアプリは非公式

App StoreにはPoloniex(ポロニエックス)のスマホアプリというのは存在しているのですが、これは個人が作成したものでポロニエックスが開発・リリースした公式アプリではないです。このApp Store版以外にも、過去にはGoogle Playストアでポロニエックスの公式アプリと偽った偽アプリがリリースされていました。

ポロニエックスは取り扱っている仮想通貨の種類が65種類にもおよび、アルトコインの出来高世界一というトップクラスの取引量を誇っていることから世界中の多くのハッカーたちから狙われています。
ポロニエックス公式をうたった詐欺なども頻繁に発生しており、こういった非公式アプリも仮想通貨トレーダーから金銭を巻き上げるためのツールである可能性が高いので、ダウンロードして利用することはあまりおすすめできないです。

Poloniex(ポロニエックス)の非公式スマホアプリについて

App StoreにあるPoloniex(ポロニエックス)の非公式アプリは「Polo Exchange」という名称です。基本的には無料での配布となっていますが、仮想通貨の取引に必要となる肝心の機能の数々を使うには課金をする必要があるアプリなので、利用者による評価も賛否両論の真っ二つとなっています。
ただ、課金さえすれば機能面は問題はなくスムーズに仮想通貨の取引を行えるようになるので、詐欺アプリではないようです。

チャートの表示には課金が必要

仮想通貨の取引に必要不可欠な機能と言えばチャート表示ですが、この非公式アプリのPolo Exchangeの場合、480円の課金をしなくてはチャートを見ることすらできません。チャートを見ないことには取引はできないので「取引をしたいのであれば課金をしろ」と言わんばかりの仕様です。
課金したことで得られる機能にはチャート表示のほかに広告の削除やトレーディング機能、アラート機能などがあります。それぞれの機能に240円~480円の課金が必要です。

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)はモバイル表示に対応している

Poloniex(ポロニエックス)で取引を行っている仮想通貨トレーダーがスマホで手軽に取引を行いたい場合、わざわざ非公式アプリのPolo Exchangeに課金しながら取引を行っているのでしょうか?
実はポロニエックスはモバイル表示にも対応している取引所なので、スマホアプリ版などの開発をしなくても、そのままスマホでサイトにアクセスしてサインインすれば、ブラウザ版と同様のことを行うことができてしまうのです。
スマホでアクセスした場合、画面もモバイル用の表示画面になるのでチャートや取引画面も大きく見やすくなり、何も不便を感じることなく取引を行うことができます。
ポロニエックスを利用しているトレーダーがスマホで取引を行う際は、非公式アプリの利用ではなく、スマホでそのままポロニエックスにアクセスし、いつも通りの操作で取引を行っているのです。

ログイン方法

スマホでのポロニエックスへのログインは簡単です。スマホでポロニエックスにアクセスしてサインインするだけです。それだけで、モバイル表示の取引画面になります。
ただ、ポロニエックスのスマホ取引は行うには、アカウント登録と口座の取得を済ましておく必要があります。ポロニエックスへの登録はスマホからでも行うことはできますが、本人確認や2段階認証といったさまざまな作業を経たうえでないと登録は完了しませんので、アカウント登録は画面の大きいブラウザで行うことをおすすめします。

表示画面

ポロニエックスのモバイル表示画面は文字が大きく表示され、まるでスマホアプリ版のような印象を受けます。
トップ画面の右上に三本線のアイコンが表示され、その三本線のアイコンがメニューになります。このメニューから、入金・送金・売買といった取引の数々を行います。ポロニエックスの売りの1つであるマージントレーディング(信用取引)やチャートの表示も、その三本線のメニューをクリックするところから始まります。

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)、スマホでの使い方

スマホ版のPoloniex(ポロニエックス)の使い方はブラウザ版と同じ使い方でOKです。
特にモバイル表示になったことで表記が変わるということもなく、チャートを表示したいのであればメニューから「Exchange」をクリックし、信用取引を行いたいのであれば「Margin Trading」をクリックすればその画面に切り替わります。
ポロニエックスの特徴であるレンディングも、メニューの「Lending」をクリックすればその画面に切り替わります。取引のための操作もブラウザ版と同じ操作で問題ないです。

スマホでの入金方法

  • ①.スマホでポロニエックスにアクセスし、サインインします。
  • ②.トップ画面の右上に表示されている三本線のアイコンをクリックし、メニューを表示させます。
  • ③.メニューの中から「Deposits & Withdrawals」をクリックすると、ページの下側に取り扱っている仮想通貨の一覧が表示されるので、「BTC」を選んで右端の「Deposit」をクリックします。
  • ④.「Deposit Address」という文字が表示されますので、クリックして入金アドレスを確認しコピーします。
  • ⑤.入金元となる取引所の「送金先アドレス」の欄に④でコピーしたアドレスを貼り付けて送信すれば入金手続き完了です。

スマホでの出金方法

  • ①.スマホでポロニエックスにアクセスし、サインインします。
  • ②.トップ画面の右上に表示されている三本線のアイコンをクリックし、メニューを表示させます。
  • ③.メニューの中から「Deposits & Withdrawals」をクリックし、表示された仮想通貨一覧からBTCを選んで「Withdraw」をクリックします。
  • ④.出金指示画面になりますので、あらかじめ入手しておいた送金先アドレスと出金数量を入力して「Withdraw」をクリックします。
  • ⑤.2段階認証の画面になりますので、パスコードを入力して「SUBMIT」をクリックします。
  • ⑥.登録しているメールアドレスに出金確認のメールが届きますので、そのメールの中にあるURLリンクをクリックすれば出金手続き完了です。

スマホでの売買方法

  • ①.スマホでポロニエックスにアクセスし、サインインします。
  • ②.トップ画面の右上に表示されている三本線のアイコンをクリックし、メニューを表示させます。
  • ③.メニューの中から「Exchange」をクリックし、表示された仮想通貨一覧から売買したい通貨を選んでクリックします。
  • ④.売買画面になりますので、売買したいコインの数量を記入し、売りたいのであれば「SELL」、買いたいのであれば「BUY」を選択してクリックします。これで売買の取引は完了です。

仮想通貨取引所Poloniex(ポロニエックス)、スマホ取引ならスマホ表示がおすすめ

App StoreでリリースされているPoloniex(ポロニエックス)のスマホアプリは、取引やチャート表示のために課金が必要な非公式版です。
その非公式アプリを使用するのも良いですが、ポロニエックスはスマホ表示にも対応している取引所なので、アプリを利用しなくてもスマホでアクセスすればブラウザと同様の操作で取引を行うことができます。
モバイル表示は文字が大きく見やすいで、スマホを使った取引でも特に苦労をすることなく、いつも通りの表示と操作で入金・出金・売買などの取引を行うこともできます。
このことからも分かるように、ポロニエックスでスマホ取引をするにはアプリは必要なく、ただスマホでアクセスすれば良いだけなのです。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
PAGE TOP