BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で仮想通貨を送金する方法は?仮想通貨の送金は慎重に!

仮想通貨を安全に保管したい。複数の取引所を同時に利用したい。そのためには、取引所から仮想通貨を送金する方法を熟知しておかなければなりません。

しかし仮想通貨取引所の多くは簡単に送金をおこなえる環境を整えてくれているので、1度チェックすればすぐに使いこなせるようになるでしょう。国内の取引所「QUOINEX(コインエクスチェンジ)」もまた、仮想通貨の送金は簡単に行える体制が整っています。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)を利用予定なら、外部と簡単につながるためにもこちらで仮想通貨の送金方法を確認しておきましょう。注意点や送金に関する疑問も記載したいと思いますので、初めて仮想通貨を送金する人もぜひ参考にしてみてください。

▼仮想通貨取引所QUOINEX(コインエクスチェンジ)について詳しくはこちら

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で仮想通貨を送金する方法とは?基本的な流れを確認

QUOINEX(コインエクスチェンジ)に送金先アドレスを登録

QUOINEXで仮想通貨を送金するには、まずはサイトへのログインを行います。
ログイン後メニューから「ホーム」を選択して、取引などを行うメイン画面を表示しましょう。

メイン画面上部に「入出金」タブがあるので、クリックして送金用の画面を表示させます。
すると仮想通貨の種類が画面左側に出てくるので、送金予定の通貨を選択しましょう。

選択後は出金と入金の情報を入力する画面になるため、出金の欄を確認します。
出金先の仮想通貨アドレスを入力して、送金の準備を完成させましょう。

送金先のアドレスは、1度登録しておけば以降は簡単に選択することができるので、必要であればまとめて入力を済ませるのもいいでしょう。
アドレスを入力すると、QUOINEXからメールが届きます。

メールに記載されている認証トークンを入力して「仮想通貨アドレスを登録する」をクリックしましょう。
認証トークンが正常であれば、無事送金先アドレスがQUOINEXに登録されます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)で送金を実行する

仮想通貨の送金先アドレスを登録したら、次はいよいよ実際の送金ステップに移行します。
先ほど登録したアドレスをクリックして選択し、出金金額を指定しましょう。

その後2段階認証のコードを入力する必要があるので、事前にメニューのセキュリティから認証を済ませておいてください。
2段階認証は不正ログインや入出金の防止につながるので、QUOINEXを利用するのならぜひ早めに認証しておきましょう。

アドレス、出金額、2段階認証コードを入力後「送金」ボタンをクリックすることで、QUOINEXに仮想通貨の送金リクエストを送ることができます。
しばらくするとQUOINEXからリクエスト確認のメールが届くので、「リクエスト詳細を確認するにはこちら」をクリックしてください。

以上でQUOINEXにおける仮想通貨の送金作業はすべて終了となります。
送金先のアドレスに仮想通貨がきちんと届いているかどうか確認して、その後の取引に利用していきましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)はアプリから送金作業を行うことも可能

仮想通貨の送金作業は、QUOINEXの公式アプリから実行することも可能です。
ストアからインストールしてログイン後、三本の横線で表示されているメニューをチェックしてください。

メニュー欄にある「入出金」をタップすると送金可能な通貨が表示されるので、送金予定の通貨を選択します。
その後は出金か入金かを選び、送金アドレスの入力に移行しましょう。

「銀行住所」「数量」「認証トークン」を入力することで、仮想通貨の送金を実行することができます。
送金先のアドレスは、QRコードから読み取ることも可能となっているため、必要な場合は銀行住所の欄にあるカメラボタンをタップしましょう。

簡単にアドレスの入力が完了するので、アプリから仮想通貨の送金を行うのなら積極的にQRコードを利用してみてください。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)から仮想通貨を送金する際の疑問をチェック!安心して送金できるように準備しよう

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の送金はキャンセルできる?

仮想通貨の送金処理を完了させた場合も、タイミングによってはキャンセルを行うことが可能となっています。
キャンセルを行うにはまずQUOINEXで依頼した仮想通貨送金のトランザクションを確認する必要があるため、メニューから「出金」をチェックしましょう。

すると送金処理を終えた通貨が表示されるので、キャンセルしたいものを選択します。
出金のトランザクションステータスが「未処理」であるのなら、一覧の右端にある「キャンセル」をクリックすることで送金を停止させることが可能です。

誤った送金を行ってしまった場合は、なるべく早く送金のキャンセルを行いましょう。
しかし送金のステータスが既に「処理中」もしくは「処理済み」となっていると、キャンセルを実行することはできません。

手遅れになる前に、送金キャンセルが必要な場合は速やかに上記の処理を実行するようにしましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、送金時間はどれくらい?

QUOINEXは、送金の依頼を行ってから実際に送金が完了するまでに数日の時間を要しています。
安全な送金処理を行うために精密な検証が行われるため、やや他の取引所よりも送金にかかる時間は長くなるかもしれません。

しかしその分安全性の高い送金が実施されているので、少しでも安心して仮想通貨を送金したい場合はQUOINEXが魅力的な取引所となるでしょう。

QUOINEXは送金のステータスを3段階に分けていて、基本的に2段階目の「処理中(Processing)」になってから2日営業日で送金処理が完了するとされています。
土日祝日をはさむとそれ以上の日数がかかることになるので、カレンダーを確認して余裕のある送金を行いましょう。

送金のステータスが「処理済み(processed)」となっていれば、QUOINEXの送金は完了しているはずです。
送金までの時間が気になるなら、上記と同じようにメニューから「出金」を選択して現在の送金状況を確認してみましょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)、送金手数料は?

QUOINEXは基本的に、仮想通貨の送金にかかる手数料をすべて無料としています。
気軽に外部に移すことができるので、QUOINEXをメインにすれば自由な取引が可能となるでしょう。

QUOINEXは送金以外にも口座開設やビットコインの現物取引にかかる手数料なども無料となっているため、かなりお得に利用することが可能です。
少しでも手数料による金銭的な不安を無くすためにも、QUOINEXの利用がおすすめされます。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)の送金で注意すべき点とは?トラブルのないように事前に確認を

まずは少額の送金でお試しを

QUOINEXで仮想通貨の送金を行う際には、まず少額できちんと届くかどうかお試しすることをおすすめします。
いきなり大きな額を送金してしまうと、万が一トラブルがあったときに失う額が大きくなってしまうでしょう。

慎重に送金を行うためにも、最初は送金先のアドレスに対して少額を依頼してください。
QUOINEXでは仮想通貨の送金に手数料がかからないので、複数回の送金でも利用の負担にはならないでしょう。

送金先のアドレスは正確に入力すること

仮想通貨の送金には、正確な送金先のアドレスが必要となります。
もし仮にアドレスが間違っていた場合は送金が成立せず、依頼した仮想通貨が紛失してしまうかもしれません。

そんなミスを起こさないためにも、QUOINEXに送金先アドレスを登録する際にはきちんとコピーを行い、間違いのない入力を心がけましょう。
送金先がQRコードに対応している場合は、入力の失敗をなくすためにスマホから送金手続きを行うのもおすすめです。

送金ミスは取り返しがつかないので、慎重すぎるくらいの対応がちょうどいいといえるでしょう。

QUOINEX(コインエクスチェンジ)では仮想通貨の送金も楽々実行可能!積極的に利用していこう

QUOINEX(コインエクスチェンジ)でなら、仮想通貨の送金もまたスムーズに行えることでしょう。ウォレットや他の取引所への送金を頻繁に行う予定なら、こちらを参考にQUOINEX(コインエクスチェンジ)を利用してみてください。

送金方法は決して複雑ではないため、誰でも簡単に実行できるでしょう。仮想通貨の使いやすさを実感するためにも、ぜひQUOINEX(コインエクスチェンジ)での快適な送金を体験してみることをおすすめします。

この記事に関連するタグ

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP