BITDAYS(ビットデイズ)- 仮想通貨・ブロックチェーンの最新情報をお届け!仮想通貨のプロが監修する仮想通貨総合情報サイト

2018年新たに参入!仮想通貨取引所Sygniacoin(シグニアコイン)とは?

近年、世界規模で仮想通貨が流通するようになり、それに伴って取引所の数も増えています。
日本でもbitFlyer(ビットフライヤー)DMM Bitcoinなど様々な取引所が人気を誇り、海外ではBinance(バイナンス)Bittrex(ビットレックス)などの取引所が各国で展開されていて、日々たくさんの取引が行われています。
そして2018年の第3四半期からは南アフリカでSygniacoinという仮想通貨取引所が参入されることが発表されました。南アフリカでは政府が仮想通貨の流通に積極的な姿勢を見せていて、Sygniacoinの参入には大きな期待がかかっています。

また、南アフリカでは仮想通貨の教育にも力を入れており、どれだけ多くの人が仮想通貨に期待しているかを象徴しています。そんな南アフリカで展開されるSygniacoinの特徴について紹介させていただきます。

フレッシュな取引所Sygniacoinの特徴は?

Sygniacoin(シグニアコイン)は南アフリカのシグニア・アセット・マネジメントという大手投資会社が設立する仮想通貨取引所のことです。仮想通貨は世界規模で流通しており、アフリカ市場でもその影響が出ています。
シグニア社を創設したマグダ・ワイゼツカ氏も仮想通貨の進歩について語っており、投資家に安全な取引とプラットフォームの提供を目指しています。
アフリカ政府も仮想通貨の課税を言及しており、それを機会としてSygniacoinという取引所を設立しました。
Sygniacoinはセキュリティ面と規制を重要と考えており、また仮想通貨のトレードも導入しています。そして投資ファンドも用意しており、仮想通貨の小売や法人の代理投資も行うことが大きな特徴です。

また、Sygniacoinでは一つの口座の中で法定通貨と仮想通貨を同時に保有することができます。南アフリカの「MyBroadband」というニュースサイトは1200人を超える読者に仮想通貨に対する意識調査を行っており、その結果として「2018年内に仮想通貨投資に参入する」との返答があったことを発表しました。

日本ではあまり馴染みがないSygnia社ですが、南アフリカでは大規模を誇る投資関係の企業です。南アフリカの投資家は仮想通貨の関心が高いので、そのニーズに応えたセキュリティの高さが大きな魅力となるでしょう。

Q.セキュリティの高さが魅力。Sygniacoinに登録するメリットは?

仮想通貨を扱うにおいて、セキュリティを意識しなければいけません。
過去にマウントゴックス事件やParity社のコード欠陥問題、そしてコインチェックのNEM流出事件など、取引所のセキュリティ面に問題があったことが原因でトラブルが何度も起きています。
その度に、仮想通貨界隈に混乱が起きて、また仮想通貨の技術に懐疑的な意見も出ているでしょう。

しかし、ここで勘違いをしてはいけないのは、過去の事件は取引所のセキュリティやウォレットのコードに不備があったことが原因です。決して、仮想通貨やブロックチェーン自体に問題があった訳ではありません。取引所にトラブルが起きても仮想通貨を手放さない人がいるのもその為です。

Sygniacoinはアメリカのニューヨーク州で登録されている仮想通貨取引所も採用している規制の枠組みに置かれているので、セキュリティ面では大きく期待されています。
そのセキュリティがあれば、ブロックチェーン技術を利用した南アフリカの企業がもっと成長していくでしょう。

Q.Sygniacoinはどんな人におすすめ?

Sygniacoinは代理投資も行う予定なので、忙しくて投資に時間を割くことができない人におすすめできる取引所です。
いくら投資に興味があっても、仕事や家事の都合で取引所を利用する時間がどうしても取れない人がいます。無論、インターネット環境も整備されていますが、職種によっては限界があります。

もちろん、クライアントが正確な情報を入力しなければ、希望する投資が行われることはありません。また、投資は自分の財産を取り扱うことになるので、誰かに任せることに抵抗がある人は自分で投資をするようにしましょう。

Sygniacoinは2018年の第3四半期から新たに登場する取引所なので、世界的な知名度や信用は低いです。そのため、システムやセキュリティ面で成果がわからず、それに不安を抱く人には向かないでしょう。認知度や信用が取引所を利用する基準になっている人は、他の取引所を利用しましょう。

Q.Sygniacoinの取り扱い通貨は?

Sygniacoinは2018年の7~9月に参入する取引所なので、時間が経てば取り扱い通貨が明かされるでしょう。
また、南アフリカのケープタウンという所では「Blockchain Academy」というブロックチェーン技術に関する教育機関が設置されており、仮想通貨に関する教育にも力が入っています。

「Blockchain Academy」ではビットコイン(Bitcoin/BTC)イーサリアム(Ethereum/ETH)について、初心者でも学びやすくなるようなコースも用意されていて、開発者や金融機関に向けたブロックチェーンについて学ぶコースもあります。
国自体が仮想通貨を流通しようとする動きが強いので、これから多くのコインを取り扱うでしょう。

Q.Sygniacoinで取引時に必要な手数料は?


仮想通貨の取引の際にかかる手数料は、取引所によって異なります。
そのため、Sygniacoinの手数料がいくらくらいなのかを断定することは現時点では不可能です。興味があれば、参考にできるように他の取引所の手数料をチェックしてみましょう。

セキュリティに力を入れていれば、その分だけ手数料が高くなる可能性があります。もしも資産に余裕がなくて、手数料を節約したい場合は他の取引所も探してみましょう。
もちろん、Sygniacoinも手数料を安くしてくれる可能性があるので、参入する7月~9月までに情報を確認することをお勧めします。
Sygniacoinで必要な手数料が公表され次第、当記事でも追記する予定です。

別の取引所の手数料も知っておこう

取引の際にかかる手数料は千差万別です。
QUOINEX(コインエクスチェンジ)BITPoint(ビットポイント)は無料で取引ができる一方で、bitFlyerやBinanceは僅かですが手数料がかかります。ただし、0.1%や0.01%のような数値ですが、取引を繰り返していくと出費することになるのは忘れてはいけません。
仮想通貨の取引に自信がない場合、まずは国内の取引所でアカウントを作ることから始めましょう。

海外の取引所でも日本語に対応していることはありますが、香港のBinanceのように対応を終了するケースもあります。Sygniacoinに興味があっても、まずは仮想通貨のことを知っておくべきです。

Q.Sygniacoinの登録方法は?

Sygniacoinのような海外の取引所は日本語に対応していないことが多いので、語学に自信がない場合は取引が始まる前に勉強をしてみると良いでしょう。
もしくはGoogleの翻訳システムを使い、慎重に翻訳をしながら登録を進めていきましょう。一文ずつ、じっくりと読み進めてください。

登録方法だけでなく、利用規約もきちんと把握しましょう。PoloniexやBITTREXは取り扱い通貨は多いけれど、日本語に対応していない海外の取引所もあります。
登録方法については外国語で書かれているので、内容を確実に翻訳することをお勧めします。そうすれば、思わぬトラブルも避けられるでしょう。
当記事ではSygniacoinの登録方法が発表され次第、その度に追記します。

そして、多くの取引所には二段階認証の設定をするなど、自分でアカウントのセキュリティを強くすることができます。Sygniacoinに限らず、どれだけ取引所のセキュリティが優れていても、扱う側が意識を向けていなければ効果を発揮しません。セキュリティに興味があれば、専用のアプリについても知っておきましょう。

二段階認証は仮想通貨の取引に必要不可欠なアプリです。2FAとも呼ばれるこのアプリはログインの際に、メールアドレスとパスワードの他にも、リアルタイムで変わっていく6桁の数字をパスワードに加えることができます。
そのため、スマホなどの端末さえ盗まれなければ、不正アクセスを防ぐことができるのでセキュリティが更に強化されます。

仮想通貨は法整備が完全には整っておらず、不正に出金されるなどの被害に遭っても保障される可能性は低いです。
また、パスワードの桁が少なく、また数字の並びが単調だったりすると突破される危険もあるでしょう。それを防ぐため、二段階認証のアプリが必要となります。

登録に必要な書類も準備しよう

仮想通貨は設立された国に問わず、登録する際には身分証明ができる書類が必要です。海外の取引所でも、アカウント作成の際には住所と顔写真が書かれた書類を提出しなければ仮想通貨の取引はできません。Sygniacoinでアカウントを作りたければ、きちんと準備をしましょう。

国内では運転免許証やマイナンバーカードが有効ですが、海外で登録をするのであればパスポートを用意しましょう。表紙はもちろんのこと、IDや自分の顔写真が見えるようにアップロードをしてください。また、パスポートを提出するのであれば期日も確認することが大事です。

パスポートの有効期限は比較的長めですが、それでも更新手続きを忘れてはいけません。一週間くらいの時間はかかりますが、それを惜しんではいつの間にか有効期限が切れてしまうリスクも高まります。申請自体はとても簡単なので、必要な書類と写真を用意してから更新を行って下さい。

Q.Sygniacoinのスマホアプリのダウンロード方法は?

Sygniacoinのスマホアプリはまだリリースされていません。そのため、リリースされ次第追記する予定なので、お待ち頂けると幸いです。
BINANCEやHuobi Proなど、海外の取引所はGoogle PlayやApp Storeからアプリをダウンロードできます。Sygniacoinもスマホアプリがリリースされれば、これらのサイトからアプリをダウンロードできる可能性があります。

Sygniacoinに限らず、スマホアプリをダウンロードしておけば、電子端末を使ったお手軽な取引をいつでも行うことができます。
もちろん、スマホを紛失や盗難の被害を避けるようにしましょう。

Q.Sygniacoinで取引する方法は?

Sygniacoinの取引方法も、サービスが開始次第追記する予定です。ですがその前に、南アフリカの通貨や海外の仮想通貨取引所で利用されている入金及び出金方法を知りましょう。

Sygniacoinは南アフリカで展開される取引所なので、南アフリカで流通している「ランド」という通貨を用意しなければいけないと予想されます。私達が使う日本円(JPY)は日本国内だけで流通しているので、海外で使えることは滅多にありません。
しかしSygniacoinがBTCペアを取り扱っていればランドではなくBTCで通貨の購入ができます。

その場合は日本からでも海外の取引所と取引できるので把握しておくとよいでしょう。Sygniacoinだけでなく、Bittrexなどの海外取引所を取り扱う機会が訪れた時にも役立つのでおすすめです。

まずは入金!入金方法に関するあれこれ

海外の仮想通貨に入金する場合、まずは国内の取引所でビットコインやイーサリアムのような世界規模で流通している仮想通貨を購入することが第一です。
現在のレートはどちらも高額ですが、何もそのまま買う必要はありません。少額からの購入も可能です。

少額で購入した仮想通貨をウォレットに移し替えましょう。その後、ウォレットに保管した仮想通貨をSygniacoinのアドレスに送れば入金が完了です。アドレスは複雑で、1文字でも間違えたら正しく入金されなくなります。焦らず、1文字ずつチェックしておきましょう。

入金には2パターンあります。コンビニで手早く入金をするか、SBIネット銀行などのインターネットを経由した銀行で入金することもできます。
コンビニの場合は迅速な分だけ手数料がかかり、ネット銀行は手数料がかかりませんが1日以上の時間は必要です。そのため、状況に応じて入金方法を選びましょう。

Q.Sygniacoinから出金するには?

海外の取引所から出金したいと考えたら、まずは換金についても知りましょう。日本円でのレートが増えたら、そのタイミングを見計らって換金すれば収益を得られます。
しかし、取引所によっては出金の際に手数料もかかり、また反映されるまでに時間が必要であることを念頭に置いておきましょう。
Sygniacoinの手数料については現時点では不明なので、情報が追加され次第に追記させて頂きます。

Q.Sygniacoinから送金する方法は?

Sygniacoinからの送金方法も、公表され次第追記します。
送金については、仮想通貨取引所に入金するまでの手順とあまり変わることはないでしょう。ログイン後、送金したい金額を入力して、宛先のアドレスを正確に入力をすれば送金されます。
もちろん、1文字でも間違えたら仮想通貨を紛失する恐れがあるので、正確に入力してください。

特に海外の取引所は日本語に対応していない場合、送金に関する手続きの流れをきちんと翻訳しましょう。一文ずつ翻訳すれば確実に理解できるようになりますし、2度目以降の送金にも役立ちます。

Sygniacoinから別のウォレットへ送金するには?

Sygniacoinの口座から別のウォレットに送金するための方法も、手順が公開されてから追記をさせて頂きます。ウォレットは仮想通貨の取り扱いに欠かせないものであり、仮想通貨専用の財布と考えましょう。

仮想通貨は取引所に保管することができますし、またSygniacoin自体のセキュリティも強固なものになるでしょう。それでも絶対に安全である保障はないので、購入した仮想通貨は必ずウォレットに保管してください。取引所のウォレットもありますが、紙媒体で保管できるペーパーウォレットやUSBメモリの形になっているハードウォレットの方がより安全です。

もちろん、外部の媒体に保管するので、紛失や破損などの被害を避けるようにきちんと保管しなければいけません。過去に起きたハッキング関係の事件も把握して、その上でどうやって守っていくのかも考えていくことをお勧すすめします。

Q.Sygniacoinで仮想通貨を受け取るには?

詳しい手順はSygniacoinがリリースされてから、また追記させて頂きます。Sygniacoinのアカウントで仮想通貨を受け取りたくなったら、アドレスを確認しましょう。このアドレスがあれば、仮想通貨を受け取ることができます。
アドレスの所得方法もSygniacoinがリリースされてから当記事で追記をする予定です。

Q.Sygniacoinの口コミは?

Sygniacoinはリリースされる前であり、また日本国内ではそれほど知名度は高くありません。口コミは多くありませんが、顧客から2兆円もの資産を預かっており、またクライアントは6000人に達しています。
そのため、Sygniacoinに期待する声もあります。

まだ知名度が高くなく、提携している銀行も少ないことが大きなデメリットです。
しかし、Sygniacoinは仮想通貨に関心を寄せている南アフリカの取引所なので、リリースされてから徐々に利用者数も増えるでしょうし、口コミも広まっていきます。

まとめ

Sygniacoinは2018年7月~9月にリリースされる海外取引所ですが、南アフリカのシグニア社という大企業が運営することから期待が集まっています。シグニア社は大手の投資企業なので、Sygniacoinのセキュリティも強固なものになるでしょう。
南アフリカでは仮想通貨の保有を考えている人が多く、また専用の教育機関も揃いつつあります。国民はもちろんのこと、政府も仮想通貨を積極的に導入しているので、Sygniacoinには大きな期待が集まっています。

この記事に関連するタグ

アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。

この記事に関連する記事

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)編集部

BITDAYS(ビットデイズ)は「未来の通貨にワクワクしよう」をコンセプトに、仮想通貨を楽しく学べるメディアです。 #仮想通貨 #暗号通貨 #ビットコイン #アルトコイン #イーサリアム #リップル #モナーコイン #ライトコイン などの未来のお金についての情報を毎日発信しています!
アルトコイン取扱い通貨種類・国内No.1※

人気の通貨7種類で大きなリターンが狙えるレバレッジ取引 新規口座開設完了で1,000円もらえるキャンペーン実施中

※2018年6月現在、国内取引所のWEBサイト調べ。
PAGE TOP